動画が再生できない場合はこちら

BLOOD-C

27

0

1

2

1

3

BLOOD×CLAMP。
夢のコラボレーションが生んだ全く新しい「BLOOD」、
オリジナルアニメーション「BLOOD-C」遂に始動…。

湖のほとりにある静かな街に現れる〈古きもの〉。それは人を喰らうモノである。更衣小夜は人に知られることなく、浮島神社に伝わる御神刀を手に、たった一人で〈古きもの〉を狩る『務め』を果たしていた。それは大切な父を、友を、街を、そして大切な『約束』を守るための戦いでもあった。〈古きもの〉の正体とは何か。果たして小夜に待ち受ける運命とは!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

お勧めの楽しみ方

まずTVシリーズのみを見てしまうと「???ポカーン」となってしまいます。
そこで、せっかくこれを見るのでしたら、私なりの「BLOOD-C」をより最高に美味しく楽しむためも方法を提案させていただきます。
1、まず先に、元祖「BLOOD」を見るのと「東京BABYRON」を読んでおく
(BLOOD+を見ておく必要はありません)
2、TVシリーズ「C」を見る。
3、「BLOOD-R」を11回分全部聞く。「のねのね劇場」も見る。
4、やっと劇場版を見る。
5、TVシリーズ~劇場版までを、もう一度一気に見直す。気が向いたら「BLOOD+」を見て違いを楽しむ。
以上が私の提案です。
この工程を経ることによって、この作品を理解できより深く楽しめると思います。
救いは劇場版には少しあります。そしてあなた自身はラジオRが救ってくれる事でしょう(笑)

♡4つ

♡1:
高い物から低い物まで、評価が割れていますが、
どの方の投稿も、全くその通りだと思いました。

殺陣。
伏線や違和感・疑問点の最終話での回収・種明かし。
劇場版への導入部である事。等々

一応、12話で区切りはついているのですが、
やはり続編部分の配信が無い以上、5つには出来ませんでした。

以下は付足し。

♡2:
月の満ち欠けが、物語の経過と伴に、しっかりと描かれます。
話数の合間、逸話と逸話の間が跳んでいる場合、
その日数が如何程か、判断がつきます。
感激しました。

♡3:
最近、色々な作品の中で、
料理・食事の場面が精緻に描かれる様になりました。
その点、本作品は食事の場面の修正が多く、非常に残念でした。

異なる処は、
火を扱う、炙ったり、焼いたり、煮たり、揚げたり、
が無いだけです。

他の動物の場合には許されるのに、不満です。

♡4:
あと、可愛いのですが、正体は?

ブランド力、それに尽きる

Bloodシリーズである。CLAMP作品である。キャストが!といったところに着目して入るべし!
内容中心で見ていると、序盤はもの凄く焦らされます。というか不要じゃね?って思うくらいに……、動き始めるのは5話後半からですが、多分、上手く編集すれば2時間分に内容集約できるんじゃないかなと思えました。結局は大事なラストが映画になってしまっていて、アニメだけだと???って終わり方になるので、映画かOVAで前後篇に分けた方が良かったんじゃないのかな?なんて思います。
戦闘シーンとか血みどろになるシーンは、さすがという感じで見応えがあります。仕掛けも中々に面白いです。本当に惜しいのがテンポの悪さ、Blood+に比べると色々薄い感じがしましたので、おすすめ度は低めです。

ネタバレあり

予想よりグロかった…

最終話に向かうにつれて、タネ明かしとともにどんでん返しに突き進んでいき、一気に視聴しました。
ストーリーの「まさか!」という展開はさすが。
ただ予想よりグロかったかな…モザイクや不自然なライン入りで隠してはくれるけど、スプラッタっぽい要素を感じて、戦闘のところだけキツかったな。
絵のデザインや脚本は、さすがCLAMPというところ。
全く余談ですが、CLAMPは洋服(特に制服)や髪型が特徴的だなーと改めて思った(笑)

ネタバレあり

なつかしい

久々に見たら凄くなつかしかったです。

壮大な前振り

この作品を一言で言うと壮大な前振りです。

既に劇場版が公開済みですが、このTVシリーズはその劇場版の前説に過ぎません。女子高生が、刀持って、異形のものと戦うというBloodシリーズのお約束に沿っていますが、前作Blood+と全く関連性はありませんので、この作品だけではストーリーが未完成です。小夜の戦う本当の理由が最終話で提示され、その後の決着は劇場版に持ち越すことになります。ストーリー途中の伏線の殆どは、最終回で分かるようには作られているのですが・・・。

例えば、第一話で担任の先生が出席をとるシーンがあるのですが、
 先生「更衣小夜・・・、以上! な~んてね」
 生徒「先生、そのボケ突っ込みづらいで~す」
この掛け合いは最終話を見終わった後で理解できるようになります。

まぁ、バイオレンスアクションものとしては普通に面白いかな。最終回が種明かしで終わるのがちょっと消化不良だけど。

ネタバレあり

想像を越えた最終回!!(゜ロ゜ノ)ノ

さすがはクランプ

クランプはあなたを裏切りません
一番怖いのは・・・

是非見てくださいd(⌒ー⌒)!

キャラクター

更衣小夜

浮島神社で父と二人で暮らす三荊学園の高校二年生。学校生活を楽しみながらも、父の命を受けて神社に伝わる御神刀で〈古きもの〉を狩る。

更衣唯芳

神社で神主を務める小夜の父親。神事には厳格だが小夜には甘い。〈古きもの〉の兆しを小夜に知らせる。

七原文人

浮島神社近くのカフェ・ギモーブの店主であり食事担当。唯芳の後輩でおっとりとした性格。小夜に優しい。

網埜優花

長身で威圧的だが面倒見のいい姉御肌なクラスメイト。ののとねねに突っ込まれる。

求衛のの

双子のクラスメイトで、左分けがのの。二人でよく小夜にじゃれつく。

求衛ねね

双子のクラスメイトで、右分けがねね。二人でよく小夜にじゃれつく。

鞆総逸樹

小夜のクラスの委員長。何かとマイペース。小夜のことを気にかけている。

時真慎一郎

一人でいることの多い寡黙なクラスメイト。我関せずな性格だが小夜には関心がある。

筒鳥香奈子

担任の理科教師。白衣がトレードマーク。三荊学園の教師を楽しんでやっている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Production I.G+CLAMP / ストーリー・キャラクター原案:CLAMP / 原作監修:藤咲淳一 / シリーズ構成:大川七瀬(CLAMP) / 脚本:大川七瀬+藤咲淳一 / 監督:水島 努 / アニメーションキャラクターデザイン:黄瀬和哉 / 総作画監督:後藤隆幸 / 美術監督:小倉宏昌(小倉工房) / コンセプトデザイン:塩谷直義 / 美術設定:金平和茂(KUSANAGI) / 『古きもの』デザイン:篠田知宏 / プロップデザイン:幸田直子 / 色彩設計:境 成美 / 3DCGI:塚本倫基 / 特殊効果:村上正博 / 撮影監督:荒井栄児 / 編集:植松淳一 / 音響監督:岩浪美和 / 音楽:佐藤直紀 / アニメーション制作:Production I.G / 製作:Project BLOOD-C TV /

キャスト
更衣小夜:水樹奈々 / 更衣唯芳:藤原啓治 / 七原文人:野島健児 / 網埜優花:浅野真澄 / 求衛のの:福圓美里 / 求衛ねね:福圓美里 / 鞆総逸樹:阿部 敦 / 時真慎一郎:鈴木達央 / 筒鳥香奈子:宮川美保 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}