動画が再生できない場合はこちら

幻影ヲ駆ケル太陽

64

0

0

3

5

7

これは、逃れられない運命を背負った少女たちが繰り
返す、永い永い闘いの物語です――

占い師だった亡き母に憧れ、タロットカードに夢中な日々をおくる太陽あかり。ある夜、就寝中のあかりを魔物が襲う。苦しみもがく中、タロットカードが宙に舞い、あかりは異空間に入り込む。覚醒したあかりが連れて来られたのは、セフィロ・フィオーレという戦士たちの訓練施設だった。隊長のエティアと副長のアリエル率いる部隊で特訓を受けることになったあかりは、新人部隊の仲間たち、せいら、ぎんか、るなのチームで活動を開始することに。激しい闘いの日々の中で、少女たちは戸惑いながらも自分の運命と向き合っていくが…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

この手の路線が好きな方はアリとは思うものの・・・

個人的には主人公達が組織の支部の一員という設定なのがなんとなく抵抗感があった事とダエモニアのデザインに凄味が足らなかったのが残念。
展開的にも物語の規模的にダエモニアとなった人達の苦悩とそれを知りながら成仏させる主人公という筋に絞って最後までやってくれていれば好みど真ん中の作品でした。

面白かったです。

まどか☆マギカ以降ダ-クファンタジ-系が流行なのかこの作品も可愛い絵柄で滅茶苦茶えぐい展開満載です。

ですが最後の最後で大団円に収まっています。
途中のえぐすぎる展開に絶望して途中で切ってしまった人は最後まで見る事をお勧めします。
ご都合主義と言われればそれまでなのですが僕はこの終わりで良かったと思います・・・厳密には終わると言うよりは、私たちの戦いはこれからだENDなのですが・・・ただ雪菜に関してはもう少し早くお互いがお互いの感情(不満や尊敬等)をぶつけていればまた違った展開になったのかな?と思うと切ない部分はありますがね・・・主人公も雪菜も根は凄く良い子だけで擦れ違いでああなってしまったのは本当に残念です。

かぶるってるように・・・・・・思う

時折グロさを見せるものの、おもしろいね~。
だけど、4人組の少女、極端にばらばらなキャラクター、『ビビッドレッドオペレーション』とかぶっているように感じてしまう。

絵が可愛いけど話はシリアス

オススメです。絵が気に入れば。
1話から3話までを家で録画していて、とても絵が可愛かったけど話はとってもシリアス、というところで続きが気になり見ました。お金を払ってでも見たいくらいに、キャラクターが気に入りました。
よくあるラブコメではないところが良いですね。あと、タロットカードを話の核としているところは、ありがちと思われるかもしれませんが、それでも話の進行は毎回期待を裏切るというか、あきさせません。

全話視聴して

とっても良かったです。

OPは、iTunesストアで探して購入しました。EDも綺麗で良い歌でした。

ある人の、たったひと言、たったひとつの文章で救われたり、その逆も。

言葉や文章は、耳や目から体内に入り、薬や毒を飲む如く心へその効果影響を与える。

人に闇の側面があるのは確かでしょう。

妬み怨み嫌らしさ等々、それに対抗するのはやっぱり正しい心で芯を貫くことだと思う。

昔の人は、よく「おてんとさまに顔向けできない生き方はするな。」って言いますよね。

太陽は、闇に落ちることもある人間にとって、正しい道を教えてくれる存在。

この作品、結構大事なことを伝えている。

人には弱さもある。

自分にも弱さあります。

自覚していれば、上を目指すこともできる。

人を許せる心の強さは大切と思う。

タロットって、しくみはおみくじやこっくりさん等と同じもの。

向こうの住人と交わすツール。

ネタバレあり

うーん

最後までなんだかよくわからなかった・・・

主人公たちのバックの組織がいろいろと圧力をかけてたけど
組織にそんなに力があるなら、はじめからお前らが動けばいいのに

ネタバレあり

慢性的尺不足?

絵柄と内容は他の方も言われているように、私も最初合ってないなと思いましたが、見慣れたらこれもありかなと。
毎回尺不足なのか、構成が下手なのか……ダエモニアになる理由とか過程がちょっと端折りすぎでないかなと感じます。ダエモニアになってから主人公たちと戦闘になるまでもちょっと端折ってるかな……
制作側もそれを認識しているのか、変身シーンとか出撃シーンとか毎回お約束で挿入されるべきバンクシーンがカットされているのですが、ちょっと寂しいです^^;
良い点全然書いてないですが、観ててつまらない訳ではなく、ハート4つのわりとお気に入りです。

絵とのギャップ

絵柄的にはお子ちゃま向けの感じがするが

内容は結構なシリアス志向・・・

この絵でグッときてるのは何かの間違いかと思ってしまう><

が、しかしストーリーは好みです^^

これでそれなりの絵だったらR指定になるのかな?

ま、今後も楽しみにしてます☆

今後の展開に期待

 絵柄にクセが有りすぎ、また表現がストレート過ぎる嫌いがあるのが少々気にはなるが、意外に硬質なストーリーはこれからの展開を期待させる。
 特に変身後の表情などは全員かなり魅力的で見栄えがするように思う。

なんつーか、

えげつないアニメ。
小さい子どもには見せられないね☆
世界観としては結構恐ろしいかも、と思った。
だれしもが持っている人間の負の感情が化け物を引き寄せる…ってどこかで聞いたことあるけど、
設定としてはなかなか面白いと思った。
化け物もろとも死んでしまうのが救いがない。
主人公はこの世界に一石を投じることができるか…?

因みに、生徒の数は22ですよ…ね?
大アルカナの枚数分…。

ネタバレあり

アニメはこのくらいの方が良いなあ

「魔法少女リリカルなのは」第一期を支えた新房、草川両氏。

その後それぞれがそれぞれの道を行き、辿り着いた
「少女が残酷な運命に立ち向かう物語」として結実させたのが
まどか☆マギカであり、本作であるように思う。

正直まどかの独特すぎる世界観に胸焼け起こしがちだった私には
本作のレトロ感漂う作風は心地よい。
物語的にはまだまだこれからといったところであるが
つかみはOK、といったところだろうか。
おそらく斬新さよりある程度のノスタルジーを好む
アニメファンにはたまらない作品ではないだろうか。

何よりハイビジョン放送のこの時代に
あかつきごもく氏のキャラクターが動いているのを見られるとは
夢にも思いませんでした。

きっと、演出です。

主人公の成長に合わせて、初めは地味な演出でもエンディングはハリウッドのように派手な演出で盛り上げるに違いない。

それはそれとして、2話目までで新旧様々なアニメを思い出した・・。

突然バトルに巻き込まれたり、親から継承しているのは王道で良しとして、

異能集団に組み込まれたり、謎の装置で異世界?へ送られたり・・・。(どちらも好きなアニメですが)

新しい世界を見せてくれるのか、色々思い出させてくれるのか、ぽぷ・・いや、あかりちゃんの活躍にご期待です。

品はなくともキレがある

まどマギに比べると「間」やタメの使い方が雑で、且つ独特の哲学のようなものが欠けているように思えるけれども、エログロ娯楽作品としてはよりとっつきやすい印象。
頭にパックマンだかカニのハサミだかみたいな物体をつけたヒロイン、のっけから息せき切る声も触手胸チラも艶めかしく、拙者正直興奮しました。あと妊婦さんも(ry

おっさんに婆さんオカマと人物像の描き分けが明確なのがとても好印象。
CGワークスもキレがあってカッコイイ。
一方で敵出現時の演出にいまいち迫力が欠けているのが残念です。
惨殺されたあかりちゃん、一体どう処理されたのか?
謎の行方が気になります。
次回以降に期待!

ネタバレあり

地元だぁ

福砂屋のカステラ食ってた

ファンタジーアニメ!!!

おとぎ話のようなファンタジーアニメ。

ネタバレあり
キャラクター

太陽あかり

太陽のように明るく元気。困っている人を放っておけない。占い師だった亡き母に憧れ、タロットに夢中。タロットカード「太陽」。

星河せいら

冷静沈着。強くなりたいという気持ちが人一倍強い。筋トレとササミサラダが大好物。タロットカード「星」。

月詠るな

大財閥「月詠財閥」のお嬢様。ちょっぴり天然。心優しく控えめだが、内気過ぎる面も。タロットカード「月」。

白金ぎんか

お金にうるさい関西人。ディスカウントチェーン「サンチョ・パンサ」社長の娘。タロットカード「節制」。

エティア・ヴィスコンティ

セフィロ・フィオーレ永瀧支部の隊長。穏やかな物腰の中に、影を秘めている。タロットカード「世界」。

アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット

セフィロ・フィオーレ永瀧支部の副長。厳格で容赦ない態度をとる。タロットカード「審判」。

プリシラ・トワイライト

新人隊員たちの先輩。陽気でサバサバした姉御肌。タロットカード「愚者」。

メルティナ・メルヴィス

新人隊員たちの先輩。大人の余裕を感じさせる知性派。タロットカード「魔術師」。

天道いつき

人造人間(ホムンクルス)。機械でダエモニアを探知したり情報分析を行う。タロットカード「運命の輪」。

天道むつみ

人造人間(ホムンクルス)。機械でダエモニアを探知したり情報分析を行う。タロットカード「運命の輪」。

天道ななせ

人造人間(ホムンクルス)。機械でダエモニアを探知したり情報分析を行う。タロットカード「運命の輪」。

ラプラス

人語を解するカラス。セフィオ・フィオーレ永瀧支部を監視する謎の存在。

シュレディンガー

人語を解するネコ。セフィオ・フィオーレ永瀧支部を監視する謎の存在。

心崎冬菜

あかりの従姉妹。読書好きの優等生。

太陽ひなた

タロット占い師だったあかりの母。既に他界。

永瀧の母

永瀧の占い師たち。

リムロ

永瀧の占い師たち。

華夢

永瀧の占い師たち。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:草川啓造 / 原作:sole;viola / 原案:赤城晴康 田中秀典 / 構成・脚本:伊藤美智子 / キャラクター原案:あかつきごもく / キャラクターデザイン・総作画監督:友岡新平 / クリーチャーデザイン:小田裕康 / 助監督:小坂春女 / 美術監督:木下了香+小濱俊裕 / 美術設定:青木 薫 / 色彩設計:松山愛子 / コンポジットディレクター:今泉秀樹 / 編集:櫻井 崇 / 音楽:加藤達也 / 音響監督:岩浪美和 / アニメーション制作:AIC / 製作:Progetto 幻影太陽 /

キャスト
太陽あかり:門脇舞以 / 星河せいら:喜多村英梨 / 月詠るな:徳井青空 / 白金ぎんか:巽 悠衣子 / エティア・ヴィスコンティ:遠藤 綾 / アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット:井上喜久子 / プリシラ・トワイライト:青木瑠璃子 / メルティナ・メルヴィス:東山奈央 / 天道いつき:種﨑敦美 / 天道むつみ:種﨑敦美 / 天道ななせ:種﨑敦美 / ラプラス:堀井茶渡 / シュレディンガー:井澤詩織 / 心崎冬菜:佐倉綾音 / 太陽ひなた:久川 綾 / 永瀧の母:内野真生 / リムロ:高橋未奈美 / 華夢:近藤浩徳 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}