動画が再生できない場合はこちら

うる星やつら デジタルリマスター版 第1シーズン

85

1

2

1

3

13

超人気TVアニメがデジタルリマスターで復活!
あたるとラムちゃんが、友引高校や一般市民を巻き込んで
スッたもんだの大事件を引き起こす!!

インベーダーの鬼の女の子、ラムが父親の婿探し作戦にまんまと引っ掛かり、地球へやってきた。ラムの父は、地球を脅かして無条件降伏と引換に娘ラムの婿候補争奪戦を提案。しかし、婿候補の男はラムの頭の角に触れなければならないのだ。事の弾みで女の子には異常なほど興味を持つ諸星あたるが選ばれた。ラムの電撃ショックにもめげず、ついに角に触れるあたる。婿として認められたあたるの尻軽はラムの嫉妬を買い、友引高校と世間を巻き込み電撃ショックの嵐を展開、話はますますエスカレート…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(20件)

まあ、時代が違いますし

名作なのは違いないんでしょうけど、流石に今のアニメしか知らない世代には違和感ばかりが強すぎて馴染めないものがありました。

この時代のアニメになると子供の頃リアルタイムで観ていた人が久しぶりに観て昔を懐かしむ感じなんでしょうね。

❤❤❤私が生まれた年代❤❤❤

当時まだ0才の頃でしたので、サンデーの連載は見ていましたがテレビ放送で見ていましたし、ラムちゃん、ランちゃん一目惚れしていたので、これを見ていると子供時代を思い出しますし、夢ではなく本当の現実的なってラムちゃんやランちゃんと結婚したいです。

バブル時代のお金がかかった贅沢なアニメ

バブルな時期に制作されたアニメです。
物理エンジンに頼らず手作業でキャラクターの動きを表現しているアナログな技術は
今の技術に比べるとカクカクしている感じはありますが
手作業で一コマ一コマ作っていると考えると非常に贅沢なアニメだと感動させられます。

背景など細かに書き込まれていて
今のアニメに比べると別の意味で感動出来る仕上がりです。

オリジナルに注目

原作にはないめがねとオリジナルストーリーが無茶苦茶面白いのが必見ですね。

実証・検証: 「コルナ?が、よく使われている??」

「ジェスチャーのコルナ」は、「アメリカ手話の“I Love You”」の手の形と混同されることがある。実証・検証の結果、「うる星やつら」に使われている手の形は、「Gestureのコルナではなく、アメリカの手話(Sign language) の“I Love You”」であると理解できる。【コルナ(corna):人差し指と小指を立てて中指と薬指をたたみ、そこへ親指を添えるジェスチャー(Gesture)。】【アメリカ手話の“I Love You”:人差し指と小指と一緒に、親指も立てる、サインランゲージ(Sign language)。】また、「アメリカ手話の“I Love You”」は、「境界のRINNE」でも見られる。

日本国内いない!!!>~<

I can't see anything!!!WTF!!!

問題作!

アニメ「らんま」などは原作準拠の雰囲気ですが、アニメ「うる星」は原作とはずいぶん違ってますね。
際どいネタが原作よりも多く、いま観ると「それ、いいの?」と思ってしまう。
キャラはよく動くし、声優さんの芝居も凄い。たまに出てくるメカ類へも妙に力が入ってる。
マンネリするドタバタ展開や、原作の改悪にも見える要素も多々あるんですが、すさまじいパワーを感じます。
時代なんでしょうか、押井守監督作品ってことなんでしょうか・・・
劇場版も配信してほしいです。二作目「ビューティフルドリーマー」は(「うる星」じゃないとか言われてたりしますけど)特に面白い!

リアルタイム世代ではないけれど

リアルタイムの世代ではありません
ですが、文庫版で全巻もってます。

アニメを見るのは初めてです。しかし驚いたのが
漫画版のエピソードや、細かい笑いのテイストが、変更されまくっているということ

面白く変更されているなら、不満もありませんが
各話ともに劣化しているだけ

例えば、金太郎がテンを追いかけて、斧をふるシーン
原作では逃げる側も、追いかける側も、早足でスタスタスタスタ
押し問答をしながら、斧をブンブンふってます。

ところがアニメ版になると、金太郎がはしり回って斧ふって追いかけ
テンが汗かいて、逃げ回る…
これって普通も普通すぎる。なんのひねりもない変更です

全体的にこんな状況
原作でおりなされた、秀逸な言葉のやりとりも、
ものすごく普通の言葉のやりとりに変更されてます。

原作があれだけ斬新であるのに
アニメ化したらステレオタイプのギャグばかりってのは…



ネタバレあり

面白すぎ

面白すぎてうまくことばにできない
セル画なのにオッパイ揺れすぎてうまく言葉にできない

某生徒会長が某自動人形にコクるのと同くらい問答無用の王道ラブコメ

あしゅら湯のエピソードが早く見たい

スラップスティックコメディー、ラブコメ、SFどれを取っても1級品の作品。
原作はもちろん傑作だし、アニメも傑作という類まれなる作品です。
また80年代の元気溢れる日本社会を思い出させます。
高校時代から大学時代までリアルタイムで視聴していましたが、いま見てもやっぱり
面白い。
若い人にもぜひ見てほしい。

ネタバレあり

懐かしさでいっぱい

今のアニメ作品などに多大な影響を与えたと思われる、
今観ても十分楽しめる作品だと思います。
ツンデレや萌えも、この作品以降に出てきたのでは…???
とにかく、若い世代にもぜひ観てもらいたい作品です。

なつかしいねw

鳥山明もドクタースランプでパクっているところがいくつかあるしな
影響力は多大だよね

あとあまり話にならないんだけど、この頃ってスターシステムを採用していたんだよね?
それとも高橋留美子が描きわけができなかったってだけ?
でもダストスパートとめぞんとかを見ると否めないよな

当然五つハート。

面白いの一言&DVD版とバンダイチャンネル版の違い

うる星やつらバンダイチャンネル版、面白いです。もう2話目見てます。俺は当たると面倒しか出てこなかったエピソードとあたるたちが女湯のゾクエピソード、あたるがラム救出に向かうエピソードなどが好きです。
さて、DVDとバンダイチャンネル版との違い見つけちゃいました。それは次回予告とエンディングの順番です。DVD版は次回予告→エンディングだったのにたいし、バンダイチャンネル版はエンディング→次回予告からになってました。ほかにも違いあるかも!?

ネタバレあり

ちょっとした驚きと共に

うる星やつらの初期ってこんな感じだったのかと感心する以外に、
あたる、しのぶと仲もこんな具合だったのかと、驚きもありましたね。

うる星って5年続いてたので中盤を過ぎるとダラダラしてきますけど、
相変わらずの展開は、面白さもたっぷりてす。

萌えの原点

手書きセル画なのに良くここまで動くなぁ~と感じます。
今みたいに3Dモデリングに貼り付けて仕上げもCGなんて綺麗なものじゃないけど、退屈しない。映像が止まっている時間の制限秒数を決めて作っているかのようですね。

オープニング映像がバブル全盛期の感じがして、懐かしさもある。
ラムちゃんのプリプリ感は今でも見ごたえがあるけど、放映当時は恥ずかしくて直視できなかった記憶がある。

あたるのドロドロの思い入れが、ラムちゃんの純情さに砕かれていく様が・・・笑って見ていいのかな~。

ばかばかしさのエネルギー爆発

つい最近、実家の物入れの奥からうる星やつらのコミックスが出てきて、読んで爆笑してしまった。もしやこれの前触れだったのか…。
久しぶりに見ましたが、声を出して笑ってしまいました。最近の若者にこういうばかばかしいノリが分かるのかどうか分かりませんが、自分には今でも違和感無く受け入れられました。
アニメオタク的に事を言っておくと、今でも現役の押井さんとか、有名な声優さんである古川さんとか、平野さんとか出演してます。脚本の星山さんは僕が好きな脚本家の一人です。
日本が元気だった頃を反映したアニメでもあると思う。ともかくエネルギーにあふれた作品です。
お勧め・・・なのかな?

リマスター・・・・マジですか!!

当時はまっていましたね~~~♪

しかし今見ても楽しい作品!!
テンポも良くい、どんだけ面白いんやぁ~~
原作も好きですが、やはりアニメ作品の方が印象深いです♪

当時あたるが羨ましかった…

女好きでまさに煩悩の塊な「あたる」に、ド直球で惚れ込む「ラムちゃん」のまとわりつき加減(デレ・嫉妬)がとにかく強烈&かわいい…と放送当時、幼少の身ながら感じてました。ラムちゃんは王道の「トラ柄ビキニ」より「セーラー服」の方がかわいいと今でも思います。
超個性的なキャラがどんどん出てきて、その分豊富なネタ展開をするこの作品は、原作もアニメもドタバタラブコメとしては超長寿作。
リマスターとはいえ、さすがに「時代」を感じますが…後世のドタバタ作品として「い〇か〇」や「瀬〇の花〇」が好きな方はワリと馴染みやすいと思います。

高橋留美子先生の大ファンです。

待ってました!!

ぶぁははh-0-

おもしのう~^^高橋留美子ワールドは
中身は、なにはともあれ、
当時唯一アイシャドウ付のキャラだったと思う
そして唯一初回のみ、ラムのサービスシーン^^v

ネタバレあり
キャラクター

ラム

語尾の終わりにだっちゃ言葉を使う虎皮のビキニ姿がかわいいインベーダーの鬼の子。諸星あたるの押しかけ女房を決意して地球に常住。自在に空を飛ぶ。怒ったとき発する電撃雷エネルギーはバリバリと凄じい…。

諸星あたる

「尻軽で果てしなく悪い頭と顔と薄弱な意思…それを全然自覚してない!」と両親を嘆かせる諸星家の一人息子。何年生かハッキリしないがとにかく友引高校の生徒。ラムからは「ダーリン」とよばれている。

面堂終太郎

面堂財閥の後継者で、あたるたちのクラスへの転校生。委員長に立候補するが、あたるに負けて副委員長となる。

三宅しのぶ

あたるの同級生でGF。セーラー服姿の可愛い女の子だがラムへの対抗心は凄く、嫉妬の発作が起きると勉強机を軽々とぶん投げる。

テン

ラムのいとこでかわいい鬼の男の赤ちゃん。女の子には愛想がよいが、あたるには事あるごとに口から火をふきかける。

錯乱坊

「チェリーとよんでくだされ!」という怪僧。妙な法力の持ち主。あたるの前に現れては妙にはなしをかきまわす。あたるを「世にもまれな凶相の持ち主」と喝破しチョッカイをする。空き地でテント生活をしている。

ラン

ラムの幼友達で、小さい頃いつもラムに泣かされていたのを根に持ち、ラムに復讐するため宇宙人であることを隠し、友引高校に転校生としてやって来た。あたるの若さを吸い取ってやろうと計画を立てては失敗する。

サクラ

怪僧チェリーのメイで霊能力をもつ美少女の巫女であるが、あたるのためにおはらいをして逆に死神をとりつけてしまったこともある。友引高校では保健室の先生をしていて、男の子の人気者。

レイ

ラムの元婚約者で、鬼族の美男子。性格はかなりの天然ボケで、底無しの大食漢。興奮すると、巨大な牛鬼に変身してしまう。

おユキ

ラムの幼な友達。海王星の女王であり、雪と氷と冷気を操る雪女。温厚で物静かだが、その性格は冷ややか怒らせると怖い。様々な場所へと瞬間移動できる入り口を開くことができる。

クラマ姫

クラマ星のカラス天狗一族の女王。種族維持の為、禁欲的な色男とめぐり合うまでコールドスリープで眠り続け、UFOで地球へやってきた。

弁天

ラムの幼な友達で、福の神族の女性。地球の節分の季節になるとよく現れる。男勝りでサッパリした勝気な性格で、ケンカがとても強い。エアバイクの隆盛号を愛用している。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高橋留美子「うる星やつら」 / 掲載:「週刊少年サンデー」 / 発行:小学館 / 演出:押井 守+ほか / 脚本:星山博之+小山高生+伊藤和典+ほか / 音楽:風戸慎介+安西史孝 / 制作:キティフィルム /

キャスト
ラム:平野 文 / 諸星あたる:古川登志夫 / 面堂終太郎:神谷 明 / 三宅しのぶ:島津冴子 / テン:杉山佳寿子 / 錯乱坊:永井一郎 / ラン:小宮和枝 / サクラ:鷲尾真知子 / レイ:玄田哲章 / おユキ:小原乃梨子 / クラマ姫:吉田理保子 / 弁天:三田ゆう子 / 面堂了子:小山茉美 / 藤波竜之介:田中真弓 / 温泉マーク(※正しくは記号マーク):池水通洋 / コタツ猫:西村朋紘 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}