動画が再生できない場合はこちら

革命機ヴァルヴレイヴ 2nd SEASON

176

2

2

12

11

18

世界を曝く

TVアニメの第2シリーズ。真暦71年。モジュール77の咲森学園に通う時縞ハルトは、校舎の地下から現れた謎の人型兵器「ヴァルヴレイヴ」に乗り込み、ジオールに一方的な奇襲をかけたドルシア軍を撃退。友人たちと学園の危機を救った。最初は争いごとを嫌っていたハルトだったが、ドルシア軍エージェント・エルエルフと出会い、それぞれの想いのためにヴァルヴレイヴに乗り込んだ仲間と自分たちの学園、そして国を守るために生き残りをかけた戦いを繰り広げていく。世界の裏側と対峙する時、ハルトとエルエルフの革命が始まる…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)SUNRISE/VVV Committee, MBS

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(45件)

面白いけど

キャラ、ロボットの格好良さ申し分ないです。
ただ2クールじゃ絶対に足りない。
seedシリーズくらいないと、詰め込みはりょりで“ん??いつの間に??”って所が多い。
話しも良くできてるのにすごい勿体ない。

見応えはある

数回通して見ての感想
メカ・キャラ・設定とよく出来ている
だが2クールじゃ走りすぎて、せっかくの伏線を
回収しきれていないのが残念・・・
もっと掘り下げて欲しかった
やりようによっては続編も作れそうだけど
やらないだろうなぁ・・・。

素材は上質だけども…

昨今の短クールでの放送では評価し切れない内容に思えました。
恐らく掘り下げ切れていないから、絶対的に感情移入が出来ないんだと思います。
いろいろ勿体無い感じ。
まぁライトにメカ好き、ライトにSF好き、そして好きな声優さんが1人でも入れば、観ても悔いはない感じでしょうか?

評価が分かれるところ。

内容的には、評価3をつけさせていただきました。

正直、24話では片付けられない内容です。
展開も速すぎるし、はしょりすぎてるので、内容的には問題ありです。
とりあえず、悲劇にしときゃいいってのは、誤りだと思います。
心の成長もなく、助けたと思った存在は、サックリ死に。
ここで殺す必要あった?ってのが、沢山。

素材は良かった、しかしシェフがダメだった。
典型的なアニメです。

本当に残念な作品です。

ネタバレあり

願いは諦めなければきっと届くよ

どんな願いも諦めなければきっといつか叶う。どんなに辛いことがあったとしても最後まで互いを信じることは無謀なことではない、時には迷うこともあるけれどずっと信じていたくなる ちょっと自信をなくしてもなんとかなっちゃいそうな気分にさせてくれる キャラクター達の生き様をココロに焼き付けられた作品でした。

なるほどね

本放送見てたけどだいぶ前なので最終回は初めて見た感じでしたw 結局。マギウスなるドラキュラ生命体が人類に寄生して世界を支配してたのがバレて絶滅される話だということが分かった。さすがに共存はできないわなぁw

燃える・・・おすすめします。

サンライズ作品の中でも、とてもシビアで考えされられます。
戦う代償が記憶や命なんて、重いです。

1stの出始めが、いつものサンライズのパターン。
日常から突然、非日常に巻き込まれ。
その原因が兵器開発・潜入工作員で・・・また、いつものかと思い切ってしまう人が多いかもしれません。

もったいないです、テーマ性・演出等が上質な作品です。
是非、最後まで見て欲しいです。

ただ残念なのは、最後が詰め込みすぎです。
あと1話、欲しかった。

ネタバレあり

おもしろい!!

ほかと比べる人もいるが、ヴァルブレイブはヴァルブレイブで楽しまないと意味がないでしょ!歌も良し、ストーリーも良し、絵柄も良し!後日談がもっともっともっと見たくなる!ぜひ、見てください☆

泣ける

自分の大切な物をすてても守る物がある、そして友情、最後はほんとに泣ける、本当に良い作品でした。

引き込まれました。

何となく見始めた1期からここまで引き込まれてみてしまいました。ただ、後半駆け足にしかも次々としかも主人公に至っては全ての記憶を失って、大切な人とはちゃんと話せぬまま死んで行ってしまうという悲しい結末でした。
非常に面白かったですが、コードギアスのような切ない気持ちの残る最終話でした。
個人的にはショーコではなくサキと結ばれて欲しかったのと、最後は生きている可能性が残るような終わり方が好きですが、これは好みの問題だと思うので仕方ないと思っています。それか王子と呼ばれていた子供の髪が茶色だったらとか個人的には思ってしまいましたね。

1部と2部合わせて24話を2日で一気に見てしまったので、本当にあっという間でした。コードギアスやガンダム00などが好きな方はお勧めな作品です。

ネタバレあり

いい作品です

心が締め付けられるような切ない内容ですが、いい作品です!映像も音楽も最高ですよ!

2部だけでも楽しめる

1部では、あまりに難解すぎて途中で観るのをやめたんですが、最終回くらいは観たいなと思い視聴。1部の3話くらいまでをみてから、2部を観はじめるとスピーディーでストレスなく楽しめると思います。それから、1部を見直すのをお勧めします。

おすすめです!

1stシーズンに引き続きおすすめです!2ndシーズンではますますキャラクター同士の人間関係に深みが増してきて面白いです!そしてこのシーズンでも展開には毎度驚かされていました。
よく何かが足りないとか、後日談はという意見を聞きますが本編で描かれてていないからこその魅力も多いのかなと思っています。
本当平和や信頼関係などいつもは考えることのないようなことについて考えされられました。
どの話を見ても泣けます。文章力がなくこのアニメの魅力を十分に伝えられてるかわかりませんが、見れば魅力がわかると思います。ぜひ見てください!

ネタバレあり

たとえその気持ちが何百回裏切られようとも。


「優しさを失わないでくれ。弱い者を労り互いに助け合い。
 どこの国の人とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。
 たとえその気持ちが何百回裏切られようとも。
 それが私の最後の願いだ。」

 大昔のヒーローが残した名台詞ですが、この言葉を体現したのがこの物語だと感じました。
 だからこそ、この物語の最後の最後に現れて幕を引くのがあの人物だったのだと・・・

ネタバレあり

結局悲劇の物語?

1期はストレートな展開で謎的部分や伏線もあり、前半の説明的ストーリーからすんなり入れました。が2期は少し把握するのに苦労しました。情報量が格段に増えて2期の中盤まで追うのが大変でした。それも終盤の怒涛のバトル連戦から引き込まれて楽しめました。

ストーリー・設定は全体を通して秀逸です。キャラも申し分ない。展開的にも戦争ものなので犠牲者は出ます。
生き残った仲間による語りによって始まる物語。そして最後にあの人も「マギウス」になってました。

でも結果「神つき」になって自分の命まで投げ出して皆を守った彼らは報われたのだろうか?
答えは・・・。
現実世界で一度信頼を失った相手を再び信じるのには膨大な時間が掛かります。ほとんどの場合が疑心暗鬼になり、結果修復不可能や一定の距離感が生まれます。
「命」と「記憶」を懸けたのに悲しい世界ですね。

最後にブルーを開放したカインがグッときました。

若干心残り

話は個人的に楽しめました。ロボット描写も文句なし。ただ最後の2話くらいは駆け足で終わらせました感が…。そういう意味ではうまく完結していない感じもしました。

楽しめました!

ストーリーの好き嫌いはあると思いますが、かなりのクオリティーだったと思います。エルエルフがかっこよかったですし!ただやはり仲間が死んでいくのは、悲しかったです...。あと少し疑問が残るendだったのでアナザーストーリー的なovaか3期作ってほしいですね❗️

ネタバレあり

引き込まれる

良い作品です。ヴァルヴレイヴ(ロボット)も複数でて、かなり面白く、機知に富んだ先読みとか、意外な秘密とか、楽しめる部分が多くあると思うのですが・・・。最終的に未消化、説明不足の部分が有り、全部話視聴後に疑問が山ほど出てきて、なんかすっきりしない。できれば、最後にその後と言うことで疑問を晴らす話があれば良かったのに少し残念でした。

ルーンとは

1stまではここまでの業をはらんだものだとは分からなかったが全体を通すと、しっかり楽しめました。ナレーションの「ヴァルブレイブ、それは世界を暴くシステム」というのも最後で伝わり。

ネタバレあり

計り知れない業・・・再び。

 1stを視聴してかなり経って後半を見ましたが、凄まじいですね。まさかコードギアスの他にタイトルの感想が出てくるとは思いませんでした。コードギアスとはまた違う形の業の表れでもあり、第三銀河帝国という新しい国家生誕の物語でもあります。
 確かに内容は怒涛の展開、少し詰め込みすぎの印象がありますね。それでもストーリーはしっかりしていますし、一応の決着は着いています。欲を言わせてもらえれば、本編に断片的に描かれていた未来の話をまとめて、その後の彼らの新しい帝国が生まれるまでの話として新たに最終回を作って欲しかったですねw個人的にはハルトが生き残り、サキとくっついて欲しかったですね~。サキとアキラが現存しているのは想像できましたが、まさか「あのキャラ」までマギウスとなって存在しているとは。これは視聴して確かめて欲しいですw
 まだまだ語りつくせないほどの魅力にあふれた作品、視聴を超お勧めです。

ネタバレあり

楽しめたけど…いまひとつ

楽しめました。
でも、見終わった感想は「何か足りない」。

たぶん締めが足りなかったんじゃないかな。
締める方向はいいのだけど、もう少し丁寧さが欲しかったかな。

あと、シーンや話単位ではいいのだけど、全体を通した時の昂揚感みたいなものが弱いかな。

ちょっとおもしろい材料をおもしろく調理してるからこそ、あと何かが加わったらずごく良い作品になったと思う。

決して悪い作品ではないし、楽しめると思います。
見る側としてハードルを上げてしまい、辛口感想になっている感があります。

道中の期待感を持ちすぎたかなぁ(-_-;)

これはおもしろい!

近年稀に見る名作になってたかも?
ラストが少々残念な終わり方ですかねー
もう1クール、3rdシーズンあればもっと深い処まで描写出来たはず!
よって、星四つですね!

ネタバレあり

うーん・・・・

もう1クールは欲しかったなぁと思いました。
最後の数話は詰め込みが激しすぎて
シーンごとの重みとか葛藤が薄くなってる気がしました。
設定、キャラクター自体はとても良かっただけに
話数の足りなさがとても残念に思います。

これは面白い

レビューなどを先に見ていて、「ああ、また悲惨な感じな後半と、肩透かしなエンディングになっちゃう作品だったのかー」と1期の終わりに思っていました。
が。これから視聴する方、ご安心を、好き嫌いが分かれるのはどうしようもないけれど、なかなか見ごたえ歯ごたえのある、「良質な娯楽」作品です。
思ってたよりずっと良い物語で、余韻に浸っているところです。
個人的にはTVシリーズ後のスピンアウト作品とかあると、嬉しかったなーと思うくらい。
ヒロインに付いても、何も不自然さは感じませんでした。あんな凄惨な状況で自身の感情は殺して役割を果たすだけ凄い。何かの弾みで信じきれなくなってしまう事なんて、人間いつだってあるのだしね。その後ちゃんと悔いて泣いてた彼女は自然です。
キャラ達が皆素敵。一押しはVVVパイロットチームかな。先輩、サンダー、漢ダゼ!
でも2期のOPテーマははっきり言って「うるさい」w

ストーリーの好き嫌いはあるが・・・・

ラストまでの展開は悲劇ですよね。見ていてとても辛くなった。主人公や仲間のためにカミツキになって戦ったメンバーは本当に報われたんでしょうかね。作品としてはよく出来ていると思いますが、ハッピーエンドとは言えないので、いろいろ考えさせられますね。まあ、それも作者の意図でしょうけど、後味はあまりよくないのでハート3つで。これは好き嫌いの問題です。テーマ設定やキャラ設定、作画、音響、演出・・・かなり頑張っている作品だと思います。ちなみに精神活動の「素」がこんな大きなエネルギーになるのであれば、エネルギー問題は解決しますね・・・。面白い設定ではありますな。

ネタバレあり

・・・

姫を助けるまでがピ-クでした・・・・
一期はOP&ED&キャラ&メカデザだけが取り柄の作品でしたが最終回でこれ面白くなるかも?といった作品で・・・期待を裏切らずコツコツコツコツ頑張って姫を助ける回までは加速度的に面白くなってきました・・・最終回までの数話で全てを台無しにするとは思っていませんでした・・・・何故こうなった・・・・そしてヒロイン?の株を大暴落させた挙句投げっぱなしにするとは思っていませんでした・・・姫を助ける回までで終わったとみれば結構な良作です・・・ただ最後まで見るとヒロイン側全般に殺意感じます・・・ハルト報われねえな・・・健気なサキとくっついていれば良かったのに。

面白かった

メカはかっこいいし登場人物たちは魅力的だし、話はドラマチックだし、ということで非常に面白かったです。

あの設定どこ行った、説明不足だみたいな話は、全部自分で解釈して想像して補完すればいいと思うのですが。そのあたりが気になってしまう人には、気になってしまうんでしょうね。
でも、いろいろ説明してたら話の勢いもなくなってしまうし、これで十分だと思います。

スタッフの皆様、非常に楽しい作品をありがとうございました!!

ハルトくん、好きな人選択、間違ったね・・。

 ヒロイン&普段から一緒にいた(ただし、一緒に戦闘していた仲間とクルーは別)連中、命を賭して戦闘してしていた仲間を信じてやれよ。。。誰のために戦っているのか。。と思ったり。
それに「呪われてる自分」の事、好きな人にはなかなか言えないのも当然だし。ただ、この反応だと当時言えたとしても「化物」扱いしそうかなぁ、とか。一般大衆の俗物のマネ、カッコ悪い。
割りと最初から、一見ツンデレサキちゃん、私は好きでしたし(笑)
  ※◯ョーコさんは最初からなんとなく、好きではなかったです(苦笑)
 
アニメ自体は、まぁ面白いと思うので♥3にしてます。

ところで・・・エルエルフくんのは予言、というか情報構築能力いかした予測じゃないかな(笑)

ネタバレあり

良かったような・・

 1期に比べキャラに感情移入出来始めたので毎週楽しみに視聴出来ました。
 ただ・・この終わり方どうなんでしょう・・消化不良感が・・特に200年後の「おうじ」が何者か妄想だけ掻き立てられて放置・・視聴者の想像に任せる終わり方はあまり好きではありません。どうやって200年後の国が出来上がっていったか気になります。

ネタバレあり

何かなあ・・

一期の終盤でようやく面白くなっていきコツコツ頑張って面白くなっていったのに最終回間近の数話で全てを台無しにしました・・そしてメインヒロインの株を底辺まで叩き落としそのまま終了というのが斬新すぎでした。
面白くなりそうな要素はあったのに非常に残念な作品です、別作品になりますが同時期に始まり当初は酷評だった銀河機攻隊マジェスティックプリンスが王道で硬派なスト-リ-で人気を得て最終的には大好評だっただけに余計に・・・・と言う感想です。

ネタバレあり

もったいない

設定を作ってストーリーを組み立ててみたら、尺が足りなかった。
そんな感じがします。

作品自体が面白いだけに、とてももったいない…。
(もっとも“世界を暴くシステム”という位だから、こういう終わり方もあり?)

時折はさまれていた未来の話や、ラスト5分の革命の様子など、どこかで補完されればいいなぁと思います。

ネタバレあり

後日談は作れるのか…

1期目からたまに「奇妙な未来?の展開」を伏線として小出しにしていたので、薄々2期でもまとまりきれないとは思っていましたが、その心配を見事にぶっ飛ばした「鬱・駆け足」な展開~終わり方に、いろんな意味で圧倒されてしまいました。

も~っと魅せてほしいキャラがたくさんいるので、今後も続編なりスピンオフなり、今後ももう少し頑張ってほしいと願います。

ネタバレあり

足りなかったもの

個々のキャラクターは好感の持てるものだっただけに人間関係の描写をもっと入れて欲しかった。
これが最終話まで視聴し終えた今の感想です。
特にハルトとショーコの絆は過去のエピソードをもっといろいろ見せて欲しいと思いました。
過去の記憶が作中で何度も重要なキーとなっているので余計にそう思います。
ロボットの戦闘については後半から様々な局面で行われるようになり楽しめました。
欲を言えば二号機の登場をあと少し早くして欲しかったと思います。
せっかく禍々しいギミックが満載だったのにもったいない。

ネタバレあり

クオリティは高い

 ヴァルブレイブの二期シリーズです。製作にも十分に力が入っていて、クオリティの高いシリーズです。二期は完結編になるのですが、うまく纏まらなかった印象でした。
 一期シリーズと比較すると、シリアスでハードな展開になります。主人公を含めて主役格(と言うか学生の殆ど)が死にますので、心しての視聴が必要です。ラストの方では仲間に追い立てられたり、ヒロインが主人公を敵に売り渡したり、と結構ハードです。最終話では世界が暴かれるところがダイジェストで語られ、宇宙人を相手にヒロインが清々しく語り、終わります。生きてるうちに和解して欲しかった。宇宙人は謎のまま。
 各話それぞれ見所があり、スタッフの力は間違いないと感じます。ただ話を収束させるため、伏線を刈り取るように登場人物を殺していった感じもします。残り二話での大逆転を信じた人もいたと思いますが、色んな意味で予想を裏切った作品じゃないでしょうか。

ネタバレあり

革命未だならず

秘密が暴かれこれから革命が!っと思ったら
最終回、ダイジェストみたいになっています
どうにも完結したという感じがしません
個人的にですが革命未だならずです。残念……

この作品の主人公2人の殴り合いシーンと
人間社会に潜み世界をコントロールしていた異星人を暴露は
映画ゼイリブを彷彿とさせます
ゼイリブは暴露されたところで終わりましたが
本作は暴露後の混乱と異星人狩りが少し出てきます
尺があればこの辺も詳しくやってたんでしょうか?
ゼイリブアフター見たかったです。残念……

ネタバレあり

ストーリーが・・・・

ストーリーが設定を生かせてないです

今更ですが………

正直、後2話程度で終わるのか不安です。

OPで姿を見せる2号機は一体、何時になったら現れるのでしょうか?
やはり、ここまで来ると最終回でハルトと最終決戦をする流れですかね。

それはそうと………
今更、知りましたが……3号機のパイロット山田ライゾウことサンダーって、茶道部だったんですね?

ふと、6月のアニメイトのキャンペーンで配られたステッカーを見て気が付きました。
一体、何を思って彼は茶道部に入ったんでしょうね。というより、剣道部とか柔道部じゃなかったんですねw
キャラとのギャップが激しすぎます……

本当に面白い

 激しくも、心を打つストーリーに感動しました。そして話が進むにつれ、今までのED曲とストーリーがリンクしていたことが分かるようになり、それだけに今後の主人公の行く末から目が離せません。
 今期の最高傑作だと思います。200年経っても変わらない約束…、最後まで見届けたいと思います。

うーん。今後は・・・。

書かれている方もいらっしゃいますが、とにかく2期は暗すぎますね。
私も21話を観て、結末が待てず投稿しました。

視聴者を引き付けるためなのかどうなのか、とにかく登場人物が亡くなっていきますね。
殺戮シーンも多すぎるかなとも思います。

もちろん「死」も大切なテーマで、考えさせられるテーマでもありますが、見せ方を間違えると
ただの悲しい物語になってしまいそうで残念です。

ただ、「化け物」(カミツキ)であるが為に、今までの友情や愛情までもが離れて行ってしまうのか。
「化け物」は日本人特有の無個性で、目立たない事に安心感や連帯感を覚え、そうでない人をいじめや突き放そうとしたがる民族性を表現し、メッセージを投げかけているのかなぁ。
なんて、深読みをしながら観ております。

いろんな意味で結末が楽しみです。

ネタバレあり

21話は・・・

21話はさらにひどいw
とにかく惨殺シーンがひどすぎる。

あと、目の前でハルトが殺されたときのショーコの悲しみかたがひどい。
死んでないことを知ってるかのような・・・。
好きな人が目の前で射殺されたらもっと泣くだろ悲しむだろ・・・。

ネタバレあり

予想通り

水樹奈々とT.M、二人とも紅白選ばれましたね。
この主題歌のおかげでしょう。
ただ、紅と白に分かれていることや、現在放送中のアニソンは権利が厳しいので、紅白でこの主題歌を歌うのは無理でしょう。
作品の感想としては、1期より良くなっています。
3つあったロボット作品は、結局ガルガンティアの一人勝ちでしたねえ。
作家の差ですかねえ。

最高

まじ最高。

オイオイヾ(・・;)

なんかガンダムに似てますね(^o^;)
だが…
面白い!!
一章で触れない箇所を
つついてくれるのはファンには
嬉しい♪今後にかなり期待しています。

ファーストガンダム?

大気圏突入で敵の攻撃を受けて敵地に降下って、ファーストガンダムのパロディ(オマージュ)ですかね?

ネタバレあり

使い魔(放熱機能付き)

攻撃するその姿は
まさにグッドラックモード!!

キャラクター

時縞ハルト

咲森学園2年生。ヴァルヴレイヴIのパイロット。ショーコのことが気になっているが言い出せないでいる。ドルシア軍侵攻の際、ヴァルヴレイヴに搭乗したことで得た人ならざる「マギウス」の力に葛藤していく。

エルエルフ

ドルシア軍特務機関に所属していたエージェント。ハルトにジャックされ、アードライを銃撃したためにドルシアから追われ、モジュール77に留まる。ハルトと契約してからは総理大臣の補佐や軍事指導を務めている。

指南ショーコ

咲森学園2年生。ハルトの幼なじみ。明るい性格で、男女問わず友人が多い。前ジオール総理大臣・指南リュージの娘にして、新生ジオール総理大臣となるが、ドルシア軍に人質に取られた父を目の前で失ってしまう。

流木野サキ

咲森学園1年生。ヴァルヴレイヴIVのパイロット。ジオールの人気アイドルだったが、今は活動を休止している。己の存在を意義付けるために「有名になりたい」という熱い想いを抱き、ヴァルヴレイヴに乗り込む。

犬塚キューマ

咲森学園3年生。ヴァルヴレイヴVのパイロット。お金儲けに余念がないが、その実、後輩にも分け隔てなく親しく接している。アイナの死をきっかけに自分の無力さを悔やみヴァルヴレイヴに乗り込むことを決意する。

山田ライゾウ

咲森学園2年生。ヴァルヴレイヴIIIのパイロット。不良グループのリーダーで通称「サンダー」。熱血漢で友情に厚く、ドルシア軍侵攻の際に失った仲間の復讐を誓い、自ら進んでヴァルヴレイヴに乗り込む。

連坊小路アキラ

咲森学園2年生。ヴァルヴレイヴVIのパイロット。SNSシステム・WIREDの開発者。学園内に設置したダンボールハウスに引きこもっていたが唯一の友達であるショーコを助けるためヴァルヴレイヴに乗り込む。

野火マリエ

咲森学園2年生。ショーコの親友。見た目に反し精神的には大人で、言葉少なに鋭いツッコミを入れることも。

霊屋ユウスケ

咲森学園2年生。男子文化部のリーダーで、機械関係の知識が豊富。ドルシア軍侵攻後はその知識を活かし整備班として活躍する。

連坊小路サトミ

咲森学園3年生。生徒会長を務めている。エリート気質で頭は良いが、ピンチに弱い。その一方で、どんな時でもアキラのことは一番に考える、妹想いな兄の一面も持つ。

二宮タカヒ

咲森学園3年生。0Gバレエ部に所属しており、女子運動部のリーダー。2年連続でミス咲森に輝く、少し高飛車なお嬢様系。

貴生川タクミ

咲森学園の物理教師。31歳。飄々としており、あまり教師らしくない言動が目立つ。実は咲森学園の生徒を監視するジオール軍の軍人。

七海リオン

咲森学園に教育実習でやってきた保健体育の教師。22歳。ちょっと天然だが生徒思いで、ドルシア軍侵攻を経て少しずつ教師として成長していく。

アードライ

エルエルフとカルルスタイン機関で訓練を受けたエージェント。咲森学園潜入時、ライバル視しつつも信頼していたエルエルフに左眼を撃たれ、以後、強い執着心を見せていく。

ハーノイン

カルルスタイン機関出身で、イクスアインとは唯一生き残った同期になる。陽気に振舞いチームを盛り上げるムードメーカー。ジオール侵攻後、上官であるカインに疑惑を抱き始める。

イクスアイン

戦闘中でも冷静に敵の動きを分析し相手の弱点を突く。カルルスタイン機関時代の教官であり、現在の上司であるカインへの尊敬は崇拝に近い。

クーフィア

いたずら好きで、やや過激な思考の持ち主。本人にとって戦闘はゲーム感覚で、命のやり取りを楽しんでいる節もあり、空気を読まずに行動することも。

カイン

カルルスタイン機関では教官としてエルエルフたちの指導をしていた。格闘術や戦術指揮においても、軍人として完璧な才能を発揮する。機関出身のエージェントを統率する、有能な指揮官でもある。

クリムヒルト

カインの副官を務める女性士官で、優秀な成績で士官学校を卒業したエリート軍人。カインの謎めいた行動に、疑念を抱くようになる。

リーゼロッテ

うら若きドルシアの王女。だが、アマデウスの革命により、現在は虜囚の身。幼い頃、逃亡するエルエルフと出会い、その命を救ったことがある。

ピノ

ヴァルヴレイヴIのコクピットモニターに表示される謎の少女。

プルー

ヴァルヴレイヴIIに関与する、謎の少年。

メカ・ロボット

ヴァルヴレイヴI

機体が生み出す光は硬質化する特性(硬質残光)を持つ霊長兵器。赤を帯びる1号機には近接・射撃・防御と標準的な兵装が設定されているが、その実は霊長兵器の力を余すことなく示すスペシャルスタンダードである。

ヴァルヴレイヴIII

巨大腕タイプの特能装備が印象的なヴァルヴレイヴの3号機。1号機の原動機関を複製したミラーレイヴを搭載している。長・近距離戦闘に優れているが、ミドルレンジでは決め手を欠くという極端な攻撃特性を持つ。

ヴァルヴレイヴIV

腰背部に特能装備を組み込んだ高機動タイプのヴァルヴレイヴ4号機。変幻自在の機動を見せつつ、近・中距離戦闘に優れた攻撃特性を存分に活かして、敵部隊の中枢を強襲する。

ヴァルヴレイヴV

全身に追加装甲をまとった防御タイプのヴァルヴレイヴ5号機。有効打が中距離戦闘のみという攻撃特性に限定してまで獲得した防御能力は、自機のみならず味方全体を守る難攻不落の大盾となりえるのである。

ヴァルヴレイヴVI

電子戦用アーマーを特能装備とするヴァルヴレイヴの6号機。従来のジャミング概念を越えた戦場支配能力はミステリアスな雰囲気の外観と相まって、もはや人間の理解を超えた「魔法使い」という表現が相応しい。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:松尾 衡 / シリーズ構成:大河内一楼 / 副シリーズ構成:三木一馬(アスキー・メディアワークス)+熊 剛(スクウェア・エニックス) / キャラクター原案:星野 桂 / キャラクターデザイン:鈴木竜也 / メカニカルデザイン:石渡マコト(ニトロプラス)+鷲尾直広+寺岡賢司+宮本 崇+柳瀬敬之+大河原邦男 / メカニカルアニメーションデザイン:鈴木卓也 / 美術監督:甲斐政俊 / 美術監督補佐:久保田正宏 / CGI監督:篠田周二 / CGモデルスーパーバイザー:小高忠男 / 色彩管理:甲斐けいこ / 撮影監督:田中 唯 / メカニカルコーディネーター:関西リョウジ / SF考証:三輪清宗 / 音響監督:三間雅文 / 音楽:千住 明 / アニメーション制作:サンライズ /

キャスト
時縞ハルト:逢坂良太 / エルエルフ:木村良平 / 指南ショーコ:瀬戸麻沙美 / 流木野サキ:戸松 遥 / 犬塚キューマ:小野友樹 / 山田ライゾウ:中村悠一 / 連坊小路アキラ:悠木 碧 / 野火マリエ:福圓美里 / 霊屋ユウスケ:吉野裕行 / 連坊小路サトミ:浪川大輔 / 二宮タカヒ:寿 美菜子 / 貴生川タクミ:羽多野 渉 / 七海リオン:堀江由衣 / アードライ:福山 潤 / ハーノイン:宮野真守 / イクスアイン:細谷佳正 / クーフィア:梶 裕貴 / カイン:小野大輔 / クリムヒルト:水樹奈々 / リーゼロッテ:豊崎愛生 / ピノ:茅野愛衣 / プルー:代永 翼 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}