動画が再生できない場合はこちら

Another

37

0

0

1

1

6

死者は、誰——?

その学校のそのクラスには、誰にも話してはならない“秘密”がある——。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女、見崎鳴に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。そんな中、予想もしなかった惨事が! この“世界”ではいったい、何が起こっているのか……?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

次を観たくなる面白さは有った。

突き詰めると集団ヒステリー要素がタップリな呪い的現象。

ネタバレあり

親の葛藤・・半分ネタバレ

 この中学校に進学させる親の気持ちは・・簡単に仕事は変えられないし必ずしも問題のクラスになるとは限らない・・でも、三年生になる前に一旦町を出ていくのが普通ではないかな?問題のクラスになり始まってしまうと逃げても無駄なのだから。
 死者は・・推理小説で犯人は主人公の探偵本人みたいな禁じ手感がある。

ネタバレあり

スリルに時勢を付加するとアカンと云う一つの結果w

当時は「テープレコーダー」より良い媒体として「MD」を選択したんでしょうね・・・

でも・・まさか・・「MD」の方が先に廃れるとは当人達は思わなかったのでしょうw
後輩達の災厄時には再生機探しに苦労しそうですね。

まぁ未来に幸あれ・・・。
意味は最後まで視聴すると判明しますよww

でも、こういう作品は割りと好きな方なので、評価は「3」としました。でわこの辺で・・。

ネタバレあり

この系では1,2を争うかも

展開が結構すごい。鬼ごっこみたいなかんじで。なかなか面白いです。お勧めですよ。長くもないので少し興奮したいときにいいかも。

ネタバレあり

怖いもの見たさが刺激される・・・

ホラーやミステリーの醍醐味ですね、怖いのに見たくなります。でも、ここは好みが分かれるかもしれないですが、グロいシーンが明瞭すぎるかも・・・。実体がつかめそうでつかめない、見えそうで見えない、といった魑魅魍魎な表現だったほうが、より怖さが引き立つような気がします。

凄い面白かった

怖くは無いですね。というかスリルの方ですかね。気色の悪いものを想像していたんですが、そうじゃなくてハラハラドキドキの夢中になって引き込まれる、ストーリー重視の作品でした。これはジュビナイル小説とかで出会うような名作ですね。先が気になって一気に見てしまいました。しかも完璧なボーイミーツガール。ラストも盛り上がりますし、ハッピーエンドです。こういうイイ話なのに前半は演出で怖がらせるんですから、スタッフも意地悪ですよ。まあ途中から「ひぐらしの解」だと分かるんですが、”ひぐらし”にくらべると謎が緻密ですし、最後まで答えが分からず、見終わった後は清々しくて切ない雰囲気になります。不思議と郷愁にかられ、少年時代だけに体験できる淡い恋心、異性に対する憧れというのを思い出させますね。というわけでこれは見ないと損をしますよ。見る人を大事にして幸せな気分にさせてくれる、本物のプロが作る安心のお勧め作品です。

こえぇ・・・(;´Д`)

そこらのホラー映画よりこわい・・です。でもおすすめです。ストーリもテンポよく進むので飽きずに最後まで見れると思います(・ω・)ノ

「生き物」+「輝き」

John Carpenter と Stanley Kubrick の映画も怖かったですが、
この作品も、なかなかのものです。

あと Hitchcock の「鳥」を除けば、
余り怖いと思った映画やドラマやアニメは無いのですが、、、

理不尽な現象、疑心暗鬼、、、

しかし、やはり1番恐ろしく感じたのは、
一体全体、自分の正体は、本当の処は何者なのか?
という不安。

もう一人が、自分自身を、もう一人だと
全く思っていない処が、やはり1番恐ろしく感じました。

奇麗な映像の中で
登場して来る 多くの
メインヒロイン級、主人公級の人物達が
次々と 退場して行きます。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:綾辻行人 / 発行:KADOKAWA 角川書店 / 監督:水島 努 / キャラクター原案:いとうのいぢ / 撮影監督:並木 智 / 美術監督:平柳 悟 / 音楽:大谷 幸 / OP:ALI PROJECT「凶夢伝染」 / ED:Annabel「anamnesis」 / 製作:菊池 剛+武智恒雄+阿佐美弘恭+菊池宣広+ほか / 企画:安田 猛+堀川憲司 / プロデューサー:安田 猛+松木あい+福田 順+ほか / キャラクターデザイン・総作画監督:石井 百合子 / 作画監督:石井 百合子+皆川一徳 / シリーズ構成:檜垣 亮 / 色彩設計:井上 佳津枝 / 3D監督:山崎嘉雅 / 特殊効果:村上正博 / 編集:高橋 歩 / 音響監督:岩浪美和 / アニメーション制作:P.A.WORKS /

キャスト
見崎 鳴:高森奈津美 / 榊原恒一:阿部 敦 / 勅使河原:前野智昭 / 赤沢泉美:米澤 円 / 風見:市来光弘 / 桜木ゆかり:野中 藍 / 望月:山本和臣 / 怜子:榊原奈緒子 / 水野:吉田聖子 / 久保寺先生:三戸耕三 / 三神先生:宮牧美沙代 / 千曳辰治:平田広明 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}