動画が再生できない場合はこちら

AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜(HDクオリティ)

20

0

0

2

1

2

――ふたりなら、潰されない

佐藤一郎は「普通」の男子生徒として、高校デビューに成功したはずだった…。ある晩、忘れ物を取りに行った学校で不思議な女の子“青の魔女”と出会い、彼の教室での立場は大きく変わってしまう。魔女の正体は、一郎のクラスメート・佐藤良子だったのだ。彼女は本物の魔女なのか? それともただのコスプレ女子なのか? さらに良子に触発されて、クラスに潜伏していた妄想戦士(ドリームソルジャー)たちも次々と名乗りを上げ、一郎を巻き込んでいく…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2013田中ロミオ、小学館/AURA FILM PARTNERS

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

これってラブコメ?

すいません。原作全然知らない初見でした。
題名とか見てなんとなくすごい魔法映画を想像していたんですよね。
蓋を開けてみれば見事な厨二ラブコメでした。
映画ならではの激しいアクションや魔法はまったくない普通のラブコメですね。
内容は決して悪くないし、面白いとは思いましたが、これ映画って思うとちょっとガッカリかも
オリジナルビデオ(今はDVDかBDですが)アニメくらいで良かったかも?
ちょっと変則技のラブコメ好きな人にはいいかなと思いますが
(ただし感動ラブストーリーでもないと思うので、個人的には感動はしませんでした)
派手なアクション見たい人にはお勧めではありません。アクションカケラも無いですし。
辛口ですが、綺麗に纏まっていたと思います。

ネタバレあり

京アニのアレの不快バージョン

ですかねえ、内容は。
まあ、こちらのほうがリアルなのでしょうけど。
一応、ハッピーエンドですので、不快な部分を我慢できるかが、評価の分かれ目でしょう。
その部分以外は、いいと思います。

最後のわがまま

ロミオさんの作品らしい話だったと思います。
最後のステージの凄まじさは彼女の思う現実じゃない世界なんだと思います。
そこで戦うには主人公も現実世界の人間のままでは戦えないといった感じでしょうか

この話で感じたのは現実にある正に型にはまった世間が
型にはまろうとしない人間に行う差別へのアンチと(オタ=キモイとかですね)
現実を無視する型にはまらない人へのアンチだと思います(過度な厨2病とかですね)

前者は作中のいじめっ子や主人公の両親のような存在の事をさして
後者は現実を許容しようとしない学校の夢戦士達の事ですね
小鳩ちゃん達は元々ストイック(純粋?で主人公と似た位置に居る。

で、ラストで自分を信じて現実と戦えって答えに行き着いてます。
ヒロインは主人公に最後の我侭(厨2)を受け止めてもらえて納得できた
主人公は昔の自分に似たヒロインの我侭を両親と違い綺麗に受け止めることができたと

ネタバレあり

感じ方は個々の自由に

「自分設定」世間から見れば喜怒哀楽の激しいヒーロー・ヒロインの為、設定自体が複雑で壮大な傾向にあり、一部を除き大多数の人が理解することは困難。しかも新しい情報(外的刺激)を得られる度に、設定項目を追加&更新し続けるあの自由さは「創造的・独創的」といえば…聞こえはいいですね。

過去の一郎の自分設定により「家族にかなり心配される存在」となっている描写がキツいです…。良子に対する迫害が、かなり陰湿で醜く描かれていて若干気持ち悪くなります。もっともな意見で「自分設定」を一方的に激しく批難されまくるやりとり「リアルでの非力さ」は心が痛い…。それゆえに良子たちの気持ち・立場を理解できる一郎の優しさ・奮闘ぶりが光ります。

ネタバレあり

ちょっと不思議な物語

原作を知らないので、あまり多くを語れませんが、中2病みたいな妄想癖を持つ主人公が、同様な世界にいる子をフォローしていく物語ですね。でも、明らかに妄想ではできないでしょ、そんなことという現実の部分ありで、ちょっと不思議な作品ですね。

ネタバレあり
キャラクター

佐藤一郎

高校デビューになんとか成功した“普通の”男子生徒。ところが、夜の高校で佐藤良子と出会ったことで、彼のクラスでの立場が変わり始める。

佐藤良子

“異世界からやってきた”と自称する少女。ローブを着て、杖を手にした姿で登校してくるため、クラスの中で問題に。はたして彼女は、本物の“魔女”なのだろうか?

大島

女子のリーダー格で、華やかな容姿がひときわ目を引く美人。性格も外見に負けず劣らず、気が強く高飛車。

忌野

ハーフで金髪の美形女子。気ままでとらえどころのない性格をしており、いかにも今どきのギャルといった雰囲気。

子鳩

クラスの誰にでも分け隔てなく接する、ほんわかした癒やし系少女。かなり天然。

高橋

貴族グループの中心的な存在。オシャレなイケメンで、クラスの二軍男子たちにも明るく接する、非の打ちどころのない人物。

山本

微ワルな体育会系男子クールなファッションで微ワルな雰囲気を醸し出す、高橋の副官的な存在。

伊藤

女の子のような容姿の美少年だが、貴族グループの中ではおとなしめ。ゲームやマンガが好きな、ごく普通の高校生男子。

鈴木

<多元世界ゼウスヘウム>から転移してきた十二騎士の一人。オッドアイの持ち主だが、今は仮の姿なので、両方とも黒目全開。

樋野

吸血本能による喉の渇きを抑えられない、流浪の吸血鬼。授業中に奇声を上げて苦しみだすので、よく保健室へ運ばれている。

木下

賢者の証である“白ラン”を身にまとっている。彼の意識領域にある<アカシャ断章>には、歴史の断片が記されているとかいないとか。

安藤

地底国家からやってきた変身ヒーロー<闘装騎震イグナイト>。腕に装着した<ブレイスコア>は、市販グッズ?

織田

右目を眼帯で封印している<織田流第六天魔剣>の継承者。愛用の木刀<小烏丸>は、ギャル風のデコレートが施されている。

久米

一郎が通う高校の美術部OBで自作の指輪やネックレスなどを販売している、街のアクセサリー職人。

どりせん

一郎と良子のクラスの担任教師。見た目は若いが、なぜかほかの教師からも一目置かれている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:田中ロミオ / 発行:ガガガ文庫/小学館 / キャラクター原案:mebae / 監督:岸 誠二 / 構成:上江洲 誠 / 脚本:熊谷 純 / キャラクターデザイン:森田和明 / プロップデザイン:石本剛啓 / 色彩設計:合田沙織 / 美術設定:坂倉敦子 / 美術監督:脇 威志 / 美術会社:GREEN / 撮影監督:野澤圭輔+前田洋志 / 撮影:Studio BACU / 音楽:大島ミチル / 音響監督:飯田里樹 / 音響効果:奥田維城 / 音響制作:デルファイサウンド / 制作スタジオ:AIC ASTA / 配給:東京テアトル / 製作:『AURA〜魔竜院光牙最後の闘い〜』製作委員会 / 主題歌:CooRie「僕らのセカイ」 /

キャスト
佐藤一郎:島﨑信長 / 佐藤良子:花澤香菜 / 大島:井上麻里奈 / 忌野:明坂聡美 / 子鳩:金元寿子 / 高橋:木村良平 / 山本:安元洋貴 / 伊藤:小林由美子 / 鈴木:山口勝平 / 樋野:斎藤千和 / 木下:谷山紀章 / 安藤:松田健一郎 / 織田:小林ゆう / 一郎の姉:雪野五月 / 一郎の母:幸田夏穂 / 久米:森久保祥太郎 / どりせん:水島大宙 / 黒衣:置鮎龍太郎 / 白衣:稲田 徹 / ナレーション:中田譲治 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}