動画が再生できない場合はこちら

地球少女アルジュナ Director's Edition

79

1

1

6

2

10

耳をすませば、あなたにも聞こえてくるはず。本当の声が。

『超時空要塞マクロス』『創聖のアクエリオン』の河森正治監督作。主人公は普通の女子高生だった有吉樹奈。ある日交通事故で瀕死の重傷を負った彼女は、生と死の狭間で「死にかけた地球」の未来を視てしまう。大地の悲鳴を感じ震える彼女の前に現れた謎の美少年クリス。そして「地球の未来を開くならば、いま一度、命をさずけよう」と。そして、謎の存在・羅亜邪(ラージャ)と戦う運命を担わされる樹奈。彼女の行く手に広がるものは……? テレビ未放映の第9話を追加して構成する全13話バージョンで配信!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(20件)

心になぜか強く残る作品

主題歌がなぜか妙に頭にリフレインされる作品
初見からすでに十数年経っているのかと感慨深いが、
テーマが心に深く突き刺さっているように思えます。


異色で意欲的でストイック、あらゆる意味でとがりまくったアニメ。

とても面白い映像作品であったと思います。これは当時だから描けたのでしょうか。少なくとも昨今の業界ではとても作ること&世に放つことは不可能だったでしょう。どちらかというと壮大な実験作品です。

個人的には楽しめましたが、正直アニメとしては面白い話ではありません。坂本真綾さんの歌と菅野よう子さんの音楽が魅力の8割を演出してくれます。なので、この組み合わせに魅力を感じる人ならば観といて損は無いです。あとクリエイティブな映像作品が好きで、昨今の教科書通りの売れ筋アニメを観飽きた方にもおすすめです。

これは厳密に言うとエンタメとしてのアニメではありません。クリエイターの表現したいことが容赦なく殺傷武器を持ってこちらをぶちのめしにかかってくるタイプのバリバリの実験作品ですので、どうかお気を確かに、精神を毒されすぎない冷静な視聴をお願いします。
エッジが効いてとがりまくった作品に飢えてる方は是非ご覧下さい。

よくあることではあるが

主人公に無茶振りする割りにろくにヒントもやらずにだめだしばっかしすぎだろこのアニメの登場人物。
知恵と文明を持つ生き物自体割と不自然なんで人間であるなら自然を食いつぶして自滅するなんてはなから覚悟してるだろ。

スッキリしない

絵も音楽もいいけど、ストーリーが好みではありませんでした。
全体を通して伝えたいことはなんとなく伝わりはしますが
(同意するかは別)
主人公(視聴者?)に「わかってない」「ダメだ」的なことばかり繰り返すクリスを
自分は最後まで理解できないし受け入れることができませんでした。

ネタバレあり

エコロジストのプロパガンダ的作品

とは観ていて思いましたが、アニメとしてクオリティも高いですし、CGを使って新しいことをしようというのが伝わってきたり見ていて考えさせられるような内容で私個人としては面白かったです。

ですが、内容的には哲学的・思想的表現が多く(特に後半)エンタメとしてみるとやや期待外れな感じはあります。

また他の人も書いていますように、内容が自然環境保護の方面に極度に偏っていますしある程度自分の考えを持って観ないと思想誘導されてしまうんじゃないかと思います。

と大げさなことを書きましたが、環境問題についてこれ程意欲的に描いた作品はないような気がしますので一度視聴してみてもいいかもしれません。

こころにしみ込む超大作です。生き方に悩んでいる人必見

こんなにすばらしい作品を久しぶりに見る事が出来ました。これが14年前の作品とは思えない完璧な作品です。この時代に必要なメッセージが全て凝縮されています。自分の身体にしみ込むのには少々時間がいると思いますが、生き方を考えさせられる作品です。再視聴します。

こんな作品があったとは・・!

いろんな感想があっていいと思う。こころに響くかどうかも観たひとそれぞれだし、主旨も正しいとか間違っているとか、そういうものではないから。ただ僕は、この作品を知ることができてとても嬉しかったし、見て良かったと心底思いました。

残念なアニメ

うわさに違わぬ電波アニメですね。
世の問題に対して警鐘を鳴らしたいという気持ちはとてもよく伝わりましたが、あまりにも極端すぎる。

科学技術は時として摂理/倫理に反することを起こしてしまいますが、それに対抗して本当の摂理/倫理を見つけだし、あるべき方向を示すのもまた科学技術。しかしこの話はそういう両者を区別することなく(意図的に混同して?)、一方的に断罪しています。

もはや思考を捨てた原理主義でしかなく、原作/監督者は、私から見ると劇中で語られる「楽だから」側の人々と同族です。せっかく美しいアニメーションでの表現技術を以てこういうテーマに臨むのですから、本当の摂理の存在に観た人を誘うような世界を構築してほしかったです。

サテライトの創った ナウシカ

今、見るべきアニメだと思いました
そして少しだけでも自分の生活を見直し
自分が出来ることを考えられたら良いなと思いました

昔懐かしいCG

CGとアニメーションの融合を模索している雰囲気を感じます。
内容に関しては、なんらかの宗教の影響でもあるのでしょうか。
どこかで軌道修正するのかが知りたくて最後まで見ましたが、
そのままラストまで振りきれていました。
たやすく煽動されない自分を再発見する一助になりました。

謎の感動

いろいろ思うことはありますが
絵もキャラクターも音楽も良いし
最近のアニメには無い雰囲気がでています

2012年 今だからこそ

放送当時 まだわからなかったっことが、
今だからこそ 地震があって 原発があって 放射能があって 電力問題があって 水質汚染があって 土壌汚染があって 新聞もテレビも政府も曖昧なことばかり並べて 何も信じられなくなって 
今だからこそ 自分で考えて 生きろ

ネタバレあり

良い作品でした

今観るのと、放送当時観るのでは感想が分かれるのではないでしょうか。

ハイクオリティ電波アニメ

美術よし音楽良し、なのに脚本の説教臭さとオカルトが全部食ってるアニメ。
河森監督ってSFで食ってる方だと思ったけど、そうじゃなかったのかなぁ
異色作かつ、ハイクオリティなので脚本に耐えられるなら見て損はない。

このアニメにハマって疑似科学に引っかかる方が出ませんように…

泣きました。

音楽と映像が綺麗。
ストーリーもいろいろと考えさせられます。
今まで見た中でも上位5位には入ります。
本当に素晴らしい作品です。

極端で電波な内容。でも一見の価値アリ

環境問題・原発・人の在り方・心の在り方 それらを極端な切り口で問題提起した作品。
それを荒唐無稽なファンタジーを織り交ぜて展開するので特に後半はポカーンと言った印象を受けるかも。

現代社会に対する警鐘という側面は悪くないと思いますし
極論を持ってくることで逆に見てる側は反論なり共感なりを明確に感じることが出来るかもしれません。
特に今年は大震災・原発事故があったせいで身につまされる場面も所々にあります。
よくもまあ地上波でこの内容を流せたものだと良くも悪くも感心しました。

後半の異次元ぷりが凄い

全話見終わって
人の文化を否定する事が自然を大切にする事とイコールであるのか?
こんな方法でしか警鐘を鳴らせないのか?
もちろん、乱開発や行き過ぎた生態系への関与を肯定するつもりはありませんが
見終わったあとに「そうじゃないだろ」という感想を抱きました。

現代で見るべきアニメ

見所にも書いてありますが、現代社会への問題提起が多いです。
震災が起きて今ではよりリアルに感じられる「原発」、「薬の話」「食育」「勉強する意味」「被災地への対応」そのあたりが胸に来ました。キャラクターの台詞も深かく、関心してしまうところもちょくちょくありました。
驚いたのはTPPでも起こりうる自由貿易の危険性にもそっと触れていたところでしょうか。このレビューを書く時点では正式決定してはいませんが、決定してしまっても安易に値段で食べ物を選ばないようにしなきゃと心に決めたのでした・・・。

と、堅苦しく書いたもののアニメですから説教臭くはありませんw
とりあえず5話くらいまで見てみて合うかどうかでしょうか。

作中の音楽がとてもすばらしく(菅野よう子さんですから!)映像とマッチしているのも見所(聞き所?)だと思います。

ネタバレあり

サムネイルに騙されたけど良い話も

これはバトルアニメでも萌アニメでもないです。たぶん欝アニメです。 

各話にそれぞれ何かしらのテーマがあるタイプのアニメなので、話によってとかシーンによって好き嫌いが分かれるんじゃないかなと思います。
全体としてはアニメと映像作品を行ったり来たりしているような印象かなと感じました。

個人的にはショートフィルムとか15分アニメとして見たかったと思う作品です。

驚きの展開

久しぶりに心の底から面白いと思えるアニメだった。
制作スタッフの皆さまに感謝です☆

見どころ

河森正治監督が現代社会を生きる人々に問題提起した異色作。高校生の樹奈はバイク事故で臨死状態になった時、クリス少年の意識体から使命を授かって生還。変身してラージャと呼ばれる怪物と戦うが……と、ここまではスーパーヒロインものに見える。だが実はラージャを殺してはいけないと判明したあたりから独特の展開が始まる。樹奈のはらうべき汚れとは、自然の摂理に反し便利一辺倒で進歩した現代文明から発生する諸問題のこと。原子力、ファストフード、遺伝子組み換え、学級崩壊などが、樹奈の視点を通じて観客に突きつけられる。制作のサテライトが得意とするCGを多用した美麗なアクション画面で、ユニークなドラマが描かれていく。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

有吉樹奈

大島時夫

クリス・ホーケン

シンディ・クライン

テレサ・ウォン

鬼塚

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・シリーズ構成・監督:河森正治 / シリーズ構成:大野木 寛 / キャラクターデザイン:岸田隆宏 / デザインサポート:佐山善則 / デジタルコーディネート:竹内康晃 / 3Dモーション監修:板野一郎 / 美術監督:太田 大+野村正信 / 色彩設計:笠森美代子 / 美術設定:平澤晃弘 / 音楽:菅野よう子 / 音響監督:三間雅文 / 副監督:佐藤英一 / アニメーション制作:サテライト /

キャスト
有吉樹奈:東山麻美 / 大島時夫:関 智一 / クリス・ホーケン:上田祐司 / シンディ・クライン:新谷真弓 / テレサ・ウォン:沢海陽子 / 鬼塚:玄田哲章 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}