動画が再生できない場合はこちら

青いブリンク

3

0

0

1

0

0

少年カケルがブリンクと共に、
父を捜し時空を旅する冒険ファンタジー!

夏休みのある日、少年カケルは童話作家で父の春彦に会いに行く途中、傷ついた雷獣のブリンクを助け仲良くなる。その後、暗黒の帝王グロス皇帝に連れ去られた父を捜す少年カケルとブリンクの長い旅が始まる。長い旅路の末、父をさらったグロス皇帝のもとにたどり着いたカケルとブリンクに待ち受けている意外な結末とは…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(1件)

カケル君!勇気をあげるっ ビリビリビリ!!!!!

勇気ってそうやって手に入れるものなの?と当時ボロクソに言われてた気がしますwスタッフの見解としては「あれはきっかけであり、勇気自体はカケルの持っているもの」と弁解してました。最終回のオチが当時流行りのネバエンなのでガッカリする人も多いでしょうけど、勇気をだせば生きてる事がこれだけ前向きになるんだぞという教訓的な話なんだろうなぁと思いました。あくまでジャリ番として☆はつけますが、手塚作品の中では凡作もいいところですね。

ネタバレあり
見どころ

原案・手塚治虫によるオリジナル作品。主人公の少年は、誘拐されたの父を救うため、宇宙からやってきた雷獣の子供"ブリンク”とともに冒険の旅に出る。童話に出てくるような国々を巡るロードムービー的な展開が楽しい。少年の成長ドラマとしても秀逸で、何度でも見直したくなる作品だ。未見の人は、この感動をぜひとも体験してほしい。子供の頃に本作と出会った人はこの機会に感動の再会をお勧めしたい。また、思わぬところで登場する手塚作品の人気キャラにも注目。【アニメライター:川田鉄男】

キャラクター

カケル

ブリンク

丹波

ニッチ

サッチ

キララ姫

グロス皇帝

四季春彦

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案・総監督:手塚治虫 / 監督:原 征太郎 / 作画監督:宇田川一彦 / 美術監督:岡田和夫 / 音楽:芹澤廣明 / シリーズ構成:柳川 茂 / アニメーション制作:手塚プロダクション / 企画・制作:NHK / 共同制作:NHKエンタープライズ / 「瞳のなかの未来」歌:南野陽子 / 「負けないで、勇気」歌:中山 忍 /

キャスト
カケル:野沢雅子 / ブリンク:土屋里織 / 丹波:小林克也 / ニッチ:緒方賢一 / サッチ:吉村よう / キララ姫:伊藤美紀 / グロス皇帝:加賀谷純一 / 四季春彦:納屋悟朗 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}