動画が再生できない場合はこちら

デュアル!ぱられルンルン物語

55

0

0

1

3

8

興味があるの。あなたの見ている世界に…
美少女+メカ 梶島正樹原作の素晴らしきパラレルワールド!

四加一樹は、そこらへんにいる高校生とはなんら変わらない少年である。しかし、彼には見えるのであった、眼前で繰り広げる巨大ロボットが!だが、友人達には一樹の事を「妄想くん」と呼ぶ。そう、一樹以外の人にはそんなものはみえないのだ……。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

十分おもしろい^^

 始めて見た時は、確かにエ〇ァに似てるな~とは思いましたが別段意識することなく見てましたね。むしろ小難しいお家芸や理屈、鬱になりそうな展開に走っているあちらの作品よりはるかに面白かったですw
 作中はほのぼのした雰囲気や少し気弱な主人公をめぐるハーレム展開(笑)が繰り広げられていますが、一樹が羅螺軍に捕獲されたときは一見ぬるいようであっても、やはりこれは戦争なのだという一面も見えたりと、多岐に富んだ内容になってますね。最後には2つの世界を修練して一樹の(と三月や周りの人々にとって都合のいい)望んだ新たな世界を構築するという実に後味のいい終り方になっているのも素晴らしかったですwその後の話でもある14話がちゃんと見れるのもいいですね^^
 個人的には日々の生活や食事がしっかり描かれていたのがおすすめポイントですね、物語の謎や話の展開を追いがちな他作品にはないこの作品の特徴だと思います^^

ネタバレあり

GXPの布石ですね

天地無用GXPの布石の作品としてはかなりいい感じで作られてますw
設定もキャラも個性あって面白いです。ルンルンみたあとGXPみたら話のつながりがわかっていいとおもいますw

ネタバレあり

今で言う学園ハーレムの走りみたいな

今でいうところの学園ハーレムものみたいなノリの走り的存在の一つ。
割りと真面目なSFをギャグでこねて見ましたという結構笑える展開で誰でも楽しく見ることができるので万人にお勧めできる。

デュアルゲリオン!

某エヴァンゲリオンを髣髴とさせる人型兵器の物語なんですけど…。
そんな大した引きもなく、ユルい感じで毎回話が進んでいくのが良いと思います。
ハーレムぽいけどハーレムじゃない、女性キャラ同士の対立も結構あったりでAICぽくて気楽に見れます。

とりあえず、出てくるキャラの中では・・・Dが可愛い。

贋作なんて言わない

放映当時からエ〇ァのパロディと評判の作品です。

が、現在改めてみると当時の流行したアニメの意匠を
アレコレ混ぜ込んでいたんですね。

ロボ+ラブコメ作品としては優秀な作品かもしれない。

戦闘より飯食っているシーンのほうが多いような・・・

ネタ元の作品もこういう補完計画だったら、作品の登場人物も視聴者も幸せだったろうにw
パラレル・ワールド側の対になるヒロインが完璧に良い娘な分、メインヒロインのツンデレ具合と嫉妬深さと腹黒さが印象的、この時代のハーレムものはあざとくなくて良いものです。
最近のハーレムものはあざとすぎて口に合わないという人にオススメします。

いいいみでひどい

アニメでしかできないひどさを引き出したアニメですね。。
話がとにかくひどい。そりゃないだろって話が多数。いい意味で。

やはり、アニメはこうでなくては。

パクリ度合いも大らかでよいですねえ。

なんかみんな何かを見ると何かを思い出す設定の数々(笑)

カミングスーンって(笑)

美味しそう・・

ストーリーもキャラクターも、美味しいところ掻き集めましたって感じでしょうか・・(笑)
ともかく楽しいアニメ、何より料理が美味しそうでした(笑々)

ネタバレあり

スラップスティックなエヴァンゲリオン

エヴァ終盤の鬱展開を、強引なご都合主義でまとめあげてしまった、という作品。

キャラクターも、気弱で右往左往する主人公、勝気な優等生、無機的な無表情少女と既視感アリアリだが、
敢えてそこを嚥下したうえで楽しむのがこの作品の醍醐味であろう。

原作者である梶尾正樹らしい世界的な危機が迫っているのに、どこかのほほんとして小規模でまとまった
世界観も魅力的である。

出番は少ないものの、ロボットの作画も良好。

肌色少なめのハーレム作品

原作・梶島正樹さんのお家芸とも言えるハーレム作品です。脚本の黒田洋介さんをはじめ、天地シリーズのスタッフが多く関わっており、安心のクオリティ。肌色が少なめですので、画面だけならお子様でも安心です。たぶん。
後に発表される「異世界の聖機師物語」も同時期に考えられていたと言われ、どちらも異世界でロボットに乗って戦う物語ですが、あちらがフォトンの系譜であるなら、こちらは天地無用!の系譜だとも言えます。いやまぁ、結局全部繋がっちゃうんですけどね。
ヒロイン達は個性的でそれぞれ魅力的ですが、外では厳しい事を言いながら内面のデレ具合が絶妙の真田三月さんに注目。Act.13の〆のセリフが最高です。

キャストでは、後々多くのヒロインを演じる田中理恵さんが、本作で初ヒロインを努めます。初々しい…というか、この頃からもうソツのない演技を披露されていて、違和感なく安心して楽しめる事でしょう。

ネタバレあり

ちょっと懐かしいけど好きです

主人公が何処かで見たような・・・・・・その素朴な疑問は気にせず、ストーリー的な展開を気にしてください。とても楽しめる内容になっているので、個人的にはこの作品好きです。キャラクター面では、Dの存在が当初とても気になります。後、笑う場面で笑えないギャグが余計かも。

弥生さんは長髪がいいw

本来26話の話を1クールに詰め込んだため多少シナリオに難はあるものの、それが軽妙な雰囲気作りに一役買っているのは面白い帰結と言えるでしょう。よくあるハーレムアニメですが小市民的悲哀を感じさせる主人公に共感を持つ男子は多いことでしょう(笑)弥生さんの綺麗な長い銀髪は一話でしか見れないのが残念なところです。

見どころ

『天地無用!』の梶島正樹原作、人気ライターの黒田洋介シリーズ構成のロボットアニメ。さまざまな可能性で分岐していく架空の世界、つまりパラレルワールドものと巨大ロボ戦を掛けあわせたライト感覚の作品だ。等身大の主人公・四加一樹が学園一の美女・真田三月と運命をともにしつつ、別世界へと降臨、取り巻く多彩な女性キャラクターたちと夢のような物語が展開。登場人物たちは、たとえどんな状況になっても、深刻にならず真剣に対処し、その結果生まれるドタバタ感覚が楽しい。見どころは、ロボット戦の描写と、パラレルワールドにまつわる謎解き。90年代的テイストの詰まった、笑いと元気がいっぱいの作品だ【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

四加一樹

真田三月

真田 賢

弥生=シュバエル

ミス・ラー

南條院麗香

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:梶島正樹 / 監督:秋山勝仁 / シリーズ構成:黒田洋介 / キャラクターデザイン・総作画監督:奥田 淳 / メカデザイン:寺岡賢司 / メカ総作画監督:村木 靖 / 音楽:長岡成貢 /

キャスト
四加一樹:山口隆之 / 真田三月:田中理恵 / 真田 賢:大林隆之介 / D:内川藍維 / 弥生=シュバエル:中村千絵 / ミス・ラー:豊口めぐみ / 南條院麗香:野沢雅子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}