動画が再生できない場合はこちら

問題児たちが異世界から来るそうですよ?

47

0

1

1

3

6

異世界から呼んじゃった世界最強問題児たちと
超絶愛玩生物・黒ウサギが巻き起こす
ハイテンションファンタジー開幕☆

世界に飽きていた逆廻十六夜に届いた一通の招待状。『全てを捨て、“箱庭”に来られたし』と書かれた手紙を開けた瞬間――完全無欠な異世界にいた! そこには猫を連れた無口な少女・春日部耀と、高飛車なお嬢さまの久遠飛鳥、そして彼らを呼んだ張本人の黒ウサギ。彼女が箱庭世界のルールを説明しようとしたら「魔王を倒そうぜ!」と十六夜が言いだして!? そんなこと黒ウサギは頼んでないのですがっ!! 弱小コミュニティ“ノーネーム”再建のため、3人の問題児たちが魔王に挑む!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

個人的な忘備録の為のレビュー

このアニメの原作はライトノベルなのですね。ライトノベルって平凡で冴えない男子がハーレム状態でモテモテ設定など、女子からすると有得なくも馬鹿馬鹿しい内容が有りがちなので「ライトノベル発」のアニメって偏見がありましたが、この作品は主人公・逆廻十六夜がとにかく強い・カッコいい・頭脳明晰で、女子からの支持絶大という要素満載なキャラクターでした。こういうキャラがハーレム状態になるんですがね普通。絵的に綺麗だし複雑な細々した世界観の設定が正直ウザかったのですが、そこは脳内で単純化して楽しみました。2度3度見れば私のようなお馬鹿さんでも内容が理解できるのかな?一発で全設定理解できる人を尊敬。wiki参考にしましたが更に混乱w はっきり言って原作への興味は萎えましたがアニメはもっと話数が欲しかった。というかもっと見たかったな。なんで10話なんでしょう?

NO! BUNNY GIRL

軽い気持ちで見始め

設定を飲み込みつつ、登場人物の
一見派手なようで実は
素朴にまじめなゲーム姿勢と自由な心意気?
に感嘆。
(強さや力ってこういう風に使えれば
理想なのね…)

悪役も、普通には言ったりしないことまで
ずばっと言ってますので、
リアルな悪でございます。

黒ウサギが健闘してます。
それでちょうどいいバランスかな?

ネタバレあり

省くところは省いても・・・

戦闘シーンと並行してルールの説明や謎解きをしていくのですが、ノベルで読むならともかく台詞だけでは冗長になってしまう場面があったと思います
思い切って省略する場面があってもよかったのでは・・・という印象です
主人公の一人である十六夜が今作で発揮するのは超人的という言い方でも全然足りないくらいの身体能力ですが、色々な演出方法で上手く表現して気持ちのよいアクションを作ることに成功していると思います
そこを高く評価したいです

原作読んでから見るのをおすすめします

多少キャラクター設定が違う(アニメだとジンはただ単に気の弱いショタだけど原作は十六夜に多少の反骨精神をもっていて自分の意思をしっかり持っている)というところもあるが基本は原作を沿って作られているので原作読んでそれをアニメーションで補完するという感じで見るといいと思います。

ネタバレあり

魅力がない

ストーリーはなにも解決されておらずキャラクターもなにがなんだかわからないままに完結を迎えてしまう迷作。

話にストーリー性を求めだすととたんに見れたものではなくなるのでじっくりどっしり見るものではない。
絵自体は綺麗だしぼーっとみるぶんにはいいだろう。

「  」 様

さあ ゲームを始めよう!

より面白く、より早く
続編を制作した方が勝者!

無双上等
資金、人員、に制限無し!

No Name 一同

タイトルのネーミング ミスの作品

展開の推測が楽しい。食わず嫌いの作品であった。発表当初は、「面白くなさそう」と名前で判断したが。どうしてどうして。続編が望まれる。もう少し世界観に厚みがほしい。

主人公達の強さに感動

最近の主人公たちは強さも弱さも備えて、苦しみながらも、何とか勝利(幸福)をかちとる といった物語が多い中、ある意味 生意気だけれど、博学で、実は優しくて、何よりも強い!というのが気持ち良い。ストーリーも破綻なく、たった10話で終わっていることが残念。続編があっても良い作品。

とてもメルヘンです。

うさぎといえば、不思議の国のアリス、ということでメルヘンです。でもなぜに、黒うさぎがインドラの矢とかマハーバーラタとか使うのか、脈絡のなさが、ファンタジーですかね。

さすが主人公

圧倒的な主人公の強さに爽快。
ここまで強すぎるとスッキリする

ネタバレあり

黒うさぎをイジり倒す

いきなり超人的なキャラ設定に「おっ…」となりました。
なかでも十六夜の「傲慢・強靭・博識・不敵な笑み」は毎回のお決まり。主要キャラの筆頭なのに一番「詳細不明」なので、その器の程に興味津々。能力詳細の「後出し・小出し」設定が好きなら十六夜のキャラにも付いて行けると思います。

黒うさぎが事あるごとに各キャラ(ほぼあの二人)からイジられている様があざとくも楽しいです。特に「あのお方」からの溺愛(お馴染みともいえる口調)ぶりは、も~っと「コワれた感じ」で絡んでもいいと思いましたが、多分あれ以上テンション上げると完全に「あのキャラ」になってしまうので区別はされてたのかなと…。

毎回ED後のやりとりがかわいいです。

キャラクター

逆廻十六夜

黒ウサギ

久遠飛鳥

春日部 耀

スタッフ・キャスト

スタッフ
著者:竜ノ湖太郎 / 原作イラスト:天之有 / 総監督:草川啓造 / 監督:山本靖貴 / シリーズ構成:木村 暢 / キャラクターデザイン:井出直美 / クリーチャーデザイン:石川雅一 / プロップデザイン:益田賢治 / 色彩設計:小島真喜子 / 美術監督:稲葉邦彦 / 撮影監督:伊藤康行 / 編集:岡 祐司 / 音楽:浜口史郎 / 音楽制作:フライングドッグ+日本コロムビア / 音響監督:たなかかずや / 音響効果:高梨絵美 / 録音スタジオ:ビクタースタジオ / 録音:中野陽子 / 音響制作:ダックスプロダクション / オープニング主題歌:「Black✝White」野水いおり(フライングドッグ) / エンディング主題歌:「To Be Continued?」佐土原かおり(日本コロムビア) / アニメーション制作:ディオメディア /

キャスト
逆廻十六夜:浅沼晋太郎 / 黒ウサギ:野水伊織 / 久遠飛鳥:ブリドカット セーラ 恵美 / 春日部 耀:中島 愛 / ジン・ラッセル:五十嵐裕美 / リリ:三上枝織 / 白夜叉:新井里美 / レティシア:巽 悠衣子 / 三毛猫:西 明日香 / 三毛猫(おっさん版):陶山章央 / キャロロ:藏合紗恵子 / ガルド:安元洋貴 / グリー:石井康嗣 / ルイオス:井上 剛 / サンドラ:佐土原かおり / マンドラ:小西克幸 / ジャック:速水 奨 / アーシャ:積田かよ子 / メルン:久野美咲 / ペスト:斎藤千和 / ヴェーザー:岩澤俊樹 / ラッテン:南里侑香 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}