動画が再生できない場合はこちら

宇宙刑事ギャバン THE MOVIE(劇場版)

11

0

0

2

0

1

蒸着せよ、銀の魂を継ぐものよー

日本人宇宙飛行士の十文字撃と大熊遠矢は、火星に向う途中で遭難し行方不明となった。そして1年後、二人と幼なじみだった河井衣月が勤める宇宙物理学研究開発機構「SARD」が、宇宙犯罪組織マクーの残党に襲われる。衣月を救った宇宙刑事ギャバンの正体は、なんと撃だった。マクーの残党たちの目的は、ドン・ホラーをよみがえらせること。撃は必死に戦うが、漆黒の騎士・ブライトン敗れ、衣月も連れ去られた。失意に沈む撃の前に現れたのは伝説の男・一条寺烈。マクーに立ち向かった経験を持つ烈は、撃を奮起させる…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

いろいろと割り切れば初代ファンもそれなりに楽しい”平成宇宙刑事”

ギャップを楽しめるなら初代ファンにも楽しみどころはある。魔空空間のあの描写をミステリアスの「平成訳」と考えられれば,重さとシリアスを犠牲にしたスピード感とコミカルもそれはそれで良い。長きにわたって経験を積みお茶目さを身に着けたと解すれば,一条寺烈の奇天烈モードも今風で斬新である。もちろん現代のスピードアクションについていける身体能力はさすがの一言だ。文字通り宇宙人的な衣装をはじめお騒がせ要員と思っていたシェリーが,ほんの少しとはいえ本格的な立ち回りで魅せたのもよいギャップだった。

昔のイメージは名残程度と思っていたほうが良いし,昔を大事にしたいならゴーカイジャーギャバンの方が良い(ギャバンダイナミックの演出などは特にそう感じた)。こちらはあくまで”平成宇宙刑事”として楽しむためのもの,と割り切ってから観ることをお勧めする。

ネタバレあり

よろしく勇気!

色々な意見もあると思いますが、私は好きですねェ(^-^)初代ギャバンの大葉さんのアクションは、とても50代とは思えないキレと、放送当時を彷彿させる80年代ヒーローの王道的なダイナミックな動きは感動ものです。確かに現代色を反映させた脚本のアレンジは、ギャバン世代の人には微妙な点もあると思いますが、仮面ライダーや戦隊ヒーローと違い、宇宙刑事は中身の主人公が次世代に継承されていくという新しいヒーローのカテゴリーを確立している点については評価すべきだと思います。しかし、主人公が変わっても、串田アキラ先生の主題歌は永遠に器用してほしいですね(^-^)サビとか最高ですよねェ、今聞いても(^-^)
♪「若さ、若さって、なんだ。振り向かないことさ。愛ってなんだ。ためらわない、こ、と、さぁ~
ギャバンあばよ涙、ギャバン、よろしく勇気、宇宙刑事ギャバン!♪」

仮面ギャバン戦隊

映画館でも見たのだが、とりあえずギャバンではまったくない。
スタッフの大半が仮面ライダーと戦隊の現役で、ガイドラインがまさに仮面戦隊。ここでもう、作品が揺らいでいる。

主役が過剰にムキムキでだいぶ辟易してしまったし、演技も楽しませるという感じがない。
コミカルを狙ったシーンもいくつかあったが、どうにもユーモアに欠ける。

もっと体育会系でよかったのに、妙な青春ものとかいれちゃって、過去の仲間と対決とか、詰め込みすぎだっツーの。

もうしわけないが、元祖氏はもっとひかえめでよっかったかもしれない。いっそ蒸着しない潔さがほしかった。要素が分散してしまって面白みにかける。

いや、でも森田涼花のコスチュームはね、なんというか、見た瞬間、頭おかしくないかと思ったけど、見慣れてくるとなんかよくなってくる中毒性があるね。
そこはよかった。

最後に、コム長官、ほんとにほんとにお疲れ様でした。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:八手三郎 / 監督:金田 治 / 脚本:小林雄次 /

キャスト
:石垣佑磨 / :永岡卓也 / :滝裕可里 / :森田涼花 / :西沢利明 / :穂花 / :三浦 力 / :岩永洋昭 / :人見早苗 / :大葉健二 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}