動画が再生できない場合はこちら

再生回数:---
65

2

2

1

9

4

悲劇

東京。ここでは、人に紛れ人を喰らう「喰種(グール)」と呼ばれる怪人がはびこっていた。読書好きの大学生・金木研(カネキ ケン)は、行きつけの喫茶店「あんていく」で自分の好きな作家・高槻泉(タカツキ セン)の小説を愛読する神代利世(カミシロ リゼ)と出会い、本屋デートをすることになる。自らの運命を変える事故に巻き込まれてしまうとも知らずに…。瀕死の重傷を負うカネキだったが、手術により何とか一命を取り留めるが…。「何を食べても不味いんです」 目覚めたカネキにある異変が起こりはじめ…!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(18件)

消費者との闘い

個人的には面白かったです。
絵もいいですし、表現規制のぎりぎりを責めてる感じや声優の演技などとても評価できるところは多くあると思います。


以下駄文

消費者=グールは様々な理由で食事をしている。

ある者は食欲(満足感)を満たすために、ある者は日ごろの恨みを込めて、ある者は快楽のために、ある者は存在を否定するために。
そんな消費者は食物連鎖の頂点にいると思い込んでいるために、忘れてしまっている。

自分達も食物連鎖の中にいて、傲慢な態度でいればそれが自分たちの首を絞めてしまうことになりかねない事に。

ネタバレあり

規制されて良さをコロされた作品

原作の:re最新刊まで読んだ後に気になって。
ハッキリ言って原作の良さがほぼ全部無くなってました。

理由としてはやっぱり《表現の規制》でしょうか。
このお話は喰種と人間の『食うか、食われるかの生存競争』が重要なテーマだと思っただけに月山が絡むお話もほとんど規制で見せ場が損なわれていて非常に残念としか言えない。

食物連鎖のお話でもあると思うので、過剰な規制で作品の良さを失くしてしまった悲劇のアニメ。
原作通りのお話にするためにはOVAとして発行するしかないのかもしれませんが、
『なんでもかんでも《規制》すればいい訳じゃないんだな』と改めて思わせられました。

原作のグロテスクな見せ場を期待している皆さんは見ない方がいいです。
花江さんや宮野さん、花澤さんなどの安定した演技力をお持ちの声優陣が演じなかったら完全な駄作で終わっていたように感じます。

異形の者達にまつわる物語

始めは、ぴえろ、ほか多くの製作協力のもとで描かれる

奇麗な映像と特異な設定世界観に惹かれて
視聴していました。



主題は交配も可能な近縁種間での
捕食者と被食者との関係

例えば、狼と狐狸と
の関係に近いはず(少々無理が有りますが)。

そして主人公も人肉食しか出来ない点で、
明らかに中間ではなく喰種に属するはず。


ですから、
喰うか飢えるか、喰われるか生き延びるか、
緊迫した状況下で淡々と繰り広げられる
生存競争の物語を期待していました。

ところが、原作に原因があるのだと思いますが、
話しが何か変な方向に、、、

これではこれまでの異形・化物モノと大差ありません。
何か初めの設定と話の展開の間に齟齬が感じられてなりません。

ネアンデルタール人と我々の祖先との競合競争を

あれこれ想像している方が、
新たな研究成果報告を読む方が
愉しいかな。。。

12話がすばらしかった。

原作読んでないのですが、12話の演出が美しくて緊張感があって、息を呑んで見てしまいました。
声優さんたちの演技もすばらしい。
第二期楽しみにしてます。

一話を見たら、最終話からみてほしい

第一話で、まずこのてのものが見られるか確認後、
最終話から、遡る様に見ると、
ものすごく清々しいほど、純粋で、
遊びの無さが全く苦にならないほど
一貫した筋書きに魅せられる。

随所で交わされる会話や告白も
光っていて、心が静かになる。

思わず原作を買ってしまった。

ネタバレあり

面白いです

絵がきれいです。
原作が面白かったので視聴しました。
マンガのストーリーよりアニメの方分かりやすくまとめられるかなと思いました。
グロイ部分もあるのでアニメでどうなのかと思っていたのですが、グロイところは結構カットされてましたね。
残念なのが、最終話、中途半端ですね、いいところで終わってしまい、最終話と気が付きませんでした。
2期はあるのでしょうか?
ちょっとがっかりしましたが、マンガで続きを楽しみたいと思います。

これで本当に最終回なら最低

原作も突然の終了で騒がれている。アニメと同期を取っているとか、続編が何らかの形でありそうな意味深な作者のコメント、隠しメッセージなど期待させられるネタはある。最終回にも思いっきり伏線(謎)張ってるし。続編があるにしても、こういう思わせぶりな商法はいい加減止めてほしいな。読者を騒がせたって売り上げ変わらんて。素晴らしい作品になるべく進行していたので勿体ない。作者に何か継続できない事由があるのなら差支えない範囲で発表すればよいし、仕切り直しの2期があるのならあると言えばいい。ストーリーは謎なんだから、みんな楽しみにして待つに決まっている。一度落胆すれば、喜びや話題性が膨らむなんて考えているのかな。んなこたないって。恋愛もそうだけど思わせぶりってのは罪だと思うよ。読者は踊らされているだけだ。気分悪いよ。名作になることを期待して待つしかないんだけれど。アニメも原作もこのまま放り投げるんなら最低だ。

終わり方が中途半端なんてもんじゃない

原作漫画は拷問シーンが私にはキツかったので 読むのをやめていたのですが、

「花澤香菜、こんな艶い声が出せるんだ~」とか

「宮野真守の変態演技力がヤバすぎるww」とか

内容よりも声優さんの熱演が楽しみで毎週見ていました。が…


『俺達の戦いはこれからだ!』どころか、戦っている途中で終わってしまうのには驚きでした。

助けに来た仲間との合流もなし、拷問をしていた相手に反撃して 立場が逆転したところで終了。

なんだか次回が最終話って感じ、明らかに尺が足りていませんでした。

原作漫画も中途半端に投げっぱなしで終わったそうですが、この終わり方はひどすぎですね。

2期は難しそうだし、うーん残念です。

ネタバレあり

混沌

捕食者の喰種と被捕食者の人類という世界で
質優勢の喰種と数優勢の人類は力が拮抗しており
さらに喰種間での対立があったり
主人公は喰種と人間の相違と類似に悩んだり
うーん、混沌です……

グロやカニバや拷問などがあり、結構キツいですが
これらが混沌世界やバトルを引き締めて
いい意味で緊張感を出していると思いました

最後に月山氏は面白い良いキャラでした

ネタバレあり

ああ、やっとプロローグが終わった…え?最終話!?

ぶっちゃけ12話でアレをナニ(自粛)するまでのカネキ君は「エヴァをかろうじて歩かせられる程度のシンクロ率しかない碇シンジ」である。
本当はここからカネキ君やその他レギュラー陣の物語が動き出すのだけど、どうやら1クールで終了らしい。
ここまでで良い役どころもらってるのって確かニシキ君だけのはずなのでなんともまあひどい作品でしたということで。
せめて13話編成で12話のその後まで描いてたらエピソードとしてキリも良かったんだけどなあ。
それでも二期が作られなければ星3つ止まりだなあ。なんせ原作はここからが本編なので。

ああ、キャラクターのみならず美術方面も含めて作画は良いです。すごく。OPの演出も大好き。

進撃の巨人より…

僕は好きですが、進撃の巨人やデッドマンワンダーランドよりはるかにグロいです。見る人によっては吐き気がするかもしれませんが、ストーリーはしっかりしてますので、グロいのを覚悟の上で見ていただければよろしいかと。

名作の予感

漫画の読んでるから、ストーリー知っています。原作の良さがそのままアニメになった感じです。
ドログロ感を超越した名作になる予感がします。化け物の視線から見た人間社会。これからも結構濃い人間や化け物が登場します

実はすごく純粋な話?

ホラーがダメな自分には、正直毎回かなりきついです(苦笑)でも、タブーを突き抜けようとする、ものすごいエネルギーを感じる作品ですね。キャラはよく立っていて王道。カネキの変化や、少しずつ増える『新しい仲間たち』を見るのも楽しい。苦手な方に敢えておすすめはしませんが、表面的なグロに惑わされないで見た方が、いろいろ感じられて面白いと思います。

全話見てからコメントするつもりだったけど・・・

月山さんの変態ぶりが素晴らしすぎたので思わずコメントしてしまったw
これでカネキくんが白カネキ化したらどうなってしまうんだろう。
楽しみすぎる。
オススメです。

ネタバレあり

グロイけど、結構深い

まあ、悪くないです。
グロイですけどw
3分アニメのあれよりは、楽しめますw

人でありながら喰種(グール)となった少年の物語

平凡な少年がある日突然、喰種に襲われながらも一命を取り留めたが、失われた体にその場に居合わせた喰種の臓器を移植されてしまい、その日から体に異変が現れる。
食べられない食事、周囲の人間に感じる芳醇な香り。
自分が人ではなくなっていく苦しみが極限に達した時、少年は東京に住まう喰種たちの世界へと飲み込まれていく。

ネタバレあり

すぷらった

原作はチラっとしか読んでないのだけど、良ひ出来かと。
あえて原作読まずに見るのも面白そう。
スプラッター(血みどろ)、カニバリズム(人肉喰い)ダメな人にはお勧めしませんが、そういう人はそもそもタイトルで見ないと思うし。
そういうの大丈夫な方なら楽しめるかと。

ハザードものではない。

 その内容から深夜枠でもどうか、と思っていたところ、まさかのアニメ化
導入部は在り来たりとも言えるのだが、作画、演出共、高水準で始めてくれた。
是非このレベルのまま、お願いしたい。
 禁忌とされるカニバリズムを亜種である喰種(グール)へと負わせて何を語るのかは、連載中の作品の為
未だ見えないのだが、1クールのエンドラインは予測出来る。
 絵的にスプラッター全開&生理的嫌悪を伴う演出アリなので、見る人を選ぶ作品。下手をすると時事で猟奇事件とかの発生に際し詰んでしまう可能性も。・・・
 異能への差別、排外行為は国外は基より、日本では古くは東征に始まって、現在の村八分なる行為を残した訳だが、このジャンルでのマイノリティの逆転は近い所で手塚・不二子・石ノ森も比較的初期に扱っている為、後塵を拝するしかないのだけど、同種作品は不定期的に出てくる。
 白目の黒化は何だか小野不由美の「屍鬼」を思い出した。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる