動画が再生できない場合はこちら

ふたつのスピカ

94

1

0

2

3

15

わたし、ロケットの運転手さんになる!

有人宇宙探査ロケット「獅子号(ししごう)」が市街地に墜落し、その事故に巻き込まれ母親を失った少女アスミは、ある日、獅子号のパイロットの幽霊“ライオンさん”に出会う。ライオンさんとの出会いはアスミのすべてを変えてゆく。ライオンさんが語る宇宙への想いは、いつしか幼いアスミに宇宙飛行士になりたいという夢を芽生えさせる。どんなにつまずいたって、宇宙は私の夢だから…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(21件)

何度見ても・・・

何度見ても泣けます。その後を見てみたい作品のひとつです。
久々に見て、また泣いてしまった。

このころのNHKは良かった~

宇宙ヒューマンドラマの傑作

一話で引き込まれ一度に全話視聴してしまいました!
この作品をあえて一言で表そうとするなら、宇宙へのロマンとそれを追い求める者たちの苦悩や葛藤、そして情熱という言葉に集約できるのではと思います
ある人は、自分を愛してくれた人たちの想いをかなえるために、ある人は、暗く無限に広がる宇宙のロマンを追い求めるために、ある人は、自らの取り巻く環境から逃れ、束縛のない自由な世界へ行くために。
宇宙を目指す人の様々な感情を丁寧に、的確に、そして視聴者を引き込む構成で、秀逸に描き切ります。
登場人物に感情移入していく深度は他に類をみないほど高く、自分も一人の役者のようにキャラクターと会話しているような感覚を覚えるほどです。
物語的には、一つ物足りないところで終わりますが、テーマを描き切るうえでは十分だったのかもしれないと見た後では、納得できるような思いがしました。
見ておいて確実に損はない名作です!

良い作品。・・・なのだが、

子供の頃に観て心強く残っている良い作品です。
少年少女とは言え、宇宙に対する気持ちの葛藤は、大人になって見直してもグっとくるものがありました。

ただ、非常に残念なのが、打ち切り感が否めない事。
子供の頃、深夜帯で放送してたような記憶ですが、そうなのであれば単に視聴率が良くなかったのかなぁ。
これから、って時なので残念でした。

大人になって見たい作品

中学、高校の頃はうけつけなかった。
三十路のいま1日で全話見てしまった。

心がそうしたかった。

明日もがんばろう。

残念作品

 タイトルからマイナス・・・消されるかな?
宇宙にのぞむ難しさを描けているけど
無理が昇華していないので・・・マイナス
希望を残しての終わりダメです。
 

ネタバレあり

カタルシス不足

本作は死別や誤解されて忌避されたりの悲しい話しが多く
視聴していると、かなりもやもやが鬱積してくるのですが
これを綺麗サッパリにしてくれるカタルシスがありません
最終回、主要人物5人の友情が確たるものにはなるんですが
やっぱり、宇宙飛行士になって貰わないと厳しいです
(宇宙服姿で宇宙へ出ている短いシーンはありますが)
獅子号事件の真相解明と決着もあれば尚良しでした
調べてみると、放映時に原作が完結してなかったようです
アニメの続きは無いんですかねぇ……

獅子号の事故が印象的でした
補助ブースターの爆発はチャレンジャー号を
街に落下するのは長征3号を思い出しました
ハイブリッド事故ですね

ネタバレあり

NHKだから購入しませんが

とっても良い作品です。NHKが制作・著作でなかったら即DVDを購入していたことでしょう。良作なのに視聴回数が少ないのは、絵的に地味&昔風というのに原因の1つがあるのではないでしょうか?実際私はこのアニメのタッチが受付けなかったので。漫画の方はちょっと前に友達が全巻持っていたので読破しましたが最後まで描かれていてアニメで回収しなかった伏線などきっちりとまとめてあるので最後を知りたい方は漫画を読むことをお勧めします。個人的に「第16話 アスミの桜」 が一番印象に残っていて切ない内容でした。同級生の島津くん大好き♥

ほのぼのでもあり、しんみりでもある

バリバリ、ガチガチにハードなアニメばかり連続して見た後だったので、なんか心洗われる様でした。まぁ、色んな意見もあるだろうけど、自分としてはこういう路線、好きです。見て良かった。

初めてアニメを観て泣きました。

一応リアルタイムで観てましたが小学校の低学年だったのでOPの曲がかっこいいなあ~としか思っていませんでしたが大人になって改めて観るとかなり込み上げてくるものがありました・・・
矢島晶子さんの綺麗な声、美しい絵と音楽、BuzyのOPで始まりBEGINのEDで終わるなど涙腺を刺激する要素が盛りだくさんでした。

心が洗い流される(T ^ T)

見て欲しい。

ただその一言に尽きます。(T_T)

母にありがとうを言いたくなった

獅子号の墜落事故が招いた様々な過去や登場人物たちの思いが涙を誘います
EDの反則級にしんみりとしたアスミの表情がまた更に…
なんていい作品なんだ、何故今まで見なかったんだろう。というくらい素晴らしき作品だと思います

確かに、生きていれば悲しいこともあります
でも自分が宇宙であったら、今まで生きてきた中で関わった人たちが一人一人星となって自分を支えてくれている
この表現がしっくりくるくらい印象的でした
あと、親孝行をしたくなった…

「ライオンさん」も事故がなく、無事地球に帰ってこれたら幸せになれていたのだと思うと…
彼の奏でる金色のハーモニカがとても良い味を出していると感じます

彼はアスミに「スピカ」は二つで一つの星だといいました
二人で一つの星になって、輝いていることを
誰かに、何かに支えられながらお互いは生きているのだと

僕と京子も、ふたつのスピカ

ネタバレあり

もっと続きが見たかった

最近のアニメにはないマジメで良い作品

音楽と作風でかなーり涙腺にくるものがあります。

ピュアすぎる

きっと私がそうありたいと思っても、そのように生きてこれなかった半生。
主人公アスミの純粋さに涙の流量を抑えることは出来ませんでした。
こんな時代だからこそ改めて世に知られてほしい珠玉の作品。

不慮の

事故、色々有ると思います。

自動車事故、鉄道・船舶・航空機事故

現実の世界でも、架空の世界でも、
それだけに物語の端緒や転換点になるのだと思います。

しかしそれにしても
この場合は、、、

ロケットと宇宙飛行士が主題だからとは言っても
これは流石に、、、

自爆装置が作動しなかったという設定、
なかなか有り得ないです。

いや想定外は想定内
有り得たなら
それはそれで
有人の、探査機搭載の、打ち上げ直後の状態で
あの市街地の炎上の描写は、、、

帰投中のF104が近くの住宅地へ墜落した体験と比べて
余りにも小規模過ぎ、安易に軽微過ぎるように思えてなりません。

別作品のタンデム・ミラー エンジンの暴走の際は
フィクションだと分かっては居ても
大勢の人達の安否を思い、暗澹とした気分になりましたが、
獅子号の失敗の際は
現実感の無さに呆然としてしまい、
作品に感情移入できませんでした。

ネタバレあり

これはいい

スゴイ大発見

実写ドラマ化は知っていたけど、アニメ化しているのを、B-CHで初めて知った。

原作の大ファン。
余韻の中毒になって、全巻、4周以上読み返している。

しかも、出来がいい。
原作を知っていると、アニメ化はガッカリするもんだけど、コレは、話しのスピード感、空気、感情、不思議なぐらい、自分が読んだ時と一致している。

まだ一話しか見ていないが、OP、EDで、これからあすみに絡んでくる主要人物が勢揃い。
今からワクワクしている。

自分は、コレを読んだ後、宇宙兄弟を読んで、共通のおもしろさを感じた。

原作を知らない人でも、宇宙兄弟に惹かれる人なら、楽しめるのでは無いだろうか。

まぁ、向こうはリアルなSFで、これはSFドラマだけど。

一気見したいけど、原作を読んだ時のスピードで、ゆっくり味わおう。

いい作品ですね

人情話といいますか、浪花節に弱い人には
ハンカチ無しでは見られないんじゃないでしょうかね。
友情、葛藤、人の生き死に。人生のつまった感動作です。

原作が続いていたこともあるのでしょうが、後半やや
物語が書ききらないまま終わってしまったような節が
あって消化不良にはなりますが、それでも各話の出来が
すばらしくて満足できます。

おちびちゃん、ライオンさん…

1話目から泣かすなよぉ~もぉ(´;ω;`)ウゥゥ

涙腺決壊の良作・゜・(ノ∀`;)・゜・

こんな作品があったなんて全く知らなかった。

こんなに良い作品なのに、こんなに知名度が低いなんて・・・。

やはりヒロインがガチのモブキャラみたいな外見なせいだろうか・・・。
しかし、1・2話に毎に涙腺を崩壊させながら見ていくと、このヒロインが娘のように大事に思えてくる。
モブキャラのような・・・もとい素朴な外見すらも、愛おしさに変わってくる。

これだけ泣かされても見終わった後の印象は、良いものです。

最終話のEDが流れてきたところで、涙腺が決壊しました。・゜・(*ノД`*)・゜・。
たぶん大人であるほど泣かされるんだろうなぁ。

しみじみと

宙に想いをよせる健気な少女の物語かな。ちょっとしみじみとはしているけれど、
人との出逢い、友達と共に成長する姿、などを見守っているかのような物語展開に愛情を感じる。

とてもよい作品です

ふたつのスピカとてもよい作品です!

いい感じ

ゆるやかに、細やかに、こんな作品もあっていいなと思いました。
秀逸な割に投稿ゼロは寂しいので投稿しました。

キャラクター

鴨川アスミ

どんな困難にあっても常に前向きな女の子。小学1年生の時に母を亡くし、父の友朗と二人暮らし。「ライオンさん」に出会ってから宇宙にめざめ、宇宙飛行士になるのが夢。

宇喜多万里香

圭と同様に、宇宙学校の入学試験でアスミと出会う。人との接触を嫌うミステリアスな少女。

府中野新之介

アスミの幼なじみ。実家は江戸時代から続く花火師。見えないところで、いつもアスミを見守る心優しい少年。

近江 圭

国立東京宇宙学校を受験した際に、実技試験で同室になったのがきっかけでアスミと友人関係を築く。感情豊かで友達を思いやる人情派。

鈴木 秋

クールな秀才。チャームポイントは眉毛(がないこと)。親の反対を押し切って宇宙学校を受験した。

ライオンさん

「獅子号」に最年少で搭乗した元宇宙飛行士。墜落後、幽霊となって故郷にとどまっている。アスミのよき理解者となり、かなわなかった宇宙への夢をアスミに託してゆく。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:柳沼 行 / 掲載:コミックフラッパー / 発行:KADOKAWA メディアファクトリー / 監督・シリーズ構成:望月智充 / キャラクターデザイン:後藤真砂子 / 設定考証・コンセプトデザイン:小倉信也 / 美術監督:込山明日香 / 色彩設定:一瀬美代子 / デジタルコンポジット:伊藤正弘 / 編集:岡 祐司 / 音響監督:郷田ほづみ / 音楽:三宅一徳 / アニメーション制作:グループ・タック /

キャスト
鴨川アスミ:矢島晶子 / 宇喜多万里香:木村亜希子 / 府中野新之介:豊永利行 / 近江 圭:大浦冬華 / 鈴木 秋:甲斐田ゆき / 鴨川友朗:堀内賢雄 / 鈴鳴由子:水野理紗 / ライオンさん:子安武人 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}