動画が再生できない場合はこちら

<物語>シリーズセカンドシーズン

126

0

1

1

4

21

青春を、すべて見るまで終われない。

西尾維新の大人気シリーズのうち、「セカンドシーズン」にあたる『猫物語(白)』、『傾物語』、『花物語』、『囮物語』、『鬼物語』、『恋物語』の六作品をアニメ化。蜂の怪異が去り、不死鳥の怪異は難を逃れた夏休みが終わり――。新学期をむかえた阿良々木暦と少女たちのまわりには、ふたたび怪異、あるいは、それ以上の脅威が忍び寄っていた。羽川翼、八九寺真宵、神原駿河、千石撫子、忍野忍、そして戦場ヶ原ひたぎ。彼女たちの独白と告白――。そして別れ。新たな六つの 物語 が、いま始まる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(27件)

貝木物語

そりゃあ少女や幼女や童女がかわいいのは言うまでもないが
沖縄まで行きアフロTシャツを着てトイレで必死に自問自答する貝木さん
すいません、かわいいです
撫子を説得する時、ひたぎに終わりの電話をするときの声
貝木さんあんた最高だよ

しのぶかわいい

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの物語が見られただけで大満足
泣けました・・・
幸せになってくれ、忍
ところで春休みの出会い(戦い?)の物語も見たいんですけど

次は

ニセコイ終わったら、次は花物語だそうです。
今から楽しみですねw

貝木さんイカしてる(ネタバレ!?)

今回のシリーズは、当たり外れがある感じでしたが、最後の「恋物語」は秀逸でした。

ただの不吉な詐欺師と思っていた貝木が、意外にも男気を見せたところに痺れました。

ただ最後の貝木がどうなったか、その後が心配です。

とにかく生きててほしいです。

今回☆ひとつ少ないのはイマイチなエピソードがあったことと、「恋物語」にしても毎回絵柄が安定していなかったことです。

それでもこのシリーズは大好きなので、これからも追いかけたいと思っています(^ー^)

ネタバレあり

おいおい・・・貝木・・・

貝木・・・いや貝木さん・・・詐欺師なのにかっこよすぎるよアンタ・・・

面白いです

原作小説「物語シリーズ」の「恋の物語」までをアニメ化したものです。怪異モノを逸脱して、タイムパラドックスを題材にしたSFパロディや世界の均衡をテーマにしたり、最後は1960年代懐古主義の探偵モノをパロディにしています。いずれも1980年代に隆盛を誇った、ハイティーンから大人向けのジャンルです。物語不在の昨今の作品に対するアンチテーゼの様に感じました。しかし、これら小説ジャンルは舞台設定を理解させるための記述が多く、社会人を前提に小道具を多用しますから、少年が読むには排他的なところがあります。物語シリーズでは、舞台を共通化して導入を排除し、多数のジャンルの物語やプロットを楽しみとして加えています。また子供が置かれた環境と心情を大事にし、大人から伝えるべき苦い真実と、その考え方を教えます。シニカルに見えてワクワクさせ、不真面目を装い想いは真面目である、恋物語の主人公の様なジュビナイルです。

ネタバレあり

恋物語の・・・

主題歌、木枯らしセンティメントわろた

詐欺師の独白

セカンドシーズンは、エンディングの「引き」が、「うまい」作品が多いのですが、
貝木の独白をあえてパターン化し、繰り返しで盛り上げ、最後に予想外の「落ち」をつけた
第21話のエンディングは特に秀逸です。
先の展開が楽しみです。

撫子メドゥーサの続きは・・・・

撫子メドゥーサの続きは、この鬼物語ではなくて恋物語です。
恋物語は、早くアニメ化が見てみたい! 感動の物語ですよ。
そして、鬼物語、暗闇の件の続きは、原作的には、暦エンドを経て、終物語のおうぎダークあたりで決着するのかと思いますが、まだ原作が出版されていませんからね。よくわかりません。

時系列が複雑なので、原作読んでいても混乱しますがアニメはかなり原作に忠実です。
絵のクオリティも素晴らしいですしね。
なので、今後も楽しみです。

鬼物語は、キスショットの400年前を動画で見られるかとちょっと期待しましたが、絵巻になっちゃってましたね。語るという部分ですから雰囲気は出ていましたので、制作の意図は十分わかりますが、アニメですからね。動画ももう少し混ぜて欲しかったのでハートひとつ減点で。でも原作同様感動でした。

千石 かわゆす(●´ー`●)

各々の物語としてのラスト…
って感じの流れですかね。

今の所は八九寺真宵ちゃんラストが泣けちゃったかな|ω・`)

なでこ…
その心情を察するには、どーやら俺の精神年齢では幼すぎるようだ。
どーなるのかなぁ

ネタバレあり

キスショット時代

今回はキスショット時代の話で終わります。時間軸的には、翼タイガーの前の話なので、撫子メドゥーサの続きは、次回のひたぎエンドまで待ちましょう。

ネタバレあり

消化不良

メデューサ版が中途半端な結末で総集編になり、別のストーリーになったわけを教えてくだ再

ネタバレあり

化物語の後日談?

化物語で忍野メメに救って貰った登場人物達の後日談のように思えます
それぞれの登場人物の自立とか卒業みたいな感じかな?

さて、阿良々木君と彼のハーレムのは忍野メメ無しで、
新たな怪異にどのように立ち向かうのでしょうか?
そして阿良々木君は?

話が冗長でテンポが悪いですが、冗長な部分を見直すと
言葉遊びの中に新しい発見があったりして、
なかなか面白かったりします

アニメ見てから原作読むと、より面白いと思いますd(⌒ー⌒)!

ネタバレあり

嫌な流れ

 化物語は、脳内補間できる作品で好きでした。
でも今回は、その脳内補間をズタズタに切裂かれ
悲しいです。何処に落としどころを求めているの?

方向性が・・・

だんだんストーリー重視からキャラ重視に変わってきましたね。OP、EDは好きですが、内容はキャラで遊んでいる感じがします。良くも悪くもアニメ好きな人向けですね。

良い感じぽ

まずは面白い。総集編をしっかり見てしまうアニメもめずらしいですねw
個人的には原作からカットされた部分が多いのが気になりましたが、今のところ満足できる仕上がりです。
土管のギロ会話が見れなかったのは残念ですw

ネタバレあり

撫子可愛いよ撫子のターン

第一期もそうだったけど撫子のターンで一気に面白くなる!さすが塵も積もれば大和撫子さんだぜ。今年一番の放映が待ち遠しいアニメですよねぇ。

今回ハ幼女率ガ高ヒ

 意識的にやっているのだろうが「まよいキョンシー」では作画イメージがこれまでと多少変えられており、少々違和感を覚える箇所がないでもない。
 また話数の関係だろうか、忍ちゃんとの(楽しい)会話が原作より大分端折られているのは少々残念な気がする。
 次回、登場するであろうオーバー二十歳の八九寺のビジュアルに期待。
 

ネタバレあり

つるペタ羽川サイコー

阿良々木君の紳士ぶりが更に磨きがかかっている。
つばさタイガーも悪くはないが、やはりこのシリーズは阿良々木君が主人公のほうが面白い。

ネタバレあり

総集編を見てしまうと…

ファイアーシスターズが好きな私としては
やや不満… いぁ 大いに不満。
ただでさえ出番が少ないのに、最初をバッサリとカットされてしまうと…

そして僕は、猫物語(黒)をカートに入れる。

ネタバレあり

文庫だしちくり

原作本の値段なんとかしちくり。
高すぎんねん・・・

キャラが変わるという魅力

紋切型の「成長物語」は古今東西いくらでもあるけど。。。

人は変わっていく、それを高精度に描いた本作は本当に凄いと思う。そんなものをきちんと表現した作品は、メディアを問わず、見た事がない。

ネタバレあり

面白いけど

やっぱり、あららぎ君が活躍したり、ディスられたりする方が好きだな~

いい♥

このシリーズは1回何も考えずにみてあとからじっくり見るようにしてます

特有の魅力満載

シリーズ特有の世界観・作画・表現法・言動にもすんなりと魅入ってしまいます。
登場していきなりしゃべりまくるガハラさんのマイペースぶりが「お久しぶり・待ってました」という感じで心地いいです。リアルな目元のアップや、しなやかな肢体もこの作品ではもうお馴染みですね。
今回も楽しみです(⌒-⌒)

やっと本編きたかな?

スピンオフと短編を経たら本編に戻るのがお約束

おもしろいですよ

このシリーズは原作から好きです。
おもしろいですよ。

キャラクター

阿良々木 暦

春休みに起こったある出来事の結果、不死身に近い体となってしまった高校生。大学受験を控えて猛勉強中。1学期の事件をきっかけに、戦場ヶ原ひたぎと交際中。

戦場ヶ原ひたぎ

蟹に行き遭った少女。端正な容姿とは裏腹に、自他共に認める毒舌家で攻撃的な人格だったが、クラスメイトの阿良々木暦との出会いを契機に更生しつつある。

八九寺真宵

蝸牛に迷った少女。ツインテールがトレードマークの愛らしい小学5年生だが、実は11年前に交通事故で亡くなった少女の幽霊。口が達者で、暦の最高の話し相手だ。

神原駿河

猿に願った少女。暦達の1学年下で、スポーツ万能の元バスケ部エース。ひたぎに強い恋心を抱いていたが、今は阿良々木暦との仲を応援している。暦のことを尊敬していると言うわりに、言動は無礼。

千石撫子

蛇に巻きつかれた少女。暦の妹・月火の幼馴染で、小学生の頃から暦に想いを寄せている。極度の恥ずかしがり屋のため、前髪でいつも顔を隠しているが、「暦おにいちゃん」の前では大胆な行動を見せることも。

羽川 翼

猫に魅せられた少女。暦とひたぎのクラスの委員長。博識で、面倒見がよく、真面目。暦のみならず、阿良々木姉妹からも尊敬されている。複雑な生い立ちだが、影を一切見せずに清く正しく生きている。

忍野 忍

吸血鬼のなれの果て。元キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。暦の影の中に潜み、時折、金髪幼女の姿で現れる。春休みの死闘を経て、現在は暦と和解。パートナーとしてともに生きている。

阿良々木火憐

蜂を贈られた少女。暦の大きいほうの妹で、ファイヤーシスターズの実戦担当。武道の有段者で、喧嘩をすれば暦よりも強い。その力でこの町の平和を担うと自負する、自称「正義の味方」。

阿良々木月火

不死鳥を宿す少女。暦の小さい方の妹。ファイヤーシスターズの参謀担当。一見大人しく見えるが、腹黒い面もあり、気まぐれで怒りっぽい。茶道部所属で和服が好き。髪が伸びるのが異常に早い。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:西尾維新 / 発行:講談社 / キャラクター原案:VOFAN / 総監督:新房昭之 / 監督:板村智幸 / シリーズ構成:東冨耶子+新房昭之 / キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫 / 総作画監督:杉山延寛+岩崎たいすけ / 美術監督:飯島寿治 / 色彩設計:滝沢いづみ / ビジュアルエフェクト:酒井 基 / 撮影監督:会津孝幸 / 編集:松原理恵 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:神前 暁 / アニメーション制作:シャフト /

キャスト
阿良々木 暦:神谷浩史 / 戦場ヶ原ひたぎ:斎藤千和 / 八九寺真宵:加藤英美里 / 神原駿河:沢城みゆき / 千石撫子:花澤香菜 / 羽川 翼:堀江由衣 / 忍野 忍:坂本真綾 / 阿良々木火憐:喜多村英梨 / 阿良々木月火:井口裕香 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}