動画が再生できない場合はこちら

ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜

110

0

0

3

9

13

人は何を求め、
何のために「塔」へと登るのか―。

八十年の時を越え、ウルク国に再び現れたドルアーガの塔。仲間と共に最上階を制した登頂者ジルを待っていたのは、信じていたカーヤの手ひどい裏切りだった。謎の目的を胸に秘めるニーバと「幻の塔」へと消えていくカーヤ。ジルは失意と共に最下層へと流されていく。カーヤは何を求めていたのか。自分は何を望んでいるのか。生きる気力を失い、答えのない問いを抱えたまま時を過ごすジル。だが、彼の目の前に謎の少女カイが現れ、運命は再び動き始める。失われたはずの願いを胸に、ジルは再び登頂者となって果てなき塔の冒険に挑む。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(25件)

かなりの良作

久しぶりに“当たり”を引いた感じがしました。
と も か く、絵が上手いし、きれい。
脚本や構成も素晴らしいし、文句ありません。
オープニングのセンスもユーモアにあふれてて、ほかのアニメにはありません。
(田中敦子さんの名前を強調するのはなんか理由があるのかな?)
前作は、かなり“自由”に作っていましたが、今回はそういう粋な遊びはなかったようです。
劇場版をずーーっと見ているようで、なかなかの大作です。
緊張したシーンで、すっと気を緩めてくれるのが、侍女クーパです。
時々、悟ったような人生訓をのたまうところなんか心憎いです。

憂鬱な気分でも楽しくさせてくれる作品です。

冒険ものが好きならオススメです!

元ネタのゲームは知らなくても大丈夫よ。

しかしホントに絵が上手いだはー

「いくら丼が食べたかったわ~♪ いやでも、そうでも、ないかな~♪」

意外な良作

ゲームの方は全く知らなかったのですが、前作から一気見するくらいは引き込まれました。全編通して中だるみや特定キャラクターへの嫌悪感もなく見れました。主人公のジルに色というか目的意識が薄いので私は自分を写すように見ていたり、ゲームをやっているようなメタな視点も交えて見てみたりといろいろな楽しみ方があると思います。

楽しくて面白くて感動ありのてんこ盛り?!(ネタばれあり)

いや、良かったです。緩さを惜しむ声もあるみたいですが、この緩さがいいんです。
テンポよかったですし。


兄貴よ、さんざんやらかしといて結局兄弟ゲンカで納めるなよ。なんだかんだ屈折してても最後は素直に愛を感じたよ。
塔を征服したもの=ドルアーガを倒したものが次の・・・て切ないよ。
ギルよ、長かったんだね、不死の人生・・・もし、ジルが同じように呪いを受けて100年ののちにああなってしまってたら・・・と重ね合わせて見てたら胸に迫るものがありました。
ラストの本来の姿になったギルガメシュを見れて良かった。倒されることがハッピーエンドのこともあるんだね。兄貴だって・・・。悲しいよ(TT)
たくさん帰らぬ人になったけど、追憶の館のおかげでなぜかハッピーエンドに思えてしまうのがこの作品のすごい所です。
軽くノリの良さを楽しむも良し、深読みを楽しむも良し、いかようにも応えてくれるよくできた作品です。

ネタバレあり

43歳ドルアーガ世代?です!(^^)!楽しめました~(^o^)丿

普段OPやED1回聞いたら大体飛ばす派です(;^ω^)が…カーヤのエンディング毎回聴いちゃいました(≧◇≦)、ニコ動即行っちゃったし(;^ω^)、内容と歌詞を重ね合わせながら聴くと泣けてきます( ;∀;)、もちろん…歌声最高に癒されます(^ω^)。

何年か前に見た作品

何年か前に見た作品です。
もう一度見たいと思ったのですが近所のレンタル屋さんにはなく諦めてた所、バンダイチャンネルで見る事が出来ました。ですが、画質が酷くてなんだかなぁ~という感じです。
月2000円で720pのコースを作って欲しいです。

完結

綺麗に終わって良かった良かった

オススメ!!

冒険活劇大好きな人は、迷わずご鑑賞ください!一押しです。

前期のエイジスとあわせて見放題なのが嬉しいサービスですね~(*^-^*)

前期同様、悪者イイモノどのキャラクターも活き活きしていて面白いです。物語も中々重厚だし。

OPとか軽いのだけどね~(笑)

ギャップとかも含めて、是非楽しんでください( *´ω`)

評価が難しい作品ですね・・

意外と楽しめましたが、う~ん何度も繰り返し見ようとは思えません。主人公がちょっと好きになり切れなかったかな・・・

乗り越えても、乗り越えても・・・

乗り越える事の意味を考えさせられる作品でした・・。神という無限の力と権力を人が想像したとき、倒しても倒しても乗り越えるべき事がそこに現れる。それが、常に進歩を促進させ、より高度な社会を築こうとする人間の隠れた原動力となっているのではないか・・。そんなことを考えさせられる作品でした・・。
ロールプレイゲームのいつまでも終わらない感や時間を忘れて熱中したあとの時間の無駄感というか、現実に戻ったときの何も進んでいなかった感をファーストシーズンで感じた方は、このセカンドシーズンでとりあえずの終着駅を見つけることが出来るかも知れません。
個人的には、ギャグが楽しかった・・。

第1話だけで見切らないで

第1期「〜the Aegis of URUK〜」でのクチコミと同じ内容で書きます。

コメディ要素も強かったけど、2期まで見たら、まっすぐで懐かしいRPGアニメかなと思いました。余計なことを考えず楽しめましたね。OPも本編の人間関係をパロった現代風?に作ってあっておもしろかったです。

でも、この作品のメインヒロインって、実はやっぱり彼女じゃありませんか?不遇のツンデレ・ヒロインだけど、インパクト・サービスカット?ともに本命を完全に圧倒してましたよ。

ともあれ、この作品のクチコミを読んでいる方なら、見て損はない良作だと思います。

ネタバレあり

なんだかんだでハッピーエンド

ご都合主義な感じもあるけど、まぁそれはそれ。

終わりよければ全て良しってことでw

孤独を乗り越えるということ

1期(the Aegis of URUK)のようなコメディ多めの冒険活劇というよりは、
人間模様に焦点を当てた若干シリアスな作品になっています。
(もちろん冒険や戦闘、コメディ要素もありますが)

孤独の中で安心立命を求めてもがく不器用な人間の、小さくも大切な戦い。
そして、その主題を中心としたキャラクターそれぞれの生き様を描いたアニメです。

──────────────────────────────────────
OPもEDもキャッチーだし、ファティナはカワイイし、
おすすめ度数は4つけてますが、個人的にはそれ以上に好きな作品です!

ネタバレあり

面白かったです。

よかった…
2期は大丈夫みたいだ

なかなか

面白いほうだと思う。ギルストーリーキボンヌ

ネタバレあり

期待値0で・・・

1期2期通して観ましたが、2期の方が好きです。惜しむらくは、少しコメディタッチを省いてくれれば、良かった。

うん!!

久々に見たけどやっぱ面白いわ

1期、2期の視聴しての感想

笑いあり、涙ありで非常に面白かったです。
ストーリーも続きが気になってついつい見てしまう感じでgood!
是非一度は見て頂きたいですね(笑)

最後にファティナさん!色んな意味でお疲れ様ですw

ネタバレあり

あ、なんか面白いわぁ

いわゆるソードアンドソーサリーが見たいと妙に今っぽさを入れててちょっと物足りないけど、作品は第一期と二期両方通してとても楽しく見られた。もうちょっとヘビーな感じにして欲しいけどそれは私の趣味というもので、これはこれで有りかなっていう感じ。

なんか、かなり神話してました

孤独を知らない者では倒せない!と嘯く黒ギルガメスに致命打を加えたのはウラーゴンでした
塔内最弱者のウラーゴンですが、孤独さはギルガメスより深かったのです
ここのところは神話チックで戦慄しました……

ネタバレあり

応援歌

創作には人を堕落させるものと、決定的に人を救い、赦すものがありますが、しかるべき時に見た時、この作品は人を救うメッセージを内包した前編後編作品だと確信します。
あなたの心に訴えないのなら、もう少し今より底があるのかもしれませんね

ただ心残りなのが、ジルの父親の罪は理解したのですが、何故敵前逃亡した本当の理由の意味が理解できなかったこと

ニーバの罪を決定づけるための演出だったとすれば、あまりに画竜点睛にかけて残念です。

ネタバレあり

萌えShiftアンニュイ

2期は哲学的な意味合いのヒューマニズムと情緒的な意味でのアンニュイ加減が面白いですね。
1期は萌えアーガの塔だったけど2期はドストエフスキー著書の世界観に通じるモノがある気がします。
さしずめロシアーガの塔とか?


1期のような冒険活劇とか英雄譚に期待して視聴すると大参事な2期なので注意

面白いが( ゜Д゜)

どこか緩い感じは否めないかなと。
惜しい。
もしも続編や新規でまた制作する機会があれば、緩さをなくした作品を見てみたい。

ネタバレあり

名作だと思う

王の中の王であるギルも人間だったんだな、と

戦闘シーンも人間ドラマも見応えあって良かったです!
キャラも皆良かった!特にアーメイ!アーメイ結婚して!!

ネタバレあり

面白かった

キャラが立っていてとても面白かった。
それぞれのキャラの武器、防具もこのアニメしかない設定の武器、防具でよく考えてるな~と思った。

ファティナがエロくぶっちゃけ「ファティナ萌えアニメ」かな(笑)

ニーバの最後の暴走ぶりはちょっとひいた。
ギルの影だけの話でよかったような。

歌は第一部の「塔頂者たち」が神曲だった。

ネタバレあり

よかった!

色々ありましたが、よかったです!ギルの塔頂者としての、勢いが良かったです。前回から楽しみにしてましたが、笑いも忘れず、涙もありで、最後まで面白く見れました!飽きさせない、演出がナイスです!
最終回も良かったので、是非とも観きっていただきたいです。
ドルアーガの塔、楽しかった!

ネタバレあり
キャラクター

ジル

盾役の戦士。ニーバとカーヤが「幻の塔」に消えたことにショックを受け、無為の日々を過ごしていた。だが少女カイと出会い、再び登頂者となることを決意する。ストレートな性格だが、鈍感なところも。

カーヤ

カイの血筋を受け継いでいる巫女。ジルのパーティーのオラクルだったが、ある目的を胸に、ジルを置いてニーバと共に「幻の塔」へと消えた。ニーバと「幻の塔」の頂点を目指している。

ニーバ

ジルの異母兄。ある目的を達成するために、カーヤを連れて「幻の塔」の頂点を目指している。ジルに嫉妬心とライバル心の入り交じった感情を抱いている。目的のためには周囲の人間を使い捨てることも厭わない性格。

ファティナ

かつてニーバ・パーティーの一員として、ドルアーガ討伐に参加。現在は塔のツアーガイドとして暮らしていたが、ジルと再び登頂者となる。想いを寄せていたニーバに手ひどく裏切られたことが心の傷となっている。

メルト

ジル・パーティーの元一員。没落貴族だったが、金剛の宮のリゾート開発に成功し、現在はちょっとした実業家。裏表がなく憎めない人間ではあるが、お調子者の性格は相変わらず。

クーパ

メルトの従者で、ジル・パーティーの元一員。実業家となったメルトの秘書として、わがままな主人のフォローに追われ、実質的に事業を取り仕切っている。見かけによらず力持ちで、手料理が得意。

ウトゥ

ニーバ・パーティーの元一員。常に鎧のマスクをつけているため、その素顔を知る人は少ない。ジルたちと意外なかたちで再会を果たし、再び登頂者となる。

ヘナロ

ケルブの店の常連で、元登頂者のボウガン使い。温厚な性格だが、ジルたちの登頂に巻き込まれ、共に幻の塔の頂点を目指すようになる。

カイ

ウルク軍とグレミカたちに追われている謎の少女。本人は、かつて勇者ギルガメスと共に戦い、その王妃となったイシターの巫女カイであると語っている。ジルに、幻の塔の頂点へと連れて行って欲しいと依頼する。

グレミカ

バビリム派と共にウルク国を二分するスーマール派に属する暗殺者。自分たちの目的のために少女カイを追っている。弓使い。

アクラ

グレミカの副官。魔法使いとしてグレミカを支える。

ウラーゴン

ウルク国の黄金騎士団団長。上司である軍高官のアミナに媚びへつらう一方で、その権威を笠に着て周囲には高圧的に振る舞っている。カイ捜索を命じられ、手段を選ばぬ粗暴なやり方でジルたちに迫ってくる。

ケルブ

ウルク国親衛隊の元指揮官。ドルアーガを討伐したジルたちに対して、正当な褒賞を授けることを提案したが、拒否され辞職。現在は宿屋の主人。鈍感なところはあるが、義に厚い人物で、登頂者仲間もよく店に訪れる。

エタナ

ケルブ辞任後、ウルク親衛隊隊長に就任。王宮や軍上層部の勝手な要求に悩まされつつ、「ディンギルの梯子」建設の指揮をとっている。ケルブに密かに想いを寄せているが、ケルブはいっこうに気づいていない。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:バンダイナムコゲームス「ドルアーガの塔」 / 監督:千明孝一 / スーパーバイザー:遠藤雅伸 / シリーズ構成・脚本:賀東招二 / キャラクター原案:白亜右月 / メインキャラクターデザイン:高岡じゅんいち / キャラクターデザイン:山形厚史 / モンスターデザイン:皆葉英夫+丹澤 学 / ドルアーガデザイン:草彅琢仁 / 総作画監督:藤澤俊幸+高岡じゅんいち / プロダクションデザイン:小林 誠 / 色彩設計:内林裕美 / 撮影監督:石黒晴嗣 / 音響監督:郷田ほづみ / 音楽: / 編集:肥田 文 / アニメーション制作:GONZO / 製作:イズミプロジェクト /

キャスト
ジル:KENN / カーヤ:折笠富美子 / ニーバ:櫻井孝宏 / ファティナ:堀江由衣 / メルト:郷田ほづみ / クーパ:茅原実里 / ウトゥ:安元洋貴 / ヘナロ:花澤香菜 / カイ:矢島晶子 / サキュバス:ゆかな / ギルガメス王:土師孝也 / グレミカ:根谷美智子 / アクラ:冨澤風斗 / ウラーゴン:森川智之 / ケルブ:てらそままさき / エタナ:水野理紗 / アミナ:田中敦子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}