動画が再生できない場合はこちら

ウルトラセブン

20

0

0

0

0

4

宇宙人をクロースアップし、
社会に疑問を投げかけるような重厚なストーリー作りと、
メカニック特撮の強化が図られるなどの要素で、
ファンの中でも支持の高い作品。

恒点観測の任務のために地球を訪れていたウルトラセブンは、地球人モロボシ・ダンに姿を変え地球にとどまる。ウルトラ警備隊の一員として迎えられた彼は、侵略宇宙人から人類を守る戦いを開始した。 ※第12話は欠番のため配信は行いませんので予めご了承ください。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

意外と美人さん多数

まあなんというか、昔はほとんど気にならなかったんだけど、美人さんがいっぱい出てるんだなあ。
たった一話分のチョイ役だけで、Wikiが存在する狂気w。
JK宇宙人、古いフィルムでもわかる肌艶のよさ。金髪アンドロイドとか、いまだったらそのままタレントで通じるかわゆさである。そして御大(?)ひし美ゆり子、若いせいかニキビ多し。当時としては巨乳(※当時は巨乳という言葉はなかった)の部類に入るであろうおっぱい。
こういうのも人気の要因なんであろう。

役者全体でいくと、もうお亡くなりの方も幾人かいるぐらい古い作品だが、それゆえガイドラインが甘く、等身大でも活躍しまくる。これ以降のシリーズは仮面ライダーなどとの差別化の影響か、あまり小さくならないので、いまのウルトラマンになれてしまっている人でも十分いけると思う。

昭和中期の現存する有名な土地とかも出てきて、それも楽しい。ぜひ見ましょう。

ウルトラセブンは、特撮の歴史革命児日本夜分け。

明けましておめでとうございます。ウルトラセブンは、革命児で日本特撮が宇宙の探究一つでスタートレツクに近く一歩です。ウルトラセブンは、ウルトラシリーズでリアリティーと勇気与える作品。好きです。

最強ヒーロー

生誕の節目ごとに新作が作られる稀有なヒーロー、ある意味装甲騎兵ボトムズの親みたいなものか。
そのハードな世界観やメカニックを含めて大好きな作品です。
ウルトラシリーズでの助っ人の回数はダントツだし皆に愛されているヒーロー、ウルトラセブン
次の新作はいつかな?

第1期ウルトラシリーズの完成形

ウルトラQ、ウルトラマンを経て作られた、ウルトラセブン。
前2作と比べて、魅力が乏しく感じる怪獣や宇宙人のデザインは人により好き嫌いも分かれると思いますが、重厚なストーリーと特撮(操演)技術は、およそ半世紀を経た現在においてもなんら違和感なく鑑賞できるレベルです。
視聴者に媚びずに作られた作品は、年月を経ても決して色褪せることはありません。

見どころ

制作:円谷プロダクション。地球への侵略者に立ち向かうM78星雲人ウルトラセブン。『ウルトラマン』の基本を大きく発展させ、SF色とドラマ性を強化した作品だ。全地球規模での防衛体制が確立、エリートのウルトラ警備隊が3機のウルトラホークと地底戦車、潜水艦を状況に応じて運用するなど、世界観や設定が練りこまれている。セブンは自分の意志で地球人モロボシ・ダンに変身し、ともに戦うことを選んだ宇宙人。彼とアンヌ隊員との淡い恋愛劇など、大人向けのテイストも随所に盛りこまれ、アニメ含めて後世にあたえた影響は計りしれない。はたして地球人はセブンの想いに応えられる存在なのか。鋭い問いかけは時を経ても色あせることはない【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ウルトラセブン

M78星雲が地球に派遣した恒点観測員340号。侵略宇宙人に地球が狙われていることを知り、モロボシ・ダンとして姿を変えウルトラ警備隊に入隊、戦うことを決意する。必殺技はエメリウム光線やアイスラッガー。

メカ・ロボット

ウルトラホーク1号

警備隊の主力機で、6人の搭乗が可能。中央・大型前翼部・主翼部に分離しフォーメーション攻撃をかけることもある。合体時は大気圏脱出速度を出すことができる。

ウルトラホーク2号

宇宙探査に活躍するほか、先端からの光線などの攻撃能力も保有しているので戦闘にも使用される。4人搭乗可能。

ウルトラホーク3号

パトロールやウルトラホーク1号の支援に使用される。マグマライザーの輸送を行ったこともあった。3人搭乗可能。

ポインター

数々の秘密機器を備えた、ウルトラ警備隊専用車。高性能探査装置やスモークスクリーン、バリヤー機能を持ち、水上をホバー移動することもできる。

マグマライザー

ウルトラ警備隊の地中用兵器。前面の大型ドリルと車体横のドリルで岩盤を砕いて進行する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:円谷 一+野長瀬三摩地+満田かずほ+鈴木俊継+実相寺昭雄+飯島敏宏+安藤達己 / 特殊技術:高野宏一+有川貞昌+的場 徹+大木 淳 /

キャスト
モロボシ・ダン:森次浩司 / アンヌ:菱見百合子 / キリヤマ:中山昭二 / フルハシ:石井伊吉 / ソガ:阿知波信介 / アマギ:古谷 敏 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}