動画が再生できない場合はこちら

ガメラ 大怪獣空中決戦

45

0

0

0

0

9

超音速の大決闘。超遺伝子獣ギャオス来襲!!
戦え、守護神ガメラ 子供たちの未来のために。

遥かな時を超え、現代に蘇った超危険生物・ギャオスを追って、永い眠りから目覚めたガメラも日本上陸。全国民を震撼させた二大怪獣の熾烈な戦いは、九州・福岡から首都・東京、更には東京上陸へと舞台を移す。今、想像を絶する大空中バトルの幕が切って落とされた!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

怪獣映画の到達点☆

映画館も3回行った、LDも買った、DVDも買った、ブルーレイも持ってる。
だけどバンダイチャンネルでも観ちゃった(テへペロ)
怪獣映画の映画監督になりたかった僕がこれを観て、やるべきことは皆やられてしまったというか、それ以上のことを先にやられてしまった感で、夢が浄化されてもう映画監督の夢が無くなってしまったほど素晴らしい脚本・演出・特撮の三拍子揃った怪獣映画☆

怪獣映画の到達点……ある意味完結編!

何度でも観たくなる。

ガメラ三作品で一番好きです。ギャオスがとてもリアルだし、ガメラのプラズマ火球が強烈。そして手足を引っ込めてガス噴射し、垂直上昇から回転する所が大好き(^^)

圧倒的ディテール

 この映画が上映されたのは1995年、怪獣映画の花形ゴジラVSシリーズの最終作と同じ年です。比較してしまうと予算の都合上、特撮を使った画面の迫力という点でいえば見劣りするのは否めないのですが、この映画の真価はそこではありません。
 この作品の真価、それは人間ドラマにあります。「怪獣が実際に出現したとして、人間はどう動くのか」ということがひたすら丁寧に描写されます。自衛隊、政府、翻弄される主要人物――そこにはいい年して特撮だ、アニメだと言って目を輝かせる人間だったら一度は妄想する「リアリティある怪獣映画」が描かれます。大人の夢を詰めこんだ脚本にもう眼がハートです。
 ※特撮部分もあくまでゴジラと比較すると見劣りするという話ですので十分楽しめます。特にギャオスの害獣として演出される部分なんかはゴジラシリーズでは絶対許されない描写なので一見の価値あり。

こりゃすげえ

とんでもないものを見てしまった・・・。

ギャオスの「人間の天敵」としての生々しい描写と息を呑む演出。
それとガメラの勇姿、あの敵を捉えるギョロッとした眼光!痺れる。

最後の一撃には感服いたしました。

いやあ、とんでもないものを見てしまった・・・。(2回目)

新世代怪獣映画

ある意味マンネリ化していた怪獣映画に一石を投じる作品。
人間と怪獣の距離感が絶妙。伝奇ミステリー的なストーリーのバックボーンも魅力的

爆風スランプ最高

最後に流れる爆風スランプの主題化が最高です。
他の荒唐無稽な特殊部隊・兵器と異なり、現実的(かつ弱い)自衛隊の扱いも
個人的なツボです。
他の方も書かれているように、是非三部作を見放題解禁にして欲しい!!


ネタバレあり

日本の神話と宇宙人(ガメラを食べていた?)

日ユ同祖論において古代ヘブライ人(シュメル人)が日本人の祖先とされている。
彼らの文字(アラム文字)がカタカナに成り、彼らの言葉(古代ヘブライ語)がヤマト言葉に成った。
海蛇座のハイドラから来たとされるシュメル人は、漢字に直すと皇(すめらぎ)つまりシュメルに成る。
天皇とは、天から降りたシュメル人の子孫と言う訳です。シュメル人は日本に邪馬台国を作り住んでいた。
地球に降りた当初は、ヤト(訳:神を失った)の民と自らを呼んでいたが、何故かその後ヤマトと名乗り、
ヤマト民族と成る。「ヤマタノオロチ」とは「ヤマトの大蛇」で、彼らの故郷の海蛇座を表している。
ユダヤの六芒星はカバラの6を表しティファレト即ち太陽を表し、日の丸と全く同じ意味を持つ旗です。
シュメル人が地球に来た理由は資源を求めるためでなく地球人にエノクの代わりを求め助けを求めた。
ちなみに亀甲占いはしていません。亀は食べていました。

最後の希望、ガメラ

劇場で見た時に回転ジェットに心わしづかみにされました。
怪獣映画に必要なものは全てここにあります。
怪獣映画の面白さは全てここにあります。
見放題になったのだから、この傑作を見ないという選択肢はありえない。
是非見てください。

平成ガメラ三部作・・・

もう二十年近く前の作品ですが、とにかく面白いです!初めて見たときは日本にもこんな映画が作れるのか!とひたすら感心した覚えがあります。さすがに今見ると映像的にきついところもありますが、一見の価値ありです!何とかこの調子で三部作すべてを見放題にしていただきたい!!

見どころ

ガメラ映画誕生30周年記念作。後に平成ガメラ・三部作と呼ばれるシリーズの第1作となった。太平洋上の巨大漂流環礁が日本に接近。一方、九州では巨大な怪鳥が目撃される。政府は捕獲を決定し、怪鳥を誘い込む大作戦を決行。すると環礁は巨大生物の姿を現して上陸した。やがて激突する巨大生物と怪鳥。環礁の碑文から巨大生物は「最後の希望・ガメラ」、怪鳥は「災いの影・ギャオス」であることが判明した……。監督は平成ガメラを一手に引き受けた金子修介、特技監督は、後に映画『ローレライ』『日本沈没』を監督する樋口真嗣、脚本にはアニメ『機動警察パトレーバー』の伊藤和典が結集。怪獣映画の王道をいく傑作となった。【映像文筆家:金田益実】

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:金子修介 / 脚本:伊藤和典 / 撮影:戸澤潤一 / 照明:吉角荘介 / 美術:及川 一 / 録音:橋本泰夫 / 音楽:大谷 幸 / 主題歌:爆風スランプ / 製作総指揮:徳間康快 /

キャスト
米森良成:伊原剛志 / 長峰真弓:中山 忍 / 草薙浅黄:藤谷文子 / 草薙直哉:小野寺 昭 / 大迫刑事:螢 雪次朗 / 斎藤環境庁審議官:本田博太郎 / 佐竹一等陸佐:長谷川初範 / 巡視船「のじま」船長:本郷功次郎 / 輸送船「海竜丸」船長:久保 明 / タクシー運転手:松尾貴史 / 道弥:袴田吉彦 / フェイスドアレイダー前のレポーター:夏木ゆたか / スーパーのおかみさん:石井トミコ / 富士裾野の中隊長:渡辺 哲 / 天王洲戦闘指揮所の中隊長:渡辺裕之 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}