動画が再生できない場合はこちら

彩雲国物語 第2シリーズ

102

0

0

1

6

15

私は、あなたを支えにきたのよ。
あなたのそばで、
あなたが王として立つのを支えるために。                         

TVアニメの第2シリーズ。舞台は中国風の架空の国、彩雲国。新王の教育係として後宮に入り、持ち前の明るさで若き王を立ち直らせ、さらに自分の夢をかなえ、史上初の女性官吏となった秀麗。そんな秀麗が中央から離れた茶州に赴任し、新米官吏として奮闘する物語を中心に、彩雲国に影を落とす異能の一族である縹家の陰謀に巻き込まれ、挫折や別れを経験しつつも、国王を支えるまでに成長する姿を描いていく…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)雪乃紗衣・KADOKAWA/NHK・NEP

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(22件)

新装版が出たので

原作が新装版を出しているのを知り、急になつかしくなって見返しました。秀麗が頑張っているのを見て、私も頑張ろうって気持ちになりました。第3シリーズ、来るといいですよね。

続きが気になるけど

この辺で切り上げるのが良いのかな。
きりがないしね。

面白かったよ。

第3シリーズ切望!

前々から気になってたんですが、やっと視聴。
見始めるとあまりに良くて、一気に視聴してしまいました。
話が途中で終わってますし、何より秀麗の今後がすご~く気になる!

ぜひぜひ第3シリーズをやってほしい!

第三シーズンも作って欲しい‥

ありがちだけど、話の途中でアニメが終わってしまった。いつか第三シーズンが出来たらいいな‥

とても良かったです

シリーズが変わりますが、お話は続いているのでそのまま楽しめます。前シリーズは舞台設定を説明する導入から、サクセスストーリー、ラブストーリー的な展開があって盛りだくさん。とても情熱的でした。今回は少し落ち着いた雰囲気で刑事ドラマの様な推理モノから入り、王の成長に焦点をあてたシリーズに繋がっていきます。悲恋を予感させながら、それでも期待させる。これが本作品シリーズの核となる部分です。二期シリーズの最後では少し期待をもたせて終わります。小説原作ですから、この先どうなるのかは皆様も知る事が出来るのですが、私はこのシリーズの終わり方が良いなと思います。どうやらこの大恋愛は最後は報われるようですが、全ての謎が明かされてしまうと、本当に終わりになってしまいます。それはそれで切ないでしょうから、いつまでも先を夢見て楽しめるほうがいい。想像力で幾つもの彩雲国を作り出し、自分だけの世界もありですね。

ネタバレあり

3期、、、あるといいな、、、

二人の結末を知っていても
3期、4期とラストまで見たいアニメ。
本当に3期あればいいな〜。

原作読みたくなった

シーズン1、2通して視聴しました。後味さわやかで良かった~
ちょっとだけ、人の縁により物事がすんなり解決しすぎみたいな物足りなさはあったんですが、キャラの絆がしっかり描かれていて、これはこれで胸が熱くなるな、と。愛すべき人々ばかりで先行きが気になるので、原作に手を出したくなりました。

第2シリーズ

疫病対策、リストラ、監察官
主人公は吏僚として活躍しますが
前シーズンでは市井から受験生を経て官僚と
主人公の立場が変わっていったのですが
本シーズンはずっと宮仕えなので少々変化に乏しいです
ところで
もう続きはやらないんですかね?

ネタバレあり

こんなゲームがしたい

最初見たときは、十二国記のオマージュかな……、
分かりにくい世界観を分かりやすくしたのかな、なんて思って見たら、
全然(正しい日本語=否定の意)違っていたのです。
軽快で親しみやすく、夢があって、健全で……。
たくさんのイケメンに囲まれて、見ていてとても楽しい雰囲気、
あっ、これって乙女ゲームの世界観。
見ていると、あの人もいい、この人もいい、と、
勝手に秀麗の恋人を想像して楽しんでいる自分がいます。
ああ、こんなゲームがしたい。あったらいいな……。
ゲーム化の企画なんかないのでしょうか。

期待に違わず

見応えありました。

原作はまだまだ続くみたいですけど、ほかの方が書いておられるのを見ると、アニメ化しないほうがいいのかなぁとも思います。

ここで終わっておくのがNHKアニメとしては希望にあふれ、一応の大団円もどきでもあり、いいのかなぁと。
まだまだ冒険は続く・・・で終わっとくほうが、旅の終わりを見てしまうよりいいかな。

でも、絶対原作を読んで最後まで見届けるつもりではあります。
だって続きが気になる~!

秀麗がけなげで思わず応援したくなります。
新たな敵役も登場して前作よりずっとおもしろい!

続きが気になる

第一期と比べて展開が面白い。
また構成というのか、よく出来てると思った(・∀・)

一期よりもおすすめしたいですね。

マイナスとなったのは、短い間隔で総集編?のような回想シーンが多い事。

似たような回想シーンを何話も見ることになるのは、苦痛でした。

そこがもったいないかなと。

もしいつか続編を製作する機会があれば、タンタンをもっと出して欲しいな。
良いキャラです(*゜▽゜)ノ

ネタバレあり

見ごたえありでした

序盤、中盤、終盤大まかに分けて3エピソードありますが、
どれも面白かったです(中盤は少しぐだってた気もしますが)
とくに終盤の話からは、一気に見てしまいました!
一期の面白さ、そのままに2期も楽しめる作品です

これは良い

話数と予算の問題なのか、過去映像からの回想シーンが多すぎるのでマイナス評価。
しかし全体的にはかなり良く纏められているのではないでしょうか。
第1期と比較すると、比べものにならないくらい第2期は素晴らしい。
シリーズ構成担当者が替わると、こんなにも違うものになるのですね。

凄く面白い!!

この後の続きがきになります・・・
3期がある事を楽しみにしてます>ω<
是非作ってください!

3期の作成を期待したいとこですが....

話の流れに安定感があり、原作から飛び出るような突飛な演出もなく、絵も崩れず、ついつい次を見たくなるような作りが大変美味く出来ており、1期、2期ともに良作です。
実際、1期/2期とも一気見に近い状態で見てしまったしw


各期毎の製作話数を考えると3期を作る話になった場合、恐らく原作の最終巻まで行ってしまうでしょう。と、なると秀麗が死ぬところを見るハメになる。それは、あまり見たくないし、秀麗役の法ちゃんも、また死にキャラをやる事になるのでどうかな~??

ネタバレあり

二期はさらにいい!

どきどきはらはら急転直下の展開
楽しく視聴しました!

タンタンはいいキャラだなー
小説は読了済みですが読み返したくなりました

オススメですよ

第1シリーズ放送中にハマり、原作全部(別冊の後日譚も)読みました。
原作に追いついた形で終了した後しばらくは第3シリーズの製作を熱望していましたが、(殺刃賊時代の静蘭とか、劉輝の養子になったリオウくんとか見たかった)アニメはここで終了して良かったんだと思います。
朔ちゃんの成れの果てとかNHKさんで映像化はまず無理でしょうし…。
やっぱり、元気でいつも理想に向かって全力で頑張る秀麗が好き。
男性陣も、美形揃いなのにみんなそれぞれ欠点があって、一生懸命生きてて、好感が持てます。
多少ご都合主義的な展開もありますが、気にならない。

声優の皆さんもすごく頑張ってていいです。
…でも、今楸瑛と絳攸の会話聞いてると、パンダママとキングペンギンさんが浮かんじゃう…。

ネタバレあり

一気に観終えた

第1シリーズで終わりかと思っていたので
この配信は満足!
内容も濃くて「観た」と言う実感があります
原作を読んでいないので、この終わり方でもいいんだなと思います

逆に、原作読もうかな・・・と思わせてくれました

さらに深みが増してきて

原作がしっかりしているせいか人物がしっかりしていて面白いです。

おお当たりのおまけがついてきた・・・

2期が配信されるというので楽しみにしてました。
タイトルは登場人物のセリフから借りてみました。

初見だったのですが予想してた展開とちがってた。
1期と同じような話となるのかなと思ってたけど、
想像以上にいろんな物語が絡みあってて、
秀麗のお父さんの物語やら藍家の実家の話やら、
聞きたい話のてんこ盛り…。

あとキャラもそれぞれたってるし(タンタンとか!?)、
背景やら劇中画もよかった…
音楽も耳に心地よい+余韻がいい感じで残ってる。
全体にすがすがしい感じだな~。
疲れがふっとびました。

しっかり話も終わってるので満足しました。
続きを聞かせろ~などと、せがむことはいたしません。
若様がいないのはさびしかった。すごい存在感だな。

ネタバレあり

面白かった

男でも結構楽しめる話です。
原作小説も読了してますが、アニメはそこら辺を映像で見せてくれる分面白みが増します。
アニメは未完結で終わってますが、キャラクターが掴みやすい作りになっていると思います。
有りがちな逆ハーモノですが、それほど気になりません。
しかし、三期制作が一切上がってないところを見るとこれで完結と言うことになりそうなのが残念です。
小説の内容は完結しているのにここでやめるのかと言う少し消化不良なところがあり、結末がどうなったかは小説でと言うところでしょう。

見てるとドキドキ、ワクワク、ソワソワ、ハラハラするよね

こういう気持ちになれるアニメってめずらしいと思う。

後半はちょっと中心者gqずれるけど、ま、見てて楽しい。

一期を含めてみてほしい。
時間の損はないと思う。

キャラクター

紅 秀麗

紅家直系長姫。名門・紅家のお嬢様だが、長年の貧乏生活がたたって節約家に。高額報酬に釣られ、ダメ王様と噂される彩雲国の新王、紫劉輝の教育係として妃の身分で後宮に入ったことから、人生が変わる。

紫 劉輝

彩雲国の若き国王。王位争いで異母兄たちが全滅したため、本来玉座とは縁のない第六公子でありながら、半年前に即位。政事にやる気なし、興味なしのダメ王様のふりをしていたが、秀麗と出会うことで変貌していく。

茈 静蘭

秀麗父子に仕える家人。文武両道に優れる秀麗の守り役。過去を捨てて生きる青年。その正体は…。

藍 楸瑛

武官。左羽林軍将軍。紅家と並ぶ名門・藍家出身。ともに劉輝を補佐する李絳攸とは官吏登用試験時代からの腐れ縁。絳攸を始終からかっては煙たがれている。

李 絳攸

文官。吏部侍郎。「宮廷随一の才人」と名高い能吏だが、真面目な性格ゆえに怒りっぽい。養父兼上司の紅黎深には、まったく頭が上がらない。天才的な方向音痴。

紅 邵可

紅家主人。秀麗の父親。宮廷府庫の管理が仕事。穏やかな人柄の知識人だが、生活能力に欠け、お茶も満足に入れられない。一見、昼行灯風だが、実は…。

霄太師

宮廷百官の長。「朝廷三師」と呼ばれる名誉職につく老臣。秀麗を劉輝の教育係として後宮に雇い入れた策士。

藍 龍蓮

楸瑛の弟。天賦の才能を持つが、奇抜な衣装と独特な感性で、変人扱いされることが多い。秀麗には心を開く。

浪 燕青

茶州出身。邵可邸の門前に行き倒れていたのを偶然、秀麗に助けられる。豪放磊落、天衣無縫な性格で、武芸達者。静蘭とは旧知の間柄のようだが…。

黄 奇人

戸部尚書。髪も結わず常に仮面をつけるという官吏らしからぬ奇行から、「奇人」と呼ばれる。黄鳳珠という本名を知る人は少ない。

紅 黎深

吏部尚書。邵可の弟で、紅家当主。李絳攸の養父であり、上司でもある。相手に対してとことん容赦しない「切れ者」だが、敬愛する兄、邵可と姪の秀麗にはメロメロになる。黄奇人とは同期。

杜 影月

黒州西華村出身の少年。史上最年少で国試に首席で合格する。同期の秀麗とは、深い縁になる。

香鈴

後宮に入った秀麗に侍女として付いた少女。ある事件を経て、秀麗と心の絆を結ぶ。秀麗、影月らと茶州へ同行する。

琳 千夜

茶州への途上、秀麗の窮地を救う商家の美青年。謎めくその正体は…。

茶 克洵

茶家当主の座を狙う茶仲障の孫で、三男坊。朝廷三師の茶太保(茶鴛洵)は大伯父にあたる。

茶 春姫

茶太保(茶鴛洵)と縹英姫の孫娘。身の危険があるので某所でかくまわれている。いとこの克洵とは幼なじみ。

紅 玖琅

紅家の三男。王都で宮仕えをする当主の紅黎深に代わって、紅州本家で当主名代を務める。邵可、黎深という個性的な兄を持つせいか、苦労性でしっかり者。

鄭 悠舜

紅黎深、黄奇人と同期で、状元及第した秀才。先王も認める抜きん出た才能と信念の持ち主。長年、茶州州牧補佐を務めてきた。

柴 凛

全商連(全国商業連合組合)の茶州支部長として活躍。全商連金華特区長の柴 彰は双子の弟。名前の通り凛々しく、発明の才がある。鄭悠舜と結婚する。

堂主

黒州西華村、水鏡道寺の堂主で医者。幼い影月を助け、育てた。影月にとっては師であり、父のような存在。

縹 璃桜

異能を操る神祇の一族、縹家の当主。紅邵可とは過去に深い因縁が…。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:雪乃紗衣 / キャラクター原案:由羅カイリ / シリーズ構成:丸尾みほ / キャラクターデザイン:大島美和 / 美術監督:西倉 力 / 色彩設計:田中千春 / 音響監督:藤山房伸 / 音楽:梁 邦彦 / オープニングテーマ曲:「はじまりの風」 / 作詞:路川ひまり / 作曲:ID / 編曲:YANAGIMAN / 歌:平原綾香 / エンディングテーマ曲:「明日(あす)へ」 / 作詞・作曲・歌:照屋実穂 / 編曲:フェビアン レザ パネ / アニメーションプロデューサー:丸山正雄+吉本 聡 / プロデューサー:柴田裕司+下河原郁子 / 制作統括:柏木敦子+薄井正人 / 監督:宍戸 淳 / アニメーション制作:マッドハウス / 共同制作:総合ビジョン / 制作・著作:NHK /

キャスト
紅 秀麗:桑島法子 / 紫 劉輝:関 智一 / 茈 静蘭:緑川 光 / 藍 楸瑛:森川智之 / 李 絳攸:檜山修之 / 紅 邵可:池田秀一 / 霄太師:石井康嗣 / 藍 龍蓮:木内秀信 / 浪 燕青:伊藤健太郎 / 黄 奇人:中多和宏 / 紅 黎深:真殿光昭 / 杜 影月:浪川大輔 / 香鈴:仙台エリ / 琳 千夜:子安武人 / 茶 克洵:鳥海浩輔 / 茶 春姫:宍戸留美 / 紅 玖琅:置鮎龍太郎 / 鄭 悠舜:神奈延年 / 柴 凛:佐々木瑶子 / 堂主:遊佐浩二 / 縹 璃桜:関 俊彦 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}