動画が再生できない場合はこちら

GJ部

65

0

1

1

5

8

4人の彼女たちとの、
ゆるふわなとき。

とある高校の旧校舎の一室にある正体不明の部、GJ部(ぐっじょぶ)に強制的に入部させられた四ノ宮京夜。そこで彼が出会ったのは…。背は低いが態度は大きい部長の真央、姉の真央とは正反対で天使のように大らかな心を持つ恵、自他共に認める天才ながら致命的な常識知らずの紫音、いつも腹ぺこ不思議な綺羅々。個性的な彼女たちとの、ゆるふわな時間が流れていく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

楽しいです。

こういう青春を過ごしたかった‥

疲れたときに

疲れたときにゆる~い感じで見るのにちょうどいい。

基本的には「日常系」の作品なものの、四コママンガではなく、ライトノベル原作なのが特徴的かもしれない。……その特徴がアニメに生かされているかどうかは不明だけど。

なにはともあれ、エンディングや次回予告等、本編以外にも色々と仕掛けがあって楽しい作品でした。

オススメの視聴方法

1.まずは1話~11話までをぶっ続けで5回見ます(約24時間)
2.その後一旦休憩して12話を見ます
3.走り出せなくなります

以上TV放送当時に公式で実際に行われた洗脳方法です


どのキャラクターもとてもわかり易い属性付けがしてありますが、その裏にある心の揺れ動きを想像しながら見るとより楽しめるかと

なんちゅうクラブなんだ

かんがえてみるばんぐみやないで
悲しいとき笑いたい時見るのがええんとちゃうか

ネタバレあり

CV、恵ちゃんで

GJ部を見たことない男子は、損をしてると思いますw

思い出してしまった。

中学時代の部活もこんな感じで、ゆるゆるでした、懐かしい・・楽しかったなぁ。
誰も損しない疲れないアニメでおすすめです。
続編の中等部もアニメ化してくれたらうれしいな。

こんな部活動がしたい

なんだかユルく見れる
ほんわかとした部室風景の作品
季節イベントが目まぐるしいけど
女の子達が可愛いし癒されます。

最後、GJ部の卒業式には
感動しました。

このアニメは好きだ

最終回のキョロとキララの会話、森さんに意気地無しといわれドギマギするキョロ。
ストーリーとしては軽いし、一般的な常識とは少しずれてても不自然さがない。本当に時間軸をもう少し伸ばしてツークールか二部とかでやってもらいたかった。

ちびっこGj出番もっと見たかった。特にジル。面白かった。

ヌル系放課後アニメの王道

ヌル系放課後アニメのKing of Kings

同期放送のアニメにはドラマティックから修羅場まで青春アニメが揃ってたけど、最後までヌル系放課後アニメから逸脱しなかったGJ部の最終話はどういうわけか感動的ですらあった。

コレを王道としなかったら何がヌル系放課後アニメなのか理解に苦しむしかないほどに、紳士の中のスタンダードを塗り替えた作品になりました。

普通に面白い

GJ部のほぼ部室のみで開かれる壮大なエピソードがユニークかつ笑いを誘います。
生徒会の一存のような生徒会室が舞台といった感じで、駄弁りがほとんどです。

息抜きに

放課後のユルい部活風景。部活といってもじぇんじぇん活動の意図が分からない部活なんですが…。
些細な日常ネタを個々のキャラで披露していく様や、木造の部室内で一部に畳敷いたり、レトロなPCモニター使ってたり、放課後の夕暮れ(西日?)加減…なんか和みます。
キョロくんをおもちゃにして弄ぶ部員達の「したたかさ」や、お話によって個々のキャラの「天然・純情・本音」なトコが露見される場面はニヤニヤ・クスクスしてしまいます。
原作知らないけど、ワリと楽しく拝見してます(⌒-⌒)

可もなく不可もなく。

原作とあんまり変わらない感じなので、原作ファンの人も怒らないんじゃないかな。

OPとEDは個人的にあんまり好みではなかったです。

本棚に危険物らしき影が

左側の本棚、上から3段目、中央側のコミックは、バスタではなかろうか。
あの陰影は、そうだとしか。
だとしたら、「ちう」なんて問題にならないくらいの爆弾が仕込まれてることに! 

ネタバレあり

ふつうだ!

なんていうか、これといって際立った特徴もなく
毒にも薬にもならない普通っぷり
おすすめ度も平均の3にしようかとおもったけど、
結構面白かったので4で

なんともいえない

なんともいえない、ほのぼの系ギャグマンガ。内容は、アニメ「じょしらく」に近いかなあ。

ネタバレあり
キャラクター

四ノ宮京夜

いちおう主人公。愛称「キョロ」。高校一年生。のんびり屋の平和主義者。空気の読めない発言をするなどして日々他の部員にいじられている。

天使真央

高校二年生。GJ部部長。勝気な性格で気に食わないことがあると京夜に噛み付く。その一方で純真なところもあり、キスシーンのある漫画が読めないほど。

天使 恵

高校一年生。真央の妹であるが、姉とは対照的に温厚な性格。その心は天使のように大らかで、彼女の瞳には万事が美談に映る。

皇 紫音

高校二年生。自他ともに認める天才。大人っぽい性格でいつも京夜をからかって遊んでいる。その反面、致命的な常識知らずで時に突拍子もない間違いをする。

綺羅々・バーンシュタイン

高校二年生。無口で不思議な野生のひと。いつも片手には肉を持ち、時々動物と会話をしたりしている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:新木 伸 / 発行:ガガガ文庫/小学館 / キャラクター原案:あるや / 監督:藤原佳幸 / シリーズ構成・脚本:子安秀明 / キャラクターデザイン:大島美和 / 総作画監督:曾我篤史 / 美術監督:川口正明 / 撮影監督:三口達也 / 色彩設計:石黒けい+伊藤裕香 / 音楽:百石元(F.M.F) / 音響監督:土屋雅紀 / 編集:平木大輔 / 音響制作:ダックスプロダクション / アニメーション制作:動画工房 / 製作著作:GJ部保護者会 /

キャスト
四ノ宮京夜:下野 紘 / 天使真央:内田真礼 / 天使 恵:宮本侑芽 / 皇 紫音:三森すずこ / 綺羅々・バーンシュタイン:荒川ちか /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}