動画が再生できない場合はこちら

十兵衛ちゃん2 -シベリア柳生の逆襲-

37

0

0

0

3

5

戦いは終わったはずだった…

あれから一年…平凡で幸せな日々を送る自由。そこへ、突如現れた謎の転校生…柳生フリーシャ、ラブリー眼帯を持つ子供小田豪鮎之助の出現、さらに300年前に柳生但馬守によってシベリアまで追いやられた柳生一族の襲来。自由の運命の歯車は再び回りだす。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

よかったです

第一シリーズだけ見たことがあったので,どうしようか迷ったんですが観てみました。

ラブリー眼帯の効果については,第一シリーズと同じで目新しさはなかったですが,その他の部分で新しい話が観れてよかったです。

感動しました!

意味不明な設定が多々ありましたが、ギャグも面白く、最後には細かいこと気にせず感動していました。良い作品です。

パワーアップ

前作から全ての点でパワーアップ!

冒頭、まるで映画かと思えるくらいの作画で始まり、相変わらずのバンカラトリオ+1の馬鹿っぷり。

そして、4組の親子の、それぞれの絆が描かれ、前作に増して泣き所増量。

チャンバラも既に人間とは思えないくらいになっていますが、前作同様、細かいことは気にしないで見るべき作品です。

ネタバレあり

四つの親子関係

菜ノ花 自由と柳生 フリーシャと柳生 喜多歩郎 (きた、きたろう、きたふろう) と小田豪 鮎之介(おだごう あゆのすけ)の親子が、同時に描かれてゆくさまが、みごと。それでいて雑多になっていない。
前作でもそうだったが、とにかく親子の、すれちがいに重点が置かれた。
いけてるあんみつやも、すれちがい効果が効いている。

きたの登場と声優の交代によって、一方的な思いのスクール ランブル的要素が強くなった。
菜ノ花自由役が小西 寛子から堀江 由衣へ交代させられた意味が、私にはわからなかった。
小西で、じゅうぶんだったのではないか。
もちろん、堀江の実力に疑問をもつ余地は無い。印象の問題だ。

動く場面は、前作よりすばらしい。全体的に、美しく強い自由をもっと見たい。

日本アニメ会でのみ出せる剣劇コメディー

 柳生十兵衛という時代劇上でしかお目に掛からない人物を、これほど親しい存在に感じさせてくれるこのアニメに感謝です。十兵衛ちゃんをはじめ、そのまわりを取り囲む魅力的なキャラたちに数時間ずっと魅せられっぱなしでした。
 特に『2』の鮎之助の木がなってしまってからの数話、堪えられませんでしたヨ
 剣劇のシーンも、日本アニメだからこそできる間合い感がシビれました。
そろそろ、2010年代のアニメの“爪痕”として、またあのキャラたちにペダルをこいでもらえたら・・・

ギャグ

途中、自由が煮え切らない展開がもどかしいけど、
ギャグも物語のテンポも一期と同じくよいです。
一部の声優が変わっていますが、やっぱみてて愉しい。

タイトルから入りました

この作品はタイトルに笑ってしまって
1から見はじめたのですが
見終えてタイトルは「これしかない」と
納得してしまいました。

すべてのキャラクタを愛らしいと思います。

期待せずに見たけれど

パート2は期待はずれが多いけれど、前作と変わらず涙と笑いの多い作品でした。
パート1と共に、長く心に残るアニメだと思います。

見どころ

略して『J2』。大作続編にしたい意気込みが、ここからも伝わってくる。ワイド化した画面に、大地丙太郎監督独特のノリと勢いも超ワイド化。「シベリア柳生」という聞いただけで笑ってしまう設定も、氷を打ち砕きカケラが舞い散る怒濤の剣戟シーンの説得力で信じこまされてしまう。見どころは、ロシアから来た美貌の転校生、柳生フリーシャの挑む冷たい心理戦。ようやく回復した父と娘の絆が壊れそうになる展開にハラハラする。スペード型ラブリー眼帯で「真の柳生十兵衛」を目ざすフリーシャから挑戦を受け、変身を拒絶していたはずの自由がやむにやまれず運命を受け入れるさまは、実にドラマチックだ。そんな心の揺れをダイナミックな作画アクションが盛りあげる大傑作!【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

菜ノ花自由

菜ノ花 彩

柳生フリーシャ

喜多歩郎

小田豪鮎之介

小田豪鯉之介

津村御影

竜乗寺四郎

三本松番太郎

大猿

小猿

丸山翔子

遠山 幸

石橋漣達

柳生喜多烈斎

柳生十兵衛

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:大地丙太郎+マッドハウス / 企画:大月俊倫+丸山正雄 / 企画協力:メディアワークス+ガンジス / 脚本・監督:大地丙太郎 / キャラクター原案:むっちりむうにい / 連載:月刊コミック電撃大王 / プロデューサー:中西 豪+諸澤昌男+笠井信児 / キャラクターデザイン・総作画監督:馬越嘉彦 / 音楽:増田俊郎 / 音楽制作:スターチャイルドレコード / 音楽協力:テレビ東京ミュージック / 音響監督:たなかかずや / 音響制作:ダックス / アニメーション制作:マッドハウス / 製作:j2製作委員会 /

キャスト
菜ノ花自由:堀江由衣 / 菜ノ花 彩:藤原啓治 / 柳生フリーシャ:中山恵里奈 / 喜多歩郎:前田 剛 / 小田豪鮎之介:齋藤彩夏 / 小田豪鯉之介:置鮎龍太郎 / 津村御影:安原麗子 / 竜乗寺四郎:大津尋英 / 三本松番太郎:うえだゆうじ / 大猿:西村ちなみ / 小猿:新子夏代 / 丸山翔子:生駒治美 / 遠山 幸:鈴木真仁 / 石橋漣達:松山鷹志 / 柳生但馬守:大平 透 / 柳生喜多烈斎:竹内 力 / 柳生十兵衛:目黒祐樹 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}