動画が再生できない場合はこちら

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

24

0

1

3

2

1

時代を越え、新たな「鋼の錬金術師」誕生!

アメストリスの首都・セントラルにある中央刑務所。刑期終了を間近に控えた囚人、メルビン・ボイジャーが脱獄を果たした。メルビンが操る強力な錬金術に興味を惹かれたエドワードと弟のアルフォンスは、男の跡を追ってアメストリスの西、大国・クレタとの国境を目指すことになる。彼らがたどり着いた先は、巨大な崖に周りを囲まれた街・テーブルシティ。かつて「ミロス」と呼ばれていたこの地で、二人はジュリアという少女に出会う。少女の言葉に導かれ、エドたちはこの地に隠された、血塗られた歴史を知ることになるのだった…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

『ハガレン』ではない

おもしろい映画だと思いますが、ハガレンを期待して観ると「なにか違う」感で楽しめなそうです。
意識してつくったわけではないとは思いますが、言われてみるとジブリというのもわかります。好きなんでしょうか…
公開当時劇場にも足を運びましたが、スクリーンで観てとても満足した記憶があります。
アクションシーンがかっこよく、細かい設定も結構好みで楽しめました。
ラストもすこしもやっとするところが逆に良いなと思います。
鋼の錬金術師のキャラクターと設定を借りたオリジナル映画として。

素晴らしい

原作連載当初からアニメもすべて見てきましたがやはり面白い作品です。
アニメの後の話でないと聞き劇場に行くのをためらいましたが何度見ても心がすっとする話です。

なんやこれ

つまらなくはない。
しかしこのジブリ臭い作画はなんだ? ナウシカか? 作画どころか演出までジブリくさくてシビアな話のはずなのになんかきもい。
オープニング付近は、シャンなんたらと違って、鋼の明るい雰囲気あって悪くないが、やたらと説明を繰り返して妙な気分になる。
そして最後のアルの色の一言、なんだこの脚本誰が書いた? と感じた。
なんで鋼の映画は微妙なことになるんだ毎回。TVシリーズは、かなりやりとりしたというけどそれでも俺には合わなかった。逆に映画は原作者ノータッチで好き放題になってるんだろう。そうなると公にノータッチと言い張ってる実写はやばいな多分。まあ機会があったら見るよ。
てことでイマイチでした。

(旧)鋼錬スピンオフ

鋼錬といえば賢者の石。
賢者の石といえば巨大な錬成陣。
そして材料は…
今回の物語(秘密)はなかなか面白かったです。

舞台装置・作画・アクションから少し宮崎ジブリ臭がするので違和感を覚えると思います。
ジブリファンであればお気に入りとなるでしょう。
劇場版だけあって全体的によく描けていると思います。

ネタバレあり

これは・・・

作った方が、ジブリ作品というより宮崎監督が好きなのは分かりました。

見始めてから「コレジャナイ」感がぬぐえなかったのですが、しばらくしてナウシカの会話シーン、ルパンが屋根を駆け下りるシーン、暗殺団ぽいキャラクター、ナウシカの原作の一画面が、はっきりと透けて見えてしまって、たまらなくなってしまいました。

こういうのはつらいです。

マネをしてはいけないとは言いませんが、少し冷静になって作ってほしいと思います。

ハガレンの世界感

十分にハガレンを楽しめる作品と思います。
がしかし、問題もアリで
賢者の石の生成に扉開かず。
賢者の石を取り込んだ人間が
石を取り除いても死なない。
この2点は本作と矛盾してしまうと思うので
自分はマイナス評価とさせて頂きました。
面白いと思いますので
深く考えなければ良策。
考えなくハガレンは見れないとなれば
マイナスといった印象です。

ネタバレあり

面白かった

最初はうーんという感じだったけど、見ていくうちに話に引き込まれてしまいました。
熱烈なファンには物足りないかもしれませんが、アニメ版他を見て「はがれん」を知っている人は見ても損は無いかも。
兄弟のやり取り、大佐やウェンディも登場しての場面は、アニメと変わりません。

ストーリーが良く作られていて飽きなかった。良かったです。満足満足。

星-1は、話の最後が「みんなハッピー」というわけではなかったので。

ネタバレあり
キャラクター

エドワード・エルリック

右腕と左足の機械鎧(オートメイル)から「鋼」の二つ名で呼ばれる、国家錬金術師。メルビン・ボイジャーの使った強力な威力を持つその錬成の秘密を探るべく、彼の後を追って、テーブルシティへと向かうのだが…。

アルフォンス・エルリック

エドワードの弟で、同じく錬金術師。短気な兄とは反対に、性格はつねに冷静沈着。エドとともにメルビンの使う錬金術の威力を目の当たりにし、自分たちの身体を取り戻す手がかりを求めてテーブルシティへと向かう。

ジュリア・クライトン

かつて「ミロス」と呼ばれた地に生を受けた少女。幼い頃に両親を殺された悲しい過去を持っている。祖国の復興にかける意志は誰よりも強く、「黒コウモリ」と呼ばれるレジスタンス組織の中核となって活動している。

メルビン・ボイジャー

アメストリスの中央刑務所に服役していた囚人。仮釈放が迫っていたが脱獄を図り、その騒ぎの最中でエドとアルの二人と顔を会わせることになる。アメストリス軍の追跡を振り切り、一路テーブルシティへ向かう。

ミランダ

アメストリスとクレタからの独立を目指すミロス人たちのグループ「黒コウモリ」の実質的なリーダー。血気盛んな若者たちを、その辣腕でまとめ上げている。ジュリアを「黒コウモリ」に引き入れたのも彼女である。

ロイ・マスタング

アメストリス軍の大佐で、錬成陣が描かれた発火布の手袋で火花を起こし、自由自在に炎を操ることから「焔」の二つ名を持つ国家錬金術師。エドが巻き込まれた騒動を収めるため、テーブルシティに向かうことになる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:荒川 弘「鋼の錬金術師」 / 掲載:月刊「少年ガンガン」 / 発行:スクウェア・エニックス / 監督:村田和也 / 脚本:真保裕一 / キャラクターデザイン・総作画監督:小西賢一 / 演出:夏目真悟 / アニメーションディレクター:押山清高 / 美術コンセプトデザイン・美術監督:岡田有章 / 美術監督:小倉一男 / メカデザイン:荒牧伸志 / 色彩設計:沼畑富美子 / 特効:谷口久美子 / 撮影監督:武井良幸 / 編集:坂本久美子 / 音楽:岩代太郎 / 音響監督:三間雅文 / アニメーション制作:ボンズ / 製作:鋼の錬金術師2011製作委員会 / 配給:松竹・アニプレックス /

キャスト
エドワード・エルリック:朴 璐美 / アルフォンス・エルリック:釘宮理恵 / ジュリア・クライトン:坂本真綾 / メルビン・ボイジャー:森川智之 / ミランダ:玉川砂記子 / ウィンリィ・ロックベル:高本めぐみ / ロイ・マスタング:三木眞一郎 / リザ・ホークアイ:折笠富美子 / アレックス・ルイ・アームストロング:内海賢二 / アラン:星野貴紀 / トニ:川田紳司 / ハーシェル中佐:木内秀信 / サントス:小杉竜一(ブラックマヨネーズ) / カルロス:吉田 敬(ブラックマヨネーズ) /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}