動画が再生できない場合はこちら

魔法戦争

46

4

5

3

2

3

運命を嗤え… 崩れゆく世界で、俺たちは立ち上がる
二つに分かれた世界を舞台に繰り広げられる、
現代・本格魔法アクション!

七瀬武はちょっと暗い過去を持っているが普通の高校生だ。しかし、ある日彼は校内で、見たことのない制服を着た少女・相羽六が倒れているのを発見する。彼女は自分が「魔法使い」であると明かし、とあるきっかけにより武を「魔法使いにしてしまった」と告白する。この出会いにより、武の運命は大きく揺さぶられるのだった。
※許諾元の都合により最大帯域1.5Mbpsでの配信となります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(17件)

面白かったです

評価が悪いので恐る恐る見ましたが、かなり面白かったです。魔法の戦闘も綺麗で楽しい。説明も自然でしたから中二的には思いませんでした。良くあるSFや異世界ものとして、古典的な入り方です。また、感情移入をして見るのではなく、登場人物たちを批判的な目で見つつ、ストーリーを追うような作品でした。ラストも海外の有名TVドラマ「ツインピークス」見たいな感じ。残虐シーンもありませんし、嫌な展開も無く普通に面白いと思いました。見てて思ったのは、ライトノヴェル主人公の弱点。計画的に進行する悪意に弱いですね。正義をアピールしないので、共闘陣営に所属するのが遅れるんでしょう。どっちつかずの人は必ずこうなりますよね。いつもあっけなくピンチに陥いって、武器や修行で逆転しようとする。間に合うかボケと言いたい。普段から努力しろと。性質として肯定できないものが多かったんで、意外とホンサク良かったです。そういう意味で痛快。

魔法より

ヒロインが持つ魔法の銃より、主人公が手にする竹刀のほうが現実離れした強さをみせてしまうため、魔法の凄さが感じられなくなってしまっている気が....。

え!終わり…

六が兄の十を取り返す所までは、面白かったけど
後半からはどちらに話しを進めたいの、と思ってしまいながらの最終話
そしてラストは思い切り中途半端な終わりかたです

ネタバレあり

良予告で首の皮一枚でつながるというか

シンプルな漢字のみの作品タイトルから
絵はオサレ系だが実は骨太なストーリー&設定なのかな?
と、期待して視聴をはじめましたが
1話の竹刀から始まって最終回は、oh...

予告のキャラと語りのテンションは妙に面白く一見の価値アリだと思います
これで首の皮一枚つながってハート1個の評価はやめました
どんな作品にも、どこか良い所は必ずあるもだと感心しました
しかし、本編より予告が面白いというのがまた、悪目立ちを加速さてるような……

圧倒的マホコ

20分間うんざりゲンナリしてマホコでちょっとだけ救われるアニメ
クソアニメマイスターなら避けて通れない何かがまたひとつ増えたことだけは間違いない

夢なら醒めてくれ

いや~最後の展開は~

…んだよ、意味がわかんねぇ…

タイトルは主人公があるシーンで吐露する台詞。
視聴者の誰もが共感すると思われる名台詞である。

昨今、粗製乱造の感もあるラノベ原作アニメ。
本作はその「粗製」のお手本ともいえる代物であり
まったくもってオススメ出来ない。
原作未読ではあるが、アニメ化を果たした作品ということで
原作は一定以上のクオリティを持っているであろうことを鑑みると
おそらく原作ファンにこそ、視聴をオススメ「しない」。

OPとEDは歌、映像ともに悪くなかったのと
次回予告の魔女っ娘まほ子ちゃんは好きだったので評価+1。

逆に清々しい。

愛すべき馬鹿アニメ。

天邪鬼な人なら恐らく楽しめます。

こまけぇこたぁいいんだよ!

やれやれ

つまらん。もう2度と配信しなくていいです。

何もかも、わからない

この作品を例えるなら、殺人事件の推理もので、殺人事件だけ起こって、犯人どころか推理や調査シーンすら無く、全てが謎のママ終わる感じです。
作品通してずっとそんな感じで、謎が謎のまま作品は進み、何もかも腑に落ちない終わり方で、正直、わけがわからないです。

これに限らずのお話なんだけど

特にアニメの中で見る人間関係って、仲がいいとされる仲でもすごく希薄に感じられる表現がされているんだよな

いやいや、その状態から相方がその行動はおかしいだろw

とかね
で、どんな理由にしろ幼馴染なんだろ?
ならその行動はおかしいよね?
というのが感想。
非常に違和感を感じる。

ちはやふる

内容はともかく、大好きなアニメ「ちはやふる」の声優陣なので見ています。

俺は結構好きかも

今のところ酷評多いけど、個人的に2話見る限り好きかも。
それと、エンディングのメロディ気に入った。

今後ダメダメな方向になるかもだけど、期待は大。

OAと配信のズレは気になるけど、TBSは売れ筋は囲い混むし値下げもしないから、外部で見てるだけまし。

殺陣

いくら先が見えるようになった剣道部員といっても
竹刀であの大きな太刀と延々と互角に切り結び続ける時点で私にはもうだめでした。
一刀両断!

せめて
金属製か何かの棒なり何なりを使うとか、
竹刀でも、上手く相手の刃先をよけてかわしながら懐に飛び込むとか、
なら良かったのですが、、、

何処だったかで見た
ノコギリ対包丁の一瞬、の方が遥かに迫力が有りました。

ネタバレあり

こういうアニメが中二病を作っていくww

とりあえず展開が中二病のノートみたいになってますw

配信開始タイミングが……

1話みた感想として、「魔法(使い)」というより「能力者」、「戦争」というより「チンピラの喧嘩」って感じかなぁ、2話から魔法学校とかでてくるようですが……
魔法使い物も能力者物も今期の他の新番組とかぶっている上に、配信開始がそれらよりも後からなので、よけい新鮮味に欠ける^^;

ネタバレあり

角川作品によくあるライトノベル発のアニメ。

ライトノベル発で、セリフが多く、キャラクターが、なんらかの形で、特殊な能力を持っている。
ライトノベル発のアニメである、「とある(魔術の禁書目録(インデックス)や、とある科学の超電磁砲(レールガン))」シリーズや、「ストライク・ザ・ブラッド」と、共通点の多い作品です。

ネタバレあり
キャラクター

七瀬 武

真面目な性格の高校生。剣道の有段者。過去の事故が原因で、家族とは上手くいっていない。

相羽 六

魔法使い。敵に捕らわれ、記憶を改竄されてしまった兄を助けようとしている。力尽き倒れている所を、武に発見される。

五十島くるみ

武の幼馴染みで、同じ高校に通う。過去の出来事により、極度の男性不信だが、武には心を開いている。

伊田一三

武のクラスメイト。「不良」と噂され周囲から煙たがれているが、本当は、妹想い熱い漢。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:スズキヒサシ(MF文庫J『魔法戦争』/KADOKAWA メディアファクトリー刊) / 原作イラスト:瑠奈璃亜 / 監督:佐藤雄三 / シリーズ構成:ふでやすかずゆき / キャラクターデザイン・総作画監督:江畑諒真 / 美術監督:河野次郎 / 色彩設定:濱岡幸治 / 撮影監督:荒幡和也 / 編集:塚常真理子 / 音楽:甲田雅人 / 音楽制作:フライングドッグ / 音響制作:ドッグオンビート+ダックスプロダクション / 音響監督:菅原輝明 / アニメーション制作:マッドハウス /

キャスト
七瀬 武:宮野真守 / 相羽 六:東山奈央 / 五十島くるみ:瀬戸麻沙美 / 伊田一三:鈴村健一 / 七瀬月光:岡本信彦 / 相羽 十:森川智之 / 四条桃花:高橋美佳子 / 狼神鷹雄:福山 潤 / 鷲津吉平:中井和哉 / ヴァイオレット・ノース:田中敦子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}