動画が再生できない場合はこちら

大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス

28

0

0

0

2

4

人喰いギャオスが、殺人音波で襲ってきたぞ!
つっこめガメラ! 火炎噴射のマッハ3で体当たりだ!

富士火山帯の異常な活動で目を醒ました怪獣・ギャオスは次々と人を襲い、名古屋城を破壊、一帯が火の海と化す。その火に引き寄せられ現れたガメラ。ガメラは怒りの火炎噴射を吹き、大怪獣同士のすさまじい決闘が勃発する…。ギャオスVSガメラ、二大怪獣が激突するシリーズ第3作。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

それいけ!つよいぞ!やっつけろ!

「子供の味方怪獣」というこの上なく魅力的なキャラクターを主人公・ガメラに確立させた、怪獣映画の金字塔!

 丸っこいガメラに対する直線的で角ばったシルエットがかっこいい宿敵ギャオスも、敵役として輝いています。シリーズの怪獣映画は新しい敵怪獣の面白さこそが作品の成否を握りますが、ギャオスの見事な悪役っぷりも見どころのひとつ。シャープなイメージで演出された強烈なヒールぶりは、生物のリアリティで魅せた平成版にも負けず劣らずの存在感です。

 ガメラを信じる少年・英一の視点を置いているのも素晴らしいです。土地をめぐる大人たちのいさかいとギャオス対策に奔走する科学者&自衛隊に、それぞれ英一少年が上手く絡んでテンポよく進み、疾走感を保ったまま
ガメラ+人類vsギャオスの激突を一気に描き切って、見応え満点の大満足!
 
 これぞ怪獣映画!これぞ特撮というパワーに満ちた傑作です!ラストの歌も素敵ですね♪

ネタバレあり

子供向け怪獣映画の決定版!

名古屋弁で叫ぶ怪獣ギャオスの映画!ガメラシリーズは映画館で一回も観た事がないけれど
昔はプロ野球のテレビ中継が雨天中止になると、替わりにこの『ガメラ対ギャオス』が放送されることが多く、怪獣大好きの僕は雨降れ雨降れ!と思ってたっけ(笑)
本当に何度見てもワクワクドキドキハラハラしながら観ていました♬
大人向け怪獣映画にあるような長いドラマパートの間が無く、子供でも最初から最後まで夢中になれるエンターテイメント作品ですヾ(@°▽°@)ノ
特撮はバルゴンと比べるとギャオスのアップとかリアル感に欠けますが
自分の反映である榮一君の活躍と、博士や自衛隊司令官などその声を汲み上げてくれる大人達との関係が妙に心地よく理想的な世界観だったような気がします( ´ ▽ ` )ノ
総合点で見ると、ガメラ映画の最高傑作だったのではないでしょうか?

子供向けと侮るなかれ

古い作品ですが、怪獣同士の戦い、ギャオスの生態を利用して戦いを仕掛ける人間。どれも面白く
怪獣出現を補助金吊り上げに利用する高速開発予定地の村人たちが人間ドラマを担当する
怪獣がいる世界の現実性が楽しめます

食料として人を喰らう怪獣ギャオス!!

劇場で見たのですが(年齢がばれますね)、懐かしくて見直しました!
食料として人を喰らう怪獣は、たぶん国内ではこのギャオスが初めてじゃないでしょうか?
ものすごく怖かった記憶があります。
脚本も良くできていて、特撮も迫力のある怪獣映画になっています。
特にギャオスの造形が素晴らしいと思います。
頭が赤くなる、血が青い、耳から血が出るなど細かい設定もカッコ良かったです。
やはり怪獣はカッコ良くないといけないと思います。
子供の頃、何度も何度もギャオスの絵を描いた記憶があります。
(きっと今でも描けますよ)
当時のスタッフの皆様に心から感謝です。素晴らしい怪獣映画をありがとうございます!!
伝説に残る大映怪獣映画作品と思います。


ネタバレあり

ガメラ ザ・ガーディアン・オブ・チャイルドw

試聴するのは40年ぶりぐらいだろうか。
この作品から子供の味方のガメラ、お子様向き怪獣映画シリーズの始まりなんて馬鹿にしてたが、
どうして、どうして。
特撮がちゃちくなったとか、子供の観察から退治の方法を模索するとかあざとい所が有るには
有るけど、高速道路の用地買収にからむ欲の皮の突っ張った大人のドラマとか、ガメラに頼らず
叡智を結集して怪獣退治に当たる人々のドラマとか見どころは多い。
そして平成ガメラ1作目を見てから見ると、色々とニヤッとできるのも良い。
ガメラ大怪獣空中決戦と見比べてみると面白いのでオススメです。

怪獣映画のあるべき姿のひとつ

まだなの? まだなのね!
じゃあ、コメント一番乗り(嬉笑)
さてと、この映画のポイントはガメラが子供っぽい映画だというけれど、本当にそうかと疑う演出が多いこと。血液を流し、流血を身にまといながらぶつかり合う怪獣同士、結構えぐいです。体の一部がちぎれても戦います、痛そう。おまけに音楽も怪獣の血液のようなドロドロした演奏だということ。
大人が隠しきれない暴力性が怪獣に現れています。
反面、脚本は子供目線の物語で、分かりやすく進んでいきます。
分かりやすいストーリーと迫力の怪獣闘争は、怪獣映画のあるべき一つの形なのかもしれないのです。

あと、ガメラ(1995)と見比べてみよう、かな。

見どころ

口から吐く超音波光線で何でも切断し、ジェット機のように飛行する新怪獣ギャオスとの大空中戦を描くガメラシリーズ第3作。富士火山帯の異常活動によって大怪獣ガメラが飛来した。やがて謎の怪光現象が頻発する二子山の地中からは、超音波怪獣ギャオスが出現し、少年を襲撃する。だが間一髪のところでガメラが登場。少年を救出し、ギャオスに挑んでいく。本作からは子供が物語の中心的人物となり、ガメラが子供の味方であることを強くアピール。怪獣バトルにも様々な工夫が盛り込まれ、陸上、空中、海上とバラエティーな戦いが描かれた。初めての主題歌『ガメラの歌』が名場面とともに流れるエンディングも見逃せない。【映像文筆家:金田益実】

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:湯浅憲明 / 脚本:高橋二三 / 音楽:山内 正 / 特撮合成:金子友三 / 特殊撮影:藤井和文 /

キャスト
堤 志郎:本郷功次郎 / 金村辰衛門:上田吉二郎 / 金村すみ子:笠原玲子 / 金村英一:阿部尚之 / マイトの熊:丸井太郎 / 八公:螢 雪太朗 / 青木博士:北原義郎 / 自衛隊中部司令官:夏木 章 / 県警本部長:大山健二 / 道路公団開発局長:伊藤光一 / 道路公団地方課長:遠藤哲平 / ホテル支配人:ジョー オハラ / 岡部:三夏 伸 / 牧場主:小山内 淳 / 地震研究所所長:丸山 修 / アナウンサー:森矢雄二 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}