動画が再生できない場合はこちら

ガラクタ通りのステイン

25

0

0

0

0

5

突き落とされたり、癒されたり…
予測不可能な毒入りファンタジー
あ・ん・し・ん・するな…

大都会の片隅にあるガラクタ通り。そこは、周囲の街から流れ着いたゴミが集まる場所。ガラクタ通りには、世捨て人ステイン、大きな猫のパルバン、そしてたくさんの不思議な生き物たちが住んでいます。ステインが拾った、ゴミの一つ一つから展開される、奇妙で不思議な物語。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)RYUJI MASUDA / SCITRON DIGITAL CONTENT / S-ONE T-THREE

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

中々無いアニメ

セリフというセリフが特に無く、笑い声や泣き声など最低限の声優さん泣かせな作りですが効果音や音楽でカバーしているといったところでしょうか。7話の「双眼鏡」パルバンが迷い猫を隠れて可愛がるストーリーや9話「毛糸」で自分を犠牲にして女の子を助ける手袋のお話、最後の13話「人間」も途中まで切ない内容だった。もちろん8話「リモコンロボット」でステインの怪我がどんどんひどくなっていく笑える内容も有り、考えさせられる内容だったりでてんこ盛りでした。もっと続いたら良かったのにと思わせる作品の1つです。

ネタバレあり

年齢にとらわれない作品

1話1話がそれほど長くないが、セリフが無い分、「見て楽しむ」と言うのがシンプルに伝わる。
ファンタジーでありながらそうと言い切れないストーリーと背景は、子供から大人まで楽しんで見れる作品だと思います。

見た目はちょっとアレだけどw

これは面白いw
一話からアノのりがいいよねw
いきなりそんなw
みたいなw
オススメw

大人に是非見てもらいたいアニメ。

子供のころ笑いながら見てたアニメです。
EDがとても特徴的でよく耳に残ってました。

でも今見るとやはり印象が異なりました。
心臓が痛くなるほど切ない。面白いんですけどねw

小中学生よりも、成人した方の方が色々じんわりくるアニメだと思います。

シュールだね、ブラックだね

見た目、ほんわかしているので視聴を後回し
にしていたのだが、観るとビックリ!風刺が
効いていて面白い。

1話7~8分と短いのも良い。
セリフが無いので余計に考えさせられる。

ネタバレあり
見どころ

大人の味がするCGアニメである。主人公名「ステイン:stain」とは「染み」を意味する言葉。何にも依存せずに裏通りに生きるステインは、表社会からすれば「染み」のような存在かもしれない。毎回、彼が拾ったものは猫のパルバンを巻き込んでドタバタでシュールな騒動に発展していく。そこにいつもあるのは「空腹」や「痛み」を代表とする人間として生きる上で根源的なものと直結している。ステインが感極まって流す涙は、表世界では忘れがちな人間的な感情を呼び覚ます。そこには哲学的で深いものが垣間見える。翌日仕事のない日の深夜に、酒でも呑みながら視聴してみよう。意外な展開に笑って驚く中から自分の心の奥が見えるに違いない。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

ステイン

ガラクタ通りに住み着いている人間。部屋の中で独り、南の島に思いをはせるような男。クリスマスをどうやって祝ったらよいのかわからない不器用な人。ステインが拾うガラクタの一つ一つから愉快で奇妙な物語が展開していく。

パルバン

ガラクタ通りに住み着いている大きな猫。いつもステインの部屋に食べ物をたかりにくる。ドライな性格で、一見すると無愛想で不気味だが、やさしい面もある。ステインと一緒に騒動に巻き込まれたり、より騒動を大きくしてしまう。いつも「恨」と書かれたセーターを着ている。

パイロン

ガラクタ通りに住み着いているヤシガニ。群で暮らしている。臆病な性格で、いつもパイロンを被って隠れている。

ちび鳥兄・弟

極楽鳥の子供たち

クビワイヌ

ガラクタ通りの住人。子犬の頃に首輪を締められたまま捨てられたために、そのまま首輪が残っている。年をえて成長するごとに首輪がしまって、息苦しい状態。

フクロザル

ガラクタ通りの住人。サルといってもいつも袋を被っているために、本当にサルかどうかは定かではない。袋の下の素顔を見た者は今のところいない。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督・原作・脚本:増田龍治 / プロデューサー:古賀俊輔 / キャラクターデザイン・美術:増田若子 / 音楽:めいなCo. / エンディングテーマ:タンデム/HALCALI /

キャスト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}