動画が再生できない場合はこちら

めぞん一刻 デジタルリマスター版 第2シーズン

45

0

0

0

0

9

何だかドキドキしてきませんか?

とある街の時計坂に建つアパート「一刻館」。大正時代に建てられたと言う由緒あるボロアパート。住んでいるのは変人奇人ばかり。その野放図ぶりに管理人は次々と逃げ出してしまう程。5号室の住人、五代裕作は受験生。明日も大事な模試があると言うのに、部屋では他の住人が宴会でドンチャン騒ぎ。「出て行く! もう絶対出て行くぞお!」と固く決意した五代。だがその前に現れた新しい管理人は若くてもの凄い美人の響子だった。五代の決意はコロッと翻ったのだが…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

美しいラスト

第一シーズンから数えて90話以上、感動のラストがここにあります。

人生劇場

人と人との触れ合いというのは時代が変わっても本質は変わらない。
そこをこの物語はきちんと描いていると思います。
初見から30年近くが経ち改めて観させていだたくと当時とは違う感情が湧いてくることに
気付くのです。今観るからこそ理解できる事があります。

私が子供だった当時と全く違う感情を抱く最大のキャラは、三鷹さん。
私は三鷹さんと違いブサイクだしお金も情熱も行動力もありませんが
当時は五代君の強敵くらいにしか思っていなかった三鷹さんのエピソード後半は
本当に胸が苦しくなる位、心に刺さりました。
結果的に彼は別の幸せを得たとはいえ後半からラスト近くまでのあの展開はあまりにも哀し過ぎる。

自分の愛する人は自分を必要としていない

それを悟ってもなおあそこまで行動できるとは。
ましてや恋敵の五代くんに響子さんの幸せを託し、励ますことすらやってのけるとは。
三鷹さん、アナタかっこ良すぎ・・・

ネタバレあり

人生は素晴らしい。

この作品の中で最も泣けたのは、最終話にて音無のお父様の言葉
「あんたはこの日のために生まれて来たんだよ、響子さん。」

心地よい余韻

ちょうど高校生の頃に原作に出会い、ハマっていました。
原作ならではの素晴らしさももちろんなのですが

丁寧にアニメとして作品にしてくれたスタッフの方々には
今でも感謝しています。
主題歌やBGMなどもとても素敵でより一層素晴らしい
作品にするのに一役買っています。

原作にしかないエピソードなどもあるので
アニメが気に入った方は原作も合わせて是非お勧めしたいです。

めぞん一刻を創り出して頂いた高橋留美子先生には
有難うございましたと言いたいです。

こういう世界

幸せがいっぱいです。
最後の数話、幸せ過ぎる涙でずっと画面がぼやけてました。
声を出して泣いたのなんて久しぶりです。

CM前に入る前の音楽、いつもは流れるのに最後はちゃんと無音だったり、
とにかく丁寧に描かれていて本当に見ていて幸せになれます。
どうかこういう世界が来ますように。

真面目な感想

7年間の連載を2年という限られた枠の中で多少の改変を加えながらも最後は見事に収めたスタッフに拍手。

私事ながら、放映時五代くんが就職活動に苦しんでいた頃、自分もなかなか就職が決まらず苦しんでいたことを思い出す。

幸いにも五代くんほどひどい目には遭わず無事に今も勤めているが、逆に自分には、響子さんも、こずえちゃんも、八神も現れずに今まで来てしまったw

今回ラストまで見なおして、「めぞん一刻」は自分の青春時代の一部であったことを改めて実感した。
最後に、うる星やつらでも感じたことだけど、南家こうじさんのOP・EDはやはり至高。

今でもふと思い出す主題歌に彩られた生粋のラブストーリー

当時イライラ感を感じつつも,最終的には桜吹雪の似合う世界観と,アニメであるからこその演出に,何かと涙腺が緩んだものです。何よりも初期主題歌の「悲しみよこんにちは(斉藤由貴さん)」と後期主題歌の「陽だまり(故:村下孝蔵さん)」は,今聴いても良いですね。

苦難を乗り越えた後の幸せ

96話という長い話数を鑑賞し終えた後の感動、そして感動からの虚無感
これだけ綺麗な作品も中々出会えない、と思える素晴らしい物語でした

ただちょっと響子さんめんどくさいなぁ、でもそこがまた愛おしくなってしまう!
それも登場人物の様々な想いやすれ違いから生じる誤解なんですよね
ラブコメだとよくある、うん

奇想天外な一刻館の住人達も、純真な心を持ったヒロイン達も、ライバルも、主人公も…
それぞれ本当に魅力的かつ素敵な人達ですね
時代が時代だったのでしょう、結婚をひたすら周りから押し付けられる光景も、娯楽が現代より幅が狭すぎるのもギャップを感じるばかりでした
一刻館の住人宴会しすぎだろ、肝臓大丈夫なんでしょうかw

でもそんな明るい住人やライバル達に支えられながら、最後は栄光をつかみ取った五代くんは本当に果報者ですね
美しすぎる恋愛物語です、長いですが人生で一度は見ておきたい作品だと思います

ネタバレあり

内容が最高wでもイライラ!

主人公がもどかしい・・・w
女子高生がうざい!

でもおもしろい!

キャラクター

音無響子

「一刻館」の若くて美しい管理人。1階の管理人室に住む未亡人。

五代裕作

2階の5号室に住む貧乏な三流大学生。一途に響子を恋慕っている。

四谷

五代の東隣り4号室の住人。年齢・職業他一切不明の怪人物。

六本木朱美

五代の西隣り6号室の住人。スナック「茶々丸」に勤める悩殺お姉さん。

一ノ瀬花枝

1階1号室の住人。詮索好きでおせっかいな酔いどれ中年主婦。小学生の一人息子と冴えない夫がいる。

惣一郎さん(犬)

響子の飼っている白犬。亡夫が拾ってきて形見となったので亡夫の名がついた。

三鷹 舜

響子のテニスのコーチ。ハンサムで資産家の息子。響子に積極的にアプローチしてくる五代のライバル。

七尾こずえ

五代のガールフレンド。響子とは対照的に行動的な女子大生。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高橋留美子「めぞん一刻」 / 掲載:「ビッグコミックスピリッツ」 / 発行:小学館 / 演出:やまざきかずお+安濃高志+吉永尚之+ほか / 脚本:土屋斗紀雄+柳川 茂+金春智子+ほか / 音楽:杉山卓夫 / 制作:キティ・フィルム /

キャスト
音無響子:島本須美 / 五代裕作:二又一成 / 四谷:千葉 繁 / 六本木朱美:三田ゆう子 / 一ノ瀬花枝:青木和代 / 惣一郎さん(犬):田中秀幸 / 三鷹 舜:神谷 明 / 七尾こずえ:富永みーな /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}