動画が再生できない場合はこちら

幽☆遊☆白書

53

0

0

0

2

9

霊界探偵に任命された浦飯幽助が、
次々に現れる妖怪たちと激突!
90年代を代表するバトルアニメ!!

不良少年の浦飯幽助は子供を助けようとして交通事故に遭い死んでしまう。だがそれは霊界にとって予想外の死だった。困り果てたエンマ大王Jr.のコエンマは、幽助に生き返るための試練を与える。霊界探偵として蘇った幽助は、ケンカ友だちの桑原や、任務を通して出会った蔵馬、飛影とともに、次々と現れる強敵を倒してゆく!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊) (C)Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 (C)ぴえろ/集英社

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

神_BR_アニメ♡!

小さい頃からアニメに全く興味なく、アニメがやっていたらチェンネルかえるレベルですw

なのに、幽遊白書だけは最終回までを200セット以上は見ました!!

本当に見やすくて面白い!!

幽遊白書第2期とかやってくれないかな...

思わず買ったぜ!

ハンターXハンターも面白いけどやっぱり幽遊白書!!思わずコラボTシャツ買っちゃいました。

幽☆遊☆白書

やはり素晴らしい。

なつかしい

97話いいねえ 幽介のさっぱりきっぱりしたプロポーズがいい

引き込まれる面白さ

久しぶりに見ましたがやっぱり面白い
ジャンプ黄金期の漫画はやはり至高

何度見ても凄い!

原作ももちろん面白いが、原作を全く損なわずにむしろ上回る勢いでアニメ化してるのは本当にすごい。

キャラクターの動きだったりカット割りなど流石といった出来で何度も見られます。

またストーリーも戦っている敵が味方になるのは少年漫画のお決まりですが、そうなっていくだけのキャラクターの個性が際立っている作品だとも思います。

ただやっぱり最後の方はパワーインフレを起こしているのはしょうがない事とは言え惜しいです。
個人的には仙水編の最初の方なんかが好きなので、もっとそこら辺を長く見たかった気がします。

もう20年ほど前の作品になりますが今見ても十分面白い作品です。

ゆうはく大好きっす

ポイントは暗黒武術大会決勝戦と魔界統一!

懐かしい

今でも十分に楽しめると思う。1900年代終盤はこんな時代でした。意外にわかりやすいかも。日本の歴史が東日本大震災までが日本の歴史なので、この時代はもう歴史の一部ですので。

ぼたん

初期のぼたん、ひたすらかわいい。
幽☆遊☆白書、HUNTER×HUNTER、富樫作品て繋がり多いよね!それがまたいい!

てか、幽☆遊☆白書もHUNTER×HUNTERもiPhoneやと変換で出るなんて!おどろきー

いや~よかった♪

自分が小学生の頃に生で見てたけど、久しぶりに見たらどはまりだった!
一生の忘れない作品だね^^b

この主題歌懐かしい、お気に入りの曲です

いきなり死んでしまう主人公って当時は新鮮だったなぁ。当時のバトルマンガというと「ドラゴンボール」が大ヒットしてて、本作はその陰に隠れがちだったけど、それに比べてあっさりしていた感があるので、私はこちらの方が好きだな。
本作の1話目は道徳的な内容が強くて、これバトルマンガなの?って思ってしまうので27話の方も見てから視聴するか決めるのが良いかと思います。個人的には、今の時代に放送しても十分人気が出る作品だと思いますよ。現代のバトルマンガに引けを取らない出来だと思います。

なかでも、主人公の引き立て役・桑原が格好悪くても頑張っている姿が、逆に格好よく感じられて好きでしたね。今ではもう化石ともいえる典型的な不良という役どころだったのもギャップがあってよかったです。本作は女性ファンの比率が多かったから蔵馬や飛影の方が人気はあったんだけど、桑原君一押しです!

見どころ

原作は、冨樫義博によるコミック。霊界探偵としてよみがえった主人公が、魔界からやってくる強敵たちと死闘を繰り広げ、さまざまな出会いや事件に遭遇する。物語は霊界、魔界へと舞台を広げ、その中で主人公がかつての敵とも絆を築いていく過程が大きなみどころだ。登場キャラクターたちが、過去の因縁を解きほぐしていき、それぞれが戦う意味を問いかけていく構成は斬新だ。主人公が、時には敗北することも多く、勝利が必ずしも解決とならないところなども注目だ。いつの時代も色あせることのない感動を与えてくれる普及の名作だ。【アニメライター:川田鉄男】

キャラクター

浦飯幽助

皿屋敷中学2年、市内では有名な不良。車に轢かれそうになった子供をかばって一度命を落としてから数奇な運命をたどることになった。霊界探偵。幻海から霊光波動拳を継承し、霊界と人間界の平和を守る。

桑原和真

幽助のケンカ友だち。見た目とは違い正義を愛する熱血漢だ。人間だが霊力が強く、幽助の良き協力者となる。氷女の雪菜に一途に想いをよせる。

蔵馬

かつては魔界の盗賊だったが、霊界探偵に追われて深手の傷を負い、逃亡の末に人間の受精体に憑依した。南野秀一として成長するうちに人間らしい感情が芽生える。気持ちが昂ぶると真の姿、妖狐になる。

飛影

元盗賊の妖怪。冷酷非道な性格だったが、幽助の影響で次第に『優しさ』に目覚めていく。普段は額にしかないが、全身に邪眼と呼ばれる目を持つ。雪菜の実兄だが、名乗るつもりはないらしい。

コエンマ

霊界の支配者である閻魔大王の息子。霊界にいる時は幼児体型だが、人間界に来る時は8頭身の青年になる。霊界探偵に指令を与える霊界捜査部の長。実年齢700歳以上!

ぼたん

死んだ人間の魂を霊界に導く、霊界案内人。幽助が霊界探偵になってからは、その助手として活躍した。江戸っ子のようにきっぷのいい口調だが、時折見せる普通の女の子っぽさも魅力。

雪村螢子

幽助の幼なじみで同級生。何かと口やかましいのは幽助のことが好きだから。魔界に行ってしまった幽助を、2年間信じて待ち続ける。

幻海

霊光波動拳の達人で、幽助の師匠。暗黒武術会で戸愚呂弟の手により一度は死ぬが、後に復活する。霊波動を高めると、細胞が活性化して若返る。その姿は意外と美形! 50年前の暗黒武術会の優勝チームの一人。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:冨樫義博 / 掲載:「週刊少年ジャンプ」 / 発行:集英社 / 製作:布川ゆうじ(ぴえろ) / 企画:大野 実(読売広告社) / シリーズ構成:大橋志吉 / シリーズ監督:阿部紀之(現 / 脚本:大橋志吉+隈沢克之+富田祐弘+橋本裕志 / アニメーションキャラクター: / デザイン:北山真理+大西雅也+山沢 実 / 美術デザイン・美術監督:池田祐二+高田茂祝 / 音楽:本間勇輔 / 撮影監督:福島敏行 / 音響監督:水本 完 / 制作:フジテレビ+読売広告社+ぴえろ /

キャスト
浦飯幽助:佐々木 望 / 桑原和真:千葉 繁 / 蔵馬:緒方恵美 / 飛影:檜山修之 / コエンマ:田中真弓 / ぼたん:深雪さなえ / 雪村螢子:天野由梨 / 幻海:京田尚子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}