動画が再生できない場合はこちら

咲-Saki-全国編

66

0

0

1

2

11

更なる高みを目指して――。

宮永咲(みやながさき)は高校1年生。奇跡的な麻雀を打ってのける(毎局プラスマイナスゼロで和了ることができる)美少女。原村和(はらむらのどか)の天才的な打ち方に感化され麻雀部に入部することを決意する。二人の天才美少女が全国大会の頂点を目指す。熾烈な闘いの末、見事県予選を勝ち抜いた清澄高校麻雀部。全国の舞台で待ち受けていたのは同じく頂点を目指す強豪たちだった。果たして咲たちは全国の高みへたどり着くことが出来るのか。高校生雀士の頂点を決める闘いが今、始まる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

咲は何度見ても面白い!早く決勝戦やらないかなー。

続きが楽しみです。

I期、そして阿知賀編と同じく楽しめました。完全に「麻雀異能バトル」となっていますが、それが当たり前のように受け入れられている世界観がすばらしい。それでいて原村和のような完全デジタル打ちの選手も違和感なく戦える懐の深さを兼ね備えています。次々に登場する突飛な異能キャラとの対戦を軸にストーリーが進行するのは「とある…」シリーズを想起させますね_「とある麻雀の嶺上開花」とでも言いましょうか…4期が楽しみです(ていうか、ここまで観たら4期を観ないでは終われないでしょう)。

シリーズ通してみて…。

実写ドラマから入った口です。

麻雀部活+美少女+異能力と
非現実感満載ですが
部活等に本気で打ち込んだ事が
ある方なら共感できる。
スポ根要素が
見え隠れしています。

3年一緒に励んだけど、公式戦に
出れない友人を幾人も見て、
また、その悔しい想いを背負って
少しでも仲間と長く戦いたい。

自分の学生時代を思い出します。

登場人物では久がお気に入り。
優しい面、少し意地の悪い面や
人一倍ある責任感。
今作で、混乱はするけど
最後は自身で立ち直り
勝負を楽しむ。
正しく理想の部長像でした。

百合要素は苦手な自分でも
楽しんで観れました。
(人に勧められたのもありますが)

気になる方は1期からどうぞ。

ネタバレあり

アニメは素晴らしい

原作の5位決定戦見ましたけど、ネットで叩かれてますね。
原作の初期と比較ありましたが、凄く質が低下しているのが、わかりました。
内容が薄いし、女の子たち服着てないし、胸の大きさ間違えてるし…
アニメの出来が素晴らしいのが、理解できました。
アニメの続編より、原作が最後まで出来るか心配です。

前作と比べるとインパクトに欠けるけど

見放題楽しみにしていました。

前作は何回か見直すほど楽しませていただいたのですが、今作は全体的にフラットな印象でした。
というのも、特殊能力の応酬が常態化してしまってインパクトを出すのが難しくなっているのだと思われます。
それでいて所謂凡人枠が確率を無視する人達に割と圧倒されずに頑張るシーンも多くてフラット感に拍車をかけているように思いました。

私的に一番かっこよかったのが部長のツモ上がりのシーンという。。。べたなセルフコンティの展開ながら、こういうインパクトがもっとほしいかった!

それにしても、薄墨選手の服はどういう仕組みになってるんですかね。なぜ見えないのか。物理法則が乱れているのか、それとももっと強力な別のベクトルの力が働いているのか・・・。それともそんなことは考えてはいけないのか。気になるけど夜は眠れるようです。よかった。

ネタバレあり

面白い

一見すると某テニヌ漫画の様な展開ですが、ところがどっこい準々決勝の展開で一見咲が遊んでいたと思いきや実は必死で他の化け物2人をさしおいて、特殊能力のないあくまで地道に努力を積み重ねてきた凡人を絶対に勝ちあがらせたくなかった・・・・と言うのが非常に良かったです。

ネタバレあり

大艦巨砲主義

続きモノなので全国編だけ見ても面白かないかもしれない
咲シリーズの前2作と比べると一段落ちる印象は否めません

凡人が駆逐されて大艦巨砲の並べあいへと進化したバトルは逆に小粒感が漂うというZ戦士の法則がここにも・・

そんな印象の残る咲でした

ネタバレあり

続きは5年後(推定)

原作がまだ準決勝中堅戦だからなぁ
準決勝以降はアニメ化されないかも・・・

ネタバレあり

麻雀って(^_^;)

オカルト競技だったんですね(^_^;)
でも面白いですd(⌒ー⌒)!

今回も

ちょーかわいいよー

面白い

作画も良く 
原作ファンとしては最高
変なコメは無視で
手抜きしてるところなんてない,

う~ん?嫌いじゃないけど、なぜ?

ストーリーどうのという話数でないので、今回は画風について。

テレビシリーズ三作品、なぜ?画風が違うの?
今回はコミックタッチ。確かに雑誌やコミック読んでる人には違和感ないだろうけど。
アチガ編、締め切り守れなかったから、画風手抜き?じゃないと信じたい。

原作のマンガ、雑誌やマンガで読んでいます。!!!

原作のマンガの、ほとんど、すべて読んでいますが、マンガでは描いていない部分が多いような気がします。マンガを読んでいる自分としては、展開が早く進んでほしいような気持ちがあります。まっ、どちらでもいいですけど。

ネタバレあり

2期も安定の穿いてない‼︎

麻雀の方も相変わらずの超時空麻雀で絶好調です!

ステルスモモの桃(パイ)は全然ステルスして無いぜ‼︎(笑)

全国大会も百合満開(リンシャンカイホウ)でいくじぇ‼︎

キャラクター

宮永 咲

清澄高校1年生。団体戦では大将を務める。普段のドジで泣き虫な姿とは裏腹に、麻雀ではここぞという場面で驚異的な打ち筋を魅せる。

原村 和

清澄高校1年生。団体戦では副将を務める。高校1年生とは思えない雀力とナイス・バディをあわせもつ美少女。小学校から中学途中まで奈良県に住み、穏乃や憧たちと一緒に「阿知賀こども麻雀クラブ」に通っていた。

片岡優希

清澄高校1年生。団体戦では先鋒を務める。語尾に不思議な口癖を持つ元気(脳天気)で活発(ぽんこつ)な女の子。前半(東場)では高い勝率を上げる麻雀を打つが、後半(南場)になると失速してしまうのが玉に傷。

染谷まこ

清澄高校2年生。団体戦では次鋒を務める。普段は眼鏡をかけているが大事な場面ではあえて眼鏡を外し、過去に記憶した膨大な数の対局シーンを思いだしながら闘う。広島弁が特徴的な女の子。

竹井 久

清澄高校3年生で麻雀部の部長。団体戦では中堅を務める。あえてセオリーを無視した打ち筋から、敵を翻弄する戦略を得意とする。そして麻雀同様、本人も飄々とした捕らえ所のない性格をもつ。

須賀京太郎

清澄高校1年生。麻雀部、唯一の男性部員。幼なじみの咲を麻雀部に誘った張本人。しかし、麻雀はまだ覚えたばかり…。和のようにナイス・バディな美少女をついつい目で追ってしまうお年頃。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:小林 立「咲-Saki-」 / 掲載:「ヤングガンガン」 / 発行:スクウェア・エニックス / 監督:小野 学 / 助監督:セトウケンジ / シリーズ構成・脚本:浦畑達彦 / キャラクターデザイン&総作画監督:佐々木政勝 / アニメーション制作:Studio五組 /

キャスト
宮永 咲:植田佳奈 / 原村 和:小清水亜美 / 片岡優希:釘宮理恵 / 染谷まこ:白石涼子 / 竹井 久:伊藤 静 / 須賀京太郎:福山 潤 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}