動画が再生できない場合はこちら

ブラック・ブレット

43

0

0

0

2

7

異形に立ち向かうは少年と少女――
最強の近未来ヒロイック・アクション

突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」の進行に、人類はなす術もなく大敗を喫した。国土の大半を失った現在、人類は彼らが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた、狭い「エリア」の中で生きることを余儀なくされていた。そんな中、人類のささやかな抵抗として組織されたのが、ガストレアへの対抗手段を持った「民間警備会社」…通称、民警。そのひとつ、天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、相棒の少女・藍原 延珠と共に、東京を壊滅に追い込まんとする、危険なたくらみに巻き込まれていく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

視聴者の心を癒して圧し折る…そして再生

幼女に癒されたいだけだったのに…どうしてこうなった!?
とても良い作品ですが「おもしろい」という表現は使いたくない、とても悲しい物語でした。
人と社会が抱く光と闇がテーマかな? 見ていて色々と考えさせられました。
主人公がラストで吐露してますが「死」に慣れてしまう事って本当に怖いと思います。

これは面白い

都市防衛型の近未来SFです。軽薄な自己陶酔モノかと思っていましたが、深刻で切なくてハードな展開。「進撃の巨人」と「GUNSLINGER GIRL」のテースト。日本刀を持つ幼馴染の黒髪の少女と京都弁の生徒会長も出てきますが、こちらは使わずに指輪物語の様な防衛決戦に持ち込んでくれました。最後は大団円を迎えますが、逆転につぐ逆転を紡ぎ出すアイデアが満載。これで一気に駆け抜けます。ストーリー全体が王道を貫いています。強すぎず弱すぎず絶妙なバランスでの攻防。隠し持った切り札。ハプニング。多くの伏線があり、(全てが刈り取られていませんが)このお話だけで色んな名作の良さをつまみ食いできるでしょう。最近のライトノベルは凄いですねえ。ヒューゴ賞作品より面白いのではないかと思ってしまった。勿論そういった過去の名作の上の積み上げだと思いますが、面白いモノは面白い。2話目から行き成り面白くなります。お勧め。

闇を撃ちぬけ! 君こそが黒き銃弾。

まず言っておくべきは「OPタイトルの出来が神!」第6話以降のオープニングは曲・タイトルバック共にこれ以上無い程の素晴らしさ! クレジットの見せ方も「その手があったか!」とヒザを打つアイデアに唸りました。

原作小説第1巻からのファンですが、アニメ版は延珠のヒロイン性をより強調している様に思えます。アニメ版から観る人へのわかりやすさという点では正解でしょう。蓮太郎と延珠のかけがえの無い絆、二人の想いに胸が熱くなります。
キャストの皆様の、ほとんど鬼気迫るといってよい熱演振りも凄まじく、特に凄いのが小山力也さんと悠木碧さん。本当に気が狂ったのか? という程の演技に鳥肌が立ちました。

アニメ化にあたっては不安もあっただけに、ここまで完成度の高い出来になるとは嬉しい驚きでした。こうなると第2シーズンの制作を熱烈希望! ですね。

この作品見てると結構心が痛む

おもしろい、いい作品だと思う。
でも、人間が持ってる差別やエゴが
結構ストレートに出てるので、見てると辛くなる。

ラストは痛快に終わってくれると嬉しいけど、欲張りかな。

可愛いは正義

作品としても面白いですが・・・・ロリに目覚めそうで少し怖いです・・・
ちなみ作中のモブはかなりの屑の集まりで見ていてムカついてきます。
ロウきゅ-ぶの昴といい梶君はロリに好かれる役が多いですね。

ロリコン製造機!もとい、ロリコンホイホイ!

だってさ、ロリキャラ以外もいるけど、ロリキャラの出番が多いよねコレ。というか、ロリキャラ以外に含まれる方も十分幼いから!木更とか中1って言われても違和感無いですから!
まぁ、伝説のロリコン製造機・CCサクラには敵わないですが……。

内容はわかりやすいバトルもの。各エピソードがダラダラ続かないので大分見やすいです。まぁ、全体ストーリーの方では色々仕掛けが用意されているので、そういうところを気にする人も退屈はしないのではないかと、面白いかはともかくとしてね。

それにしても、最近の美少女が登場する作品の主人公にしては、中々に容赦ないドSっぷりです。底抜けに優しい主人公が多い中、思い入れのある娘にすら追い打ちをかけられるっていうのは、ちょっと新鮮でしたね。主人公のドS調教に期待(笑)

男主人公とヒロイン少女の戦闘シーンがかっこいい♪

主人公とヒロインのコンビものでそれ自体はよくある設定だけど、2人とも武器を使って闘うのがイイねと思う。武器の描写がシャープで綺麗。主人公の得物が銃というのが最近のアニメとしては久しぶりじゃないか?かっこいいと思うし、物語の中で日蔭の身の少女たちのストーリーは不幸で可哀そうだけど成長を見守りたくなるな~。

面白い!

 原作未読。ストーリーのテンポが良く、各話の内容に引き込まれるようでした。
アクションも激しいだけでなく、分かりやすくて格好いい!声優陣も好演技で迫力満点!
次回の配信が本当に楽しみです。

ストーリー説明がないと分からない部分がある。

蛭子影胤が、この国家のよく分からない組織に所属していたようにしか感じなかったけど、ストーリー説明ををよく見ると、どうも、ガストレアに対抗するために作られた国家組織に所属していたらしい。そういう人物が敵になることは、アニメやマンガでは、よくある展開だけど。そもそも、影胤自身が、サイボーグ(人造人間)のように感じる。里見蓮太郎の能力と、イニシエーター(おそらく、サイボーグ(人造人間)である藍原延珠や蛭子小比奈はともかく、蛭子影胤との能力の違いが、あまりにも大きすぎるからです。
それは、ともかく、ストーリーやキャラクター、声優陣が良くて、オープニング曲や、エンディング曲も良いので見る価値は、かなりあると思います。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:神崎紫電 / 発行:電撃文庫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス / 原作イラスト:鵜飼沙樹 / 監督:小島正幸 / 副監督:博史池畠 / シリーズ構成:浦畑達彦 / キャラクターデザイン・総作画監督:海島千本 / 音楽:鷺巣詩郎 / アニメーション制作:キネマシトラス×オレンジ / 音響監督:山田 陽 / オープニング・テーマ:fripSide「black bullet] / エンディング・テーマ:やなぎなぎ「トコハナ」 /

キャスト
里見蓮太郎:梶 裕貴 / 藍原延珠:日高里菜 / 天童木更:堀江由衣 / ティナ・スプラウト:黒沢ともよ / 蛭子影胤:小山力也 / 蛭子小比奈:悠木 碧 / 室戸 菫:甲斐田裕子 / 聖天子:豊崎愛生 / 伊熊将監:手塚ヒロミチ / 千寿夏世:潘 めぐみ / 天童菊之丞:大木民夫 / 司馬未織:小清水亜美 / 保脇卓人:木村 昴 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}