動画が再生できない場合はこちら

ゲッターロボ

0

0

0

0

0

0

チェンジゲッター! 合体せよ、ゲッターロボ!

太古の時代、地球は恐竜たちが支配していた。しかし突如として降りそそいだ宇宙線・ゲッター線を避けるため、彼らは地底の奥深くに潜らざるを得なかった。時は過ぎ、独自の進化を遂げた恐竜たちは、再び地上の支配者となるべく現代の世界に姿を現した。残忍な支配者・帝王ゴールに率いられ、バット将軍やガレリィ長官が人類絶滅のために機械化恐竜・メカザウルスを繰り出してきたのだ。しかも彼らの背後には、恐竜帝国の真の支配者である・大魔神ユラーが控えている。いち早く危機に気付いたのは、ゲッター線の有効利用によって宇宙開発を進める早乙女研究所だった。研究所の責任者である早乙女博士は、高校生のリョウ、ハヤト、ムサシの三人に宇宙開発用に作り上げたゲッターロボを兵器として与え、研究所を世界防衛の最後の砦にすることを決意する。三人は各自のマシンの能力と三パターンの合体を駆使し、次々と襲い来る機械化恐竜に立ち向かってゆく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(0件)

あなたの大好きな作品をみんなにおすすめしよう!

作品への応援メッセージや作品愛を
他のお客様へ伝えるポジティブな感想大募集!

キャラクター

リョウ(流 竜馬)

真紅のマシン・イーグル号のパイロットで、ゲッター1合体後のメインパイロットを担当する。普段は浅間学園高校サッカー部でキャプテンを務める熱血漢。早乙女研究所とゲッター計画に関しては、早乙女達人を通してよく見学をしていた。見学の最中にメカザウルスの襲撃を目の当たりにし、達人の仇を取るためにゲッターロボに乗り込むことを決意する。

ハヤト(神 隼人)

純白のマシン・ジャガー号のパイロットで、ゲッター2合体後のメインパイロットを務める。群れることを嫌い、常に冷静でニヒルな性格。ゲッターロボにも当初は興味を示さなかったが、ミチルが亡くなった母にそっくりだったことから搭乗を決意した。その母の死に際に仕事の都合で現れなかった父を、深く恨んでいる。

ムサシ(巴 武蔵)

黄色のマシン・ベアー号のパイロットで、ゲッター3合体後のメインパイロットを務める。浅間学園高校柔道部の主将を務める人情家。ミチルに熱烈な想いを寄せていて、誘われてゲッターロボのパイロットになることを決めた。故郷の母の教えを胸に、持ち前のド根性で激戦をくぐり抜けてゆく。

早乙女博士

ゲッター線を研究し、宇宙開発に役立てようとする世界的科学者。ゲッターロボの生みの親でもある。ゲッターロボを兵器にすることにためらいを感じていたが、平和を守るため、あえて信念を曲げて戦いに身を投じることを決めた。

早乙女ミチル

早乙女博士の愛娘で、偵察機・コマンドマシンのパイロット。リョウ、ハヤト、ベンケイとは、もともと浅間学園高校の顔なじみだった。学園のマドンナと言われるほどの美少女だが、自らコマンドマシンに乗り込んで開発テストを手伝ったり、時には戦闘に参加したり、物怖じせず積極的に困難にも立ち向かってゆく。

早乙女達人

浅間学園サッカー部のコーチにして、ゲッター+U45計画のテストパイロット。ミチルの実の兄で、リョウにとっても兄のような存在だった。プロト・ゲッターでテストをしていた最中にメカザウルスに襲撃され、勇敢に戦った末に短い生涯を閉じる。

早乙女元気

早乙女家の末っ子。好奇心旺盛でやんちゃな、名前が示す通りの男の子。直接戦闘に関わることはめったにないが、恐竜帝国絡みの事件には度々巻き込まれる。

帝王ゴール

恐竜帝国を支配する暴君。身長2メートル、体重120キロの巨漢で、常に威圧的なオーラを放っている。残忍かつ冷酷な性格で、手下を殺めることすら躊躇しない。ゴーラという娘がいる。

大魔人ユラー

恐竜帝国の真の支配者。神秘のベールに包まれたその正体は、恐竜帝国の幹部たちですら知る者はいない。予知能力を持ち、海底火山を操るなど強大な力を持ち、“恐竜帝国の神”と崇められている。

バット将軍

帝王ゴールの腹心のひとり。メカザウルスに搭乗するキャプテンたちを統率し、歴戦の勇士として自ら戦闘に参加することもある。右胸に第二の心臓を移植している。

ガレリイ長官

恐竜帝国の科学技術長官として、様々な兵器やメカザウルスを生み出す。人類抹殺のために頭脳をフル回転させ、ついには4体のメカザウルスと200機以上の戦闘機が搭乗可能な無敵戦艦・ダイを完成させる。

大枯文次

自称天才発明家。早乙女研究所を勝手にライバル視して、浅間山のふもとに世界発明研究所を建てる。庶民的で珍妙な品ばかり発明するが、素人発明家ならではの応用の才を発揮し、ついにはゲッターチームの活動に欠かせない存在になる。

浅太郎

大枯文次が作った万能ロボット。搭載している人工知能のおかげで、自分で考えて行動することが出来る。文次の助手を務め、時にはメカザウルスに立ち向かってゆくこともある。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:永井 豪・石川 賢とダイナミックプロ / 企画:勝田稔男・別所孝治 / 製作担当:大野 清 / 脚本:上原正三・雪室俊一・田村多津夫 / 演出:勝間田具治・生瀬昭憲・川田武範 / キャラクター設計:小松原一男 / 美術設定:辻 忠直 / 音楽:菊池俊輔 /

キャスト
リョウ(流 竜馬):神谷 明 / ハヤト(神 隼人):山田俊司 / ムサシ(巴 武蔵):西尾 徳 / 早乙女博士:富田耕生 / 早乙女ミチル:吉田理保子 / 早乙女達人:野田圭一 / 早乙女元気:菊池紘子 / 帝王ゴール:神 弘無 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}