動画が再生できない場合はこちら

聖闘士星矢 冥王ハーデスエリシオン編

20

0

0

2

1

2

今、始まる最後の戦い!
楽園の神々が聖闘士を阻む!!

アテナによる封印を解き、復活を遂げた冥王・ハーデス。部下である冥闘士とアテナの聖闘士たちとの聖戦は、サンクチュアリから冥界へ、そして新たなる舞台へ移ろうとしていた。ハーデスを追い、地獄の最終地・嘆きの壁の先へ消えたアテナ。黄金聖闘士たちは自らの命を賭して、アテナの向かったエリシオンへの突破口を開く。エリシオンは神だけが踏み込むことを許される無限の野。静寂の地で星矢たちを待ち受けるのは、死の神タナトスと眠りの神ヒュプノスだ。圧倒的な力の前に屈するかに思えたその時、星矢たちの聖衣に奇跡が起きる!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

原作通りの終わり方

タナトスとヒュプノスとの闘いで発動する
神聖衣が見どころですが、アニメ化で
ここまで綺麗にデザインされるとは思ってなかった。
ハーデスとアテナの会話は哲学も感じる。

ネタバレあり

アニメ版ハーデス編視聴完了

現役でジャンプ読んでいた人にとっては、見るだけ時間の無駄。

若い人たちがアニメから入るなら、良いでしょう。

でも、漫画の方が出来はいいですよ。

新しく聖闘士星矢ファンになった方たちには、文庫本で発売中になっている原作をおすすめします。

この続きも不定期連載していますが、画力も落ちストーリーの進行も歯切れが悪く微妙な印象。

私もファンなので一応読んでいますが、完結には相当な時間がかかりそうです…。

デク~! お前も死ぬぞ~!

ユウキコスモは転生してソレントになってたのでした。
それいうと、アイオリアもあれでしたね。旧氷河は・・・断末魔が『コスモ~!』だった。
昔はアニメやる声優さんが貴重な存在でしたね。
でも、みんなおじちゃんになってしまった・・・。

冥王ハーデス十二宮、冥界前後章、エリシオンを視聴して

聖闘士星矢シリーズの形式美が、十分堪能出来ます

聖闘士星矢の魅力てんこ盛り

タナトス・ヒュプノス・ハーデスの順に、そのオニ強さにことごとくボロッボロにされまくる星矢たちが、常に持ち続けた信念「仲間と助け合い最後まで諦めない・希望ある限り五体が動く限り立ち上がり、神が相手でも真っ向勝負で己が信念を貫き通す」作戦も体力温存もへったくれもない、とにかく「敵を倒して前に進む」とってもシンプルな思考・行動。

その一途な想いは星矢たちに神聖衣をも纏わせ、限りなく神に近づく存在へ…。展開がややイッてしまっている節もありますが、神を相手にするんだから「主人公補正・一部無双モード」も結構結構。

アニメ初代「聖闘士星矢」に関しては無粋かもしれませんが…シャイナさんと同じくらいに、沙織さんがもっと感情的に「一人の女性」として星矢に接する場面を見たかったです。

キャラクター

ペガサス聖矢

サンクチュアリで聖闘士となった、天馬星座を守護星に持つ青銅聖闘士。どんな強敵にも怯まない熱血漢で、地上を狙う数々の強大な邪悪に対し、つねに小宇宙を燃やし戦ってきた。行方不明である姉の星華を捜している。

ドラゴン紫龍

中国は五老蜂で聖闘士となった、龍星座を守護星に持つ青銅聖闘士。非常に義理堅い性格の持ち主で、友のために己を犠牲にすることを恐れない。

キグナス氷河

シベリアで聖闘士となった、白鳥星座を守護星に持つ青銅聖闘士。一見するとクールで氷のように冷たい印象を受けてしまうが、その心の中には今は亡きマーマへの深い想いと、敵に対しての熱き闘志が秘められている。

アンドロメダ瞬

アンドロメダ島で聖闘士となった、アンドロメダ星座を守護星に持つ青銅聖闘士。誰一人傷つけるようなことを嫌う、優しい性格の持ち主。だが、その清らかな心を持つがゆえ、冥界で驚愕の運命が待っていた。

フェニックス一輝

デスクィーン島で聖闘士となった、鳳凰星座を守護星に持つ青銅聖闘士。その力は青銅聖闘士最強を誇る。孤独を好み、他の聖闘士と行動を共にすることを嫌うが、弟である瞬の危機には、どこへでも必ず駆けつける。

アテナ

城戸光政の孫娘として育てられていたが、その正体は13年前に降臨したアテナの化身。サガの乱、ポセイドンとの戦いを経て、真の敵ハーデスとの聖戦に臨む。そして決着をつけるため、ハーデスのいる冥界へ向かった。

ミーノス

冥界三巨頭の一人。天貴星グリフォンの冥闘士。冷静沈着で、周到な戦い方を好む。嘆きの壁の崩壊と共に死したかと思われたが、三巨頭の最後の生き残りとなって星矢たちを追う。

パンドラ

冥界の三巨頭をも支配下に置いている冥闘士たちの統率者。冷徹な心を持っており、眉一つ動かさずに配下の冥闘士たちに命令を下す。だが、彼女もヒュプノスとタナトスという二人の神に操られているに過ぎなかった。

クィーン

天魔星アルラウネの冥闘士。ラダマンティス直属の部下。シルフィード、ゴードンと共に星矢たちを追って嘆きの壁へやってきた。待ち受けた紫龍と、三人がかりで戦いを挑む。

ゴードン

天牢星ミノタウロスの冥闘士。ラダマンティス直属の部下。その巨躯をもって繰り出す必殺技・グランドアクスクラッシャーは驚異的な威力を誇る。直情的で剛胆だが短気。

シルフィード

百八の魔星の最後の生き残りの一人。天捷星バジリスクの冥闘士。魔星として屈指の実力を誇り、ゴードン、クィーンらと共に嘆きの壁の前で紫龍を相手取る。

星華

星矢の生き別れの姉。かつて星矢が聖闘士の修業のためギリシャ・聖域に旅立ったその日から行方不明となっていた。グラード財団が総力をあげて捜索したものの見つからなかったのだが…。

タナトス

死を司る冥界の神。ヒュプノスとの双子。エリシオンに棲み、ハーデスの側近としてヒュプノスと共にパンドラ、そして冥闘士を統べる。冷酷だがヒュプノスに比べ激情型で、その攻撃性は残虐さを伴う。

ヒュプノス

眠りを司る冥界の神。エリシオンに棲み、冥王ハーデスの側近としてパンドラ、そして冥闘士たちを統べる。無駄な殺傷を好まず、エリシオンへ侵入したアテナ、そして星矢たちに永遠の眠りを与えようと立ちはだかる。

冥王ハーデス

冥界を統べる神。人間の行いに対する絶望的な感情から、永遠に続く皆既日食「グレイテストエクリップス」により地上の生物の粛正を目論む。243年前、アテナとの聖戦で封印されたものの、現世での復活を遂げた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:車田正美 / 掲載:「週刊少年ジャンプ」 / 発行:集英社 / 企画:小原康平 / 企画協力:岡田忠博+森下 誠 / 製作担当:松阪一光 / シリーズ構成:黒田洋介 / シリーズディレクター:勝間田具治 / キャラクターデザイン:荒木伸吾+姫野美智 / 総作画監督:荒木伸吾+姫野美智 / 美術デザイン:秋山健太郎 / 色彩設計:辻田邦夫 / デジタル撮影:福田岳志 / 音楽:横山菁児 /

キャスト
ペガサス聖矢:森田成一 / ドラゴン紫龍:櫻井孝宏 / キグナス氷河:三浦祥朗 / アンドロメダ瞬:粕谷雄太 / フェニックス一輝:小西克幸 / アテナ:折笠富美子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}