動画が再生できない場合はこちら

BRIGADOON まりんとメラン

86

0

0

1

2

15

少女と紺碧の生体兵器が紡いだ決して断つことのできぬ絆

1969年夏、懐かしくも何処か風変わりな東京。13歳の浅葱まりんに、ある日突然、モノマキアと呼ばれる刺客が次々と襲いかかってきた。その理由もわからぬまま逃げ惑うまりんだったが、そんな彼女の前にメラン・ブルーと名乗る剣士(ナイト)が現れた。次々と襲いかかる不幸な運命に苦悩しつつ、それでも元気で前向きに生き続けようとするまりんと、生体兵器メランとの種の垣根を超えて固く結ばれた絆が、ファンタスティックな世界を背景にカラフルに描かれる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

ガガガ、ベターマンに負けない名作

とにかく辛いことだらけても最後まで前向きに歩んでいく主人公の姿に感動しました。  米たに監督作品らしい要素もたくさんでガオガイガー、ベターマンは知ってるけど…という人にはぜひぜひ見てもらいたいです。 

観てよかった

見放題にあったので、懐かしさから1話を視聴してそのまま土日で全部観てしまいました。
以前見たことがあるので、良い作品だとは分かっていましたが、やはり大変満足、良い週末を過ごせました。

好きな点は多々ありますが、特にOP、ED、BGMと楽曲全般が素晴らしいです

泣いた

非常に丁寧に作られたアニメだと思います。
設定や世界観がよく練られていて、伏線の回収も見事でした。
メランが徐々に人間の感情を手に入れていく心理描写も巧みで、
最後の最後にモノマキアから「人間」になれた感じがします。
ラストシーンは今までの苦しみや戦いのことを思えば涙が零れてしまいました。
是非もっと多くの方に観てもらいたいアニメだと思います。

ネタバレあり

素晴らしい傑作

ネットでたまたまこの作品を知り、GWからずっと観続けてきました。
素晴らしいです。
序盤はやや退屈な展開でしたが、話が進むに連れて目が離せず、気付けば一番の楽しみになっていました。
愛と絆。これに尽きます。
豊かだけれど他人との繋がりに乏しい現代だからこそ、こういう作品が必要なのかもしれません。
まりんとメラン、そしてすべての登場人物に幸あれ。

ひたすら純愛

とにかく最後までまりんがひどい目に会う
かなり鬱アニメなので覚悟しましょう
でも最後まで見る価値はあります。

まりん視点で、良作

 1969年なので、昭和感が人によっては合わないかも?
捨て子なのに明るく育った「まりん」の視点で観ると良作です。
裏事情を知らない「まりん」の行動と、メランの戦闘が良いです。
昭和のギャグ、私には懐かしい。

 マイナスは、突っ込みどころの多さと、設定がパラドックス寸前。

良作すぎる

まりんに降りかかるあれこれの不幸なことやつらいことが多すぎて結構みてて辛かったけどエッチなシーンがあったり笑えるシーンがあったり戦闘シーンはかっこよすぎたりまりんとメランの絆が深まっていく過程など
見所がおおくてすごい楽しめた
まりんとメランの純愛がたまらなくてラストシーンは号泣だった
辛いことがおおかったまりんとメランだからラストは二人一緒に心の底から笑顔で幸せになって欲しかったなあ…と涙を流してそう思いながら一話から見直すという無限ループに陥るほど面白かった大好きな作品

ネタバレあり

色褪せない名作

昭和のノリやたびたび挟まれる主人公の妄想にちょっと・・・となってしまうかもしれませんが、どうか序盤で切らずに最後まで見てほしい。
種族を越えて少しずつ丁寧に育まれてゆく少女と生体兵器の、まりんとメランの絆の行方を一人でも多くの人に見届けてほしい。
そう願わずにはいられない作品です。

個人的には22話の戦闘シーンが物凄く好き。

ネタバレあり

感動!

クチコミで紹介してあったとおりハンカチなくては見れない作品でした本当に良い作品です。

ジャンル注意

キャラクターデザインや作中序盤の雰囲気はほのぼのとしたものがありますが中盤からはシリアスで暗い雰囲気が続きます。不憫な主人公と人間の鬱々とした負の感情に見ているこちらもだんだんと落ち込んでいきますが、その分ラストシーンは感動ものです。厳しい環境の中、次第に関係を縮めていく少女とロボットの物語。興味があるかたはぜひみていただきたい。

素晴らしい作品です

とにかく一度見ていただきたい作品。どの部分も自分でみて感動して欲しいからネタバレは一切書きません。まりんとメラン二人の物語を最後まで見届けて欲しいです。私も今まで知らずにいましたが、この物語に出逢えて本当によかったと思っています。是非!!

まりんちゃんとの再会に感激!

まりんとメランは大好きなアニメです。
DVDも揃えています!
また見てみようと思いました。
ストーリーも面白かったし、
キャラクターも魅力的で可愛いです。
テレビで再放送をして欲しいです。

戦闘はかっこいい。まりんとメランの純愛もちゃんと最後まで描ききっている。面白い!

感動しました。確かに欝展開はありますが、ちゃんと和らげるようなギャグや和む話を入れて緩衝にしているし、それを抜きにしても話が面白い!戦闘場面がもの凄くかっこいい!そして人外×少女の恋愛もちゃんと最後まで描ききっていることが人外がでてくるこの手の作品ではすごく珍しくて、しかもものすごくいいと思いました!伏線の貼り方も素晴らしいです。前回の話とちゃんと繋がってるし、小道具や脇の人たちも、最初はやなやつでも、それなりに事情が有って、ほんとうに悪い人間はいないと思えるのもいい作品だなと。絆、友情、恋愛全てが素晴らしい描かれ方をしていて、話をどんどん見たくなる作品です。メインになるまりんとメランの心の変化、機械のようだったメランがまりんや周りの人間の影響で感情が出てくるその過程、そしてまりんとメランの互いに対する気持ちが愛に変わってゆくところも見逃せません。是非終わりまで見てください。

傑作

まぎれもなく傑作。
そしてラブストーリー。

優等生の系譜

これぞ優等生アニメといった印象の作品
NHK以外でもこんなん世に出せるんやなぁーという作品
WOWOW系作品らしく良い作品を供給しようという気概が伝わってくる

ただし優等生に徹しすぎたため大きく損をしている感も否めない

幼くも真実の愛

まりんとメランのひたむきな愛と絆に感動。

ラストは胸が張り裂けます。

ネタバレあり

ジャンルが…

「ハートフルほのぼの」になっているのだが・・・(笑)

愛と絆のジェットコースターアニメ

自分が知る限りでは最も面白いアニメです。
秀逸なストーリー、信念をぶつけ合うキャラクター達、怒涛の伏線消化など、どこをとっても非常に楽しめました。

コミカルなタイトルからは想像もつかないような展開の連続であり、「家族」とは何か、「友情」とは何か、「絆」とは何かを深く考えさせられます。

中盤辺りのストーリーの展開が非常に重く、画面を観続けるのが辛くなる部分がありますが、挫けずに最終話まで視聴することを強く推奨します。

純粋なアニメーション作品としても非常に高水準なので、未視聴の方は一度観てみることをお勧めします。

キャラクター

浅葱まりん

ポニーテールと眼鏡が似合う13歳の少女。赤ちゃんの頃、長屋の前に捨てられていたところを、長屋に住む元・モト夫婦に拾われた孤児。また、想像力が旺盛だが、それが高じて突拍子もない妄想をすることが多い。

メラン・ブルー

100年ほど前に密命を帯び、ブリガドーンで最も重要な生体ユニットであるマリーンのアンプルを持って地球にやってきた生体兵器モノマキア。ボディカラーはブルーで、右腕はソード、左腕は銃となっている銃剣士。

ロロ

まりんの周囲に神出鬼没に現れる、緑色の猫もどきの生物。当初は人をくった態度、もの言いでまりんを煙に巻きつつ、重要なヒントを与えたりと、その正体・思惑は不明。

如月 萌

まりんのクラスメートであり、唯一無二の親友。身体は丈夫な方ではなく、しゃべり声も控えめなお嬢さま。非力ながらもいつでもまりんの味方でいることを決めており、内面の強さを垣間見せることもしばしば。

亜呂 真

ブリガドーン接近で異変に見舞われた地球で、モノマキア出現時や等価崩壊発生などの現場に必ずといって良いほど姿を現す謎の少年。また物を食べることに強い執着を持っており、観察時には何かしらを頬張っている。

パイオン・シルヴァー

三銃剣士中、最強とされる生体兵器。ボディカラーはメタル・グレーで右腕のエクスカリバー、左腕のガトリング砲と思しき連射が可能な機銃と、武装もパワフル。卑怯な真似を嫌い、敵に対しても正々堂々と勝負する。

エリュン・ガーネット

三銃剣士中、唯一の女性型生体兵器。ボディカラーは赤で自由自在に動かすことが可能ないくつもの反射盤を利用し、自ら発するビーム砲を予想不能な位置から打ち込んだり、また敵からの攻撃を跳ね返したりもできる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案:矢立 肇+米たにヨシトモ / 監督:米たにヨシトモ / シリーズ構成:倉田英之 / キャラクター原案:水玉螢之丞 / キャラクターデザイン:木村貴宏 / アクションマスター:まさひろ山根 / 音楽:吉野裕司 /

キャスト
浅葱まりん:KAORI / マリーン:KAORI / メラン・ブルー:大塚芳忠 / ロロ:新谷真弓 / 如月 萌:齋藤彩夏 / 亜呂 真:緑川 光 / ルル:緑川 光 / パイオン・シルヴァー:高田祐司 / エリュン・ガーネット:荒木香恵 / クストン・ブラウン:神谷 明 / 藍庵秀太:田の中 勇 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}