動画が再生できない場合はこちら

一週間フレンズ。

92

0

2

4

4

12

僕らは、一週間を繰り返す。何度も、何度でも…。

高校二年生の長谷祐樹は、人と一切関わろうとせずにいつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の存在が気になり、彼女と友達になりたいと願う。しかし彼女の口から告げられたのは、大事な友達との記憶のみが一週間で消えてしまい、月曜日にすべてがリセットされてしまうという辛い事実だった。しかし、それでも祐樹は香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人は友達になっていく。何度も、何度でも…。

エピソード一覧(全{{titles_count}}話)

(C)葉月抹茶/スクウェアエニックス・「一週間フレンズ。」製作委員会

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(22件)

それなりには楽しめたけど見ててイライラする

男に都合よすぎるヒロインと、うじうじしてる割に自分勝手なヒーローにイライラする。どのキャラクターもまるで心がないかのように見えて、記号的に泣いたり笑ったりしてご都合主義的に行動しているように見えてしまう。
同じような展開とセリフの繰り返しにも飽きるし、過去の話とか、記憶が持たない設定とかも活かしきれてないように思われてモヤモヤ感が残る。
絵だけはほんわかしてて好き。

雰囲気は原作を踏襲

アニメのキャラや雰囲気は原作と同じなんですが、12話では納まりきれず主人公の行動原理をあらわすキーストーリーが抜けているので、見てる側は友達になるのが目的みたいに感じてしまいます。原作では九条一の登場で主人公が藤宮を九条に譲って自分は身を引くシーンや小学生のころを思い出すことで藤宮の記憶障害が完治しますが、最終話までアニメに収めることはできなかったようで、中途半端な感じです。アニメの後に実写映画もつくられましたが、こっちは現実的要素満載で話がつくられ藤宮は九条と元鞘におさまり、長谷くんは恋人になりたかったのに、見事に友達になって終了。アニメ・実写と段々と原作から離れたストーリーになってます。同じなのは記憶障害のとこだけw

ほんわかした気持ちになれる

藤宮さんの記憶喪失が、治ったり解決したりするのかと思いながら見ていたけどそれは叶わず…
でも原作は続きがあるようなので、続編ができないかなと期待してます。
ほんわかとしたあったかい気持ちになれる作品でした。絵の感じもほんわかしてます。
もどかしいような恋模様にもちょっとやきもきしながら視聴してました(笑)

ネタバレあり

12最終話の・・・


スタッフロール:原画のスタッフの中に「傅 沙織」が2つ出てくるミスw

イラっときてウルっとくるアニメ

1週間で忘れちゃうズルさと絶望にふるえた
そうまでして学校に行って日常を全うしようとするどうしようもなさと強さにないた

けっこうイラっとくるものがあるアニメでしたが忘れたころに踏んでイラっとしたりウルっとしたりするのは大アリだと思いました

ネタバレあり

後半がちょっと物足りない

最後はちゅーしろよ!!

全部みたけど

最後まで友達かよ!!

ネタバレあり

3話までみて

まあたしかに、友達の友達は友達じゃねーよなw

私も最初の記憶喪失の前提設定を懐疑的にみています。というか藤宮さんすごい都合の良い願望設定ではないのかと思ってしまう。2話まで見た限りではこの人将来的に絶対生きていけないと思っていましたが、友達じゃない人の記憶があるのなら大丈夫なのかも、友達いなくて長生きするのも結構つらいですけどね。

ネタバレあり

良作

ニヤつく場面も多くある中で、笑いがあり、感動があり、とてもよい作品です。

一週間で記憶が消える藤宮と友達になる長谷のやり取りは見ていて面白いです。

長谷にはヘタレな部分も多くありますが、お互いに成長していくこの姿は感動しました。

キャラの小さな恋愛の感情を読み取ることができ「わかるなぁ」という場面も多くあります。

是非とも見てほしい作品です。

ネタバレあり

やさしい涙がとまりません

ここには一杯の愛と、一杯の優しさがあります。
ぜひ、観てください。

どうしても登場させる必要あったか…?

いや、よくある題材だとかベタベタの展開だとかは織り込み済みで視聴しているので何も文句はない。というよりむしろそういったのは好きなのですが…

個人的にただ一つ気になってしょうがないのが、

九条君浮かばれなさすぎだろwwwという点。

藤宮さんの昔の記憶を掘り返すためだけに登場し、結局善悪どっちつかずの中途半端な立ち位置のままフェードアウトwww

彼の気持ちはどうなってしまうのだ?

時間的に厳しいのもわかるけどせめてオチくらいつけてやれよ…

というかこれなら登場させない選択肢もアリだったんじゃないのか、とwww

そう思えてならなかったのはあくまで私見ですすみません。

いい青春アニメだと思います。

ネタバレあり

アイズピュアみたいで好きです

こういう純愛系のアニメは好きです。彼女が徐々に心を開いてくれる過程が何とも言えないですね。
DVDを買って見たいと思います。

いい話なんだけどなぁ~

最後がすっきりしないので-2です

2期ないだろうけどすっきりさせて欲しいw

ネタバレあり

爽やか?

efってアニメにもおんなじ病気の子いたなぁ。efは、こっちより重い感じだったけど、こっちはライトな感じで観やすかった。最後までみてないけどいい作品だとおもーう

たくさん泣かせてもらいました。

毎回何度も見返して、そのたびに泣かせてもらいました。
ホームページの日記との連なりもとても作品の世界を広げてくれました。
友人にすすめられて見始めた作品ですが、本当に出会えてよかったです。
原作者の葉月抹茶先生、そして岩崎太郎監督はじめスタッフの皆様に心から感謝します。
この作品は、僕にとって大切なトモダチになってくれました。
どうもありがとうございました。

大事な友人

こんな状況、私だったらもっと早い段階で心が折れてます。
主人公は本当に凄い。
初めそのグズグズさ加減に不愉快さを感じるくらいだったんですが、
いやあどうしてどうして立派です。ご免なさい。

男女間だけでなく、同性間、女同士、男同士
友人の大切さが
ほのぼのと、そしてひしひしと
伝わって来るいい感じのお話しだと思います。

汚れた大人には眩しすぎる

評価が聞こえてくる分には良い作品なのだと思う。

でも、汚れた大人にとってこの障害を持ったヒロインを無防備に社会に放逐してまだ幸福になる目が出ると信じて博打を打つ気にはどうしてもなれませんでした。
普通に実社会に置き換えると悪い方向に利用しようとするヤツが必ず出てきます。
本来一生消えないような傷を心や体に刻みつけられたとしても一週間で綺麗さっぱり消えてしまうのですから。

そんな黒い塊を心に抱えながら視るには眩しすぎる作品なので2話でリタイヤです。

ずるい!!

使い古されていようがなんだろうが、感動するに決まってるやん…
EDの静かな空気感も余韻があっていい。

消しゴム

efにも似たキャラがいるので、比較する方もいるでしょう。
まあ、その前に実写映画で似た作品ありました。
実在する障害なんですよね、これ。
まあ、感動するでしょう。
それを、いい意味で裏切るか、悪い意味で裏切るかが、これからの展開次第でしょうね。
感動できるとわかっている作品だけに、プレッシャーとか大きいと思います。

切ない青春ドラマ

月曜になると「友達」の記憶だけがなくなってしまうヒロイン、藤宮さん。
それでもどうしても彼女と「友達」になりたい長谷くん。

こういう青春時代を送りたかったと思わされました。
2人(とその他)には幸せになってほしいです。
記憶がなくなる以外に2人の障害になる要素がほとんどないので、壁を殴りたくなるアニメでもあります。

他作品との類似性を指摘する声も多いですが、健忘症ものも定番になりつつあるということでしょうか。

分かりやすい作品

一週間しか友達の事を覚えていられない少女の話なので、
非常に分かりやすい位、あぁ、感動させたいんだな。というのが伝わってきます。

二話ほど見ましたが、内容はイイ感じだと思うので
これから二人が作っていく思い出の内容次第でドンドン盛り上がるんじゃないでしょうか


ただ、個人的な疑問が1つ。朝起きると昨日までの事を忘れるという症例や、何日より前の事は覚えていられないという話はよく聞くのですが、この作品の様に月曜から日曜までの記憶を一度に忘れる(まるでコンピュータのリセットの様に消える)なんて症例は、実際に存在するのでしょうか?リアリティ云々を追求するとかじゃなく、純粋にこういうパターンがあるのか知りたいですね。

絵柄はいいです。

 新番ということで視ましたが、コレより先に「ef」を2作見てしまっていたので、既視感が出てしまい
何だかな~でした。絵柄というか、画造りは志村貴子さん風でしょうか。
OP/EDは小作にしては、奢ってるなぁ。
スクエニ配給は学園?学生モノ多目なのは仕様が無いのでしょうが、王道も見たいところ。

キャラクター

長谷祐樹

高校二年生。気になるクラスメイトの香織と友達になろうとするひたむきな少年。

藤宮香織

祐樹のクラスメイト。一週間で友達との記憶がなくなってしまう少女。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:葉月抹茶 / 掲載:月刊「ガンガンJOKER」 / 発行:スクウェア・エニックス / 監督:岩崎太郎 / シリーズ構成:菅 正太郎 / キャラクターデザイン:山﨑絵里 / 美術:伊藤 聖 / 美術設定:ヘッド・ワークス / 色彩設計:歌川律子 / 撮影:塩川智幸 / 編集:今井大介 / 音響監督:本山 哲 / 音楽:戸田色音 / アニメーション制作:ブレインズ・ベース / 製作:「一週間フレンズ。」製作委員会 /

キャスト
長谷祐樹:山谷祥生 / 藤宮香織:雨宮 天 / 桐生将吾:細谷佳正 / 山岸沙希:大久保瑠美 / 藤宮志穂:中原麻衣 / 井上 潤:間島淳司 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}