動画が再生できない場合はこちら

大魔神

54

0

0

0

1

10

片手で千人を倒し、
片足で大城門をふみつぶす大魔神!
少女の涙によみがえって荒れ狂う!

戦国の頃、丹波・花房領での祭の夜、家老の大館左馬之助とその一味は謀反を起こす。両親を討たれた幼い忠文と小笹は、巫女の信夫とともに狼谷の洞窟にひそんで成長する。この山には魔神を封じた巨大な武神像がまつられており、領内に災いある時は防いでくれるという伝説があった。左馬之助ら悪の勢力が栄える一方、領民たちは困窮をきわめていた。その時、少女・小笹の祈りに応えて武神像に魔神が乗り移り、大魔神が誕生! 大魔神は城下へ暴れ込み、すさまじい復讐を始める。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

観ていて面白かった。

あっさりとしていてわかりやすい、ところどころゲーム関連っぽいワードが散りばめられているのでわかる人はオッサンじゃないか?

ネタバレあり

殆ど人が

見たことがなくても、タイトルは知っている映画。
自分も今回初めて視聴、
CG技術がない時代、カメラワークと合成技術を
駆使して制作された傑作。
いやに泥臭い出演者に、発現してもいまいちカッコ悪い
大魔神、なのに魅せられてしまうのは、背景やセットの類に
違和感が無いせいだろう。
昨今の特撮映画が妙に嘘くさく、作り物めいて見えるのに対し
半世紀近く前に作られた映画にリアリティを感じるのは
複雑な感じがします。

半世紀前の作品とか

面白かった、出来良すぎ。

これはすごい

これが全く同じ脚本で、今では常識の月曜ドラマランドみたいな演技で通ってたら
成立していないな、全ての面でレベルが高くないとありえない

時代劇としても

よくできてると思います
少しホラーちっくですが、特撮好きにはお薦めです

決して逃げ切れない…

走って逃げれば逃げ切れるんではなかろうかと淡い期待を抱かせる… が、決して逃げ切れない。
ジワジワと追い詰められていくこの不安感が堪らない。いつの間にか悪党に感情移入している自分がいる。
勧善懲悪物で観客を悪の側に感情移入させる作品はコレぐらいだ。
他の特撮怪獣と一線を画しているのはこのジワジワ感と冗談が通じない怒りの形相(眼光)にあります。

ネタバレあり

怖いけど、面白い!!

そして、日本を代表する特撮映画の原点。三代作品の一つにあげられる大魔神。

内容はシンプルだけど、不気味さは超一流。

これが現代によみがえったら、物凄く不気味だろうなと。
大都会を闊歩する大魔神の姿を是非とも見てみたいです。

そして、現代人に、ある意味で戒めの形相を!!

すげぇ!面白い

エノクの巨人ですね。付喪神、ツクとは古代ヘブライ語で岩のこと。「ツクの神」とは、古(いにしえ)の聖書に出て来るエノクの巨人です。即ち、「ツクの神」とは「岩の神」を指す古代ヘブライ語と日本語の合成語です。日ユ同祖論では、ヤマトの民こそが宇宙から来た異星人の子孫で海蛇座のハイドラ星系の惑星テラから地球に来たシュメル人の言葉のアラム文字が日本語の元と成ったと考えられます。地球に降りたシュメル人は初めヤトと名乗っています。ヤトとは「神を失った」と言う意味で、それが後にヤマトに成り大和民族を形成したと思われます。ユダヤの六芒星は、カバラの6を示す星でカバラの6とは太陽を表すティファレトです。つまり日本の「日の丸」とユダヤの「六芒星」は同じ意味を持つ旗です。は、置いといて「大魔神」すごく面白かったです。

意外と小さい大魔神

大魔神のサイズが思ったよりも小さかった.パトレイバーかVガンダムぐらいかもしれない.
大魔神が神そのものでなく,荒魂の宿った憑代というのがよくわかる演出で好感持てた.

しかし,大手門から中がかなり広いお城でびっくり.もっとも,投石器が常に城下においてあるわけもなく,鉄砲衆がすぐに火縄点けて出てこられるわけもないか.もうすぐ上洛するって設定だから大々名なのでしょう.
 10年の山暮らしにもかかわらず小笹の垢抜けたお化粧とか突っ込むのは野暮ってものでしょうか.

最近のビデオ・デジタル処理を使わなくても綺麗に合成ができるものだと感心しました.


ネタバレあり

相性

時代劇と怪獣(大魔神を怪獣というと語弊があるが)は相性が非常に良いです。
また怒りに狂った大魔神が敵ではない領民たちも無差別に攻撃するさまが、神様のあり方を
よく表しているように思えました。
神様は人がどうこうできる存在じゃないですからね。

ネタバレあり

進撃が盛り上がってるところに大魔神

根拠なんて無いけどなんとなくこのタイミングで見るのも一興って気がしてた作品です
絶妙なタイミングで月額入り

見どころ

ガメラシリーズと並ぶ大魔神シリーズは、三部作で構成された大映の特撮時代劇映画。大映京都撮影所の特殊技術を駆使し、天変地異とともに暴れ狂う大魔神を描いた。第1作となる本作を始め、シリーズの舞台は戦国時代に設定。領主を謀殺して悪政を布く悪家老に対し、父の復讐を誓う遺児兄妹が、忠臣に守られて魔神の山に潜んでいた。その兄が罠に陥り、危機に瀕した時、無事を祈り続ける妹姫の涙に心をうたれたかのように武神像が立ちあがり、やがて恐るべき形相の大魔神へと変貌。怒りの進撃を始めた。公開当時は『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』と2本立ての大ヒット。続けて鑑賞すれば当時の劇場の雰囲気を体感できる。【映像文筆家:金田益実】

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:安田公義 / 脚本:吉田哲郎 / 特撮監督:黒田義之 / 撮影:今井ひろし+森田富士郎 / 音楽:伊福部 昭 /

キャスト
花房小笹:高田美和 / 花房忠文:青山良彦 / 猿丸小源太:藤巻 潤 / 大舘左馬之助:五味龍太郎 / 花房忠清:島田竜三 / 犬上軍十郎:遠藤辰雄 / 中馬逸平:伊達三郎 / 竹坊:出口静宏 / 忠文の少年時代:二宮秀樹 / 元木半蔵:橋本 力 / 信夫:月宮於登女 / 悠乃:香山恵子 / 吾作:尾上栄五郎 / 茂助:木村 玄 / 原田孫十郎:黒木英男 / 小郡主水:伴 勇太郎 / 梶浦有助:杉山昌三九 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}