動画が再生できない場合はこちら

残響のテロル

34

0

0

0

1

6

この世界に、引き金をひけ。

ある夏の日──。突然、東京を襲った大規模な爆弾テロ。平穏なこの国を眠りから覚ました事件の犯人は、たった二人の少年だった──。“スピンクス”と名乗る犯人たちの、日本中を巻き込んだ壮大なゲームがいま、始まる。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)残響のテロル製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

うまくまとまってます。

 ありふれた設定で、ありふれた展開で、ネタバレと言ってしまえばそれまでですが、よく出来ています。アニプレックスの音楽が引きたてていますね。秀作です。

待ってました、渡辺監督

音楽はカウボーイビバップの菅野よう子さん、キャラはサムライチャンプルーの中澤一登さん、そして監督はその2つを手掛けた渡辺信一郎さん。待ってました!

完全なる大人向けアニメ

ストーリーといい、絵柄といい完全に大人向けのアニメ。現在の風潮に逆らってよくぞこの様なコテコテな生活臭いアニメが制作出来たものだ。仕事終わって視聴すると実にしっくりくる。まだ見始めたばかりですが面白いです。少年少女、そして対立する大人、テロ事件、そんなアニメです。

名作とか秀作とかじゃない

最初に、これはあくまでもフィクションです。
ですので目的の為の“手段”は決して正当化されるものではないですし、肯定してはなりません。

それを踏まえた上での感想はというと…あまりにも切なすぎる。
刹那の如く生きてきた彼らは、きっと恨みもしただろうし憎悪もあったはず。けれどもそれを動機とせずれっきとした目的があって行動した。

“故郷”と呼べる場所から唯一生き残った彼女だけは一人歪みを抱えてしまっていたけれど、それ故に彼女の望みも純粋に彼らと同じだった。ただ彼と遊びたかった、一緒に居たかった。

それは“VON”

そしてもう一人の彼女が望んでいたものも同じだった。
主軸にいた“VON”のピースでもある彼は、それを託され行動していった。
きっとこの世界に未来は拓かれているはず。

ネタバレあり

誰が善きサマリア人か?

想像してください。例えばの話です。IQ180以上の天才に改造されたカウボーイ・ビバップの二人コンビが17歳の日本の高校生に転生して笑い男になるんです。でも、笑い男を施設から援護してくれる仲間達は全員実験で殺されてしまっています。もとい、一人生き残っていますが彼女は笑い男を何故か妨害します。孤独な笑い男はもはや脅迫という手段では目的を達成できず、テロリストになります。その世界に9課は存在せず、警視庁で腐っていたトグサ警部は昔の上司のアラマキにとともに事件のテロの真相を探りはじめます・・・・・
強大な力によって追い詰められ、絶望の淵に立っていながら何とか希望を持とうとしている人に寄り添う視点が見事です。そして、「あなたはこの人たちの心に寄り添えますか?」と問われる気がします。

見応えのあるサスペンス

二人の青年が主人公ではあるけれど、
二人を中心に物語世界をみるのではなく、
良質な「刑事もの」として見ることで、
テーマが見えてくる気がする。

「テロル」というのは
至極良識的な命名で、二人の手段に
スポットをあてると確かにそうなるのだと思う。

けれど過激な手段が、最後まで目的に貫かれて
いくさまは、彼等の手段に溺れない知性と想いの強さ
によるもので、それが儚くも美しく描かれる。

季節をまたがない短い間の事件。

焼けるような『夏の日』と、『寒い国』。
これがいろんな意味を持っていて
何度も、考えさせられる。

ネタバレあり

ちゃんと終息する。

オリジナル作品だから、ちゃんと11回で終息するようになっている。(もちろん気になるところも、個人的にうがが~ってなるところもあるけど)この終わり方に向けて、最初から走っている感じが、なんていうか、最後の時に深く響き、そして今も心に残っている。そんな感じだな。(キャラに移入し過ぎる私としては、悲しくて泣いちゃったりするけども)

キャラクター

ナイン(九重 新)

頭脳明晰で常に冷静。ツエルブとともに東京で高校生として生活を始める。だが、その真の目的は謎に包まれている。

ツエルブ(久見冬二)

子どものような純粋さを持つ。ナインを兄のように慕っており、同じ学校に転入する。常にナインと行動をともにしている。

三島リサ

ナインとツエルブが転入した学校に通っている。クラスの中でいじめられており、家庭でも問題を抱えている。ツエルブと出会ったことで思わぬ運命が開けることになる。

柴崎

警視庁の刑事。かつては捜査一課だったが、現在は文書課勤務の窓際族として日々を過ごす。テロ事件担当の倉橋捜査一課長とは同期。

ハイヴ

アメリカ政府より、FBIとともに派遣された、核緊急支援隊(NEST)の原子力科学者。

倉橋

刑事部捜査一課長。スピンクス事件の解決に同期の柴崎の力を借りようとする。

羽村

刑事部捜査一課の若手刑事。事件解決に熱意を燃やすが、閑職だった柴崎に反発を感じる。

岡野

捜査一課特殊捜査係(SIT)係長。人質立て篭もり事件や誘拐事件などを担当する。

木下

技術犯罪対策課課長。生活安全部に属し、サイバー犯罪の取り締まりを行う。

六笠

警視庁文書課で働く柴崎の部下。気の置けないお気楽な性格をしている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案・監督:渡辺信一郎 / 助監督:立川 譲 / キャラクターデザイン:中澤一登 / 色彩設計:辻田邦夫 / 美術監督:金子英俊 / CG監督:越田祐史 / 撮影監督:田村 仁 / 編集:廣瀬清志 / 音楽:菅野よう子 / アニメーション制作:MAPPA / 制作:残響のテロル製作委員会 /

キャスト
ナイン(九重 新):石川界人 / ツエルブ(久見冬二):斉藤壮馬 / 三島リサ:種﨑敦美 / 柴崎:咲野俊介 / ハイヴ:潘 めぐみ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}