動画が再生できない場合はこちら

ダンガンロンパ The Animation

220

1

6

11

16

22

【コロシアイ学園生活、ハジマル。】

卒業するだけで人生の成功が約束されるという、「私立 希望ヶ峰学園」。“超高校級”と呼ばれる、突出した才能を持つ生徒たちだけが集められるエリート高校への入学を抽選によって許された苗木誠。学園の門に足を踏み入れた途端に身体を走る衝撃。そして次に目を覚ました時、彼は14人の仲間たちと封鎖された校舎に閉じ込められていることを知る。戸惑う苗木たちに学園長を名乗る「モノクマ」は、「これからみなさんには一生、ここで暮らしていただきます。学園から卒業したければ、仲間を殺さなければなりません」と告げて…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(56件)

まさかまさかの連続

展開が熱い!まさかのまさかの展開。
ゲームだともっと余韻とか細かいセリフが満載なのでこのアニメを見て気になった人はぜひゲームをやってほしい。

アニメだけでは楽しめないのかも

評価する点はたくさんありますが、
この作品の核となる謎解きとエンディングに難ありと思いました。
ゲームやってないのでわかりませんが、
論破っていうほどの議論をしてないと思います。
他の人はすぐ周りに流されるし、クロはすぐ白状するし。
境界線上のホライゾンの正純の論破の方が面白かったかな。正直。

尺の問題という話も出ていますので、
ゲームはもっと内容の濃い展開があるんだろうなぁと思いました。

にしても最後の学級裁判、あれで良いのかい?
あれだけ説得して皆納得したにもかかわらず
結局絶望が勝ったら面白かったのに。
次につながらないのかな。

みゆきちのお芝居が素敵でした。

ネタバレあり

面白い

とりあえず声優が豪華すぎる。
ここまで有名人揃いのアニメは少ない気がします。

キャラが

みんな個性的で良いです。
声優も豪華ですね。

ゲームのダイジェスト版?

ゲームは未プレイで、購入だけして積んでいる状態なので
アニメが初めてなので楽しめた。
多分、時間の都合上、ゲームで表現されている内容を端折っといるところもあるんだろうなと
感じなから視聴した。 
最後のオチは予想もつかなかったので良かったと思う。
ドラえもんの声でのモノクマもキャラが異なる位置づけなのでそれも面白い。

犯人探しのシーンはゲームぽかった。 時間の都合上あっさり終わったけど・・
全年齢対象を意識しているのか、血液の色が蛍光ピンクだった。
最初は違和感アリアリだったけど、途中で慣れた。
ゲームは面倒だけど、ストーリーは知りたいって人は、これで十分楽しめると思う。

勢い良好

原作のゲームを知らず、アニメで初めて接する自分からすると、まずまず面白かった。
確かに尺は短いけれど、このエキセントリックなノリでダーッと観るにはちょうどいいのかも…2クールあったらあったでダレそうな気もします。
キャラデザや色彩感覚、好きな声優さん多数出演など、個人的には嬉しい要素も多々あり、見放題で視聴できておトク感たっぷりでした。

よくもわるくもゲーム

ゲーム未プレイですが、キャラ(モノクマ)のインパクトがあったので視聴してみました。
まさか大山のぶ代さんが出てるとは…驚きです!

シナリオはゲーム原作(?)をアニメ調にした感じで、演出もそのままゲームをプレイしているような構成になっています。
内容としてはバトル・ロワイアルと逆転裁判を合わせたようなイメージがあり、正直二番煎じ感が否めません。

ゲームとしてはそこそこおもしろいのかもしれませんが、アニメで一本筋のストーリーとしてみるなら、伏線や話の設定にかなり矛盾や無理矢理感があるかと思います。
タイトルの「ダンガンロンパ」=「弾丸(言弾)論破」という割には論破の根拠やディベートの内容が薄すぎて、殺人の動機も含め説得力がほとんどありません。

ゲームをプレイするもしくはゲームをプレイするのが面倒な人が、ざっくりストーリーを追ってみたいという人向けのアニメなのかな?

ネタバレあり

胸糞注意(でも豪華)

設定自体はよくあるような感じですが、
謎解きは面白いと思います。
あと声優さんが豪華。
どらえもん、シンジ、アスラン、ゾロ。。。
聞いたことのある声の人がたくさんいます。
サスペンス好きなら視聴ありかなー

この物語はフィクションです。

まあ、無茶苦茶な設定の中、犯罪を強制されるという
設定はいただけないかもしれない。

まあ、ある程度の年齢以上の、ゲーム(空想)の中でだけ、
許される事。
ゲームとしてはいいけれど、実際に共同生活してるとか、外がどうなってるとか、
現実味が伴うと、正直、楽しめないかなあ。
キャラは面白いし、推理ゲームも楽しいけど。

今回は、有料会員の見放題期間だったので視聴しましたが、そうじゃなかったら、
観なかった、かも。
好きな声優さん(特に大山のぶよ氏!!)がたっぷり楽しめたので、
そういう向きの方はどうぞ、という感じ。


ネタバレあり

最終話でガッカリ・・・

 せっかくずっと楽しんで観てきたのに、最終話の「死は絶望でしかなく、生こそが希望 だが絶望的な生は死と同じ 意志を持ってこそ意味のある生」というオチが陳腐で薄っぺらく感じられ残念。第二期に期待してみようか・・・?

ネタバレあり

出落ちかなぁ

話に落ちをつけるのは必要で、大風呂敷を一生懸命たたんだ感じかな~。魅力的なキャラが結構序盤に死んでしまっている気がして、逆に死ぬのは後半にするのもありだったかなと思う。

OVAに近い感じ

駆け足になってしまい探索と捜査の部分が大分端折られてますね。
アニメからの人はちょっと腑に落ちない点もあるかもしれませんが原作組みとしては満足しています。
欲を言えばオープニングとエンディングがインストの曲でカッコよくキメてくれたら評価も変わっていたかもしれません。

ネタバレあり

微妙です

これもゲーム原作だそうです。
残虐系の脱出ストーリーと言う
ジャンルなんでしょうか?

確かに面白いのですが、
冒頭から状況設定に対して肯定
できません。

例えていうならば、
人の頬を引っ叩いた後、
優しく濡れハンカチで癒す感じ。

最近増えた、
嫌な世界を設定し、
普通に戻して、
カタルシスを得るパターンです。

しかし、これは行き過ぎ。
学生や子供が見たら可愛そう。

閉鎖空間に男女を拉致し、彼ら
を暴力によって支配し、仲間
同士で殺しあうように脅します。

念が効いてるのは、学級裁判で
この男女に、犯人探しをさせ、
犯人を非常に残酷な方法で、
処刑するというアイデア。

まともな道徳観と倫理観をお持
ちの方には辛いでしょう。

非常に微妙なコメントが多かった。
納得しました。

自分としては、好きな人には勧め
たくないかな。

こう言うのが好きなの?

と思われたら嫌かも。

ネタバレあり

1話目を見ると最後まで見たくなる

1話目を見ると、最後どうなるのか気になって全話見たくなるます。
映像も凝ってて楽しめるし、色んな性格のキャラクターがいるのもいいですね。
2期があるなら見たいかも。

2期もありそうな。。。

ゲームは未プレイです。その為か、各事件の犯人の動機などが弱い点がちょっと残念な気がします。
いくら閉じ込められていても動機が簡単すぎるというか・・・。
黒幕にしても、動機や人物背景がきちんと描かれていたら、もっと良い作品に感じたと思います。
キャラの個性やそれを演じる声優さんの演技力はとてもよかったと思います。

ネタバレあり

おもしろいくま?

面白いような気がしますが変な話です。矛盾だらけですのできっちりした設定が好きな方は避けた方がいいでしょう。

可愛いキャラがいっぱい!

原作もオススメ!ちーちゃん可愛い(*´▽`*)

苗木かっこいい〜(//∇//)

論破する時とかほんとにかっこいいです!
『それは違うよ!』とかマジヤバい!/

キャストが素敵!

もとのゲームを知らずに、大山のぶ代さんが出演と聞いて見始めました。
突飛な展開でわくわくしながら見てました。なにしろ、私の好きなキャストさんがたくさん出ていて、楽しみな作品でした!
終わってしまってもったいない(>_<)

序盤は良いよね

序盤はと言うか
盛上りに長けたとは思う
声優さんもえ!?と意表をつく
人もいたし

ただ後半らへんから話が見えなくなったり
すんごい謎があると思いきや
それだけかよみたいな

最終回もあ そんな感じなのねと
他に疑問を感じる点を残したままおわる感じかな
盛上りどが個人的には良かったため
後半に期待しすぎたかも

面白かったは面白かったです笑っ(*´∀`)

2ndはタラオ!?

結局記憶がどうなったのか、外の世界がどうなってたかわからんけど、次作があることを期待して星4つ。

ネタバレあり

おもしろかった!!!

実はアニメ観る前からネタばれで誰がクロか知っていましたが、内容までは知らなかったので毎回ほんと楽しませてもらいました。
最後の苗木くんの希望のコトダマには感動しました♪
それにしても盾子様の最後のおしおきが笑顔で怖かったですねwww

ネタバレあり

痛快!

スピーディーな展開
見ていて、痛快でした。

超高校級の・・・・って何?

ゲームのことは知りませんが十分楽しめましたよ。
毎回、大山のぶ代さんの縁起を楽しみにしていたけど、最終話の黒幕の縁起も素晴らしかった。

続編待機!

かなり足早な作品だったので「ここが欲しかった!」っていうとことか
端折られてしまってるのは残念ではありましたが、
原作好きな人にお馴染みなイベントシーンをなるべく
テイスト壊さずにいてくれて個人的には非常によかったです!

ラストのモノミちゃん登場でロンパ2アニメ俄然期待します!
そのときはもうちょっと期間延ばして2クールはやってほしいな~。
キャラクターが魅力的(いい意味でも悪い意味でもw)なのでかなり難しいかもだけど…

なんだか劇場版もやりそうな感じだけど出来れば全ての原点になるZEROも映像化して完全燃焼して欲しい。

ネタバレあり

「絶望」改め「M」ってコト?

 「超高校級のM女」が死んで鉄板ラスト?

 さすがに、全員死んでモノクマの高笑いで終わるのは、(倫)が許さないか・・・。

ネタバレあり

尺が…

尺が短いとは思うけど、ゲームでは聞けない台詞が聞けるのはたまらない\(^o^)/

これ書いてるのは12話見終わった後だけど、次の話であるであろう江ノ島循子の七変化声色使い分けがフルで聞けるのが楽しみ♪♪

私はゲームからでしたが、私的にはゲームからでもアニメからでもどちらからでも楽しめると思います(^-^)

1はスマホでもプレイできる(一部無料な)ので、ゲーム機器を持っていない方も是非プレイしてみてほしいです(^-^)(^-^)

ネタバレあり

ふっきれた?

学級裁判がメインの前半数話はゲームの忠実再現を意識しすぎて「はしょった」感が出てましたが、終盤の黒幕の思惑が絡んできてから良改変・良編集されていると思います。11話はゲームでは学級裁判のやり取りが膨大なのですが、1人に説明させることでスッキリ分かりやすくなってました。(余談:「洗ってない犬のにおい」は入れてほしかったw)

ネタバレあり

オマエらおはようございます!

ゲーム未プレイですけど、楽しく観てます。
たぶんゲームプレイ済みの人から観たら「はしょってる!」って感じなんでしょうけど、意味が分からないというほどのこともなく、豪華声優陣の名演には皆さん同様大満足です。
ラストどうなっていくのか、ワクワクして観てます。
モノクマかわいいいぃぃぃぃ!

バランスが難しい

ゲーム原作のインパクトが強すぎて、プレイ済みの人からの評価が芳しくない。
ゲームと同じすぎると悪く言う人がいますが、離れさせたら別物だと悪く言われるでしょう。
あれだけアクの強いゲームから、表現を引き離したら中身がカラッポになっちゃいます。
話の展開が詰め込みすぎているのは、1クールという無茶な構成だから、コレは監督ではなくプロデューサーが悪い。
初見置いてけぼり、といわれてますが、推理モノで初見が付いて来れたら推理要素ないじゃないですかヤダー。
2週目を見て、ああなるほど、と思えればそれでいいんです。

話は面白いです。
絵もたまーに怪しいときがありますが、全体的には悪くないし、声優さんたちの演技や台詞回しもいい感じです。
難点はやはり尺の都合・・・コレばかりはどうにかしろと。

もし、スーパーダンガンロンパ2をアニメにするのであれば、2クールは最低でも確保して欲しいですね。

ゲームやろう。

元々ゲーム好きなので気になってた作品でアニメを見始めて
これはきっと見ないで先にゲームやったほうが楽しいと思ってゲーム速攻で買いました
当然といえばそうなんですが結果を知らないところのほうが断然楽しかったです
ゲーム少しでもやる気がある方はゲームやってからアニメを推奨…!
台詞やなんやも細かいところが違いますし
学級裁判はアクション要素もあったり、ただ選択するだけじゃないので
アニメ見てからでも楽しめると思います
推理間違えても評価が下がるだけでやりなおせますし
進めなくなるわけではないので苦手でも大丈夫、ゲームやろう。
勢いでロンパ2までクリアしてきたので今から存分にアニメ楽しませていただきます

だんだん面白くなってきた

最初はわかりづらくてとまどいましたが、回を重ねるごとにおもしろくなってきました。

多分ゲームの証拠集めや犯人探しの謎解きの面白さというのはばっさりカットされてるんだろうなとは思ってましたが、アニメとしての面白さはそこに求めるべきではないんでしょう。

今はみんなが集められたわけや、最後に残る人物は誰かとか、クロになった理由やおしおきはその人に合わせてるみたいなので、あの人だったらどんなおしおきになるのかな、などなど・・・展開がすごく気になって仕方ないです。

一番あやしいのは超高校級の幸運児に見えるんだけどなぁ。いっつも論破してるし。

最終回まで待てない~って感じです。

独特の画面構成も慣れてくるとはまります。

ネタバレあり

やはり1クールじゃ...

ゲームをクリアしてるので、再現具合やキャラクターが動いてくれるだけでものすごくニヤニヤできます。

しかし、初見さんは置いてけぼりなのは否めないですね...

せめてもう1クールあれば評価はまた変わってきたかも知れないですね....

もったいない

ゲーム未プレイ者は置いてけぼりになり,ゲームプレイ済みのファンはなんのひねりもないゲームからアニメへの「移し替え」にがっかり.どちらにせよ観る気をなくしてしまうでしょう.

原作ゲームは本当に面白いですし,もっと上手くアニメ化することもできたんじゃないかと思えてなりません.

豪華声優陣と大山のぶ代さんのインパクトだけに物を言わせたような作品になってしまって、残念です.



デザインだけは◎

言うまでもありませんが、声優さん達の名演は評価に入れていません。

ストーリーは初見にはさっぱりで、画面の面白さを見せるだけの紙芝居になっています。
迫力はありますが、ストーリーが頭に入ってこない構成になっています。
次々変わる画面の迫力にガツンガツンと押されて最初は面白いかもしれないと勘違いをするかもしれません。

逆にあんなに人気のあるゲームをどうやったらここまで面白くなく出来るのか、実際に検証したく原作を手に取りたくなりました。そういう意味では成功しているかもしれません。

初見おいてけぼり

他の方も書いている通り、ゲームをクリア前提で初見に人は置いてけぼり、すなわち「境界線上のホライゾン」と同じ問題を抱えています。こちらの方は話に救いようがない分更にタチが悪い。

石田さんごめんなさい

十神君…どうしてもアスランに変換してしまう…

オレタチハナカマナンカジャナイトイッテイル!!!

ゲームプレイ済み前提?

初見時は新作の紙芝居アニメかと思いました。
多少、覚悟が必要かと思います。あまり期待してみない方が…。

・ゲームプレイ済みを前提にしているとしたら、
あまりにもゲームと同じ画面を使い回している印象で面白くない…。
なんかちょっと豪華になった(?)PSP版みたいな程度。

・ゲームを未プレイの人を前提にしているなら、探偵パートの超高速証拠集めとか、
裁判パートの弾丸的な謎演出がよく分からないと思う。
# アニメ演出上、正解(論破)セリフしか画面に出ないわけだし
証拠に至っては「なぜそれを見つけられたか」が明確になっておらず、
ちょっと雑すぎます。

毎回人は減るけど豪華な声優陣で詰め込んでる感があるだけに
なんというか、もったいない。

ネタバレあり

ウッププププ

モノクマの声が幼少のころより刷り込まれた
何かを呼び起こし、見ずにはいられなくなっていますw

毎回モノクマの登場待ちです。。。

ネタバレあり

声優石田って‥アスランだ

面白いな

大山のぶ代さんの声はやっぱり素敵ですね。

ときおり見せるエキセントリックな技法やモノクマの存在など、一つ一つの要素は決して悪くないと思えるのですが、

話の展開が安易すぎるせいかどうにも個人的にはのめり込めません。

倫理的な部分での配慮というのは重々承知しているつもりですが、「コロシアイ」を謳うならばピンク(紫?)はどうかと…本当に死んでるんだろうか?と疑わしくなってしまいます。

もし最終的に生きてたとしてもそれはそれで今までの件は何だったんだよ!とかなりそうですし。

原作未プレイですが、とにかくゲーム買わせたいが為の販促アニメなのかな?

とそんな事を思ってしまいました。

ネタバレあり

正直…

なんか、完全にゲームの延長って感じ。
アニメにするならもっとアニメらしくして欲しかった。
原作のゲームはやったことないんですけどね。
ゲーム的な表現が多すぎる。

猟奇系はゲームにかぎる

1週目は酷かったけど2週目は新しい選択肢が増えてグロ回避できるかもしれない」
「誰かと一緒に過ごすと違った展開になって最悪の事態を回避できるかもしれない」
みたいな想像力を働かせながらプレイする猟奇系ゲームや狂気系ゲームはかなり好きです
 
漫画化やノベライズならばそういう面白さを残したまま仕上がってる作品もあるんだけど、映像となると難しいみたいですね

ネタバレあり

こんな内容だったんですね

元ゲームが人気なのは知っていたけど殺人ゲームの話だったんですね。
タイトルから逆裁のパクリだと思ってました。

基本サバイバーに子供向けエッセンスとしてキャラクターその他にわかりやすい強めの設定を加えた
ってだけなら正直つらいかな。これから話が変わっていくのを期待です。

しかし、青タヌキ声にはやられました。ホントまんまなので出てくるたびにニヤけます。
とりあえず話が盛り上がるまではこれだけで楽しめそう。

面白くなってきた

設定が良いですね

原作

おっと原作と一緒で舞園さんしんでるのねー

ってことは生き残りはあのひとたちなのかな

ネタバレあり

???

犯人間違えたら処刑?犯人も?

犯人が他人に罪をなすりつけれないってこと?投票棄権とかあるのか?

少し説明不足。

モノクマCVのインパクトが星4

第1話冒頭、ライアーゲームみたいな雰囲気だ。原作ゲームは知らないが、ガンツや鈍色のバタフライ(知る人ぞ知る)など色々な要素がまじってそうだ。

ただの脱出デスゲームなら見なくていいやと思ったが、モノクマのCVにやられた。まさかのドラ◯もん!こんどは腹に一物のクマ型ロボットかよ。もう腹ん中夢いっぱいの青タヌキにはもどれないってことか…

モノクマが気になるし一応今後に期待。(制作サイドの思うツボ?)

ネタバレあり

大山のぶ代大暴れ

声だけでも再生する価値あり。ドラえもんとシンジ君とカヲル君の競演を観られるとは!

原作ゲームに忠実

原作ゲームにストーリーも作画も忠実で、原作ファンにはたまらないアニメ。ただし、原作ゲームのネット上へのアップが第一章までっていう規制があるので、アニメがどこまで放映されるのかが疑問のため、-1☆。アニメオリジナル展開に期待。

ネタバレあり

大山のぶ代の本気

モノクマが旧ドラ◯もんの声の人とは恐れ入った。
こんな演技も出来るんだなー。ドラ◯もんの声のままで。
期待値高いがまだ一話なので判断はしづらい

ネタバレあり

もともとは、ゲームソフトが原作っぽい。

最初に見ていても、キャラクター紹介といい、キャラクターの個性といい、ゲームっぽいアニメって感じですね。

ネタバレあり

EDが歌い手なところ以外はかなりいいアニメ

原作に忠実、声優も豪華、ストーリーも面白いんですが・・・
やはり歌い手さんの起用は理解しかねます。EDの曲もまるで別のアニメのEDのようで何を歌っているのかわからないかんじです。

嬉しいんだけど…(T^T)

ど○えもんが悪魔になってしまった~(T^T) でもこれもありなので★5個です
大山さん独特の声が聞けて良かったです

引退したわけではなかったんだ。良かった

ノ○ヨ オ○ヤ○さんの声が、アニメキャラから聞けて嬉しかった。
某国民アニメキャラで
ネ○ミが出てきた時の声から思っていたが
猟奇的な感じが大変良く生かされています。

ネタバレあり

期待感で、

ハート5コです。

キャラクター

苗木 誠

本作の主人公。学業も運動もそこそこ、趣味はゲームという、どこにでもいそうな何の変哲もない高校生。性格はやや引っ込み思案だが、他人と較べるとやや前向き。通常であれば、特筆すべき能力を持つ者が集る希望ヶ峰学園に入れるはずもないが、抽選の結果、見事に学園への進学を許される。そういう意味では超高校級の“幸運”の持ち主といえる。

舞園さやか

知らない人はいないと言われる5人組アイドルグループに所属し、メインボーカルを担当する超高校級の“アイドル”。誰に対しても優しく接する温和な性格と清楚な雰囲気で、人気も高い。苗木とは元同級生同士で、希望ヶ峰学園で再会。喜ぶ顔を見せるが、当時はクラスが違っていたにも関わらず、彼のことを覚えていたようだ。

桑田怜恩

高校野球全国大会の常連校出身で、在学中はエースの4番として活躍。努力することが嫌いだが、練習をまったくせずにチームを優勝に導くなど、生まれ持っての野球の才能の持ち主でもある。練習と同様に規則に縛られるのが嫌いで、長髪に顎鬚という球児にしては規格外の外見。軽薄な言動が目立つがどこか憎めない。

霧切響子

集められた15人の生徒たちのなかで、ただひとり超高校級の“才能”が明らかになっていないミステリアスな少女。クールな性格で、あまり他人と積極的に関わろうとしない。どこか得体の知れない雰囲気を醸し出しているが、事件の際には冷静に状況分析を行うなど、苗木の推理に重要な示唆を与えることもある。

十神白夜

巨大財閥である“十神財団”の後継者。幼い頃から帝王学を徹底的に叩き込まれてきた、超高校級の“御曹司”で、そのせいか非常にプライドが高く、また他人を見下したかのような言動が多い。学園内で起こる事件に対しても、どこかゲームを楽しんでいるかのような、超然とした態度を崩さない。

山田一二三

以前在籍していた学校の学園祭で、1万部の同人誌を売り切ったという、カリスマ同人作家。その外見からもわかる通りかなりのオタクで、三次元の女子にはまったく興味がないと言い切る。また妄想癖があり、現実逃避しがち。鉱物はスナック菓子の油芋とアニメ。

大和田紋土

関東一円を支配する巨大暴走族の頭(ヘッド)で、全国の不良から憧れの視線を集める、超高校級の“暴走族”。極悪非道を自認しているがじつは義理人情に厚く、「男の約束」という言葉に弱いことからもわかるように面倒見もいい親分肌の生活。「考えるより行動!」がモットー。

腐川冬子

高校生ながら、恋愛小説のジャンルでベストセラーを次々と手がける人気若手女流小説家。だが本人の性格は根暗で、口を開けばネガティブな発言を連発。また、人付き合いが極端に苦手のようだ。純文学以外はまったく認めておらず、特にオタク的なものに対してはきっぱりと拒絶する。

セレスティア・ルーデンベルク

ゴシックロリータをこよなく愛す可愛らしい外見とは裏腹に、聞いた物を震え上がらせるほどの毒舌の持ち主。相手を欺く能力に関しては突出した才能を持つウソの天才で、その能力は得意のギャンブルで遺憾なく発揮される。特に対人能力が必要とされる麻雀やポーカーなどでは連戦連勝、彼女を相手にして全財産を失ったギャンブラーも少なくない。

朝日奈葵

小麦色の肌も魅力の、スポーツ少女。運動ならばなんにでも興味を持ち、いくつもの運動部を掛け持ちしている。中でも得意種目は水泳で、数々の高校記録を塗り替えるほどの実力の持ち主。元気いっぱいで騒々しいほどだが、ある意味希望ヶ峰学園のムードメーカーでもある。

石丸清多夏

有名進学校で風紀委員を務め、その性格は品行方正。まさに四角四面を絵に描いたような人物で、どれだけ緊迫した場面でも法律や規則を守ろうとするところがある。また高校時代は成績優秀で知られていたが、それも日々の涙ぐましいまでの努力のおかげ。自身のそうした経験ゆえに、努力を拒む者に対しては、厳しい態度を取るところがある。

大神さくら

武道家である父影響を受け、子供の頃からあらゆる武道に通じてきた彼女は、まさに地上最強の女子といって過言ではない。盛り上がった筋肉美といかつい表情、寡黙な性格から、彼女が周囲に与える威圧感は、かなりのもの。ただ、同じ体育会系の朝比奈葵とは親友同士の関係でもある。

葉隠康比呂

頭の中に突如、インスピレーションが降りてくる“直観占い”が得意。しかもその的中率がきっかり30%というあたりが、かえって凄さを感じさせる。飄々として、いつもマイペースな性格。自分勝手な行動ばかりしているが、実は誰よりも臆病者。3年留年しており、

江ノ島盾子

若者たちの間で「バイブル」とも言われている人気ファッション誌で、読者モデルを務めるカリスマ系女子。オシャレに関しては、独自のこだわりを持っているようだ。また喜怒哀楽がはっきりしており、裏表のない実直な性格。人懐っこい性格で、男性を翻弄するエロカワ系。

不二咲千尋

小学生と見間違うほど小柄で、その愛らしい外見はどこかウサギを連想させる、小動物系女子。のんびりとした性格の持ち主だが、気弱なところがあり、言動はいつもオドオド。また、プログラマーとしての腕前は、まさに“超高校級”で、彼女の自作プログラムにはある秘密が隠されているというのだが……?

モノクマ

希望ヶ峰学園の学園長を自称する、クマの形の動くぬいぐるみ。かわいらしい雰囲気の白い半身と邪悪な表情をした黒い半身からできている。どれだけ悲しい場面であっても、悪趣味な冗談を連発するなど、その性格は極悪。生徒たちに殺し合いを強要した挙句、自らが作り出したこの極限状態を、心から楽しんでいる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:スパイク・チュンソフト / 監督:岸 誠二 / シナリオ監修:小高和剛(スパイク・チュンソフト) / シリーズ構成・脚本:上江洲 誠 / キャラクター原案:小松崎類(スパイク・チュンソフト) / キャラクターデザイン:森田和明 / モノクマデザイン:アミサキリョウコ / アニメーション制作:ラルケ / 製作:希望ヶ峰学園映像部 /

キャスト
苗木 誠:緒方恵美 / 舞園さやか:大本眞基子 / 桑田怜恩:櫻井孝宏 / 霧切響子:日笠陽子 / 十神白夜:石田 彰 / 山田一二三:山口勝平 / 大和田紋土:中井和哉 / 腐川冬子:沢城みゆき / セレスティア・ルーデンベルク:椎名へきる / 朝日奈葵:斎藤千和 / 石丸清多夏:鳥海浩輔 / 大神さくら:くじら / 葉隠康比呂:松風雅也 / 江ノ島盾子:豊口めぐみ / 不二咲千尋:宮田幸季 / モノクマ:大山のぶ代 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}