動画が再生できない場合はこちら

境界の彼方

39

0

0

0

1

7

先輩は、どこにも行ったりしませんよね。

半妖の少年、神原秋人はある日の放課後、屋上から今にも飛び降りそうな少女と出会う。彼女の名前は栗山未来。異界士の中でも特異な呪われた血を持つ一族の最後の生き残りだった。変わらない部室。変わらない日常。変わらない世界。そんな毎日を過ごすはずだった。だが、一人生き残った少女と半妖の少年が出会った時、世界が一変する…。「ある一族」たった一人生き残った少女 と、存在しないはずの「半妖」の少年。二人の物語。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

ストーリーが

映像、音楽、声優、アクション、演出、キャラクターと流石に京アニと
言わしめるくらいの完成度。素晴らしいです。
ただ、ストーリーが伏線残しまくりで投げっぱなしのジャーマンスープレックス。
かなり重要な部分として、主人公とは結局どんな存在なのか、敵であるあの男の目的は、
母親の存在に関して、ヒロインの一族が何故忌みの対象なのか、なんで最後にヒロイン
が戻ってきたのか。
自分が見てる分には作品内でそれらの情報はありませんでした。
ぼーっと見てたから見逃したのか、最初から語られていなかったのかはわかりません。
劇場版があるのでそちらで語られてるのかもしれません。
アニメ版だけでは何かもやもやした作品だったなとは思います。

良かったです

中二世界全快の中二・ジャンル・モノです。教科書通りの王道。第一話から守ってあげたくなるようなメガネ女子に殺されかけます。ここで主人公が不死であると明かされます。性格は善良で面倒見がいい。少し突き放した感じですが、ところがどっこい、やっぱり優しい・・・。そして何かありそうな思わせぶりな台詞の連続。お嬢様的な女子には上からアプローチされて、鈍感なためスルーしてしまう。マジですか・・・。こんな設定は序の口で、主人公には素晴らしいパワーの妖怪が・・・おっとアヤカシが封印されていて、ピンチのときに発動します。暗躍する何とか家とか、何とか組織がおり、これに翻弄されながら、超展開に突入していく。最後は愛の力で悪を倒します。このラストがいい。ヒロインの健気さと主人公の頑張り。すべてを洗い流して、涙がこぼれます。良識と言う境界を越えて、その彼方は純粋過ぎました。見てよかったと思いました。お勧めですよ;;。

ネタバレあり

恐怖最悪級のバッドエンド

流石は、京アニです。
表情も仕草も細やかで、
ちょっとした変化や動作で
笑ったり、ハラハラドキドキさせられたり。

それと、主人公/ヒロイン以外の登場人物が、
これまた色々といいんですよね。

さらに戦う場面も良く描き込まれていて
しかも視点描画に工夫も凝らされていて
とても面白かったです。

謎が沢山残されてしまいましたが、、、
皆さん各自で想像致しましょ。


えっ、なぜ恐るべき最悪のバッドエンドなのかって?

だって、主人公とヒロイン、各人のことをよくよく考えてみると、
このまま行ってしまうと次世代に出現してくるのは、、、
まあ詳しい事情は、あの母親に聞かないといけませんが。

そうそう、2周目の視聴して、ふと思ったんですが、
初めての時、うっかり指環を嵌め忘れてたら、
あの、、、ジュウウウッ ってなっちゃうのかしら?

あと、近畿日本の方は分かるのですが、DF牽引の方の素材は何?

ネタバレあり

Good job!

いいです、とても。気持ちがあったかくなりました。

魅力的なキャラとトーク(ギャグ?)

ハートマークをもう一つ付けたいほど気に入った。これだけ色んな要素を盛り込むとグダグダな作品になってしまいそうだが、キャラクターの存在感と絵のまとまりで魅力的にまとまっている。惜しむらくは、12話にまとめるためラストにほんの少しむりがある気がするが「これもアリ!!」と思わせられる。原作は読んでいないが、続編があれば是非みたい。 お勧めである!!

ネタバレあり

京アニクオリティでアクションやったら凄かった

一気に見てしまいました。髪が揺れたり光に溢れたり、ひとつひとつのシーンは珠玉のできで、大きなストーリーを紡いでいきます。アクションシーンはリズムが良いのでさらっと見てしまいますが、良く見ると前例がないくらいぬるぬる動いていて、青春ファンタジーじゃなくて実はそっちがメインなのかと思いました。音楽は前に出てこず上手に馴染んでて、映画っぽい作りになってます。らきすたハルヒの時期の勢いも良いですが、日常、氷菓、これと最近の京アニは最高品質なものを静かに作り続けている感じがします。視聴期限切れる前にもう一回見ようと思います。一度じゃもったいない。

不愉快じゃありません!

設定も解りやすいし
ストーリーの暗さを
各キャラの優しさとボケとツッコミが救っています

眼鏡美少女好きの変態がんばれ!

丁寧

パッと見、「キミ大丈夫?」と声を掛けたくなるようなヒロイン(未来)の容姿・言動なのに、異界士としては「血の能力」を多彩に活用して大立ち回り。ギャップの良さを感じます。

ことある毎に、男性陣がそれぞれの趣味嗜好に浸りまくった主張を叫び、その対処に戸惑う未来と、慣れた口調で冷ややかなツッコミ・口撃を続ける美月。お話の本筋とはあまり関係ないのでしょうが、「日常の一コマ」としてこのやりとりを毎回楽しみにしてます。

個人的に上条くんや阿良々木くんのような、異常なほどの「お人好し・やさしさ・おせっかい」の主人公設定がたまらないですね。この主人公の若干の「〇〇の違和感」も慣れれば好きになりますよ。

キャラクター

栗山未来

血を操る系譜の異界士。だがその能力は異界士の中でも異端とされ、敬遠されている存在。とある事件がきっかけで妖夢が苦手になったため収入源が断たれ、それゆえ生活は貧窮している。盆栽と不愉快ブログが趣味。

神原秋人

半妖という存在で、不死身特性を持つ。稀有な存在ゆえに、異界士にも妖夢にもなれず孤独を感じているが、本人はそのことから目を背けて生きてきた。大の眼鏡好きで、自らをメガネストと称している。文芸部所属。

名瀬美月

異界士として名を馳せる名瀬家の次女。監視目的で秋人と一緒にいるが、実際は秋人のことをすごく心配している。秋人とは腹を割って話ができる仲でサディスティックな言動がデフォルト。文芸部部長。

名瀬博臣

名瀬家の長男。美月の兄。秋人とは過去に事件があったらしいが、今では冗談を言い合える間柄になっている。極度のシスコン。異界士の能力の弊害として極度の冷え性でマフラーやストールを巻いている。

新堂 愛

彩華の写真館に居候している猫の妖夢。普段は人型をしているが、力が弱まったりするとスコティッシュフォールドの猫又に戻る。彩華のお手伝いや写真のモデルなどをしている。

新堂彩華

狐の妖夢なのだが、異界士を生業としている変わり者。昔からこの土地に住まう強力な妖夢らしい。表向きは写真館を営んでいるが、異界士相手には妖夢石の鑑定なども行っている。

二ノ宮 雫

肉弾戦を得意とする異界士。普段は秋人たちの学校の教師をしている。サバサバした性格で美人なのだが、色々残念な面もあるためよく男性に振られる。何より勝負服のセレクトが残念。

伊波 桜

未来が昔お世話になっていた家の次女。姉である唯を殺した未来を追って長月市にやって来た。肉弾戦を得意とする異界士。

藤真弥勒

異界士協会から派遣されてきた男。掴みどころがなく食えない性格で、何かと不審な行動を取っている。

名瀬 泉

名瀬家の長女で博臣と美月の姉。凄腕の異界士で檻の能力に優れた名瀬一族の中でも数名しか使えない『凍結界』を使役することができる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:鳥居なごむ / 挿絵:鴨居知世 / 発行:KAエスマ文庫/京都アニメーション / 監督:石立太一 / シリーズ構成:花田十輝 / キャラクターデザイン:門脇未来 / 美術監督:渡邊美希子 / 色彩設計:宮田佳奈 / 小物設定:髙橋博行 / 妖夢設定:秋竹斉一 / 撮影監督:中上竜太 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:七瀬 光 / 音楽制作:ランティス / アニメーション制作:京都アニメーション / 製作:境界の彼方製作委員会 /

キャスト
栗山未来:種田梨沙 / 神原秋人:KENN / 名瀬美月:茅原実里 / 名瀬博臣:鈴木達央 / 新堂 愛:山岡ゆり / 新堂彩華:進藤尚美 / 二ノ宮 雫:渡辺明乃 / 伊波 桜:豊田萌絵 / 藤真弥勒:松風雅也 / 名瀬 泉:川澄綾子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}