動画が再生できない場合はこちら

Gungrave

202

0

1

4

7

32

奈落の底から吹き上げる風が、
すべてを破壊する。

とある都市を牛耳る犯罪組織「ミレニオン」の顔であるハリーとブランドン。ある日ハリーは、最新技術で死人を「再生」し、無敵兵士として蘇らせるという計画の存在を知る。その計画を利用してミレニオンを乗っ取ろうと企むハリーを止めようとするも、ハリーに射殺されてしまうブランドン。ミレニオンのボス・ビッグダディはハリーを止めるため、ブランドンを「死人兵士」ビヨンド・ザ・グレイヴとして蘇生させる。巨大な二挺拳銃と、武器を満載した棺桶を携えた人間兵器・グレイヴは、蘇る記憶との葛藤にさいなまされながら、ハリーの野望を阻止すべくかつての仲間たちを倒していく。野望と友情と男の意地が錯綜する中、2人の銃が火を吹く!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(44件)

漢の義務教育

何度見ても感動します。
EDのブランドンとハリーが心を通わせた時に色が元に戻るのは有名なので見る前から知っていましたが、
いつもならいくつかの銃が映っているシーンで、1話目だけ二人が撃ち合った銃が2つ並んでいるのに気づいた時息をのみました。何というニクイ演出…。
ミカは1度目見た時は少し苦手でしたが、2回目は感情輸入できるいいキャラクターでした。過去が長いという意見も見かけましたが、私は逆に描写に時間をかけることで、本来なら憎むべき存在のハリーに対して何とも言えない切なさというか、道は外れてしまったけど一つに男の生き様を感じました。何といっても無口なブランドンが最後に自分の気持ちを告白したところは何度見ても泣けてきます。
作画が少し残念なところがあったかなぁという気もしますが…そんな些細なこと気にならなくなるくらい心に沁みるクールなアニメでした。最高です!!!

ネタバレあり

お前の墓は何処だ

昔話が長すぎー。
チンピラにマフィア・ファミリー、こういう世界には関わりたくないけれど、怖い物見たさはある。
前半の成り上がり物語は興味深かった。
ブランドンの神懸りな銃捌きが謎なので1エピソードくらいあれば良かったと思う。
ブランドンの一途な想いと波乱の半生が切ないです。
ハリーの狂いっぷりと逆恨みっぷりが半端ないです。

本編から始まり、すぐに昔話へ。
前半は昔の思い出話。
中盤で出会いと起動。
後半からやっと本編。
ちょっと冒険した編集だと思う。

あぁ名作、でも切ない……

あちらこちらで名作だと言われているので視聴
正直最初の数話はいまいち乗り切れなかった。
怪物がいる世界なのに出てこないし。
でも二人がミレニオンに入ったあたりからぐんぐんひきこまれ気が付けば三日で全話見てしまった。 
まるで洋画か海外ドラマを見るような濃度
声優の演技にもはまった
特にハリーの青年期を演じた浜田さんは齢を重ね狂気をえていくハリーをみごとに演じていた。
コーラサワーのような軽い声質のイメージがあったから低い声にとても驚いた。

ネタバレあり

後ろ暗い業界を駆け抜けた男たちのお話

ゲーム原作のSFヤクザ成り上がりバトル抗争もの。二人の男、ブランドン・ヒートとハリー・マクドゥウェルが栄達と野心を胸に秘めて生き抜くお話し。前半1クールはブランドン・ヒートから組織とハリーを見た視点とその青春。後半は抗争に巻き込まれた少女ミカを守るために歪んだ組織や過去の仲間と戦うお話。ゲームとは違ってヤクザ成り上がりと友情と家族愛が中心に据えられているので結末は異なっている。ほとんどの人の見終えた感想は爽やかに悲しいお話だと思われる内容だろうというか泣く。作品の欠点があるとしたらミカの演技や役回りが過剰にヒステリック気味にされているので、抗争に巻き込まれた普通の少女の動転や驚愕よりも不快感が前面に出てしまっている。それを我慢して見終えると気づくのだ、少女がやはり父親である先代親分の血をちゃんと引いていることに。たぶんあのお嬢ちゃんすごく強い女に成長するわ。

ネタバレあり

よかった!

マフィア社会だから残酷な面はありますが…
ブランドンとハリー、特にハリーの屈折した感情が面白い。
惜しい面もたくさんあるけれど、それでもよかった‼︎
最後までの視聴をおすすめします。

最終話で全部もってかれた

毎回最終話で見るたびに漢泣きしている。愛ゆえに人は苦しまなければならぬのだ。だが愛のために戦う者もまたいるのだ。そんな漢達の人生物語。

ネタバレあり

gungrave

「友情」と「復讐」、「鉄の掟」の三大テーマを見事に昇華しきったのは原作ありきといえども、名作アニメといわざるをえません。
gungraveは元々はPS2のガンアクションゲームですが、原作を知っている人にはより世界観に深みを与え、原作を知らない人にもいわゆる「マフィア/やくざ」ものとして見て貰えれば十二分に楽しめる作品に仕上がっています。
原作ゲームの発売、アニメ放送から10年以上の時間が経過し、今となっては決して高名な作品ではありませんが、一つのアニメ作品として視聴して、決して損をするものではないと断言できます。
このアニメを見た事がある方も、まだ見た事がない方も、是非視聴してみて頂きたい一作です!

うーん

前半の過去編が長過ぎて、本編である筈の復習劇が駆け足過ぎて毎回1人ずつ倒してくだけの単調な物に為って居る。
又、後半ヒロインのミカが只、泣き喚くだけの馬鹿女で守るに値しないのも残念ポイント。

後半はオマケ?

本作前半のとても長い回想で展開される
友情、野心、裏切りの裏社会サクセスストーリーは
他の作品で何回も見たような話ですが
それでも大変面白いです
私、こういうの大好物なんです

後半のヒロイン、ミカの存在が軽いように感じました
彼女は混乱して泣いてばかりいた印象です
親御さんたちの裏社会に巻き込みたくない気持ちから
事情を全く知らされてないのが原因ですかね?
あと、後半のオーグマン等の強いSF要素は
前半の任侠モノとはマッチしてないように思いました
個人的に後半は最終話を除いてオマケでした

うーん・・・

途中までは面白かったんですけど、グレイヴがなんか優男だったりミカがやたら情けない小娘だったりグレイヴに惚れてたりするのがちょっと・・・
一切喋らず敵をなぎ倒してミカを守り続ける原作のグレイヴが好きだったし、ミカって原作ではわりと気丈な子だったと思うんですけどね

ネタバレあり

マフィアを知る教材となるかもw

 第1話からいきなりモンスターに襲われてるというホットスタートでしたが、2話からいきなりの過去編にwゲームを知らない人には唐突過ぎる展開ですね。その後かなり長く過去編が語られますが、タイトルの通りマフィアというものがどういうものなのか、なぜ結束というものを重視するのかとてもよく分かるのではないでしょうか。それにからめて主要キャラの過去が語られ、どうしてグレイヴがミカを守り行動しているのかが描かれています。16話でビッグダディが「息子よ」と語りかけたときは泣けました(つд・)他にも見ごたえのある重厚な内容になっていると思います。
 本編を見てトライガンを知っている人ならすぐにピンと来るでしょうが、内藤泰弘さんの原作なんですね。どおりでカッコイイ名前のキャラがずらりと揃っているわけですね。ただ結果的にあまりにもマフィアを美化しすぎた内容だと感じたので、度数は上記とさせていただきました。

ストーリーが深い

正直、アクションシーンはこんなものかなという
レベルですが、予想以上にストーリーが良かった。

ラスト近辺の四天王との戦いぐらいはもう少し
盛り上げてほしかったのが残念でした。

道を違えた友情劇

終盤からのなんとも言えない悲壮感が盛り上がりに拍車をかけ、最終話のブランドンの台詞が心に染みる。
リーが怪物化すると何故か人間時よりも雑魚っぽい見た目になってるのが、ちょっと可笑しかった。
アクションシーンは大したことなかったが、話が面白いので問題なし!

ネタバレあり

退廃的友情劇

ふとしたキッカケでゴロツキからマフィア内で成り上がっていく主人公二人の物語。
友情が一つの大きなテーマとなっていて、退廃的な雰囲気の中で二人の友情の大きさがどんなものかを描いていたのが印象的。
アクションゲームが原作というだけあって、現代に突入する後半からはやたらと物々しいクリーチャーやガンアクションが繰り広げられますが、このアニメ版は、アクションよりもしっとりとした人間ドラマがメインになっていました。

退廃的な作風をより洗礼したもとへと消化してくれる都留稔幸監督の演出センスや音楽も欠かせません。OPに代表されるようなスタイリッシュな質感の映像は、マッドハウスのリアル系の映像処理と合わさって、独特の雰囲気を醸し出しています。

ストーリーは後半に入って少々間延びしてしまったところもありますが、それでも充分に楽しめる良作だと思います。

裏切られても、裏切らない!

主人公のセリフ「お前を撃てるわけないだろう。俺の間違いはミレニオンではなく、ハリー・マクドエルを選んだ事だ。だが、後悔はない」
格好よすぎます。
主人公達の若い頃も輝いていて、素敵でした。
もし、ハリーが主人公を裏切らなければ…お話しにはならないのですが、そう考えてしまいます。
何処で間違ってしまったのだろう。
取り返しのつかない日々を送る中で、考えさせられる作品です。

ネタバレあり

割り切れない感情

哀愁が漂い過ぎる。

登場人物だいたい死にます。

何の為に死ぬのか、それが大事な事だったのかも。

ネタバレあり

ブランドン好きすぎる

全26話、引き込まれっぱなしで捨て回無しの傑作!ぜんぜん知らなかったんですが、出会えてよかったです。凄絶でどこかノスタルジーの香り漂う、漢たちの友情と死の物語に、ただ号泣するしか…
ブランドンは自分の全アニメ視聴歴中、ベスト主人公ランキング1、2を争うキャラになりました。なんか大型犬のような愛しさを感じてしまう。

とても楽しめました。

主人公の寡黙さにやられました。

ただのガンアクションではない。

非常に丁寧に作られたマフィアものです。

スタイリッシュ

ブランドンとグレイブ、過去と現在で2度楽しめる。
ビジュアル、ストーリーともにスタイリッシュという言葉がよく合う。
しかもけっこう泣ける。誰かが書いてた「ヘタな映画より泣ける」というコメントは嘘じゃない。

これは・・・

へたな映画よりも感動できます。 見てない人は是非一度最後まで見る事を薦めます。

家族…すれ違いがあったけど共に

最初は、ガンアクションかなって思ったけど、親友が…あ~っと家族?と一緒に自由に生きて、マフィアだけど上に行こうとしたのが最初で、途中で親友の考え方と云うか在り方がちょっと?かなり?ん~っと最初の未来がぼやけちゃったのかな?そんな感じで親友に撃たれて死んじゃったけど、そんな親友の心が分かって蘇る手筈を整えていて親友が間違ってしまった時に目覚めるようにして、最後は一緒に昔の親友達のところに逝く、在る意味人の在り方かな?と結構深く考えて感じて。自分は良い話だと思った。

ネタバレあり

悲しき男たちの物語

ゲームを事前にプレイしていたので最初は面食らったが、すぐに物語に引きこまれていった。
マフィア・ギャング物の王道を行く悲しき男たちのストーリーは重く、切なく、それでいて美しい。
視聴後にゲームをやり直したらまた違った趣がありました。

生きてて良かったです。

なんかもう色々な事をコメントしたいんだけどそういうことを書かなくても見ればわかるようになってる作品なんだな。って思う。
ビバップ、トライガン以来です。こんな夢中になれた作品は。

久々に観直したけど、やっぱり面白いなぁ・・・

ゲームが原作ですがただドンパチやるだけの話ではなく、登場人物の描写に非常に力の入った作品だと思います。
主人公たちの過去の話からきっちりと丁寧に見せてくれるので敵も見方もそれぞれの闘いの意味を、重さを、信念を感じますね。
丁寧に描ききったからこそ、最終回がとても感情移入して泣ける・・・

はじまりは兄弟仁義で途中から仁義なき戦い

ストーリーも結末もgood!
不器用なブランドンがネクロマンサーになっても不器用で一途。
ゴッドファーザーとボルサリーノの模倣にも思えるが、気にせず楽しめる。
ちょっと古いマフィア映画ファンにはたまらない作品。

結末は悲しい、さすがにハッピーエンドにはならない。
ボニーアンドクライドかな!

まだ途中だけど・・・

1話見た段階だとあれ?・・・うーん・・
てな感じだったんだけどそこからの展開がすごい気に入った!
OP、EDもいい感じだし全体の雰囲気が渋くてグッド!
まだ途中までしか見てないけど正に男の憧れと哀愁ってのが出てて最高に
カッコイイと感じました。
最近の似たようなラノベ萌えアニメに飽き飽きって方にお勧めしたい作品ですね!

ついに来た!!

ついに見放題にこの作品が加わって感動です。
男同士の友情を描いた作品でこれほど感動した作品は他にはありません。

謎の男ビヨンド・ザ・グレイヴと浅葱ミカの逃亡劇から始まるこの物語、第一話ではその一部分しか語られないため導入部で見るのを止めてしまった方も多いようですが、我慢して三話までは見てください(泣

グレイヴの過去、そして復讐の相手であるハリー・マクドゥエルの過去がじょじょに語られる内、いつしかガングレイヴの虜になっているはずです。


ゲーム設定なんてただの添え物

ゲームの設定は二の次(SF的展開やスタイリッシュなアクション系を期待したら後半まで待たされることに…)。
結構きっちりとしたマフィア・ギャングものです。アニメという媒体でここまでガッチリしたのはないのでは。
ゲーム原作で食わず嫌いしている方や、ゲーム原作で入ったもののほぼ後半までそのような描写がないことに食べるのを辞めた方(ちなみに私)も多いかも。前半がすんなり入ってかつ"ゲーム原作"を頭の片隅においておける方はかなり楽しめると思います。

ネタバレあり

ミカうるさい

22話で見るのを辞めましたが、まぁまぁ面白い話しでした
何故22話で見るのを辞めたかと言うと、ヒロインのミカが好きになれなかったからです
泣き叫んでグレイブに助けを求めるシーンが多くて非情に耳障りでした。
ミカの境遇的には仕方ないのかも知れませんが正直不快でした
この先、成長した姿を見せてくれるのかも知れないけど・・・私はこれ以上見る気がしません

ミカが本格的に出るまでは面白かった







ネタバレあり

良かった。

素直に、深く心に沁みてくるドラマだった。
最後まで一気に見て、涙を流して欲しい。

悪くはない(・ω・)

原作はゲームなんですかね?
詳しくありませんが、物語は面白かったです。

特に中盤辺りが一番好きでした。

ゾンビ化や化け物を除外して、外伝的なifで描いていたら最高だったかも?

一番ビックリしたのは主人公があまり喋らない事かな(゜Д゜)

なんにせよ、惜しいと感じた作品です。

男の義務教育

男の友情、熱い生き様、堅い絆、シビレます

心から熱くなれる

名作中の名作だと思ってます。
全話通して無駄なストーリーが一切ありません。
一気に見てしまいます!男ならば熱いものを感じれると思います!
一話でゾンビ!?二話でいきなり過去かよと思ってはいけません。
その過去の話がしっかりしているからこそラストにつながるのです。
ラスト数話はもう号泣しっぱなしでした。
様々な人の生き方が凝縮された最高の作品です!!必見!!

切ねぇ・・・

いや~まいった。かなり良かった。大満足です。
感想は他の方とほぼ一緒です。
お金出して観ても大抵の人は損しないんじゃないかと思います。
是非色んな人に観てもらいたい作品です。

是非見てください。

この作品の見所はなんと言っても、極めて秀逸なカタルシスにある。絶妙な演出、脚本、現実的な物語の中に突拍子もないSF的要素を取り入れながらも崩れることのない世界観が見る者を魅了する。そんな作品だと思います。
登場する物語のキャラクター達も個性的で、物語の奥深さをより一層深めています。
また、中高生よりも成人した大人がより楽しめる要素がこの作品の魅力のひとつです。
現在のアニメ作品としては、ほとんど失われてしまった古き良きハードボイルドな、数少ない作品。是非一度視聴してはいかがでしょうか。

人間臭い

男臭い

名作

1話がゾンビで2話がチンピラ。この先一体どうなるのかと思っていたら、ハードで切ないエピソードにグイグイ魅き込まれ気がつくとまたゾンビw。突っ込みどころはいくらでもあるでしょうし、飽きる場面もあると思いますが、他の感想にもある通り、最後まで見ないと大損だと思います。
これはトンデモ話なんかじゃない、どうしようもない人間の業の物語です。
キャラクターに役割がしっかり行きわたり、それぞれがハッキリと立っていて、そこには作った人たちの熱意と愛が十二分に感じられ…個人的にはこれほどの名作にはなかなか巡り会えないかなと思いました。
実写映画もメチャメチャ楽しみ。

ネタバレあり

馬鹿に出来ない!

初めてコメントを書くが・・・良い!! ビックリです!

あえて辛口に。

良かった所は、他の方の評価の通り。

中盤の化物の描写(デザインも台詞も)が陳腐すぎて、いらないとさえ思えた。
女ガキの忘れ形見の存在が滑稽でハードな世界観を台無しに・・・。
男の世界を貫いて欲しかったなぁ。

っと、戯言を言ってはみたものの・・・お勧め作品

ネタバレあり

生き様

他の方も書かれていますが、単なるドンパチ、怪物退治モノなんかではありません。
各登場人物の「生き様」が、2クール分の長さを有効に使って丁寧に描かれています。
話が進むに従って目が離せなくなり、ラスト数話は涙腺が緩まずにいられません。
1クールの作品に慣れていると長いと感じてしまうかもしれませんが、各エピソードはストーリー上必要なものばかりです。
骨太のストーリーが好きな方には本当にオススメです。

美しく、悲しく、激しい

実写にしても十分なストーリーです。最後は本当に泣けます。決して単なるどんぱち物ではありません。

誰かに勧めたい作品

ゲームからのアニメ化であるが、個人的にはアニメ版を評価したい。
最初から最後まで割と飽きることなくスムーズに観れ、これだけでも評価に値するが、最終話のクオリティには圧倒される。
まるでその全てが最終話へのプロローグに過ぎないかのように。
是非あなたもこの作品で涙して欲しい。

見て損はしない、傑作

プレステのアクションゲームGungraveのアニメ化作品
とは言えゲーム本編だけでなく、その前日譚に当たる部分も描写されており
この部分のデキが秀逸。
人によっては第1話でう~んと思うかもしれないが
騙されたと思って数話視聴してみて欲しい。

みて欲しい。

凄くいい作品だと思う。声優さんの演技も音楽もストーリーも雰囲気も。見てない方には是非見てほしい作品。

見どころ

“グレイヴ”の意味するものは“墓”。主人公ビヨンド・ザ・グレイヴは、その名のとおり死の世界を超越して甦った男である。まず注目したいのは、巨大な二挺拳銃“ケルベロス”を軽々と構え、立ちはだかる者を粉砕していく凶暴でパワフルなガンアクションである。そして、グレイヴが復活した理由が次第に浮き彫りになると、復讐の根にある切なさに胸打たれる。彼のもとの名はブランドン。かつて親友ハリーと同じ夢を追いかけ、裏切られた若者だった。今や中年となったハリーと過ごした若き日々の思い出は、褪色したフィルムのように淡く切ない。制作のマッドハウスならではのスタイリッシュな画面づくりも、仄暗い情念に彩られた復讐劇を渋く盛りあげていく。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

ビヨンド・ザ・グレイヴ

組織から「死神」と呼ばれ恐れられている孤高のヒットマン。両手に巨大な二挺拳銃「ケルベロス」を携え、武器を満載した棺桶を携行する。実は組織の若き幹部・ブランドンが蘇った第2の姿。

ブランドン・ヒート

暗黒組織「ミレニオン」の若きトップ・スイーパー。スラム街で育ったが抗争に巻き込まれ街を追われ、ハリーと共に組織に入る。無口で冷静沈着だが、誠実で心優しい一面も持つ。幼なじみのマリアにほのかな想いを抱いている。

ハリー・マクドゥエル

ブランドンの幼馴染で無二の親友。組織に入ってからめきめきと頭角を現し、ナンバー2としての座につくが、「死人計画」を手に入れてから、野望に燃えて暴走しはじめる。

マリア

ブランドンやハリーの幼馴染。抗争で養父を失い、ビッグダディに引き取られる。

ミカ

マリアとビッグダディの娘。グレイヴとして眠るブランドンを探し求めてスラムへ逃げてくる。

Dr.T

グレイヴの協力者。かつて組織に協力し、「死人計画」に携わった科学者。

ベア・ウォーケン

ハリーの腹心の部下であり、「死天王」と呼ばれ恐れられるミレニオンの幹部。

バラッドバード・リー

ハリーの腹心の部下であり、「死天王」と呼ばれ恐れられるミレニオンの幹部。

ボブ・パウンドマックス

ハリーの腹心の部下であり、「死天王」と呼ばれ恐れられるミレニオンの幹部。

九頭文治

ハリーの腹心の部下であり、「死天王」と呼ばれ恐れられるミレニオンの幹部。

ビッグダディ

「ミレニオン」の生みの親にして大ボス。ファミリーを愛し、泰然自若としているが、心の底深い孤独を抱えている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:内藤泰弘+レッド・エンタテインメント / シリーズ構成:黒田洋介 / キャラクター原案:内藤泰弘 / アニメーションキャラクターデザイン:筱 雅律 / 音楽:今堀恒雄 / 監督:都留稔幸 / 制作:マッドハウス / 製作:PROJECT GUNGRAVE /

キャスト
ビヨンド・ザ・グレイヴ:関 智一 / ブランドン・ヒート:関 智一 / ハリー・マクドゥエル:浜田賢二(青年時代)/磯部勉(壮年期) / マリア:井上喜久子 / ミカ:佐久間紅美 / ベア・ウォーケン:大友龍三郎 / バラッドバード・リー:子安武人 / ボブ・パウンドマックス:茶風林 / 九頭文治:立木文彦 / ビッグダディ:家弓家正 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}