動画が再生できない場合はこちら

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版

8

0

0

1

0

1

すべては、振り出しに戻る。

OVA版を元によりスケールを増して公開された劇場版。極秘文章「ペールゼン・ファイル」…。そこには「異能生存体」と呼ばれる特異遺伝子(不死)の秘密が記されていた。そこに着目したギルガメス軍情報省次官フェドク・ウォッカムは、ファイルにあった「キリコ、バーコフ、ゴダン、ザキ、コチャック」の5人をモルモットのごとく過酷な戦場に送り込んでゆく。そして、百年続いた戦争が終わりを迎えようとする時、両軍の雌雄を決する大作戦が行われようとしていた。惑星モナド攻略戦…その中心には5人の異能生存体の姿があった…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(2件)

OVAを見ていなければありかも

OVAの総集編という印象があった。
OVAのポイントとなる場面は総ざらいしているので、未視聴であれば短時間で内容を掴めるかと思います。

逆にOVAを見た後の場合はカットした場面が気になってしまい、なかなか集中できませんでした。
ただ、EDのカットは目新しい場面がありました。
OVAの記憶が薄れたころに復習で見るのはありかもしれません。w

俺達は死なねぇー!!

元のOVAの中でも戦闘シーンが多いエピソードを中心に構成してあるのでTV版以降では最も戦闘を楽しむことが
できる作品です。
癖の強い分隊メンバーのお陰で屈指の男臭い話の上、相変わらずキリコに関わった権力者は地獄に引きずり込
まれる展開はボトムズらしいと言えましょう。
序盤のタイバス渡河作戦のBGMが変わっているのでOVAと雰囲気が変わっているのも見どころです。
ちょっと残念なのはワップ曹長の出番が随分少なくなっているところぐらいでしょうか。
見放題のOVA視聴後はこちらも視聴することをオススメします。

キャラクター

キリコ・キュービィー

ペールゼン大佐が創設した残虐なる吸血部隊レッドショルダーに入隊したことは彼の脳裏に重く暗い影を残すが、キリコが過酷な運命を背負うことになる本当の理由は死なない個体『異能生存体』と目されたことだった。

ノル・バーコフ

荒くれぞろいのボトムズ乗りの中ではインテリともいえる人物を買われ、キリコらの分隊長に任命される。しかしその内面には他の兵士たちと同じく彼にも忘れたい過去と自分でも嫌になる臆病さが付きまとう。

ガリー・ゴダン

反抗的、暴力的、私欲的。強靭な肉体を持ち、ATに乗れば目の前の敵を躊躇なく殺戮する。典型すぎるほどに兵士だが、ゆえに味方の中にも命を狙う者が少なくない。その割り切った性格は魅力的ともいえる。

ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ

キリコと地獄を巡る分隊の少年兵。あまのじゃくで情緒不安定、特にキリコに対しては初対面から理解不能な攻撃衝動を持つ。反面、ひねくれてはいるが純粋な部分があり、一番の仲間思いでもある。

ダレ・コチャック

元技術者という自己申告に違わず、戦闘ではとびぬけて無能。そのATに関する知識は分隊を救うことがあるが、彼の生き延びてきた本当の理由は生来の臆病さと卑怯さかもしれない。

フェクド・ウォッカム

情報省次官というキャリアにありながら、更なる地位を狙う野心家。異能生存体に関する暗号文書『ペールゼン・ファイル』、それを記したペールゼンすらも手中におさめ、不死部隊の完成をもくろむ。

ヨラン・ペールゼン

究極の戦闘集団の創造という理想のもと、最強の特殊部隊レッドショルダーを創設した。囚われの身になった後も彼の残した『ペールゼンファイル』が異能生存体の誘惑を持って多くの者を狂わせる。

コッタ・ルスケ

ウォッカムからただならぬ信頼を受け付き従う秘書官。

メカ・ロボット

ATM-09-ST スコープドッグ

百年戦争を代表するATで、バーコフ分隊もスコープドッグに搭乗する。アームパンチなどの様々な機構を備え、ヘビィマシンガンの携行武器やアイスブロウワーの各種装備などのバリエーションで多様な活躍を見せる。

ATH-06-WP ダイビングビートル

ギルガメス軍のH級AT。高い機密性で水中活動も可能なうえ、脚部に湿地走行用スワンピークラッグを備える。タイバス渡河作戦では急勾配の踏破を可能にする『スプリングボビン』の設置が主な任務。

ATM-14-ST スタンディングトータス

M級といわれるスコープドッグに対し、重量級という見た目のギルガメス軍H級AT。前線に大量配備されているスコープドッグと比べると戦場で見かけることは少ないが、そのパワーと強力な装備火力で存在感を示す。

B・ATM-03 ファッティー

ギルガメスと対立するバララント軍の主力AT。宇宙用などいくつかのバリエーションが存在するが、バーコフ分隊の初任務では大型のグライディングホイールを装備した地上用と呼ばれるタイプと遭遇する。

B・ATM-04 チャビィー

ファッティーと比べて、やや小型なバララント軍のAT。背部を換装した地上用・宇宙用のバリエーションが確認され、さらにはアイスブロウワーを装備すれば雪上戦闘も繰り広げる。ファッティーとの共通武装も多い。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇+高橋良輔 / 監督:高橋良輔 / シリーズ構成:吉川惣司 / キャラクターデザイン:塩山紀生 / メカニカルデザイン:大河原邦男 / チーフディレクター・総作画監督:竹内一義 / 美術監督:鈴木俊輔 / CGIディレクター:畑田裕之 / 編集:瀬山武司 / 音響監督:浦上靖夫 / 効果:庄司雅弘(フィズサウンド) / 音楽:乾 裕樹+前嶋康明 / アニメーション制作:アンサースタジオ / 企画・製作:サンライズ /

キャスト
キリコ・キュービィー:郷田ほづみ / ノル・バーコフ:長嶝高士 / ガリー・ゴダン:江川央生 / ゲレンボラッシュ・ドロカ・ザキ:矢部雅史 / ダレ・コチャック:後藤哲夫 / フェクド・ウォッカム:石塚運昇 / ヨラン・ペールゼン:大塚周夫 / コッタ・ルスケ:銀河万丈 / ナレーション:銀河万丈 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}