動画が再生できない場合はこちら

劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-

13

0

0

0

2

1

本物のヒーローが、ここにいる

『NEXT』と呼ばれる能力を使って、街の平和を守る『ヒーロー』が存在する都市シュテルンビルト。ピークを過ぎたベテランヒーロー、ワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)が会社から命じられたのは、新人ヒーローのバーナビー・ブルックス Jr.とコンビを組むことだった。能力は高いが、生意気なバーナビーと頑固者の虎徹のコンビは果たしてうまくいくのか…。大ヒットアニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版第1弾。TVシリーズ第1話、第2話をベースに大幅な新作カットを投入し、TVでは描かれなかったビハインドストーリーを織り込んだハイブリッドエピソード。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)BNP/T&B MOVIE PARTNERS

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

過去に戻る

時間を空けずに過去もの。やや不完全燃焼だが悪くなかった。
当然だが、JKがふたたび性格悪くなっており、シリーズ見終わった後に見るとなかなか新鮮だ。
もうちょっと最後の捕り物の結末を頑張ってほしかったが、『ソツがないタイバニ』という評価(俺評価)を裏切らないいつものタイバニだったのでまあいいでしょう。
ちなみに序盤が、テレビシリーズに、チョボチョボ新作カットというスタイルで見るのをやめたくなるが、中盤メイン敵役が出てきたら以降はもう完全新作なので、そこまで我慢してみることをお勧めする。

総集編と思いきや?

7割が新作でした。
虎徹の過去も語られ、TVシリーズに続く設定も含まれ納得の作品です。

ネタバレあり

タイバニ入門編

1話と2話の焼き直しと3話の前に入る新エピソードで構成されています。
タイバニのファンはやはり25話の後の話が見たいのでそういう意味からすると物足りない、というのが
本音。
オジサンの格好良いシーンが新作部分にはあまりないのも減点対象。
タイバニを見たことがない人が入門編として見るには良い作品だと思いますが、The Risingと見比べると
やはり物足りない。

ネタバレあり
キャラクター

鏑木・T・虎徹

正義感が強く、自らのヒーロー像に確固たる信念を持っている。人情家で、なによりも市民の安全を守ることを第一に考えており、勢い余って周囲の建造物などを壊すこともしばしばある。

ワイルドタイガー

アポロンメディア所属のベテランヒーロー。本名は「鏑木・T・虎徹」。能力は「5分間だけ身体能力が100倍になるハンドレッドパワー」。パンチが得意。「ワイルドに吠えるぜ!!」が決めゼリフ。

バーナビー・ブルックス Jr.

TVやファンの前では好青年だが、ヒーローは仕事として考えているクールな青年。無駄なことが嫌いで合理主義。“スマートにカッコ良く”がモットー。ある目的のため、ヒーロー時も本名と素顔を公開している。

バーナビー・ブルックス Jr.

アポロンメディア所属のルーキーヒーロー。唯一本名の「バーナビー・ブルックス Jr.」で活動する。能力はタイガーと同じ「5分間だけすべての身体能力が100倍になるハンドレッドパワー」。キックが得意。

カリーナ・ライル

ヒーロー時は会社側からセクシーでクールな女王様キャラを要求されているが、普段は快活な普通の女子高生。自分の歌を歌いたいと思っており、歌手になるのが夢。

ブルーローズ

タイタンインダストリー所属のアイドルヒーロー。本名は「カリーナ・ライル」。氷を操る女王様キャラで、歌って踊れる大人気のヒーロー。困った時は得意の「キューティエスケープ」を華麗に披露する。

アントニオ・ロペス

虎徹とは昔からの親友で、プライベートでもよく飲みに出掛けている。何でも言い合える間柄。虎徹に娘がいることも知っている。

ロックバイソン

クロノスフーズ所属のヒーロー。本名は「アントニオ・ロペス」。能力は「強靱な皮膚(堅い)」。虎徹と親友のベテランヒーロー。

ホァン・パオリン

幼少時より格闘技の英才教育を受け、ヒーローになるべくシュテルンビルトに来た明るい健気な女の子。女の子らしくすることは苦手で一人称は“ボク”。

ドラゴンキッド

オデュッセウスコミュニケーション所属のヒーロー。本名は「黄宝鈴(ホァン・パオリン)」。能力は身体から稲妻(電撃)を発することが出来る。カンフーの使い手でもある。

ネイサン・シーモア

ヒーロー時の所属企業ヘリオスエナジーのオーナー。洞察力に優れており、普段はヒーロー達の間を取り持ったりと面倒見の良い世話好き。ボディータッチが得意。

ファイヤーエンブレム

ヘリオスエナジー所属のヒーロー。本名は「ネイサン・シーモア」。能力は「炎を操る」。オネエ言葉のヒーロー。ヘリオスエナジーのオーナーでもある。

キース・グッドマン

爽やかな風貌で毎日の努力を怠らない超真面目な好青年。ランキングトップだが、驕らずヒーロー達からの信頼も厚い。やや天然の一面も。愛犬ジョンを飼っている。

スカイハイ

ポセイドンライン所属のヒーロー。本名は「キース・グッドマン」。風を操る能力者。ランキングトップに君臨する、老若男女に人気のキング・オブ・ヒーロー。

イワン・カレリン

ヒーロー養成アカデミーの卒業生。ヒーロー時のパフォーマンスや、容姿とはうらはらに普段はおとなしく消極的な性格。和の文化に強い関心を持っている。

折紙サイクロン

ヘリペリデスファイナンス所属の忍者ヒーロー。本名は「イワン・カレリン」。能力は「擬態化」。『HERO TV』の中継では見切れてスポンサーロゴをアピールすることに燃えている。

ユーリ・ペトロフ

シュテルンビルト司法局に勤務する裁判官。誠実な裁定に定評があるが、何やら秘密の匂いがする人物である。

ロビン・バクスター

シュテルンビルトに現れた正体不明のNEXT。街の平和の象徴として親しまれる「スタチュー・オブ・ジャスティス」を盗み出した張本人。インラインスケートに関する天才的なセンスを発揮してヒーローを翻弄する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画・原作:サンライズ / 監督:米たにヨシトモ / 脚本・ストーリーディレクター:西田征史 / キャラクター原案・ヒーローデザイン:桂 正和 / キャラクターデザイン・総作画監督:羽山賢二+板垣徳宏 / デザインワークス:小曽根正美 / メカデザイン:安藤賢司 / 企画協力:さとうけいいち / 作画監督:渡邉元子+山本美佳+板垣徳宏+実原 登+井畑翔太+津幡佳明+中野圭哉 / 色彩設計:永井留美子 / 美術デザイン:児玉陽平 / 美術監督:大久保錦一 / 3DCGディレクター:笹川恵介 / 撮影監督:田中 唯 / 編集:奥田浩史 / 音響監督:木村絵理子 / 音楽:池 頼広 / 制作:サンライズ / 製作:T&B MOVIE PARTNERS /

キャスト
鏑木・T・虎徹:平田広明 / バーナビー・ブルックス Jr.:森田成一 / カリーナ・ライル:寿 美菜子 / アントニオ・ロペス:楠 大典 / ホァン・パオリン:伊瀬茉莉也 / ネイサン・シーモア:津田健次郎 / キース・グッドマン:井上 剛 / イワン・カレリン:岡本信彦 / ユーリ・ペトロフ:遊佐浩二 / ロビン・バクスター:山口勝平 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}