動画が再生できない場合はこちら

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び

36

0

0

1

2

5

砂漠の流星が奴を呼ぶ。

新世代ボトムズ第三弾。「赫奕たる異端」と「幻影篇」との空白期間を描く。“アレギウムの赫い霍乱”でマーティアルを追放されたテイタニアは、教団の追撃を受けながらもキリコの行方を掴む。キリコの目的地とは、仲間たちが住まう砂漠の交易都市“グルフェー”であった。道中キリコは偶然にもバニラの娘・ステビアと出会い、グルフェーへ同行する。しかし、街は利権を狙うメルキア軍「黒い稲妻旅団」250機のATが包囲する緊張状態にあった…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

禁断解除2

流石に201*年代の作品でもあり、本編続編としては
綺麗です。
この次が無いのが残念ですよ!番茶さん!!
バニラ、ココナがまだまだ出てくると思うと
我慢出来ずにDVD頼んでしまいました。

ふたたび、ただひとり

キリコはたえず戦いの中でのみ人と出会い、追われ続けてきた。
安住の地を持つ人間は彼の元を離れ、または自ら別れ、キリコと戦う者だけが彼を追う。
そして彼を求める者は戦う者であり、フィアナに彼への愛をたくされたテイタニアもまた、戦いで愛を表現する。
そう考えると、フィアナはキリコを愛して死んだが、それは戦いという形の愛を否定した結果だったのか。
テイタニアも自身の愛に結論を出すためにキリコを追ったが、戦いではない愛へ傾き始めたときに、死んでいったのかもしれない。

初代からリアルタイムで見続けて、もういい年ではあるが、そういう解釈をしてしまう。

テイタニアのための物語

前作から気になっていたテイタニアも登場し、うれしかった。
ゴートやバニラ、ココナといったおなじみのキャラの30年後が見れたのもうれしかったし、エンディングを見るに「ああ今回の話は、テイタニアのための物語だったのかな」という気が。

こえい再びを終え

監督がそろそろ疲れているのか、どうも物語にメリハリとテンポが感じられ無いCGはよく頑張っているが、もうずっと追いかけてきたファンのためのものとしてならこれからも楽しめるが、新規の方には少々古臭い作りだと思いました。ボトムズ大好き、でも人にはオススメしないかな〜バンダイのプラモ以外

キリコが不憫でならない

フィアナを失い旅を続けるキリコ。その道中、思いがけず再開する旧友たち。

幸せな家庭を持ったココナとバニラ、そしてゴートたち。
その三人とキリコの対比がとても悲しい気持ちになってしまう。

そして、キリコを追い続けたティタニアの死。

また孤独な旅に出るキリコ。キリコが安らぎを得られるのは死ぬ時だけだろう。
そこで異能生存体という出自が彼を苦しめる。

本当に彼が不憫でならない。

ネタバレあり

そして、また独りの旅へ

『我々は一人で世の中を歩いている。
我々が望むような友情は夢であり、寓話である』
(ラルフ・ワルド・エマーソン)


だとしても、キリコの行動は関わりのあった他者への、最低限の『義』を示している。
だからこそキリコは特殊な境遇ではあるが、その生き様が我々の共感を生むのである。

ふたつの孤独な魂

メカのCGはペールゼンファイルズの頃と較べると手書き部分との齟齬がほぼ気にならなくなり、お蔭でバトルアクションとストーリーに集中できました。(それでもメカが綺麗過ぎるのは昔のセルアニメをよく知る年寄りには居心地悪いですが・・)ストーリーのラストは誇り高いテイタニアに相応しく、この上なく切なく哀しく、そして美しい。キリコの誠実さによって、人として一人の女性として救済される彼女の最後に胸が熱くなりました。決して上出来とは言えない高橋監督の原作を、脚本とコンテの力でここまで仕上げて見せた池田成氏の力量には感服しました。

ネタバレあり

テイタニア物語

原作とはかなり脚色が変わっていますが、テイタニアをどうするかというTV版の続編を作ってしまった以上
避けられない問題に決着を付けた作品です。
幻影篇がはっきり言ってものすごい消化不良な出来だったので、こちらの作品に救われたというのが
劇場公開時の感想でした。
ペールゼン・ファイルズの時よりもATのCGも自然な感じになっており違和感なくボトムズ世界に溶けこんで
います。
原作よりもテイタニアがクローズアップされているので表題の通りこの作品はテイタニア物語と呼んで
良いでしょう。
良い出来なのでオススメします。

キャラクター

キリコ

32年間のコールドスリープから目覚め、「アレギウムの赫い霍乱」を引き起こしたことで様々な者から命を狙われている。かつての仲間たちが暮らす砂漠の交易都市グルフェーへ向かう。その目的は不明。

ステビア

バニラとココナの長女。3人の兄たちと商会を手伝っている。交易衛星でキリコと出会い同行する。戦いの雰囲気を放つキリコに嫌悪感を抱く。

ギャッシルマン

マーティアルの武闘派組織を率いる聖職者。教義遵守を掲げ、「黒い稲妻旅団」への反抗を扇動する。黒い稲妻旅団と通じており、法院長の座を約束させている。

メカ・ロボット

ATM-09 スコープドッグ

ギルガメス軍に広く普及した標準的なAT。

ATM-09-DD バーグラリードッグ 黒い稲妻旅団仕様

足回りを砂漠仕様の「トランプルリガー」に換装した機体。黒い機体に稲妻型の通信アンテナが特徴。従来のものと「トランプルリガー」の形状が異なる。「ドロッパーズフォールディングガン」を装備する機体もある。

X・ATH-11 エルドスピーネ

マーティアル教団が独自に配備するAT。「ザイルスパイト」を装備しており、ケーブルつきの銛を打ち出すことができる。

X・ATH-11 エルドスピーネ テイタニア専用機

マーティアル教団が独自に配備するATで、テイタニアが搭乗するものは機体色が異なる。「ザイルスパイト」を装備しており、ケーブルつきの銛を打ち出すことができる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇+高橋良輔 / 監督:高橋良輔 / 脚本・絵コンテ:池田 成 / キャラクターデサイン:塩山紀生 / メカニカルデザイン:大河原邦男 / CGIディレクター:畑田裕之 / 美術監督:野村正信 / 音響監督:浦上靖夫 / 音楽:織田哲郎+乾 裕樹 / チーフディレクター・総作画監督:竹内一義 / アニメーション制作協力:アンサースタジオ / エンディングテーマ:TETSU「いつもあなたが」 / 製作:サンライズ /

キャスト
キリコ:郷田ほづみ / ゴウト:富田耕生 / バニラ:千葉 繁 / ココナ:川浪葉子 / ステビア:桑島法子 / ソルティオ:陶山章央 / ギャッシルマン:櫻井孝宏 / テイタニア:松岡洋子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}