動画が再生できない場合はこちら

Angel Beats!

102

0

0

1

1

19

舞台は死後の世界
運命に立ち向かう少年少女たちの物語

なんらかの理由で最後を遂げた少年・音無は、死後の世界の学校で、ゆりと名乗る少女と出会う。彼女は神に反逆する「死んだ世界戦線」のリーダーで、天使と日夜激戦を繰り広げていた。そして、立ちはだかるは神の使い・天使。それは、可憐な一人の少女だった。生前の記憶が無く、この死後の世界で何が起きているのかも分からず戸惑う音無。彼は、ゆりたちとともに戦う道を選ぶことにしたのだが…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(21件)

泣き過ぎて涙腺痛かった

ラスト感動すぎてヤバい

ありがとう

ほんとに感動しました。

“笑い” のち “感動”

とても感動しました。この作品に出会えて良かったと思います。自分には主人公に共感できる部分が多く、とても癒やされました。
作品の舞台は「死後の世界」。しかし描かれるのは「人の生き様」です。
ピアノの音は憂いや哀しみを想起させます。ピアノが印象的な主題歌は作品の世界観をよく表しているように思います。劇中歌にも感動しました。音楽的にすばらしいだけでなく、楽曲の世界観が作品世界と見事にシンクロしています…と思ったら、原作脚本執筆者本人の作詞作曲でした! なんて多才!
シリアス要素だけでなく、爆笑ギャグ(しばしばパロディ)も満載です。自分には第7話の川釣りが最高でした。
冒頭に記したように共感したのは主人公の音無君ですが、最も魅力を感じたのはゆりっぺでした。彼女のようなリーダーと仕事をしてみたいものです(振り回されて大変かも…)。
…人によるとは思いますが、「自分には」最高と思える作品でした。

なにも文句ないです

是非見てくださいの一言。最後もやばいし、その間も色々楽しいと思います。

ラストヤバすぎ。なにげに感動モノです

途中まではナンジャコレ?ってかんじだけどラストで泣かされた、感動モノです。
最後まで見ましょう!

秀作です!

当時はじめの2~3話くらいで、「いつものベタな深夜アニメか」と、
少々胃もたれ気味でしたが、
習慣で見ていたら、ああ、これに行くための布石か!と
最終話でマジ泣きしたのを思い出しました。
この作品は秀作です!お勧めします!!

傑作のひとつ

このアニメが見れてよかった。最高だ!

PC版発売

この作品は、アニメが先で後にゲームが作られた作品です。
間違えている人もいるので、念のため。
アニメの方は賛否両論ありました。
それを踏まえて作られたPC版。
登場人物全員の過去エピソードの追加、さらにIF展開が可能。
テキスト量が、もの凄いので、何度かに分けて売られるようです。
ちなみに、全年齢です。
まあ、テレビ版が3くらいなら、ゲーム版は5ですw

rebels against the god

これだけ 笑い有り泪有り で
しかも ずっと物語の雰囲気を維持し続ける作品は
なかなか無い様に思います。

放送当時、賛否が分かれたとのことですが、
その理由が私には理解出来ませんでした。

また自死に就いてのコメントも有りますが、
ヒロインが否定する話しをしていただけで、
実際の処は不明のままになっていたと思います。

登場人物達は
色々な前世を生きて来ただけでなく
色々な最期を経験し
そして
色々な来世を生きて行くのでしょう。

最終話、最後の最後、
あの「報われる日」の所も、
実は別人だったりして、、、

流石に、それは無いか、、、

それにしても
神谷浩史さん石田彰さん
雰囲気あるなあ、、、

ネタバレあり

おれは好きです

何年かたって、また最終回が見たくなる感じの。

確かに天使かも。ゲーム原作ゆえに少し荒削りだけど

ゲーム原作なので唐突なストーリーや登場人物の背景が語られますが,中盤以降は安定した展開になります.
天使というのは,確かにこんな感じかもと思いつつ最後まで見ることができました.
劇伴が良かったので,物語の合間にも退屈することはありませんでした.

私にとっては傑作です。

話の展開のテンポが良く、音楽、効果音がいい感じです。
何処で賛否両論別れるのか分かりませんが、私は見て損しない傑作だとおもいます。
ちなみにどうでも良いことですが、部屋に掛かっている書の文字はよく見ると笑えます。

これが、世界の本質?

 自分北米DVDを持っているので見ることはないですが、

配信はうれしいです。でもOVAも公開してください。

内容はしょうもない本編に関係のない話ですが…。

 前置きはここまでとして。


世界に意味を求めているのはあなた自身で、共感してくれる

人を見つけられたら、貴方は世界を、自分を受け入れられる。

 最後に、涙と共に・もやもや・感があります。

自分を受け入れてくれた人が、「貴方は私の中で終わらないで…」と

背中を押して放り出します。安寧の中で生きることは、生きている

事には成らないのでしょうか?(共に進む道が用意されているならありですが)

 停滞していない世界が、用意されているのは当然と考えこの作品を

お勧めします。なぜなら、刻まれ続けるのが世界なのだから。

ネタバレあり

すごく良かった。

生きていた時に幸せだと思えず、心に傷を負い報われずに死んでしまった後、心残りを、例え泡沫の夢幻の様であってもそこに確かに在ると、そしてそこで想いを、心残りをどんな形でも報われて欲しいと想ってくれる人が居てくれる人達が居てくれるそんな素晴らしい噺だった。報われず終わった人生でも、人は生きて来た軌跡を無駄じゃないと言ってくれる人がいるだけで心がかるくなる救われる、報われるんだと思う。

ネタバレあり

天使ちゃんマジ天使

いいアニメ!!!!

面白かった

良く出来ていて楽しめる作品でした。灰羽同盟のプロットに似ています。
これにハルヒぽさなどを混ぜつつ、報われなかった、少年少女達への救いでカタルシスに導く。
ラストは黄昏乙女の名シーンの様でした。

他作品と似た雰囲気や設定、キャラ、ネタが秀逸であり、抵抗しようもなく面白いです。
しかし、違和感を感じる人もいるでしょうし、賛否が分かれるところでもあります。

個人的には、魅力的なキャラにショッキングな過去を作り、背負わせて深みを与える
ような手法は好きではないです。

ストーリーテーラーは練りこんだ発想でエンターテイメントを作るべきであって、
創作キャラの人生をマイナスに掘り込んで戻すのは、(古くからありますが)禁じ手では
ないでしょうか・・・。最近は辛い過去を癒す話が増えましたね。

本作は後半で別作品かと思うくらいテーマが変わります。
そこも楽しんで見てください。有料の価値は充分。

ネタバレあり

いっきに観たっす^^

面白かったよ
久々にいっきに観れたしね^^

伝説の・・・

伝説の「天使ちゃんマジ天使」アニメ・・いや本当に
賛否が分かれるアニメですがそれでも自分は大好きです。OP・EDは秀逸。
ゆ~っくり課金しながら観ようかな(●^o^●)

それでもハート5

ラストでkeyっぽい演出をやるための一連の流れだけは「余計なことしやがってー!」としか言いようが無い
だがしかしソレを差し引いてもハート5は揺るがない

ネタバレあり

待ってました

放送時途中からしか視れず バンダイチャンネルならやってくれると思っていました

放送時意見は賛否分かれていましたが 俺は好きな作品で 亡くした友達の事も思い出させてくれて 最後は涙が出てきました
是非皆さんも観てください

神です

これのオーディオコメンタリーが凄まじい、一度見てほしいですね

キャラクター

音無

生前の記憶を失ってしまった少年。自分はなぜ死んでしまったのか、死後の世界とはなんなのか、そして自分も戦線に参加すべきなのか…。突然の環境の変化が、彼に選択を強いる。

ゆり

死後の世界で「死んだ世界戦線(SSS)」を率いる少女。口より先に手が出るタイプだが、嫌われることはない人好きのする女の子。本名はゆりだが、戦線のメンバーたちは親しみを込めて「ゆりっぺ」と呼んでいる。

天使

死後の世界の学校で生徒会長を務める少女の姿をした天使。成仏しようとしない「死んだ世界戦線」のメンバーたちと戦いを繰り広げている。表情の変化に乏しく、なにを考えているのか分かりづらいところがある。

ユイ

歌で周囲の注意を惹きつける陽動部隊「Girls Dead Monster(以下ガルデモ)」のアシスタントで、自身も大ファン。憧れるあまり自分も音楽の道を志し、ギター片手にストリートライブで活動中。

日向

明るく、ひょうひょうとした性格で、戦線のムードメーカー的存在。新参者の音無にも好意的で、戦線のことや死後の世界のことをいろいろと教えてくれる、親友とも呼べる存在だ。

高松

誰に対してもていねいな物腰で話す、戦線の参謀役。戦闘に出ることなく、ゆりの傍らで状況の確認や報告をすることが多い。そんな彼にも、見た目にはわからない、ある秘密があるらしいが?

野田

長柄の武器・ハルバードを軽々と扱う作戦実行班の一人。直情的で、ゆり以外の指示にはいっさい従わない。音無にはなにかと突っかかってくるが、大抵は空回りに終わってしまう。

椎名

首には長い襟巻きをし、両手には小太刀がきらめく、くの一のような女の子。寡黙で、無駄なことは口にしない性格だが、実はかわいいものに弱いという、女の子らしい弱点を持っているとか。

遊佐

オペレーションの決行中、変化する戦況を逐一ゆりに報告するオペレーターを務める女の子。通信士らしく冷静なのはいいけど、それだけに淡々とツッコミをされると耳に痛い!?

藤巻

長ドスや木刀を好んで扱う、ガラの悪い少年。音無たちと同年代ではあるが、「やさぐれたあんちゃん」という表現がしっくりくる。組は組でも、学校ではない、別の“組”に所属していそうな感じだ。

TK

ストリートファッションに身を包んだ、本名不明、素性不明、素顔まで不明という謎だらけのメンバー。日本語でしゃべれるくせに、怪しげな英語のひと言で会話を済ませてしまうあたりも謎すぎる。

松下

“松下五段”の名で親しまれる、柔道の達人。熊を思わせる外見と、どっしりとした風格を持つが、これでも音無たちと同年代である。人外の力を持つ天使にも、柔道で立ち向かう…のだろうか。

大山

ルックス、性格、身体能力など、なにもかもが平凡な少年。これといった特技もなく、オペレーション時には言われなくてもわかるような状況を口にして説明するだけの空気と化す。ある意味おいしいメンバーだ。

チャー

戦線メンバーが使う武器の製造を一手に引き受ける「ギルド」と呼ばれる集団の古株。伸ばし放題のヒゲのせいもあってめちゃめちゃ老け顔だが、これでもゆりっぺたちと同年代。

岩沢

ボーカルとリズムギターを担当するガルデモのバンドリーダー。率先してまとめるタイプではないが、卓越したギターの音色と歌声は聞く者を惹きつけてやまない。また、演奏する曲の作曲や作詞は彼女の手によるもの。

ひさ子

岩沢とともにバンドをまとめる、ガルデモのサブリーダー的存在で、担当パートはリードギター。見た目どおりのサバサバした性格の女の子で、戦線の男メンバーたちと一緒に麻雀に興じることもあるほど。

入江

戦線きってのビビリキャラ。自分も死んでいるのに、幽霊が怖く、怪談話が大の苦手という矛盾を抱え持つ女の子。ガルデモでは、ドラムを担当。演奏時には肝がすわり、いっぱしのミュージシャンの表情を見せる。

関根

みんなの驚く顔を見るのが大好きな、イタズラ好きのトラブルメーカー。ガルデモでの演奏時に、突然アドリブで弾き始めたりと、やりたい放題の女の子。そのたびにひさ子に怒られるけど、こりる様子はまったくなし。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・脚本:麻枝 准 / 監督:岸 誠二 / キャラクター原案:Na-Ga / キャラクターデザイン・総作画監督:平田雄三 / 音響監督:飯田里樹 / アニメーション制作:ピーエーワークス / オープニングアーティスト:Lia / エンディングアーティスト:多田 葵 /

キャスト
音無:神谷浩史 / ゆり:櫻井浩美 / 天使:花澤香菜 / ユイ:喜多村英梨 / 日向:木村良平 / 高松:水島大宙 / 野田:高木 俊 / 椎名:斎藤楓子 / 遊佐:牧野由依 / 藤巻:増田裕生 / TK:Michael Rivas / 松下:徳本英一郎 / 大山:小林由美子 / チャー:東地宏樹 / 岩沢:沢城みゆき / ひさ子:松浦チエ / 入江:阿澄佳奈 / 関根:加藤英美里 / 直井:緒方恵美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}