動画が再生できない場合はこちら

星を追う子ども

50

1

1

2

4

5

それは、“さよなら”を言うための旅。

ある日、少女アスナは、地下世界アガルタから来たという少年シュンに出会う。二人は心を通わせるも、少年は突然姿を消してしまう。「もう一度あの人に会いたい」そう願うアスナの前にシュンと瓜二つの少年シンと、アガルタを探す教師モリサキが現れる。三人はそれぞれの想いを胸に、伝説の地へ旅に出る…。
※許諾元の都合により最大帯域1.5Mbpsでの配信となります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(13件)

良い作品なのですが

過去に有った別作品と被って見えてしまう
それらを頭の中から排除して観ると良作品
と言う事でハート4つ判定

旧き良き時代の青春ドラマ・・・じゃない!?

ドラマ/青春に分類されたこの作品、旧き良き時代の青春ドラマだな~
リアルな景色に舞台はドコなんだろうなぁ~と思って観ていたら、突然!!!!
「なんじゃこりゃ~!」って事態になりました。(笑)

大人が観ても楽しめますが、もしも小学校高学年から二十歳くらいまでの間に見たら、
もっと心を揺さぶられていたかも。

複雑でマニアックな設定、伏線もありません。素直に作られた作品でした。
時代は自動車から推測して昭和30年代後半でしょうか。
でも、ディーゼルカーは昭和40年代後半に機関車はDD10嘘型だし、ここら辺にこだわりは無いようです。

いろいろ楽しかったです。観たあとに満足感がありました。

今回、2018年6月末まで見放題ですから、お早めに。(^_^)b

宮崎アニメの器に入れた新海風味のファンタジー

確かに見た目は宮崎アニメっぽいし、1983年に宮崎駿が発表した「シュナの旅」に良く似た描写も散見されますが、ジュブナイルファンタジー(ジュブナイル=十代の少年少女向けの作品)と銘打ってるように、宮崎駿の子どもを対象にした冒険ファンタジーとは異なる登場人物の造形などに新海監督らしさが出ていて、見る人が見れば宮崎監督のファンタジーとは別の良さを見つけられると思います。

ネタバレあり

ジブリ、繋がり

と言うよりは、

これは、、、
愛妻家の監督、繋がり、なのでは無いでしょうか。

いや、監督達の私生活なぞ、勿論知る由も有りませんが、
なぜか、そのような、推測をしてしまいました。


恋に恋する乙女、の言葉が有りますが、
異性を愛する、と言う事への思い入れ。

それが全ての作品の根底に流れる動機?



もしも、その推測の通りだったとしたら。
漸く、理解、出来た様に思います。





映像も、音楽も、とても素敵なのにも関わらず、
私が、心底からは、どの作品も、好きになれない理由。






きっと、「最高のリアル」の最期の時が、
嗤いと罵りに曝される日常からの解放と
同義の人間も、世の中には居るのですよ。

良い物語。

好きですけどねw宮崎作品てんこ盛り感、満載です。

有名になると…

この作品が監督の意向であったのか、スポンサーの意向であったのか…ハッキリ聴いてみたい気もします。
監督自身(最近の監督)は、宮崎アニメに影響されてますし、
新海監督自身もそう言ってたのを記憶しています。

しかし、この作品は完全に新海路線をはみだして、ジブリより作品になっています。
この作品以前、有名になったぶん、スポンサーがつくのは当たり前ですが、あまりにもスポンサーの意見に左右されたのかもしれません。
故に、これ以降は独自路線に戻り、新海ワールドにもどります。
監督の息抜きとみましょうか…

他の作品とはちょっと違った雰囲気が楽しめる

冒険チックな物語で他の作品とはちょっと違った魅力があります。

ネタバレあり

いい作品ですが…

なんだろう…この「ジブリを見たかったんじゃ無いのに…」感は…。

ジブリワールド→新海ワールド

全体的にジブリだったけど、終盤だけはしっかり新海作品でした。「君の居ない、この世界にハロー」。人はどれだけ愛する人を亡くしても、逃避したり自殺してはならないのです。独りでも生きていかなくてはならないのです。

ネタバレあり

ジブリ

もののけ姫と天空の城ラピュタを足したオマージュ作品です。

良かった~。

新海監督の作品初です。
すごく、思いの詰まった良い作品だと思います。
伝わってくる気持ちが心地よいです。
アニメ好きで良かったな。

なるほど

肺に入れた水はどうやって出すのだろう。
何百メートルも深く潜って水圧は大丈夫なのだろうか。

そんなこと考えちゃダメなんだろうな。そういう作品ではなかった。

ネタバレあり

うん、かなり良い。

映画館で見た。

最近のジブリ作品よりよっぽど良い。
ここ最近のジブリ作品にがっかりしている人にお勧めかな~。

キャラクター

アスナ

山間で育った少女。母と二人暮らしのため、年齢よりもしっかりしているが寂しさも感じている。少年シュンとの出逢いにより、冒険に旅立つことになる。

シュン

地下世界アガルタから来た少年。アスナと出逢い、世界の魅力を知った彼は彼女の前から姿を消す。

シン

シュンの弟。シュンが彼女の前から姿を消した後、兄の残したものを引き取りにきた彼はアスナと逢うことに。

モリサキ

アスナが通う学校に赴任してきた国語教師。若い頃に妻を亡くした教師はもう一つの顔を持つ…。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・脚本・監督:新海 誠 / 作画監督・キャラクターデザイン:西村貴世 / 美術監督:丹治 匠 / 音楽:天門 / 制作:コミックス・ウェーブ・フィルム / 配給:メディアファクトリー+コミックス・ウェーブ・フィルム /

キャスト
アスナ:金元寿子 / シュン:入野自由 / シン:入野自由 / モリサキ:井上和彦 / リサ:島本須美 / マナ:日高里菜 / ミミ:竹内順子 / アスナの母:折笠富美子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}