動画が再生できない場合はこちら

牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜

30

0

1

1

0

5

2010年に劇場公開された全編3Dの作品を2D版で配信!

最凶の魔獣七体が復活した。その名は使徒ホラー。魔戒騎士を束ねる番犬所は最強の騎士の証“ガロの称号”を持つ冴島鋼牙へ全七体殲滅の指令を下す。使徒ホラーを追う旅へ赴いた鋼牙は、ある港町に辿り着く。そこには魔戒法師のアカザ、弟子のシグト、そして烈花の姿があった。そして使徒ホラーの一体である魔鏡ホラー・カルマがCRIMEに潜んでいることを突き止める鋼牙。だが、CRIMEは魔戒法師にしか作れない結界によって守られていた。CRIMEに張り巡らされている予想だにしない罠により、鋼牙は過去最大の危機を迎える…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

牙狼ファンには……

烈花の新体操戦闘が苦痛かもしれない
烈花に戦闘をあわせているため戦闘スピードが前作より少しいやかなり劣るかも……
烈花重視でなければ星4ですね。

ネタバレあり

大人のヒーロー&ちょっぴりホロリ

ただ悪と戦うヒーローではなく、そこには人間像やプラトニックな恋愛感情、絆がきちんとあり、深いストーリー構成がとても心地良いアクションSFXも見応えある近年最高のダークヒーロー

シリーズを通して

 GAROシリーズを通して流れる一本のテーマ、それは「己のためだけでなく人のために闘い生きること」。
これこそまさに武士道でありこの古式蒼然たる武士道を最新のCGで表現するというそのギャップがGAROの最大の魅力だと思う。

グラフィックは問題なし!

CGによるガロの戦闘シーンは厨二心をガッツリ刺激してくれます。

しかし演技が・・・棒読みで感情の入っていないセリフは演技力の大切さを痛感します!
CGやかっこよさでは星5つですがOTL

どの辺が悪いかではないです。見ててバリッバリに違和感を感じました。

あえて名づけるなら

クライマックスの牙狼英霊モードテンションMAXw

ネタバレあり

良い作品です。

TV番の第一作と第二作の間を補完する物語です。
テンポ良い展開でGAROの世界の魅力を存分に味わえる作品になっていると思います。

流石は劇場公開版

MAKAISENKIへの流れもあるので、その前に見ておくとストーリーに深みが出ておもしろい。
初回TV版からここまで見てしまうと、もうGARO世界の魅力から離れられませんね。

キャラクター

冴島鋼牙

最高位の証“ガロの称号”を持つ孤高の魔戒騎士。ホラーの始祖・メシア、千年の時を越えて復活したレギュレイス、暗黒魔戒騎士キバといった強敵を撃破。それらに匹敵する七体の“使徒ホラー”殲滅を命じられる。

烈花

女魔戒法師。穂先を収納し、横笛となる魔導筆を愛用。体術に優れており、魔界竜の稚魚を用いた法術でホラーに立ち向かう。能力があっても女性であるが故に魔戒騎士になれなかったことへ怒りを感じている。

アカザ

初老の魔戒法師。普段はアクセサリー等を販売する店“あかどう”の店主で、その地下には魔導書庫や魔戒剣を浄化する設備を整えている。ホラーとの戦いでは大筆を用いた法術を得意とし、シグトとの連携も見せる。

シグト

魔戒法師の青年で、アカザの弟子。魔針盤でホラーの位置を探り出し、魔戒獣・号竜を操りホラーと戦う。魔戒法師にしては珍しく喜怒哀楽をハッキリと表現するため、まるで普通の青年の様な振る舞いを見せる。

クルス

魔境に魅せられて、魔力を身につけた男。

シオン

クルスと行動をともにする謎の女。

魔鏡ホラー・カルマ

使徒ホラーの一体。鏡に憑依する。鏡から鏡を移動することが出来、鏡に映る人間を喰らう。

魔導輪ザルバ

鋼牙が左中指に嵌めている骸骨型の指輪であり、良きパートナー。元々はホラーで、ソウルメタル製の指輪の中に閉じ込められている。ホラーを探知する能力がある。皮肉とも嫌味ともとれる独特な言い回しが特徴。

ケンギ

以前、鋼牙が修行中に出会った魔戒騎士。半人前の鋼牙に対し、魔戒騎士としての志やホラーと戦い続ける意味を説く。

来栖謙一

遥か昔に死別した恋人を想い続け、その肖像画ばかりを描いている。不思議な鏡に触れたことで、彼の人生は大きく変わっていく。

黄金騎士ガロ

冴島鋼牙が魔戒剣で空間を斬り裂き、魔界から召還した鎧を装着した姿。活動限界時間は僅か99.9秒。装着と同時に魔戒剣が牙狼剣へと変化、ホラーを一刀両断する。愛馬である魔戒獣・轟天とともに魔界を駆ける。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・監督:雨宮慶太 / エグゼクティヴ・プロデューサー:二宮清隆 / 統括プロデューサー :吉田健太郎 / プロデューサー:佐藤 満+夏井佳奈子+比嘉一郎 / 脚本:江良 至+雨宮慶太 / 設定:田口 恵 / 音楽プロデューサー:井上俊次 / VFXスーパーバイザー:小坂一順 / アクション監督:横山 誠 / 特別協力:サンセイアールアンドディ / 技術協力:オムニバス・ジャパン / 製作/制作:東北新社 / 配給:東北新社+ゴー・シネマ /

キャスト
冴島鋼牙:小西遼生 / 烈花:松山メアリ / アカザ:斎藤洋介 / シグト:倉貫匡弘 / クルス:笠原紳司 / シオン:江口ヒロミ / 魔鏡ホラー・カルマ:原 紗央莉 / 魔導輪ザルバ:影山ヒロノブ / ケンギ:津田寛治 / 来栖謙一:中尾 彬 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}