動画が再生できない場合はこちら

聖闘士星矢 ポセイドン編

35

0

0

1

3

4

キミは小宇宙を感じたことがあるか!

この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるという希望の闘士・聖闘士(セイント)。聖闘士になるため、ギリシアで修行していたペガサスの聖闘士・星矢は、聖衣を手に入れて日本に帰国する。彼を待っていたのは、グラード財団が企画した銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)と呼ばれる聖闘士同士の戦いだった。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

当時は打ち切りでしたが

放送当時は視聴率低下で打ち切りが決まっていたので
ポセイドン編はテンポが異常に早くなっています。

アニメオリジナルのアスガルド編とうまくつながってあって
そこにセイレーンの出番があったりして
まとまりかたがうまい感じです。

後にハーデス編もアニメ化されましたし、またハーデス編が見たくなりました。

ネタバレあり

終盤はややダッシュ気味な展開

小学生の頃薄れた記憶をたどりに
何ヶ月かかけてシリーズを見切りました。

最初から最後までアテナのセイントたちは
常に命がけで行き着く暇もない展開でした。

ポセイドン編は後半から展開が早くなり夢中で見入ってしまいました。

楽しめました。良い思い出です。

鱗衣がカッコいい!

ポセイドン編では、海将軍の鱗衣デザインが見どころでしょう。海将軍の鱗衣は冥闘士と違ってすっきりとしており、黄金聖闘士にはない工夫が各所にあって非常にかっこいいです。特にスキュラの左右非対称のデザインが秀逸です。

ただ、エピソード自体が短いため駆け足展開となっています。アスガルド編でものすごい苦戦の連続だったため、どうしても海将軍が神闘士に比べて手ごたえがないように感じてしまいます。これは、星矢達が成長したものと解釈しておきましょう。あとメインブレドウィナの構造は一体どうなっているのか…謎です(笑)

ネタバレあり

敵味方、互いの熱い想いが衝突するTVシリーズ最後の戦い

敵にも命がけで戦う理由があるという、ただ単純な善悪で終わらないのが

聖闘士星矢の魅力だったのかなとおもいました。

かつて死闘を繰り広げた強敵が、色々な形で手を貸す展開は やはり燃えますね。

この続きはOVA版があったりしますが、途中で主演声優 全員の総入れ替えがあったりで…。

114話は流石に長かった・・・、でもアツくてとても満足!

10クール近くもの作品を一か月で消化は流石に辛かったですがなんでしょうか…この見終えた時の達成感!
とにかく最初から最後まで聖闘士たちの熱い成長を見れました

子供っぽいが、どんな逆境にも諦めず立ち向かう熱い心を持った星矢
冷静で頭が切れる非常に友達思いの星矢の親友紫龍
クールで文字通り冷たく近寄りがたい印象だけど、本当は優しいイケメン氷河
聖闘士なのに戦いを好まず兄を慕い続ける美少年である瞬
一匹狼を気取っているが、ピンチには必ず駆けつける弟の瞬と深い絆で結ばれたヒーロー一輝

彼らの友情や逆境を乗り越える力強さ、友を慕う心、そして時には敵であるはずの聖闘士と分かり合ったり
漢の心を揺さぶられる作品でした、本当に素晴らしい!

決して諦めず、友を助け、または助けられ、立ちはだかる壁をも味方につけたりすると…人生でも何かが見えてくるのかもしれませんね
オススメです

原作も読んでみますw

ネタバレあり

6編、114話を視聴して

闘拳というよりも、エフェクトぴかぴかドーン!の超能バトルで
あと、十二宮・北欧・ポセイドン編のストーリー構造が
人質・制限時間・関門突破と、妙に類似していたりしますが
そーいう時代のモノに、ツッ込むのは痴がましいような気にさせる
熱く勢いのある作品でした

6編中、十二宮編と北欧編が印象に残りました
十二宮編のカシオスと、北欧編の神闘士達が良かったです

シャイナさんも頑張ってる

敵に対して真っ向勝負を挑み、どんな状況であっても挫けず仲間を信頼し助け合って、目の前の困難を打破する熱血作品。

当然のごとく原作はポセイドン編以降もどんどん展開しているけど、当時のTVアニメ版としてはひとまず最終編。
ここまでくると今までにあった「オリジナル展開で尺を稼ぐ」ことが少なく、逆にあっさりとした展開には「長編TVアニメ版の終結」に向かっていく寂しさを感じます。個人的には一途なシャイナさん見納めなので、なお寂しい。

アニメ最終シリーズ

星矢が捨て身でメインブレドウィナを破壊しアテナを救ったが星矢の体大丈夫だべか

ネタバレあり
キャラクター

星矢

天馬星座(ペガサス)を守護星に持つ青銅聖闘士。サンクチュアリで聖闘士となった。どんな強敵にも怯まない熱血漢で、地上を狙う数々の強大な邪悪に対し、小宇宙を燃やして戦いを挑んでゆく。

紫龍

龍星座(ドラゴン)を守護星に持つ青銅聖闘士。中国は五老蜂で聖闘士となった。何よりも義を重んじ、友のために己を犠牲にすることを恐れない。戦いになるとあえて自分を追いつめることも多い。

アンドロメダ星座を守護星に持つ青銅聖闘士。アンドロメダ島で聖闘士となった。心優しく、聖闘士の力を得てもなお、敵であっても誰一人傷つけるようなことを嫌っている。

氷河

白鳥星座(キグナス)を守護星に持つ青銅聖闘士。シベリアで聖闘士となった。一見するとクールで氷のように冷たい印象だが、心の奥底には亡きマーマへの深い想いを秘め、敵に対して熱い闘志を燃やし続けている。

一輝

鳳凰星座(フェニックス)を守護星に持つ青銅聖闘士。デスクィーン島で聖闘士となった。青銅闘士最強の男だが、孤独を好み、他の聖闘士と共に行動するのを嫌っている。

沙織

城戸光政の孫娘として育てられていた少女。その正体は数百年に一度、地上にはびこる邪悪を打ち破るために降臨するアテナの化身である。

魔鈴

鷲星座(イーグル)の聖衣をまとう白銀聖闘士。星矢を聖闘士に鍛え上げた師匠であり、実力は白銀聖闘士の中でも相当のレベルに位置している。仮面を着けているために正体は不明。

シャイナ

蛇遣い星座(オピュクス)の聖衣をまとう白銀聖闘士。ギリシア時代からの因縁の相手である星矢を、執拗に狙い続けている。

ムウ

ジャミールにいるという、世界でただ一人聖衣の修復ができる人物。白羊宮を守護する牡羊座(アリエス)の黄金聖闘士で、星矢たちを見守り、戦いのサポート役として力を貸す。

老師

中国の五老蜂で紫龍を聖闘士として育て上げた人物。驚くほど広く深い知識で青銅聖闘士たちの戦いを助ける。243年前の前聖戦を生き残った最後の一人にして、天秤宮を守護する天秤座(ライブラ)の黄金聖闘士。

アイオリア

獅子宮を守護する獅子座(レオ)の黄金聖闘士。逆賊の汚名を着せられたアイオロスの弟として、幼い頃からサンクチュアリでは虐げられてきた。数々の光速拳を操り、黄金聖闘士の中でも一、二を争う実力を誇っている。

シャカ

処女宮を守護する乙女座(バルゴ)の黄金聖闘士。自身の小宇宙を増大させるため、普段はあえて視覚を閉ざしている。「もっとも神に近い男」の異名を持ち、聖闘士の中でも最強クラスの実力を誇っている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:車田正美 / 掲載:「週刊少年ジャンプ」 / 発行:集英社 / プロデューサー:旗野義文+横山和夫 / プロデューサー:加藤守啓+川田万寿 / 製作担当:武田 寛 / シリーズ構成:小山高生 / シリーズディレクター:森下孝三 / キャラクターデザイン:荒木伸吾+姫野美智 / 美術デザイン:窪田忠雄 / 音楽:横山菁児 /

キャスト
星矢:古谷 徹 / 紫龍:鈴置洋孝 / 瞬:堀川 亮 / 氷河:橋本晃一 / 一輝:堀 秀行 / 沙織:潘 惠子 / 魔鈴:山本百合子 / 光政:宮内幸平 / シャイナ:小山茉美 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}