動画が再生できない場合はこちら

新世紀GPX サイバーフォーミュラZERO

68

0

0

0

2

12

年若きライバルに走りの意味を教えるために、ハヤトの苦闘が再びはじまる。

第5戦の最中に、ハヤトはランドルとクラッシュしてしまった。それはハヤトが、「ZEROの領域」に達してしまったがために起こった悲劇だった。事故のトラウマから逃げるため、一度は引退しあすかとの平凡な生活へと一歩を踏み出したハヤトだったが、レースへの思いは消し去り難く、再びサーキットへ復帰するハヤト。そしてハヤトは、走ることの意味を見出すために、「ZEROの領域」への挑戦を続けていく。その地平の先に待つものは…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

イマコレ!

ちょうどストーリーが2017年・2018年のワールドグランプリでおすすめのポイント。
または、このZEROが今後のストーリーを図る上での序章ポイントです。
是非、シリーズ最後まで完走してみてくださいね。

やはり!!

サイバーフォーミュラシリーズは何度、何十回見ても飽きない。
VHS,DVDで持っていてもバンダイチャンネルの作品一覧で見かけると再生をしてしまうんですよねw
個人的には新しい主人公は要らないのでシリーズ新作を作って欲しいですね。

素直におもろい

加賀がかっこいい

ネタバレあり

この頃のアニメはストレートでいい!!

スッキリだし、ジャンプみたいな感じだよね。

いいよ。

ZEROの領域

ZEROの先には・・・・

何の為に走る?

怒涛の展開と迫力のレースバトル!

 レースに限った話ではなく、一般人が道を歩いていても交通事故などのトラブルが起きる可能性は必ずあります。ただそれがしのぎを削るレースともなると・・一旦事が起こってしまうと凄まじい大惨事になってしまうんですよね。このZEROではTV本編や11とまた違った形での壁がハヤトに立ちはだかったので、初めてみた時はビックリしました。
 サイバーフォーミュラの面白い点は主人公サイドだけではなく、その周りの人物達のドラマもあるのがいいところですね。新条、グーデリアン、アンリ、そして加賀。特に加賀はこのZEROからハヤトの最大のライバルとしての立ち位置がハッキリとしてきて、最後のOVAシリーズのSINに至ってると思います。また一つ壁を乗り越えたハヤトとの凄まじいバトルは何回見ても凄まじいですね。
 ギャグの掛け合いから(笑)恋愛まで網羅する実に濃い内容。盛り上がりとしてはOVA随一なのではないでしょうか^^

ネタバレあり

再びサーキットへ

あすかはハヤトのカムバックにより絶交宣言した
ハヤトはやはり12回の負傷が完治してないせいなのか
マシンに欠陥がないもののブーストレバーが動かない
あすかがスタッフとしてかけつけたあとハヤトに檄を飛ばしようやくブーストレバー復活

ネタバレあり

ああ青春の日々

 当時レースをやっていてその時の色々な思いが詰まっている作品のため贔屓しまくりですが
サイバーフォーミュラーで一番好きなシリーズです。
他に書かれている方もいますが11,ZEROが個人的には一番熱く面白く、以降は面白いのは面白いですが想定対象が変わった感じがして少し遠いかなぁ

 何年たっても色褪せない面白さは素晴らしいの一言。

ブースト…オン!!

今回も燃えましたね~(´▽`)

ハヤトと加賀のバトルは最高でした!!

あすか派今日子派

ショートカットあすかにやられた人も多いと思いますが
新のヒロイン今日子さんがデレ始めて今日子派になったのも多いはず。

内容はまずまず。
若干最初がダレるけど人間味があっていい。

ネタバレあり

今見ると

ほんとに1話ごとの密度がすごいですよね。
シリーズの中でもZEROが一番好きだったりします。

もつれる人間関係

多彩なキャラの掛け合いが魅力のサイバーでも、ZEROは特にもつれまくる!ボリュームたっぷりのドラマでシリーズでいきなりこれ単品で見ても十分見応えあります。

何歳になっても楽しめる

昔、学生時代にハマッたのを懐かしく思い出して、15年ぶりくらいに暇潰しのつもりで見てたら、びっくりなことに、またハマッてしまいました。
何歳になっても、アニメから離れても変わらない面白さ、感動、かっこよさがあります。

個人的には、このあとのSAGA、SINより、ダブルワン、ZEROが面白かったと思ってます。

ネタバレあり

主人公の成長

主人公の成長が見られます。怪我を乗り越え仲間と進んでいく道のりがとてもよかったです。感動します!とくに3話のあすかとハヤトの壁みたいなところの演出はすばらしいです。レース復帰を決意したハヤトに対するあすかの気持ちが伝わってきます

ネタバレあり
見どころ

人間の限界に挑むレースと切って離せないものが「事故」である。CFは人工知能の導入で安全最優先で進められたはずだったが、最悪のクラッシュを起こしたことで、ハヤトがレースの本当の意味を探そうと模索し始めるのが、本シリーズでの見どころ。レースを断念しようと決意した時、あすかとの婚約と穏やかな生活を望むという展開は、もう彼らが子どもではないことを示している。同じことの繰り返しではなく、1作ごとに成長を刻もうとするスタッフの真摯な姿勢は脱帽ものだ。レースへの思いを断ち切れず、悩みの中で栄光の先にある“ZEROの領域”を目ざすというハヤトの姿勢は、人生には完全なゴールなどないという点で胸を熱くさせる。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

風見ハヤト

スゴウ・アスラーダ・チーム所属。ス-パーアスラーダドライバー。

菅生あすか

スゴウ・アスラーダ・チーム所属。オーナー代理。

城之内みき

スゴウ・アスラーダ・チーム所属。チーフ・メカニック。

クレア

スゴウ・アスラーダ・チーム所属。

菅生 修

アンリ

新条直輝

アオイ・フォーミュラ・チーム所属。アオイ・エクスペリオンZ/A-8ドライバー。

ブリード加賀

プロトジャガーZドライバー。

カール・リヒター・フォン・ランドル

メカ・ロボット

スーパーアスラーダ AKF-11

ドライバーは風見ハヤト。

ガーランド SF-03/G

ドライバーはアンリ。

エクスペリオンZ/A-8

ドライバーは新条直輝。

エクスペリオンZ/A-10

ドライバーはブリード・加賀。

イシュザーク00-X1

ドライバーはカール・リヒター・フォン・ランドル。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇 / 総監督:福田己津央 / シリーズ構成:星山博之 / キャラクター原案:いのまたむつみ / キャラクターデザイン:吉松孝博(スタジオライブ) / マシンデザイン:河森正治(スタジオぬえ) / 総作画監督:吉松孝博(スタジオライブ) / 音楽:大谷 幸 /

キャスト
風見ハヤト:金丸淳一 / 菅生あすか:三石琴乃 / 城之内みき:安達 忍 / クレア:冬馬由美 / 菅生 修:速水 奨 / アンリ:結城比呂 / 新条直輝:縁川 光 / ブリード加賀:関 俊彦 / アスラーダ:小野健一 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}