動画が再生できない場合はこちら

翠星のガルガンティア

1126

0

3

6

28

198

宇宙(そら)から来た少年、
船団都市(ガルガンティア)と出会う

人類は異形の怪生命体ヒディアーズと種の存続を賭けた戦いを続けていた。激しい戦いの最中、少年兵レドは乗機である人型機動兵器チェインバーと時空のひずみへと呑み込まれる。人工冬眠から目覚めたレドは、辺境の惑星・地球へと漂着したことを知る。表面のほぼすべてを海に覆われた地球で、人々は巨大な船団を組み、旧文明の遺物を海底からサルベージをして暮らしていた。そんな船団の一つ、ガルガンティアの人々との共生を模索し始めるのだが、それは戦うこと以外の生き方を知らないレドにとって驚きに満ちた日々の始まりだった…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(235件)

完成度激高アニメです☆

映像、ストーリー、歌、どれも逸品で素晴らしいアニメです。魅力あるキャラが多い中、特に好きなのはチェインバーかなw彼のラストのセリフは鳥肌物!!とにかく13話すぐに視聴できるほど嵌るのでオススメです。

関係ないですが、喰霊もオススメしますwこちらも素晴らしいアニメです!

残念!

唯一、未放送分の14.15話が無いのが悔やまれる。まぁ、円盤の特典だから仕方ないんですけどね。
特に15話は極めて重要な内容だけに残念でならない。中佐が何をしたかったのかが描かれた大事な話なので可能なら是非配信して頂きたいと思います…。

ネタバレあり

杉田さんカッコ良かった

主人公は杉田さんだったな。
感情の無いはずの支援システムAIが、
時には笑えたし、時には泣けた。
杉田さんの演技力半端ないわ。

石川さんのレドも知らないうちに流暢に言葉を話すようになっていて、
すごく自然で良かった。

あと、おのゆうの声意外と渋いのね。

内容について、レドがガルガンティアの生活に戸惑う話は
もっと短くても良かったのではないかとも思った。
ちょっと中だるみ。

人類の恣意的進化やAIの暴走など未来の人類が直面しそうな話で
考えさせられる作品でした。

ヒディアーズと人間

人間の生き残り手段として進化した人間ヒディアーズとその存在の在り方を否定する人間との戦争。ヒディアーズは究極の生き方、文明・欲望を捨て去りタダ生命体としての生き残りに特化すると苦しみを生み出す思考を排除しタダ体の丈夫な存在を目指した人間。一方タダの人間は文明とさまざまな欲望のままに生きる為に同じ人間同士でも憎みあい殺し合い、時に自分より弱い相手を従属させマウンティングを当然とする生き方を目指した人間。人間の幸福は人それぞれ違うけどヒディアーズになるか、人間であり続けるかはまさに究極の選択。

ネタバレあり

かなりの良作です!

ただただ面白かったです!

何がは言いません、見て感じてください。
欲を言えばもう少し尺が欲しかった気もするが、ぜひぜひおすすめです!
チェインバー最高!

古き良きものの名残りか

ボーイ・ミーツ・ガールとしても、SFとしても、近年、稀にみる良作。この手の作品は作り尽されてて、もう、なかなか作りずらいはずだけど、良くまとめています。

二人の成長物語

学習するAI&成長途中のパイロット。パイロットは、ことなる世界&価値観で育ち地球に飛ばされる。
 そんな中でレダが戸惑いながらも体験しいろんな人とふれあい、思い(想い?)を込めながら成長し、チェンバーが受け取り彼もまた成長してった気がします。最初は敵=殲滅だったはずが、人間らしさの欠片があった彼は取り戻していく。(欠片なかったら弟の事など思い出さないでしょう)
その対極になったのがストライカーかも? 最初こそパイロットの遺志だったけど、彼女(?)に直接、影響あるいは成長を与えるものがいなくなったまま突っ走った。しかも周りには彼女をあがめる者たちしかいない。。。なんかある意味悲劇ですね・・・。

話ズレるけど…。レダはチェンバーにとって年の離れた弟かも。兄は弟のこれからの成長を確信し願いを込めながら逝った気がします。

ネタバレあり

やっぱ

いけめんはチェインバーさんでしょうね。レドの支援で人間を理解し最後までレドに協力するチェインバーさんにやられてしまいました。

本放送のとき

前半10分で視聴を切ってしまったことをすごく後悔しました。
後付で見るといろんな伏線を先に見聞きしてしまっているので魅力半減になってしまいました。残念

まあ、それを差し置いても女の子の健康的なムチムチとチェインバーさんのいい味出したセリフはまったく色あせませんけどね
舞台となるガルガンティアほかの艦船などの錆ついた感じが、生活感が出ていて妙に懐かしさを覚えるところが、宇宙から来たレドたちとの対比も際立たせます。

1クールなのでちょっと駆け足展開は否めませんが、その分全編見所的なので、一気に楽しめます

鳴子ハナハル 良いですなー

R18でおなじみ 鳴子ハナハル氏がキャラクター原案と気が付きました。氏の描く女性は概ね、ふくよかな顔立ち・体の曲線で描かれます、けして八頭身美人ではありません。どちらかというと、足は短めでしょか。つまり、そこらへんに居るような、女性たちが活躍します。変に、整ったキャラクターでないところがよろしい。ヒロインがほかの作品のように美人であったら、魅力が半減しそうな気がします。もちろん健康的な作品です

最高でした。

アクションロボットアニメというより、人間模様を描いたアニメでした。
とても感動できて良かったです。

機械のありかた

非常にいいアニメでした。やや詰め込んだ感のある全13話ですが個人的には長々やってだれるよりは短く密度濃くまとめた展開でよかったと思います。
最終話でストライカーとチェインバーが激突しますが、両者は元をたどれば同じプログラムのはずです。
ただ二者の間には大きな違いがありました。それは機体から降りたレドに対し、降りられなかったクーゲルです。チェインバーが支援するレドは地球に来てから様々なことを学び成長しましたが、ストライカーが支援すべきクーゲルにはそれができませんでした。人を支援する自立型AIというのがもしあるとすれば、チェインバーとストライカーの差は実は紙一重でしかないのではと考えてしまいました。
人が人であるには機械が必要、というのならやはり機械が機械であるには人が必要ということなのかもしれません。チェインバーのラストは泣けます。
脇を固めるキャラクターも個性が光り人間らしくて素敵です。

ネタバレあり

チェインバー!

ロボット物が苦手で敬遠している人にも是非観てもらいたい、感動アニメです。
最終話のチェインバーが格好良すぎて大号泣・・・最高です!

久しぶりにロボットアニメで泣いた。

萌え萌えした女の子が出てきてあざとい感じだなあって思ったり、登場人物たちのセリフの言い回しもなんか苦手で、これ本当に面白いのか…?って思いながら見てました。
が、見事に裏切られました。
熱く燃える展開にグッときた!
ロボットアニメ王道の展開が、これまたかなりいいです。
最後のチェインバーのセリフに涙が止まらなかった。もう、あんたが主人公だよーーー!!チェインバー!!!!!

戸惑い悩み考え続けたその中に

大切だったものを思い出し、な存在を知り、新たな自分を見つけ出した。
異なる価値観や文化を前に、時に軋轢を生みながらも歩み寄ろうとした彼だからこそ、見てくれる人や世界があったのだろう。
自分の信じたものが偽りだと知っても、その現実から逃げるのではなく改めて立ち向かい考えて行動したレドは最高にかっこいい。
チェインバーは最高の相棒だった。彼はあくまで機械だが間違いなく人の熱い血によって作られたものである。
エイミーのように寄り添ってくれる人がレドの傍にいてくれたのは僥倖だった。
きっとレドとエイミーは幸せになるだろう。
あれだけの苦難を味わい、お互いのあり方の違いを味わってなお相手を大切に思えるのだから。

今の自分のあり方や生き方に悩んでいる人は是非とも見て欲しい。
そう思える作品だった。今から初回の円盤が買えればいいのだが。取り寄せが残っていてほしいものだ。

ネタバレあり

チェインバーを愛でるアニメ

評価が高いので視聴。
1話でほぼ全ての展開と結末が予想できました。
というのもどれもこれもどこかで見聞きしたことある話なのです。
でも虚淵玄さんの脚本なのに「BAD END」で無いのは新鮮だったし、純粋にアニメ作品としてよく出来てました。
作画ひとつとっても最近の低予算アニメを見てると羨ましい限り。
唯一の心残りはラストシーン、チェインバーの目くらい光らせて欲しかったな。
どうせいつか復活するだろうけど。

心が温まるロボットアニメ

ロボットアニメですが、戦うシーンは最初と最後ぐらいで、あとは生まれた時から兵士として生きることを義務付けられた主人公レドが言葉も文化も違う世界でチェインバーとともにどうやって生活していくかっていうお話なので、スパロボのような戦うイメージを持っていると少し面食らうかもしれません。

過去の事件により、船で生活をすることになった人類にとって宇宙で戦ってきた主人公達はオーバーテクノロジーのもの。その圧倒的な力は船団にとって有用であったり、問題を引き起こしたりします。けれど、そうした過程を経てだんだんとガルガンティアの船団に認められていくところは、海や夜の星々のカットと相まって心が温まっていきます。

OVAもあるので、気に入った方はご覧になるといかがでしょうか。

ネタバレあり

非常に良い!

以前からこのタイトルは知ってはいたが、視聴はなんとなく敬遠していました。
しかし、観てよかった!レドとチェインバーのやり取りやガルガンティアの人たちとの交流など、ドラマもしっかりとしていて面白かったです。特にクライマックスは鳥肌ものでした!
見なきゃ損ですよ!

何度でも見れる!

最高なアニメ。こんなにハマったの初めてです!本当に面白い!
映像が綺麗で世界観も練り込まれていて深い!
見る度に発見があったりして、隅々まで観察したくなる〜。
何度見ても飽きないです!ちぇいんば〜カッコ可愛い♪

見ごたえあった!

兵士として生きてきた主人公が戦場を離れどうやって自分の存在意義を見つけていくのか。人々の暮らしと共に人が人として生きていくとはどういうことなのかを問いかける。最後まで飽きさせず見応えのある作品だった。

エドの成長記録

組織的な思考しかもたなかったエドが、ガルガンティアの面々と触れ合う中で人情的な思考を持ち合わせていくさまが面白いです。

また、回を追うごとにエドの肌が少しずつ色味が付いていくもの興味深いです。

ネタバレあり

くたばれ、ブリキ野郎

チェインバーの名セリフ、いろいろあるけど、やっぱりこれが最高。
この話の主人公はチェインバーですよね。
ガルガンティアは、“彼”の成長物語です。

最高!!

冒頭部分だけ最初はよくわからなくて大変ですが、そこからはほんとうにおもしろいです!!おすすめ

絵の美しさがもつ説得力

第一話で、レドが初めて船外に出たときの景色がすごく好き。
あらすじで興味を持って、あのシーンで全部観ようと決めました。

テンポよく一気に話が進んで、13話できちんと回答を出しているところもいい。
とてもいい作品でした。

なかなか良かった。

イカになる??? 本で読んだ方が面白いかも。。。

ネタバレあり

今更ながら

これはリアルタイムで見ておくべきだったな。
物語のテンポが良くどんどん引き込まれてダレることなくあっというまに最後まで見てしまった。
その分描写の甘さや設定上に腑に落ちないところはあるが最後のチェインバーが男前すぎて全部吹っ飛ぶ。

色々と隠れてますね。

作中の彼方此方に伏線や謎解きが
隠してあるので、解析が好きな人は
大いに楽しめる作品でしょう。

…チェインバーには萌えるのに
ヒロインに萌えないのは何故だろう?

自我AIニューウェーブ

 シナリオの人間同士が生存する上での関係を扱った部分に甘さを感じたものの、高度AI(戦闘支援用という設定だとおかしいぐらい進んだAIだと思いましたが)が情報を収集/解析しながら論理的に成長していく様がとても巧妙に描かれているのがすばらしいです。

アニメのロボットが「自我」という結論を導き出すという定番の展開を一味違った視点で見てみたい方には、私のように序盤「ロボなのに戦闘ねーじゃん」とさじを投げず、最後まで見る価値があると思います(笑)

チェインバァーっ!

あんたが人間なら一杯奢りたい心境だぜ!

いやぁー思いがけず良作に巡り合えました!

チェインバー;;

本当にいい作品でした。
一話目から最終話まで見てよかったです。
二期もやるようで早くみたいな

よかった

ひさしぶりに見応えのあるアニメが見れた。こういった作品をもっと見てみたい。

観てよかった

ロボット物はほとんど観ない、宇宙で戦う系もややこしくてあまり観ないケドなんか惹かれて、レビューも良かったので観てみた・・・一気観してしまった。
おもしろいです。
なんといってもレド。
かっこよすぎる。かわいすぎる。チェインバーとの掛け合いも、ってかチェインバーもかっこいい。
絶対悪はいません。
登場人物すべて魅力的です。それぞれにいろいろなエピソードがあったのを少しずつ盛り込んでいるので余計に魅力的。なのであっという間の13話。寂しい。倍あってもいいのに。
現在、過去、未来、文明、人類、生物とちょいちょい「Project BLUE 地球SOS」を
思い出しました。
いい意味で物足りないのですが、観て後悔はありませんでした(^_-)-☆

面白い。

メールマガで、あらすじを読み興味を持ち見てみた。宇宙戦争ものかと思いきや不時着した地球の物語。話を見て行くうちに、今現在の地球環境問題から確かに未来はもしかしたらと思わせる内容実験ありかもな。なーんて思わせるストーリーしかも、主人公美少年。可愛すぎます。ヒロイン活発だなぁー。所で、宇宙の方はどうするの?続き作って欲しいですね。LOVEな2人ももう少し進展あるといいなぁー。

ネタバレあり

これは凄いは、、、

I.Gの製作ということですが、
PA WORKS、ぴえろ、SILVER LINK、手塚プロ、JC STAFF、
XEBEC、、GAINAX、ボンズ、ブレインズ ベース、etc.
こんなに沢山!
毎回交替しながら色々な処で協力しています。
こんなことって、これまでにも有ったのでしょうか?!

人物もメカも背景も、奇麗というか、素敵な訳です。

主題は、、、
私が思うには、人と社会のあり方。
スパルタを選ぶか アテネを目指すか
多分どちらも正しく どちらも誤りなのでしょうが。

いや色々と凄かったです。
堪能致しました。

投稿に関して
大多数と同意見の場合には
改めてしなくても良いかなと思っているのですが、
また例外が増えてしまいました。

なお言語が通じず学習していく処の丁寧な描写はお気に入りです。
で、支援啓発システムの最後の台詞が、、、
また装備や装身具の”陳列”もなかなかでした。

ロボアニメファン視聴必須な出来!しかし虚淵・・・w

初回視聴時→お?ナディアみたいなノリか?
中盤→未来ロボTUEEEEアニメか。
終盤前→誰だこの脚本書いた奴・・・うろぶっちーか!!!!!
終盤→熱いぜ…(´;ω;`)

こんな感じです。
爽やかな設定とキャラデザに加わる猛烈スパイス「脚本:虚淵玄」という、
大ヒット作品まどか☆マギカ的なエッセンスを持ちつつ、
主人公やチェインバーの成長、自我への目覚めや、個性的な面々の織りなす物語。
いい作品でした。大好きです。

ネタバレあり

再度見ても震える良作

何故か最初に見たときにクチコミを入れていなかった。
この作品に対する評価は☆5で色々と感想を抱いていたから、てっきり入れている者と思っていた。

今回、見放題になって改めて視聴しようかと見たときに、未入力であることに気が付いた。
もう一つ驚いたことは、この作品がたった13話しかなかった事だ。
もっと長くしっかりと描かれている印象だった。

私は基本的に、一度見た先品を二度見る事はまずない。
それは初見を超える感動を得ることが難しいからだ。

しかし、この作品は内容を知っているにもかかわらず、途中では笑い、最終回では感涙した。

今は、再視聴して知人に紹介したくなったので、盤の購入を考えている。
好き嫌い向き不向きあるかもしれないけど、未視聴であるなら薦めたい名作と思う。

15話視聴後13話再視聴

チェインバーが更にかっこ良く見れます。
満足です。

ネタバレあり

実は哲学的な作品

ロボットものと見せかけて、ウルルン滞在記しつつ、『人間とは何か?』を問いかける作品になっています。キャラクターも個性的で魅力があります。でも、一番は主人公をサポートするロボットが全編を通していい役回りをしています。バトルものとしてみるにはちょっと物足りないかな。

ネタバレあり

補完出来ます。

 さて、絶望感を前面に押し出した、「アルドノア・ゼロ」と比べるのもアレなんだけど、
こちらはさしずめ広域戦術機体か、対応の幅が半端無い仕様といったところ。
虚淵絡みはちょっと,鬱っぽくネ?~といった人にも、心配無く勧められると思う。
 今後のOVAへの伏線とか、自分だけのツボを見付けるのに見返すのも良し。
何回も見直した為に、初見の感想が薄れつつあったのだけど、他の方のコメントに
「未来少年コナン」でコナンのインテリジェンシーについて評された方がいて、思い出した。
逆コナン、バイタリティ溢れる女性陣や、船団の日常とかに、どことなく感じる、
宮崎テイスト若しくはジブリ臭、モブが面白い作品って最近は少なくなったよね。
 未見の方は、この機会に是非ご視聴を。

ただ惜しむらくは、円盤特典の2話分が有料別配信になってる事(配信決定でも前進ですが。)

なかなかいい作品でした

レド少尉は、最初機械的に組み込まれて意味もわからず戦っていたが途中からは、自分の生き方が
周りの影響と自分の意思が目覚めることで本来の生き方を取り戻す最後にはいい感じの生き方へ
変わっていた。人間としての生き方になっていたのが救われた感じです。
チェンバーが海に沈みサルベージされずにいるのがちょっと疑問が残ったけど、技術的に修理不能
なのかもしれませんね。

本格ハードSFエンターテイメントの決定版!

話題作なのは知っていましたが「本放送時に観ておけばよかった!」と後悔するほどの出来映えでした。
OPタイトルがまた素晴らしい! 茅原実里さんの伸びやかな歌声に乗って、作品の世界観とキャラクターがテンポ良く描かれ、それでいてクレジットも観やすい、まさに一級の完成度です。
「文明がいったん滅亡した後の未来世界を描く」と言うのは、ハードSFの定番テーマのひとつですが、萌え系アニメ主流の今、本格SFであると同時にとびきり楽しい娯楽作品として本作を創り上げたスタッフに敬意を表します。
キャストも皆さん熱演ですが、特にチェインバー役・杉田智和さんの、ラストの決めゼリフは最高でした♪
続編(OVA版)も楽しみにさせて頂きます!

ネタバレあり

14、15話はないのか・・・

全話見終わっても、話の追加待ち状態が続いたので、てっきり14,15も有料あたりで出してくると思ったら、結局出さずじまいか。
システムの都合か、契約の都合か知らんけど、発行が遅いわ。

DVD買う気ない俺は、どこで14,15話を見ればいいのか?

エンブレム発行を機にコメントしてみる

海の青、空の青がきれいだなーと呑気に視聴してたら
生物工学で脆弱な体を改造して強化したグループと
機械工学で脆弱な体を包んで強化したグループが争って
双方お互いを凌駕しようと進化して化物と化してた
というお話に度肝抜かれて、しばらくアウアウに
いや、ビックリしました

ネタバレあり

久々に観るに堪えるSFアニメ

萌えだ、美少女だ、魔法だと、辟易していたこの頃であったが、久し振りにストーリーもキャラクターも観るに耐えられる作品だった。次回作もあるようなので、くれぐれもストーリーが破たんしない事を望む。

面白いです

とにかくクオリティが高い。
SF的なプロットは漂流系ジャンル
の焼き直しでが、映像や演出が良
いです。

これだけの内容を詰め込んで、
寄せ集めという印象もあります。

本来2クール以上で描くべき内容を
1クールで濃縮して表現してます。

だからこそ、
各話での展開がとても重要です。

作り手としては、
大変な緊張感と冒険だったでしょう。

これが凄い力量でカバーされている。

大団円にまとまってますし、
視聴後の幸福感も強く、
ほんとうに良く出来た作品でした。

惜しいのはやはり話数。
強いテーマ性と葛藤。
挫折からの気付きと答えを得たあと
の痛快さ。

流石に盛り込めない。

「人が人たる所以は?」

是非とも作中テーマとして貫いて、
語りつくして欲しい所でした。

続編ができたら、絶対見ます。

私たちも、面白いものに感謝して、
是非とも制作スタッフを応援して
いきたいですね。

ネタバレあり

これはオススメ

ストーリーもとても面白いんですが、それだけではなくて、人間とは何か、生きる意味とは何か、幸福とは何なのか、自己と他者の共存と背反、生命倫理…といった哲学倫理学上の基本的なテーマを激動のストーリーの中にごく自然に取り込んでいて、とても深~いアニメに仕上がっています。

いやしかし、ここまでのストーリーをよく1クールでまとめましたね(^^ゞ脚本家のものすごい力量に感服です!

そしてイケメン主人公がまた最高です((+_+))

チェインバー

良いキャラでした(´;ω;`)
最後の極め台詞はマジ感動。

ネタバレあり

面白かった!

あとは14話のぷちっとがるがんてぃあがあれば完璧かと思いますb

馬鹿馬鹿しいほど完璧

1話目だけ見るとロボットものに思えますが、主人公の少年が見知らぬ世界や文化との出会いを経て成長していく王道ストーリーです。

序盤は明るい雰囲気ですが、ストーリー原案をシリアスな作品に定評のある方が作られていたので、最後はそういう展開になるだろうな……と信じて視聴していました。というか、実際終盤にかけて雲行きが怪しくなっていくのですが、そこから何と何と……!

全体的に作画・脚本が高品質。特に最終決戦においてのキャラクターの役割分担や伏線回収は絶妙で、敵味方間のセリフの応酬は洗練された職人芸のようでした。

王道中の王道を、丁寧に磨いていくとこうなるのか、とうならされた作品でした。

ネタバレあり

名作がまた1つ誕生!

 当初はハードなSFモノかと思った冒頭シーンでしたが、いい意味でその展開は裏切られたと思います^^
 戦争のために高度に管理された宇宙社会しか知らないレド、またそれをサポートするだけの存在だったチェインバーが海洋世界と化した地球で徐々に感化されていく過程が窺えて、とても感動しました。自分の価値観のよりどころがすべて虚像と虚飾でしかなかったと知った時に、ヒディアーズに対して己が行った行動を思い出して嘔吐するシーンはレドのショックが良く描かれていて、すごく考えされられました。生き残るという選択肢に対して過去の人類がたどった2つの道、人類銀河同盟とヒディアーズに対するやるせなさが伝わってきたように思えます。作中でチェインバーが論理立てて説明してくれてたように、宇宙では共存の道はないんでしょうね^^;
 それにしても13話は短い!もっと尺欲しかったと思わせてならない内容ですねw視聴をぜひお勧め!!

ネタバレあり

面白いです。

最初はなんとなく見始めただけだったけれど、気づいたら夢中になっていました。
とても面白い。
レドの成長が微笑ましくて、とても好ましいです。
オススメです。

見てよかった!

ロボット・ヒーローもの?と思っていたら大間違い! 人間の生き方を深く考えさせられる作品でした。少年たちに是非お勧めしたいです。

不思議な感動を味わえると思います

老若男女関係なく、誰が見ても面白いと思います。
爽やかなのに切ない。楽しいのに哀しい。何とも不思議な感覚を味わえると思いますよ。

せめてあと1クール

美しい舞台、魅力的なキャラクターがそろっている素晴らしい作品なのに、全体的に駆け足な感じがもったいないです。
時間をかけてキャラクター同士の関係を深めていければ、もっともっとすごい作品になれたと思います。

面白かった!

久しぶりに起承転結のメリハリが効いた良質プロットを備えた作品を見られた。
虚淵玄シナリオということで、ちょっと鬱展開に身構えてしまってたが、
序盤に貼られた伏線を終盤で綺麗に回収した上で爽やかにまとめており、
正直もうちょっと話題になっても良かったんじゃないかと思うほど。
文句なしに面白かったです。

近年稀にみる名作

登場人物、音楽、世界観、全て最高でした。
最後まで見るのが勿体無いと感じる作品に出会えたのは久しぶりです。
ぜひオススメしたいです。

あのカイト、乗りたいなぁ。。。

ロボットアニメかと思いきや、冒頭と最終位にしか戦闘シーンは出てこない。それがとても新鮮で、面白いなと思いました。メッセージもきちんと伝わってきて、13話でとてもよくまとまっているなと。チェインバーのロボットながら、どこか温かい、レドを見守るような関係性にぐっときました。

ネタバレあり

レド君最高!!

異なる文化・言語に最初は戸惑い、徐々に受け入れるが、そこに自分の世界で驚異の存在が・・・
レド君の成長もそうだが、基本的に何もない器にどんどん吸収し、それを自分の力にする
そんなレド君とチェインバーがとても微笑ましくまたドキドキして見れました。
気づいたら最終話でした・・・

たのしめました!

ロボットアニメという入口から入りましたが、人間とシステムの軋轢、成長と、ストーリーの充実差に次の話が楽しみで、最後には感動しました。

久々に思い出に残る作品。

13話でここまで引き込まれる作品は久しぶりです。

全てのキャラクターが魅力的でした

機械のチェインバーと人間のレドとの掛け合いも良かったし、
最後らへんになるとより一層良かったです。

正直終わりに近づいてくるにつれまだ続いてほしい気持ちが強くなったけど、
13話でも十分楽しめた作品でした。

周りにオススメしたい作品です!

久しぶりな感じ。

久しぶりにいいモノ観ました!

13話という短い話数でうまくまとめたなあ~!と感嘆です。

ぷちっと

ぷちっと13話のチェインバー、よいですね。制作者のセンスのよさが感じられます。

ぷちっとの方も超楽しめる。

本編見た後で見直すと、ショートムービーの方が本編な程かと感じるくらいに楽しめる。とはいえ本編が素晴らしいからこそ、楽しめるショートムービーではあるが。
…チェインバーが良い感じで人間臭いなぁ。

みんなにオススメできそう

久しぶりに誰彼構わずおすすめしたい作品に出会いました!
全13話、きれいにまとまっていて、モタつきも詰め込みすぎも感じられませんでした。
焦点は絞っていますが、SFらしい世界観や、キャラクター、メカアクションなど過不足なく楽しませてくれます。
未見のかたには、とにかく観てほしい! 1・2話あたりで無理と感じなければ楽しめるはず。
チェインバーかわいいよチェインバー!

コメで言うところのノベルゲー今や発禁なんだけどね

ノベルゲーで1話30分作品を作ってた頃のニトロプラス作品のようなテーマやニトロ式お約束展開が懐かしい
知る人ぞ知る懐かしさがオーディエンスには新鮮に写っているって構図は胸アツですらある

ぷちっと

本編に負けない位面白い 出来れば尺もっと取って欲しかった~(T^T)

推奨

本編→ぷちっと→本編→ぷちっと

チェインバー・・

心優しきインターファイス支援システム・・キミのことを忘れない・・涙

ネタバレあり

近年稀に見る名作

ただのロボットアニメでなく、いろいろと考えさせられる作品でした。
最終話、久しぶりに泣けて「おもしろかったー!」と思えました。
今の人類の辿り着くべき姿、目指すべきものがなんだかわかったような気がします。

相克の果てにある共存・・

人類が宇宙に展開していくための2つの選択肢という深い問いを最後まで忘れることなく、突き進んでくれた作品でした。第1話にあれだけ時間と知恵を注ぎ込み、詳細な設定を作り上げながら、地上世界の話に展開していくときは正直、物語がしぼんでいくのではとハラハラしましたが、最後にちゃんと問いを残してくれたのは、しっかりしたストーリーテラーがいたからですね。本当に、あそこまで考え込まれた設定を惜しみなく切り捨ててなお、テーマに沿ったストーリーを維持し続けるのは、お見事でした・・。しかし、人類が宇宙に出るのも地球で生きるのも大変だな・・。お勧めです。

ネタバレあり

一粒で二度おいしい

本編の後は,ぜひ「ぷちっとがるがんてぃあ」も.
こちらも毎回楽しみでした.

面白かった

チェインバーの一言「クタバレ ブリキ野郎」良かった~!

ネタバレあり

チェインバー

チェインバーに萌えた(笑)

この作品は

ぺったんこ キュンキュン層にはたまらんね(笑)

おもしろかった!!

久しぶりに次の話が待ち遠しい作品に出合えた!!
この作品に携わったすべての人に最大の賛辞を!!!

どうりでヒロインの出番が少ないと思ったら

これって父子の情愛物だったのね。
「息子よ、俺がお前に教えてやれることはもうない。人殺しの戦士稼業などつまらんぞ、お前はエイミーと一緒に人間らしく生きろ。敵の頭目は俺が倒す、お前は村人を連れて逃げろ」
「父上!」

ネタバレあり

古いSFを思い出した。

この世界設定を見て、古~いSFの「暗い潮を刈れ」というのを思い出した。
ずいぶん昔に読んだので、ほとんど覚えちゃいないけれど、こんなに明るい感じのSFじゃなかったような。
あ、そうだ、ヒディアーズから安部公房の「第四間氷期」もちょいと想像してしまった。
最後に、チェインバーがカッコよすぎ。
楽しめました、ありがとうございます。

ネタバレあり

チェインバー!!!

チェインバー!!!!!

ネタバレあり

人とは、文明とは何か

ヒディアーズと人類の違いについて、チェインバーがレドへ言った言葉が最終話においてもとても重要な意味を持っていました。
チェインバーの存在は、プログラムを超えているとしか思えません。

ストーリーだけでなく、全体的に丁寧でクオリティの高い作品だと思います。1クールと言うのは少しさみしく感じるんですが、構成がとてもよく出来ていて、最終の13話を観終わると「いいモノ観たな」っていう満足感が有ります。

久々にホントいい作品に出会いました。最終話には目頭が熱くなりましたよ。

ネタバレあり

チェインバーよ永遠に

全編を見通して、なかなかに見応えのある作品でした。世界感といい、次に何が待っているのだろうという期待感といい、そしてまた、オールドファンにはありがたい小ネタや心くすぐりがそこここに隠されているもよし!
ラストでの「くたばれブリキヤロー」の台詞は秀逸ですね。今は懐かしシュワちゃんのターミネーター2へのオマージュですかね。人工知能とのふれあいによる少年の成長と人工知能との別れ、フトそんな感慨が横切りました。
続編も期待してます。

ネタバレあり

画良し、歌良し、話良しで、言う事なし。

本当に絵が綺麗で、よく動いています。
機械のリアルな動き、船のあげる波しぶきのリアルな美しさは、さすが、I.Gです。
背景も素晴らしく詳細に描かれています。

主題歌もエンディングテーマも良し。
そして、骨太なSF設定がまったくもって素晴らしいです。

わずか13話の中にいろいろなドラマが濃縮されています。
久々に本格的なSFドラマに出遭えました。
これは、本当にお勧めできる作品です。

新たな名作の出現を、今、目撃しました。

熱い人工知能

ロボット同士がドンパチするアニメではなく、
ドラえもんのような友情や愛情のような
人間心理と人工物との関わりに重点を置いていてよかった。
しかし、風呂敷を広げすぎた感じがあり、
続編なりで回収しなければならない点が多い。

ネタバレあり

この作品大好きだ!もっと長く見ていたかった〜

あまり戦闘しない、最近のロボットものには珍しい作風。
チェインバーもただのAIじゃなく、様々な体験から学習して変化して行くのが良いですね^^だからこそ、最終話のチェインバーは最高にカッコ良かったです!

最終話を見てしんみりした気分になった後にぷちっとがるがんてぃあの最終回を見ると・・・本編とは別とはいえ、何だか凄くスッキリした気持ちになりましたw
ぷちっとは各話の話を題材にしてることも多いのでまとめて見るよりも本編→ぷち→本編→ぷちと話数毎に交互に見て行く方が楽しめるかもしれません。

いい雰囲気支援t…?

 むしろお盛んなのはお前の思考回路だと言うかどうみてもただの出歯亀です、本当にありがとうございました。

 見事に本編の余韻を吹き飛ばしてくれやがりましたがそこがぷちがるらしくもありチェインバーの言うようにこういった終わりもアリかと。

ネタバレあり

よかったです.ラストも凄惨でなくてw

虚淵さんの脚本なのでラストがどうなるか心配しておりました.
例えば,
(A)霧の海の巣を襲われ怒ったヒディアーズの超大群にレド&チェインバーも力尽き,ガルガンティア船団も腹を食い破られ海に沈む中,エイミー他のキャラも食い千切られて行く.とかいうデビルマン的ラスト.

(B)チェインバーの放った救難信号が実は太陽系内で待機状態にあった中継衛星で人類連合,ヒディアーズ双方に伝わり,夫々の大群が地球圏にワープアウトしてきて大会戦となり,地球ごと滅ぼしてしまう.とかいうマクロス的ラスト.

いやぁ,こうならなくてよかった.2期とか劇場版でそうなったりしてw

ネタバレあり

ワクワクしながら見れました

前半の日常があったからこそ、後半が映えた作品だと思います。
毎回毎回「これからレドはどうなっていくの?」とドキドキワクワクしながら楽しんで観ることが出来ました!
こんなに素晴らしい作品をありがとうございました!!という気持ちでいっぱいです。
ぷちがるもおもしろいので是非見てください♪

ネタバレあり

成長物語

 レドの成長も良かったけれど、チェインバーの変化に泣けた・・・

 そして「ぷちっと」の必要性も凄く感じた・・・

 面白かった~^^

チェインバー!!!

登場人物に感情移入がまったく出来ない話で11話までは正直よくわからなくて苦痛でした。
なぜか機械であるチェインバーに対して魅力を感じていました。

しかしながら、12話から急に化け、最終話で腑に落ちた物語でした。
しかも主人公とともにチェインバーの変化がとてもすばらしいと感じました。

これはチェインバーの物語でした。

もう一周して理解を深められたらと思います。

これから視聴する方は、前半は特に苦痛だと思いますが、最終回のために敢えて我慢して視聴してみてください。

ネタバレあり

ぷちっとまでがガルガンディア

最後まで見たら、ぷちっとの方も全部見ないとダメですね。
最後まで、面白く見れる作品でした。

ネタバレあり

二つ、別々の果て・・・・

人間生命の進化の果てが大海と宇宙の対立者であり
人間技術の発展の果てが無慈悲な偶像である・・・・
見ているといろんなSFの問題が気付ける。

ネタバレあり

チェインバーーーーー!!!

お盛んって・・・・・・(笑)

ネタバレあり

積み重ねあってこそ

1話から最終話まで見事に話を積み重ねた作品だと思う。
前半と後半で雰囲気がガラッと変わってきたが、それでも違和感なく受け入れられた。

一つ一つ積み重ねたからこそ最終話でのチェインバーのセリフに心を揺さぶられたのだと思う。

ネタバレあり

1クール2分割

原案者が二人もいて、それぞれが更に監督と構成・脚本を担当した事で
「両者のプロットを前半と後半で分けて作られた」と思うくらい中盤から雰囲気が一変します。
その為か、二人がやりたかった事が13話で収まりきらず必要最低限な箇所だけ詰め込んで
どちらも中途半端な形で終わっている印象です。

いくつかのそう感じた印象を二つ取り上げます。
『若者が働くお仕事ものロボットアニメ』、『これから社会にでる若者への応援歌』であれば
中盤のリジットの話は後半に色々詰め込みすぎて基幹のプロットが霞んでしまっているので
前半で形を変えて(一人で抱え込まずみんなを頼れの部分は)レドを主体にすればよかったのでは?

後半に出てくるヒディアーズの正体や人類銀河同盟とヒディアーズの争いの発端などはココで使うの?
って感じです、それは宇宙の果てにいる同盟の人たちが知り・考え答えを出すべき材料では?

ネタバレあり

すべてがすばらしい!

深く作りこまれた世界観、愛らしいキャラクター、かっこいいメカ、登場人物の成長とすべてがそろっています。

回を追うごとに明らかになる謎とチェインバーとエドの成長が次回を待ちきれなくさせます。
最高にキレイなエンディングでした。

ストーリーだけではなく、世界が美しく描かれていて引き込まれます!
傑作です!

ネタバレあり

これからも一緒

最後にレドの肩にいたかわいい彼(?)は、これからも一緒なんだろうね。レドはどんな名前をつけたのだろうか・・・。きっと・・・

ネタバレあり

ブレなかった

13話で短い、各キャラの掘り下げがもっと欲しかったと言う声を聞きますが、
短いながらに各キャラの人となりが分かるよう演出がなされていたので
そこまで浅い話ではなかったと思います。
その上で、あくまでも話をレドとチェインバーの成長物語に焦点を当て、
主題からぶれることなくそこを丁寧に描かれて行ったので、
中だるみも特に感じませんでした。
むしろ、ガルガンティアをレドとチェインバーの成長物語として見た時に、
どのお話も必要であって、いらない話はなかったと感じでいます。
中だるみがあったと言ってる方は、もしかしたら成長物語以外の面で、
お話に期待する部分があったのかも知れませんね。
チェインバーがいなくなってしまったのがとても寂しいですが、
綺麗にまとめて下さった良い作品でした。
作品制作に関わられた皆さん、お疲れさまでした。ありがとうございました。

ネタバレあり

最後の最後まで

人間の成長を描いた素晴らしいアニメでした。
レドとチェインバーがだんだん変わっていく過程が楽しかったです。

最初は真っ白い肌にカタコトの地球語のレド
クジライカの子供を容赦なく握りつぶしていたチェインバー。
それが最終回Cパートでは、
完全に地球語を話せるようになって、健康的に日に焼けたレド。
クジライカの子供たちを産み出す場所になったチェインバー。

いつの日か、海に沈んだチェインバーが、またレドと会う日が来るんでしょうか。
レドの子孫が見つけたりしたら…なんて考えるのも楽しいです。
とっても素敵な作品でした。

ネタバレあり

複雑な心境

話数、本当に足りなかったと思う。もっとじっくりやって欲しかった反面、これ以上チェインバーに愛着がわいて感情移入していたら号泣を通り越していたかもしれない(笑)
何にせよとても好きな作品でした。

ネタバレあり

虚ブシ

劇場で作品を見終えたような、テーマのぶれない硬派な作品だった。

ほのぼのとしているガルガンティアの生活シーンから、レドやピニオン達のシリアスなシーンまで、
ガルガンティアの世界をすべて余す事無く描かれていて、感動を抑えきれない。

続編を期待します。もっとください(笑)

やはり虚淵さんでした

チェインバーがああああああああああああ

ネタバレあり

今期三大ロボアニメの勝者

全13話で面白くない回がない良作アニメになりましたが、もう少し個々に焦点をあてていければなお良かったのではないでしょうか。例えば意外と少なかったエイミーの出番を増やして、もっと彼女の成長をしっかり描いて、エドに対する想いをさらに切なく描く、など。銀河連盟もちょろっと出てきてくれればなおよかったです!何はともあれ、見る価値ありの作品です!

ネタバレあり

2クールでやるべきだった

最終話までつまらない回が無い良作だった

ただ、13話という短いものだったのでもっとこの世界観に浸っていたかった
まぁ、短かったからこそつまらない話が無かったと言えるのかもしれない

2クールなら・・・

もう少し、個々の人物達を掘り下げて
描かれていたはずと思いつつも
最後まで、非常に楽しめた作品です。
チェインバーとレドの成長が良かった。
欲を言えば、
エイミーをもっと出して欲しかったかな。

いつかまた、チェインバー。

24話2クールにすべき作品だった。
せっかくの傑作レベルの作品を、適正話数作る事が許されないのだとすれば、アニメ業界もそろそろお仕舞いの時節なのかもしれない・・・と思いつつ。
あと、最終話間近の11話での作画のアホほどの劣化は許されないかと。このレベルの作品でやってはいけないよ。

それはさて置き、久しぶりに心踊る作品でした。

駆け足すぎて色々もったいなかったけれど、最終話のチェインバーが凄かったね…

クジライカが進化派の行き着くべき答えだったとすれば、レドのいた統合体?の本来行き着く先は、チェインバーだったのではないだろうか。
支援し、啓発し、そして完成を見て送り出してくれるパートナー。彼らと共に新しい生の可能性を探す事が、きっと彼らが本来目指したかった答えなのかもしれない…

彼の望んだとおり、探求し可能性を模索し続けるレドがいつか彼を見つけることを祈りつつ。


もったいない。非常にもったいない。

どう考えても13話で終わらせる内容じゃない。最低でも26話、いや、50話やってもいい内容だ。
各キャラクターに感情移入し切る前に急展開してしまうので、見てる方としては置いてきぼりを食らってしまい、後半がつらい。13話まで各キャラの関係をじっくりやりつつ、エビの姉御との対決から船団分裂までやって、その後で急展開~26話とやればクライマックスももう少し盛り上がっただろうと考えると非常にもったいない。バブル期とは違う大人の事情があるのだろうが、こんな製作状況じゃあ良作も不作に終わってしまう。13話で終わらせるなら、いっそクジライカ登場以降をバッサリ省いて、海賊撃退、ガルガンティアで就職デビューで終わらせれば良かったのでは? んで第2期でクライマックスまで。…まあ、もう後の祭りで何を言ってもしょうがない。自分で空想して補完することにする。

ネタバレあり

主人公は

レドとともにチェインバーも成長したのね

ネタバレあり

終わり良ければ

最終的に不快感無くすっきり見終えられた。
弟の博識っぷりが作品の重要な部分に出てこなかったこととか
戦闘シーンでの敵機と自機の性能さが全く見えなかったこととか
その他もろもろ微妙な部分が多々あったが
ざっくり見るとおもしろかった。

ネタバレあり

なんだろうね、これ。一話から想像できない結末。でも、いいおわりかた。

結構、人間関係は不快。

でも、最後には理解しあい信じる心。エイミィのレドへの言葉はすべてをまとめ道を開いた。

最終回で初めていい作品と思った。

一番渋いキャラクターが・・・

一番渋いキャラクターがロボットって(笑)チェインバーかっこよすぎ。ターミネーター2のシュワルツネッガーを思い出しました。世界観も練られていて良かったです。ただ、13話だとちょっと物足りない気もします。エイミーやビジット・エイミー弟等のキャラが薄くなってしまった感があるので・・

ネタバレあり

いい作品でしたわ

チェインバーかっこよかったよw

オーソドックスな話だったけど良い意味でまとまってたと思います。

無駄な人死にが多い最近のアニメにあって

戦闘ものでここまで少なく済ましたのも好感もてます

子供に見て欲しい作品の一つかもしれませんね

ネタバレあり

感動しました

良作は多いけれど心を揺さぶる内容が中々見つからなかった昨今、久し振りに熱中した作品でした。
SFとしてしっかりしており、人が生きる意味・生命や機械の定義について色々考えさせられました。
チェインバーが大好きだったのであのシーンは泣いてしまいましたが、レドとエイミーがあのラスト以降も船団で一生懸命生きるんだと思えば救われました。
あと、やっぱりチェインバーが格好良すぎてしばらくはチェインバーのことを考えて過ごしそうです。

ネタバレあり

まさかピニオンがあんな事に・・・

最後が少し掛け足気味だったけど、良い世界観でまとまっていたと思います。
特に、レドの生きたいという思いとチェインバーの「くたばれブリキ野郎
」は、二人が良い意味で変わっていった結果かと。

ただ、あんなうらやまけしからん立ち位置に落ち着いたピニオンは爆発するといいよ。

ネタバレあり

最高のラストでした

今季一番のアニメでした。
戦いしか知らない兵士が平和な社会に戸惑いつつも、生き方を見つける。
ラスボスは自分が属していたシステムとか、燃える展開です。
ボーイ ミーツ ガール という王道だし。
良いエンターテイメントです。

ネタバレあり

最終話でタチコマ(攻殻)を思い出した

最初に感じたワクワク感を裏切らないエンドで良かった。首が落ちたときはどうなることかと心配したが。

人間を分析し学習し支援するシステムが人間に近くなるのは想像に難くないことだ。それは人間の脅威かもしれないが、言葉を交わせる友としての可能性を示してくれたのがガルガンティアの良さだと思う。

チェインバーやさしいのな…レドに贈ったはなむけの言葉に魂を感じた。

ネタバレあり

チェインバーの親心

最初からチェインバーのマニュアル的で堅物な状況判断にちょっと「皮肉」を感じていました。
何となく…幼少の頃から親に言われるままに習い事して、いい学校に入って、塾に通って、そしていいトコに就職…上の意向に依存~型にハマった言動・行動しかできない人を皮肉ったものではないかと。
異国の地で好意的な人達から現地での生き方(処世術)を教わり、少しずつ順応していく様に人間としての成長を感じます。ヒディアーズはまた別の異文化の外国人だと思えば…。

作品の見方は人それぞれだと思いますが、最後の最期でチェインバーが「パイロット支援啓発インターフェイスシステム」としての最終判断を下すトコは、機械ではあれど子(パイロット)の「人間的な成長」を見届けて次代に託す、親心にも通じる「アツい思い」だったのかも…
そう思うと、最終話のチェインバーの判断~言動には泣かされます(T_T)

何時虚淵が炸裂するか…

はらはらしながら見てましたがw
レドの成長と一緒にチェインバーも成長してたんですね
ストライカーが思考の末にああいった行動をしたようにチェインバーも様々な人のと関わりから影響を受けて思考の変化を遂げた末のあの行動
奇跡の一言で終わらせない説得力があってよかったです。
ガルパン以来のじわっと涙がきたシーンでした。
「くたばれ、ブリキ野郎」

くたばれ!○○○○○

1話からグイグイ引き込まれ、毎週欠かさず楽しみに観ていた本作がついに最終回を迎えてしまった。やはり内容の濃さから2クールは必要だと思ったが、チェインバーの自己犠牲にはやはり目頭が熱くなってしまった。
フルメタル・パニックでも主人公と支援AIの掛け合いがあり、そういうのが大好きな自分にとってはまさに本作は大当たりだった。
脚本の虚淵氏が過去のインタビューで「自分はハッピーエンドを描こうとしてもどうしてもバッドになってしまう」みたいなことを言っていたのでまどマギのような胸のえぐれそうな展開が待っているのではとヒヤヒヤしていたが、本作からまるで一皮も二皮も向けた印象を受けた。とても爽やかで活き活きとしたラストを迎えてくれて本当に良かった。最高の3ヶ月をどうもありがとう!

ネタバレあり

チェインバー欲しいわ!

t/o

ネタバレあり

レド少尉の軍籍を剥奪する。

いやー、本当に面白かった。
チェインバーは、今までに見てきたロボットの中でも、最高の友であり、相棒であり、師匠でしょう。
彼の最後の台詞「くたばれ!ブリキ野郎!」は、沖田艦長の「バカめ、と言ってやれ」と並ぶ忘れられない
名台詞になりそうです。
いつかレドがチェインバーと再会できる日が来れば良いなと思います。

ネタバレあり

SF設定と「生きる力」の融合

 SFアニメの世界は、もうひと通りやりつくした感があるなあ、と感じていた。どんなSF設定もすでにどこかでやられていて、ガルガンティアの設定もすべてが真新しいと感じるものではない。けれど、それらの設定を複雑に組み合わせることで、SFを舞台としながらも、人間ドラマへと原点回帰させるような、さらなる魅力が生まれた。
 1話1話はまったりとした丁寧な描き方。登場人物たちにはそれぞれ見せ場があり、13話という話数を考えると、ややもすると描写が少ないと感じることもあるが、それが逆に、描かれていない日々の暮らしを想像させうる。
 ナイトライダーやサイバーフォーミュラのアスラーダ、勇者ロボなど喋る機械は多く描かれていたが、機械的解釈に終始しながらも人間的感情に導かれるチェインバーの描き方は、ここ数年のアニメ-ションの中でも特に秀逸だった。

ネタバレあり

ちゃんとロボットアニメしてた

最終話のみできちんとロボアクションしてたのが良かった。
主役は間違いなくチェインバー。

ネタバレあり

良かった

良かった。
ありがちなハッピーエンドであるが、そこがいい。

ネタバレあり

一番かっこよかった

のがチェインバーでしたwww

ネタバレあり

良かった

ただ一言

ありがとう、チェインバー・・・。

ネタバレあり

少年の成長

従属こそ唯一正しい道と信じてきた少年が、自由を知る話。
作画が美しく、それだけでも評価できる。
設定もユニークで、主人公が地球のひとと交流する過程が丁寧に描かれていて好感が持てる。
オススメの作品。

見応えあった。

ガンダムもどきの宇宙ロボット物かと思い期待していなかった。見放題会員の暇つぶしとして見始めたんだが、文明崩壊後の地球人類と、宇宙移民として戦争する超先端科学文明の二つの世界を、人間性のあり方を模索しながらつないでいく。短い話だったが、複雑な題材を上手く調理し、無駄をそぎ落として非常に濃い中身だった。機械文明と、生命科学のマッドサイエンスからくる人類の崩壊、分かりやすいギャグ。生きとし生けるもの全ての天敵が人類だという普遍のテーマ。よく出来た作品だった。全てがハッピーエンドでは無いけれど。見終わった後の余韻も良い。

最終話

とても面白い作品でした。
最後があっさりしすぎていたので、後15分欲しかった。

ネタバレあり

環境で変わっていき易いものと変わり難いもの

主人公レドが生きてきたのは、死が身近に存在する宇宙での戦闘機マシンキャリバー用いた人類存続の戦い。そんな彼がまさかの事故で滅んだとされていた始りの惑星地球に不時着。地表が全て海に覆われ、人類は氷河期によって海中に沈んだ、旧文明の遺産をサルベージすることによって生きていた。
この環境の違いから、心は戦い以外への方へ魅力を感じながらも、“兵士としての使命”を根強持ち、そこから、周囲とのスレ違いが生まれてしまう。
これは、環境の違いによって人がいかに変化していき、若い兵士であるレドの成長が楽しめるアニメとなってます!

ネタバレあり

ぷちっとがるがんてぃあ 第12話

ベローズ「気が強い」
リジット「真面目」
メルティ「小さい」
サーヤ「おっとり」

・・・どうしてこうなった

ネタバレあり

そうきたか!

アン・マキャフリーの連作短編集「歌う船」を読んでみてください。
超光速航法が確立した遠未来、
BB船(ブレインブローン=脳みそ筋肉シップ)と呼ばれる
宇宙船の頭脳として収まった殻人(シェルパーソン)と
肉体労働を担当する健常者の相棒おはなし、
主人公のヘルヴァは歌う船として有名な若い女性のシェルパーソンです。

ここまできてレドとチェインバーの関係はブローンとシェルパーソンの関係と
同じ構図だったのかと気付いたり。
クーゲル中佐の顛末の元ネタもあるよ!
(パクリだ何だと非難している訳ではないよ、念のため)

ネタバレあり

人間の成長

このアニメは、人間の成長、肉体ではなく、精神や考え方の成長を表現しているように思います。

最後にいつも驚かせられます

毎話ごとに大きくも小さくも最後にいつも驚かせられます。
オマケの「ぷちっと」も各話ごとの内容で構成されていていますので、各話見終わったあとにその話のものを見ることをお奨めいたします。

前半が大好きです!

それだけに、後半の展開は個人的にはやっつけ仕事にしか見えません。
前半丁寧に作り上げた世界観がぶち壊しになっている様にすら見えます。

そんな要素無くても十二分に楽しめる作品だと思っていただけに、安易にバトル展開で締めようとする流れは非常に残念です‥‥でもまぁ1クールで収めるならその方がスッキリ見える、のか‥?

ただ何となく他のロボット作品とは一線を画したものになるぞ!と期待し過ぎただけなのかもしれません。

それはそれとして
チェインバーの動力源って一体何なんですかね?電力なんだろうか?

ネタバレあり

結構面白い

 なんとなく見始めたら結構面白い。もっと続けてほしい反面、だらだらして収集つかずに後半失速するよりはとも思うし、終わり方って大事。 海の画、光がきれい。波がよせる音もいい。本物の海の音?個人的に生命というものをすごく意識させられる音。
 祭りの後のシーン。演出としては好きだけど、子供っぽいかわいさのヒロインの扇情的な衣装とベリーダンス(?)はちょっとひいた。
 生きることに喜びと希望をもって、ハッピーエンドを願います。

力尽きたか

11話でついに画が力尽きたか。
急に画力が落ちるとなえる。
同じ金払って見るのに話ごとにクオリティに差があるというのは詐欺にちかくね?

折角面白い作品なのにとても残念。

ネタバレあり

日常の意味

クーゲル中佐の不幸はコックピットから出れなかったため、
レドように船団の人々とのふれあいを持てなかったことだろう。
もしそれができればレドのように銀河同盟の価値観に疑問を持つことができたかも。
(もともと部下思いの高潔な軍人だし)
そう考えると、少々退屈に感じた4話~6話の日常回が
この物語において大きな意味を持つことに気づく。
あの日常こそがレドが得て、クーゲル中佐が得られなかったものであり、
いずれ両名の対立へとつながっていくのだろう。
個人的には分かり合えないまま死んで欲しくないが、
虚淵さんだし、ハッピーエンドにも一抹の苦味を添えてくるだろうねえ・・。

ネタバレあり

生存とは何か

動物と人間との違いは何か、進化とは何かを少し考えさせられた。

R-TYPEシリーズ?

ネタ的にはR-TYPESってことですかね。。

ネタバレあり

すげー!

8話までは正直だらだらやってるなっておもったけど
9話でまさかの展開wwww
ヒディアーズの形が形だけに想像できるはずがない!
9話から一気に面白くなってきた

ネタバレあり

おもしろいけど

最初女の子に釣られてみたけど女の子があまり出てこなくてショック!

え?

1クールで終わっちゃうのですか?
それについては残念だと言わざるを得ない気持ちです。
久々に明るい話題なアニメで、長く続けて欲しいと思った作品でした。

ネタバレあり

人類同盟やヒディアーズなど

ガルガンティアの壮大な世界観とその中にある生態系及び派閥などはどれも魅力的で、12話で終わらせるにはもったいない気がします。いい意味で風呂敷を広げたのに、これを活用してシーズン2まで作らない手はないと思います。ええ、アンコール乞食ですが、何か?(笑)

ネタバレあり

9話より

1クール予定だったはずなので、この9話から物語のまとめに突入していくのかなという印象を受けました。

9話まで見て

面白い、デザインが良い。

ただ
12話で終わるのか、2クール突入かで
脚本の腕の見せ所だと思う。
同じような環境危機の地球を脱出したり居残ったりの
クラウスやファムみたいにはならないで欲しい。

ラケージがどうにも消化不良なキャラで

ネタバレあり

なるほど

進撃の巨人はサッパリわからないがこちらはまだ理解可能

色使いが素晴らしい

正直、作品に不満がないわけでもない。ただ、一つ素晴らしいと思った事は作品のキレイな色使い。
海の青緑色を背景に赤、青、黄と水彩画の様に重なったシーンを見るたびにすごく感動する。

答えは一つじゃない

一つの形が有る。見る角度によって、四角にも三角にも丸にもなる。どれも誤ってなければ正しくもない。この作品もそんな作品になってほしいと思います。
単純に一方が正しく一方が間違っていて、正しい側が誤った側を糾弾・粛清するのは簡単かもしれない。作品としても勧善懲悪は明快で爽快で楽しい。でも、ガルガンティアはそんな話になってほしくないです。
レドの考えもピニオンの思いもリジットの覚悟もベベルの心も全部間違ってないから。
たった一つの答えに答えに拘らず、登場人物一人一人に沿った物語になって欲しいと思う。
モヤモヤすることもあるだろうけど、それがこの作品の一番の『面白さ』になって欲しいです。
物語も後半戦。今後もゆっくりと考え、噛み砕きながら、作品を楽しみたいと思います。

進撃の巨人を越えるか?!

最初は期待していなかったが、私の中で徐々にトップになりつつある。

5話までは、圧倒的に進撃の巨人の独走だったが、それ以降は差がなくなった。

もしかしたら、見終わった時には、ガルガンティアがNo.1になっているかも?!

神作品

久しぶりの素晴らしい作品。
先が気になってしょうがないアニメは久しぶり。

7話まで見て

いままでの素朴で純情な異文化交流モノから、物語が大きく動きそうですね。

レド達が向かう先がどこなのか、毎週楽しみです。

ネタバレあり

面白い、とにかく面白い

シリアスな展開とユーモア溢れるのんびりした展開とが交錯して味わい深い物語になっています。

戦士としての誇りと使命感に縛られた頑ななレドが今後どうなっていくか見物です。

毎回楽しみにしてます

他の2作より女の子がカワイイなという適当な理由で見てたけど、
毎回いい話が続いてダントツ一押しの作品だと思います。

ただやはり・・・
脚本家がアレな人なんで本領発揮してないかといつも不安です。

もしガルガンティアが実際にあったなら
会社辞めて家族連れてパソコンも捨てて移住しますよ。
もうずっと前から、あんな世界に憧れていたんだと思う。
だから、夢を壊す無残なラストにはして欲しくない。

1話の冒頭は主人公の過去紹介コーナーでいいから
この先はもう宇宙の話は放置で終わって欲しいんですけど、
そうはいかないんだろうなぁ。。

それでもやっぱり、次が楽しみです♪(⌒^⌒)b
 

7話までみて

あの悪名高いハッピーエンドは書けないと言っている方が脚本に関わってるから、このまま牧歌的に行くのか、どこかでバットエンド一直線になるのかドキドキはらはらしながら見ています。同盟とレドがコンタクトとった時点で地球終了だろうしヒディアーズ?と戦い始めても終わる気がする。ストーリー云々よりキャラクターの個性や前述の今後の展開への緊張感が面白い

ネタバレあり

7話を見てから一話を見直すと...

一話の戦闘中に開くのが遅いヒディアーズがいるのだが...。

ネタバレあり

おもしろい!

まだか!!!MDK!!!!
7話早くみたい!!!!!!

早く!!

すっごい続きが気になる!!なんだろうこんなに次が気になるのは何年ぶりだろう・・・
とにかく次を早く!!!頼む!!

おもしろかった

何気に見てみたら面白かった。
主人公君がかわいいし、ヒロインはちょいエロなかんじ?
色々と魅力的な作品だね。

凄まじい肉感

キャラデザや作画、設定や主人公の視点、その他色々相まって、登場人物達の肉感を強く感じられる。
そのせいか男は強く、女はとてもエロく見える。ディスプレイ越しに妙にドキドキさせられる。
そしてそのドキドキを主人公も恐らく感じてるんだろうと思った途端に、このアニメがめちゃくちゃおもしろくなった。昨今少なかった、主人公への強い感情移入をさせてくれる作品かもしれん。
今後に超期待。

プチっとも良いよ^^

ショートムービーはコミカルで面白いですよ^^/

平和な日常

戦士レドが初めて体験する、ガルガンティアでの平和すぎる日常・・・。

このストーリの先に、人類銀河同盟やヒディアーズがどう絡んでくるのか?

展開の全く見えないストーリーですが、とても楽しみです。

また、どのキャラクターもよく動き、非常に魅力的に描かれていて、

ロボット物以外の魅力だけでも十分楽しめます。

カッコ良い戦闘シーンを期待している方には、現時点での展開はちょっと消化不良かもしれないけれど、

おすすめ度200%の、とてもクオリティーの高い作品です。

ネタバレあり

久々の注目ロボアニメ

最近めっきり少なくなってきたロボットアニメを

元ジブリの村田監督に、脚本は虚淵玄、キャラデザが鳴子ハナハル

と、放送前から注目してました!

魅力的なキャラクターとストーリーに、目が離せなくなります。

まだ観ていない人は是非♪

神風我に吹きたり。

いい感じの展開。

ロボット物?

有りがちな戦闘ロボット物かと思いきや、主人公の人間としての成長物だったとは。
世界設定も美しく今後の展開に期待!

ほ~ちょっと引き込まれた・・面白いですね・・でも

大胆な世界感・・ヒューマンドラマだというところもイイですね。
キャラだけみるとどうかな?と思いきや以外と引き込まれました・・良い意味で裏切られた作品
でも・・細かい設定に無理があるというか・・おかしいいだろう・・な部分も目立つかな。
デジタルアニメのキレイな絵に目を奪われがちだけど
もう少し人間的などろ臭さみたいなのがあるといいなあ・・と個人的には思いましたけど
最近のアニメとしては良い作品だとオススメします。

Just japanese!

科学的にも、人情的にも、演劇的にも(笑)
良くできた作品だと思います。

今後の展開、というよりこの作品のまとめかたに今から注目しています!

素晴らしき釣りアニメ

ロボットアニメかと思いきや

今のとこ思いっきりヒューマンドラマ

完全に釣られたが、全然公開してない

むしろ釣られてよかったと満足してる

素晴らしきサービス回

5話はかつてないほど充実したサービス回でした。あと今回に限らずあとから見直すと伏線がしっかりと解る丁寧な作りも好感持てます。

ロボットの装甲をこうつかいますかw

途中から展開が予測できたけど、人形機動兵器の装甲板を焼き肉の鉄板に使うってのは斬新ですなw

ネタバレあり

面白い

異文化交流もののSF作品ですが、価値観、文化、言語の差など、設定が作り込まれていて見ごたえがあります。
また、メカデザインなどもよく作られている上に作画も丁寧で飽きが来ませんでした。

まだ序盤なので今後どうなっていくのか判りませんが、久しぶりに続きが待ち遠しく感じる作品だと思いました。

好きな感じ

絵も好きだし、テーマも悪くない。

この先どう言う風に展開するのかな~?

期待大

画像で主人公の搭乗するロボットを見て頭でっかちで不恰好な印象を受けましたが、動いてるのを見ると、どうしてカッコイイ。ヒゲガンダムと同じ原理ですねw

見た目がスマートでなくとも、それが逆に遠未来のとんでもないテクノロジーの産物ということにリアリティを持たせることになっているかも。

メカの見た目で本作を敬遠すると損します!

なかなか面白そう

人物の絵の感じが,今風のチャラチャラしたやつかと思ったけど,なかなかおもしろそう.…「殲滅」…素晴らしい.

忘れてた昔の心を思い出す

懐かしい思いで洗われそう。

遙か未来でのボーイミーツガール

遙か未来、殲滅兵器の兵士として育てられ生きてきた…生き抜いてきた少年レドが、
ヒロインのエイミーや様々な人々と出会い人間性を取り戻していく王道の物語か!?
はたまた…
気が早いけど物語の帰結が、どうなる?ワクワクする楽しみがある作品。
視聴者とっては、これから展開が楽しみである!

ゴメン、ハーレムじゃなかった。それどころか・・・!

主人公がイケメンすぎるのと、素敵な女子がいっぱい出ていそうなので勘違いしてましたm(_ _)m
コメントの数が半端ないので、気になって視聴してみたら。。。
自分、大変なものを見逃すところでした!


複数の方がおっしゃる通り、初期のころのジブリ作品や未来少年コナンなどと共通の、深い世界を持つ作品ですね。

使い捨てアニメ量産により、心に響くような珠玉作品がめっきり減ってしまったこの頃ですが、これは久々に感情移入できるものになりそうです。

第3話のラスト、実に「これから感」あふれる良いものでした。
海賊の女王様以下手下二人も(悪〇トリオみたいでちょっとうれしい)、これからもっと絡んできそうで期待大です(^-^)

映像の美しさにはひたすら感動!

ネタバレあり

Production IG 恐るべしw

ロボアニメファンにはたまらない作品だと思います。

最近のアニメ界でProduction IGの勢いが凄いって思うのは私だけでしょうか?

もう世界を牽引してる感じw最近では元気のないジブリアニメに変わり
日本を代表する世界のアニメを創っているように感じます。

この作品も今後に期待です。

洋画のウオータワールド的な近未来です。

キングゲイナーの富野要素を抜いて、未来少年コナン、ナディア的な要素を取り入れたような
作品

ロボが主体ではなく、世界観が主体なんでしょうね~
生死に関わる緊張感はないですが、それゆえ、子供から大人までみんな楽しめる感じでですね~
すごく丁寧に作ってる感じがしていいです。

この感じ好きです。

レドの成長がすごく楽しみ!
言語・文化・価値観などが全く違う中で、チェインバーを通してのある種無機質なコミュニケーションが非常に面白いです。
今後、レドがガルガンティア船団の中でどんな騒動に巻き込まれ、乗り越えていくのか楽しみです。
早く次の話が見たいです。

ネタバレあり

これは・・・

先が読めない、文句なしに面白い
数作作れるアイディアを惜しげもなくブチ込んだ贅沢品

いい感じ

気持ち良く楽しめる(^.^)

今季の新作中、一番の作品!

C.G.が秀逸なのはプロダクションI.G.だから当然として、一話の導入部の自然に引き込まれるストーリーの持って生き方等、気を衒わない正攻法が良い。

妙な懐かしさ

未来少年コナン、ナディアみたいな感じがする作品ですね。
戦いの際は戦国自衛隊さながらの圧倒さ。
今後の展開が楽しみです。

ネタバレあり

おもしろかったです

1話の戦闘、2話のせん滅、3話ではこうきたかーっと驚きました。
主人公が知的というか理性的だから見ていてホッとします。
ヒロインもかわいいし、チェインバーもかわいい(笑)

これから血みどろとかにならないことを祈りつつ。
1話前半の敵は出てくるのか出てこないのかも気にしつつ。
楽しんで見ますね。

ネタバレあり

面白い♪

この春、一押しのアニメです♪
一度、文明が壊滅し死の星となった地球。
ベローズの語る「無殺生」の掟は、その過酷な世界を生き延びた人類の歴史から生まれたんだと思います。
どんな風に物語が展開するか、ワクワクしますね♪

しかし、チェインバーはなんてラブリーなんだw

ネタバレあり

オマージュワロタ

3話の敵役に某アニメの悪玉トリオのオマージュ?らしきものがw
小ネタもちょくちょくあっておもしろいです

ネタバレあり

チェインバー、可愛過ぎ!

レドも可愛いけど、杉田さんの演じるチェインバーが、もう可愛過ぎです!!ハマり役です。
ロボットをこんなに可愛く思ったのは、生まれて初めてで新境地開拓です!
チェインバーの外見も可愛い♪ 特に、顔と太もも♪ 要チェック!!

誰も言わないが・・・

長期間、コールドスリープ(だっけか)してたらしいが・・動力源はいったい・・・? エネルギーは何使ってるんだww ・・と、つまらないことはここまでにして、ストーリーやAIの話し方など、最高に面白いと思います。

ネタバレあり

おもしろいですねー

最近の作品にはあまりない感じのロボットアニメって感じなのが個人的には好感が持てました。
最初の戦闘シーンなども作りこまれていたのでよかったです。
あくまで現状の感じ的には、昔のジブリとかの印象に似てる気がします。
今のジブリがなくしたものがコレには詰まってる感じですかね。
唯一の不安材料は・・・まあ、シナリオつくってるあの方くらいですかね・・・w
また血だまりとかにならないのだけを願っています。

3話、すごく良かったです!

SFとファンタジーが良い具合にミックスした世界観と、オーバーテクノロジーのストーリーへの取り入れ方がすごく面白いと思いました。
敵を全力で倒すのがナンボという固定観念を逆手に取るような、「人を殺してはいけない」というミッションが新鮮です。
なぜ殺してはいけないのか、ベローズが語った理由もシンプルだったけど純粋なあの世界の思想が表れているようでとても良かったように思います。
1、2話で世界感が良い形で説明され、今回3話でいよいよストーリーが動きはじめる気配を感じました。
今後がとても楽しみです。

ネタバレあり

懐かしいテイストながらおもろい!

最近ジブリが無くしてる、水と風。

自然の表現がすごい良い ロボット物とは思えないアナログ感がたまらない(笑)

今後がたのしみ。

友人に薦められて視聴

非常に面白かった、今後も見たいと思う

どうもこう言う、オーバーテクノロジーを抱えたまま
そんなテクノロジーと無縁な人類との邂逅、なんか好きなんですよね
今後に超期待です、果たして元の世界に帰れるのか?この世界の住人との関係は?
ヒロインの娘とのラブロマンスなんかも有ったりするのかな?

とにかく超期待です。

ネタバレあり

面白い

マンネリ感は今のところ無く、クオリティも高くてOVAと間違えた。今後に期待!

これからも楽しみ♪

まだ2話めですが、珍しく何度も観てます♪

とにかく続きが楽しみな作品です。

定番のスタートでないのがいい

よくある 戦いたくないけど・・・で始まり
やがて最強戦士に成長~でなく
理性的合理的に考え協力を・・・というところはいいですね

ネタバレあり

面白いです

 個人的には今期一番面白い作品です。
全然期待していなかったのですが最初から面白く、このまま最後まで行ってくれることを祈ります

期待してなかった

期待していなかっただけに、ちょっとヤバいです。
1~2話面白いです。ひさしぶりに良質なSF&ロボアニメに出会ったかもしれません。

やっべぇ

おもしれぇ

期待できるロボアニメ、久しぶりに来た。

今後、さらに期待です。

がるがんてあ最高

結構こういうタイプ好きです゜エイミかわいいしロボットモノは、流石バンダイ初めの宇宙戦いい面白いさすがバンダイやっぱ海洋ものもいいです個人的に好きですここ今後の展開が楽しみです

自信を持って言える

今一番熱いアニメだと!!是非見ていただきたい。

歯車はどう組み上がる?

未来的な銀河同盟のテクノロジーとメカメカしい地球のテクノロジー。
眉目秀麗な主人公レドと元気印のエイミー。
一見正反対の世界がどう触れ合っていくのか楽しみです。
あと、2話でエイミーが魚を裂いて渡すところが美味しそうで
ほっこりするいい場面だと思いました。
願わくばチェインバーがメカメカしい装備で駆け抜ける様を見れます様に。

オススメ

これは期待できる
一話目の作り方は素晴らしかった

“超”おもしろい

このウォーターワールドのような世界観がツボりました。
今後に期待!

早く続きが見たいです

この流れで本当に1クールで上手く纏まるのか疑問ではあるけど
今後の展開に期待しちゃうね

期待

ロボデザインは格好良いというよりは可愛い感じ?
そこまで劇的な展開はまだないですが、今後に期待してます。

期待大



内容はねぇ~・・・・・・・・・・・・・



 見るべし!!!!!!!の一言につきる!!!!



第2話まで視聴して

とても面白いです。

マクロスの成功に追いつけ追い越せですね。

十分な魅力があると思います。

人類が全球凍結をどのようにして乗り切ったのかが一番知りたいかな。

地底で生活したのか凍結上部で暮らしたのか。

宇宙移民可能な技術が当時にあったのなら、いろいろ可能でしょう。

となると、地球側でもう少し進んだ技術がお目見えするのか?

折りたたみ式のハンググライダーは新鮮でした。

第2話での対人兵器は、なんか極致ですね。

女の子達がとてもかわいいです。

「死骸」には私も同意。

動物性の物はやはり異常かと。

地球にロボットが落ちた時と引き上げられた時点で空気の存在は人工知能が認知できていたはずだけれど、そこが少し疑問でした。

ロボットはとても技術進歩を感じさせるのに、携帯食料?は普通なのか。

排せつの必要がない携帯食料だと面白いですね。

作画や歌等もかなり質が高いと思います。

ネタバレあり

凄く楽しい!!

丁寧な作品だな、というのが最初の印象です。それは二話目になっても変わっていません。
すべてが愛おしくて大好きすぎて泣いちゃうくらいですw
虚淵さんシナリオということで、今後もし大変な展開になっても追いかけるつもりです。
願わくば、明るく、希望に満ちたお話でありますように。

未来に来た少年

1話目は「過去の地球に来た」と思いましたが地球が凍り、それが溶けて海だけの世界に成った所へ
地球が凍った過去から来た物語。
お互いに言葉が違うのですが手探りで対話をするしていく
想像以上にデザイン&脚本&声優さんが良くて
丁寧に仕上がってる今期注目のアニメだと思います。

第2話21分11秒

戦闘シーンがなかなかだ。一方的な殲滅攻撃だが、あんな精密攻撃ができたらどれほど世の中が変わることか・・・

・・・虐待感が否めないけどね。

ネタバレあり

ウォーターワールド

SFロボット物にウォーターワールドの世界観を追加したような感じが印象的です。
とりあえず、1話、2話は楽しい。今後が期待できそうです。

萌えがなくてもあっても

見れるSFは久しぶり!

おもしろいです。

久しぶりにいい作品にめぐりあえた感じします。
今後のストーリに期待します。

おもしろい

ここ最近、ノベライズされたものがアニメ化することが多かったのですが、ストーリーも序盤から面白いですし今後に期待です、

好きです

しゃべるAIシステムって、個人的にドツボなんですよ
世界観やキャラ設定もいいですよ
かなり気に入ってる作品ですが、後は脚本担当がどう暴れるか・・・w

まったく期待しないで見てみたら

映像はしっかり描かれてるし、1話目からしっかりと視聴者を引き込む作りで楽しい。

シナリオがニトロの虚淵 玄さんみたいだし、今後の展開に期待。
毎週が楽しみになる作品です。

レドとチェインバーが面白い

主人公のレドは理論的に行動しつつも感情的な部分もしっかりあり非常に好感が持てる。
そして、そのレドとAIであるチェインバーの会話が面白い。

その他SF設定も話の流れも綺麗、なにより絵もBGMも綺麗だ。
何もかも丁寧に作られてる印象を受ける。
話は始まったばかりだが、オープニング曲や公式HPから明るい作品になると思うので、
とても期待しています。

あなたのこと待ってる

あなたのこと待ってる

ネタバレあり

待っていた待っていたぞ…

まだまだ1話のみなので評価する段階じゃないですが、でもがっちり心掴まれました。
最近は漫画かラノベ原作ありのアニメが大半で先の展開知ろうとすれば簡単に知れちゃう中でこんなワクワクさせてくれる先の展開を想像させてくれるオリジナルのアニメを長らく待っていたんだ俺は!って感じです。もうあとは終盤でガッカリトホホな結末だけはしてくれるなよって気持ちです。

今後に期待、しかし・・・

いいアニメになるといいですね。
しかし、リアルに運悪いですね。
今期似たアニメが、3作品も作られていますね。
これから、どう差別化するかが、重要になりそうですね。

すばらっ! としか言えない

最後まで、クオリティを維持していい作品になることを願う(´・ω・`)

いろんな作品の

まだ第一話を見たところですが、過去のいろんな作品のオマージュが満載です。
作品自体も、よくできていると思います。期待しています。

いいですね!

1話目でのこの引きは最近ほんとに無かった!

期待値が高い分2話目は大丈夫か?

これは期待できるな

まだ1話目しか見てないけど、この路線でブレずにいけるならかなり面白そう。

最近のSFもので本当に評価できるのはヤマトとUCだけなんで、どこまでその2作に食らいつけるか
楽しみです。

皆、気が早いね!!

まだ、始まったばかりなのに、既に高評価!!実に、気が早いね。
今のアニメは、段々と尻つぼみになる傾向があるから、まだ、判断材料としては少なすぎるね。
特に、一話は人気を引きつける意味で、どんな作品でも力を入れるのは当たり前だから、まあ、面白くて当然だね。
これからだと思う。面白いか、それとも、急降下でセオリー通り12話であっという間に終わるか。
まあ、期待しても良い作品である事には違いないと思う。
他の、ハーレム系よりは全然高評価に値する作品だと思うけど・・・・

さすが

虚淵の作品
出だしから面白いね。次回も楽しみ
失速しないことを祈る。

1話からこんなにわくわく出来るとは

前半戦のSFから後半の地球パートの雰囲気ががらっと変わるところ、キャラがいい感じで物語に引き込まれる感じでかなり続きが楽しみな作品です。
虚淵さん、念願のロボ物とのことでいったいどんな風に話が展開していくのか期待してます!

ネタバレあり

ほほ~

ちょっとこれからが楽しみかな^^

前半はプロローグ、後半が1話

前半のやりすぎ感のあるSFちっくな描写に、趣味が合わないと離れてしまう人がいるかもしれない。
ただ、タイトルの通りそれはプロローグであり、後半からが本編であり、前半が合わなくても後半が合う人がいるだろう、少なくとも私がそうであったように。

大いに期待できる

巷に蔓延る、頭の悪い登場人物が、頭の悪い行動をするお話に飽きた方にオススメです。

久々に1話から引き込まれた

期待

プロダクション.IGの良さが際立っている。

プロダクション.IGが製作した、アニメ「ギルティ・クラウン」や、アニメ「輪廻のラグランジェ」のように、ロボットを使った、ストーリー性重視の展開や、主人公が着るロボット専用スーツの薄さや、主人公(アニメ「ギルティ・クラウン」では、脇役が、ロボットを使う。)の使っているロボットが、機動性を重視して、すらっとしたボディになっている点では、共通点がある。

ネタバレあり

今後の展開が気になる

ハナハルキャラが動いてるので感動してしまった

面白そう

ちゃんと引き込まれました。面白そうなので「お気に入り」に登録します。

新鮮なロボアニメでした(1話のみ視聴)

戦争や対立軸を描く通常のロボアニメと違い
異世界との出会いを描いていてとても新鮮でした。
言葉が通じないというのも雰囲気づくりとしてはいいですね。
今後は戦闘描写よりは人との出会いや関わりに重きをおきそうに思えます。
よってロボアニメはちょっと苦手…という人にもオススメです。
虚淵さんのストーリー構成に期待するという意味で
おすすめ度数は高くしておきます。

ネタバレあり

勢いあり、解説ありの1話

1話観て、とてもワクワクしました!

結構設定とかこだわってた感じの評判だったので、最初の数話は世界観説明でダレるかなと思ってたのですが、主人公を異世界の人間にしたり、世界を解析する機械の存在、また艦内を逃げ回る展開などでスムーズに世界観を説明してました。

まさにSFものの課題を勢いよく飛び越えて行った気がします。

最近観た作品の中で最高の1話。

ネタバレあり
キャラクター

レド

人類銀河同盟の少尉。戦闘能力は高いが、戦うこと以外を知らずに育った。辺境の惑星・地球に漂着し人工冬眠状態だったところをガルガンティアに救われた。ガルガンティアの人々との交流を通じて心に変化が訪れる。

エイミー

ガルガンティアでメッセンジャーをしている少女。好奇心旺盛で行動的、元気な笑顔を絶やさない。人工冬眠から目覚めたレドと思わぬ出会いを果たし、積極的に興味を持ち、ガルガンティアの案内役を買って出る。

サーヤ

エイミーと同じくメッセンジャーをしている。メルティとも仲良しでいつも三人で行動している。おっとりした性格だが、お金にはしっかり者の一面も見せる。グラマラスなスタイルは男女みんなの憧れ。

メルティ

エイミーやサーヤと同じくメッセンジャー。二人より年下で、幼く見えることもあって背伸びをしたい年頃。イケメン大好きで恋話にも敏感だが、実体験はないらしい。いたずらっ子っぽい表情が特徴。

ベローズ

海中から旧文明の資材を引き上げるサルベージ業を営む。海底に沈んでいたレドとチェインバーを発見、回収した。作業用機械・ユンボロの操縦に長ける。仕事に厳しい姉御肌で、仲間からの信頼もあつい。

リジット

ガルガンティア船団長・フェアロックの補佐を務める。まじめで冷静、合理的な考えの持ち主で責任感も強い。ただその分、きまじめで窮屈でもあり、敬遠する人間も少なからずいる。

ピニオン

ガルガンディアで機械の修理・整備業を営んでいる青年。お調子者だが、整備の知識や腕前だけは確かで信頼されている。海底に眠るお宝を掘り当て、一攫千金を夢見ている。

ベベル

エイミーの弟。病弱のためベッドに横になっていることが多いが、利発で明るい少年。レドやチェインバーにも興味を持つ。

フェアロック

ガルガンティア船団を率いる船団長。経験豊富で常に落ち着いている。船団の安全を最優先に考えている。

ジョー

船どうしの接続や切り離しを専門に行う連結屋の青年。仕事に厳しい職人気質。

マイタ

ピニオンの部下。大きなレンチを手に、熱心に仕事に取り組んでいる。

フランジ

ガルガンティア船団を構成する大船主の一人。フェアロックともに船団全体を指導する立場にいる。

クラウン

フランジに次ぐ大船主の一人で、ガルガンティア船団首脳を構成するメンバーの一人。

ウォーム

ガルガンティア船団を守る護衛船団の長。海賊などの襲撃に対して先頭に立って戦う。

クーゲル

人類銀河同盟軍中佐。優秀な軍人として、ヒディアーズとの戦いの指揮をとっている。レドの上官。

メカ・ロボット

チェインバー

レドが搭乗するマシンキャリバー。対話することでより優秀な兵士へ育成していくことを任務とする「パイロット支援啓発インターフェイスシステム」を搭載し、自律して行動できる。レドにとってかけがえのない存在。

大型ユンボロ

四本の巨大な作業用アームを備えた、最大級のユンボロ。アームごとに操縦者が必要で、機体操縦を含め計三人で運用する。

潜水ユンボロ

海底から資材を引き揚げるサルベージ業者が使用する。水圧に耐えるため丸みを帯びた形状をしている。

中型ユンボロ

扱いやすさから戦闘にも用いられ、機体前面を覆う装甲板が取り付け可能。ユンボロ用銃器や、鋭利な金属棒を射出するニードルガンを装備する。

小型ユンボロ

全高2mほど。操縦席はむき出しだが、視野は広く、小回りがきくため、細やかな作業に適している。

ストライカー

クーゲルが搭乗するマシンキャリバー。チェインバーの上位機種で人類銀河同盟軍の指揮官級将兵が使う。パイロット支援啓発インターフェイスシステムを搭載し、搭乗者の行動に必要な情報を収集・提供する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:オケアノス / 原案:村田和也+虚淵 玄(ニトロプラス) / 監督:村田和也 / シリーズ構成・脚本:虚淵 玄(ニトロプラス) / キャラクター原案:鳴子ハナハル / メカニックデザイン:石渡マコト(ニトロプラス) / 音楽:岩代太郎 / アニメーションキャラクターデザイン:田代雅子 / 総作画監督:田代雅子+佐々木敦子 / ガルガンティアイメージ:岡田有章 / 設定考証・デザイン:小倉信也 / プロップデザイン:常木志伸+村山章子 / 美術監督:栫 ヒロツグ(ととにゃん) / 美術監修・美術設定:加藤 浩(ととにゃん) / 色彩設計:田中美穂(スタジオロード) / 3D監督:遠藤 誠(トライスラッシュ) / 3Dテクニカルディレクター:須藤 悠 / モニターワークス:吉祥寺トロン / 特殊効果:村上正博 / 撮影監督:田中宏侍 / 編集:浜宇津妙子 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽制作:ランティス / アニメーション制作:Production I.G /

キャスト
レド:石川界人 / エイミー:金元寿子 / サーヤ:茅野愛衣 / メルティ:阿澄佳奈 / ベローズ:伊藤 静 / リジット:大原さやか / ピニオン:小西克幸 / ベベル:寺崎裕香 / フェアロック:手塚秀彰 / ジョー:早志勇紀 / マイタ:徳井青空 / フランジ:津田英三 / クラウン:星野充昭 / ウォーム:保村 真 / クーゲル:小野友樹 / チェインバー:杉田智和 / ストライカー:藤村 歩 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}