動画が再生できない場合はこちら

ぺとぺとさん

49

0

0

0

6

5

かわいい妖怪と人間の、ほのぼの不思議な学園物語

妖怪が“特定種族”として、人間社会にそれなりに溶け込んでいる、のどかな田舎。そこにある、人間と妖怪の一環教育を実践する中学校に、今年の夏、いとしいものと触れあうと「ぺとっ」とくっついてしまう、妖怪「ぺとぺとさん」のぺと子が転校してきて…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

かわいらしい、だけじゃなく

ところどころ見え隠れする人間と妖怪の軋轢と、それを乗り越える想いが、心に温かさを残す作品です。
他の方も述べられているように、ラストにやや消化不良気味な部分を残しますが、それもまた一興かと。

これって・・・

特別起伏の激しいところも無く平坦に話がすすんで見てて安心します。まったりって感じですね。しかし最終話には驚かされました。なんというか製作者は最初2期込で話作るつもりだったのではないかと思った。あの最終話では全くすっきりしないしあの状態のまま年月が経ってしまうと自然消滅的な感じになってしまうのでは?と思わされます。まぁ放送から5年以上たってますしまず2期は期待できないでしょう。非常に残念です。

この子を見ていると

この子を見ていると、
やさしさとは与えるものなんだという根源的な事を
再考させられます。しかし、すりへることもなしに、
現実世界では存在しないでしょうね。虚構の世界だからこそ
ですね。ほのぼのとします。

話数がもっと多ければ…。

魔王T「面白い…の、だがなあ」
部下M「なんか歯切れ悪いですね」

魔王T「キャラは脇役に至るまで非常に好み。のんびりテンポなのに緩急ある展開で面白い要素は多かった」
部下M「ではなにが不満と?」
魔王T「話数が短いためメインストーリーを消化することしか出来なかったのが残念だなあ」
部下M「のっぺら君の妹萌えなエピソードとか詳細観たかったですよねえ」
魔王T「うむ、基本がのんびりテンポなのだから4クールものでいらん横道に逸れまくりながら各キャラの日常が観たかったなと。方向性はうる星やつらとかに近い作品なのだからな」
部下M「物語の中枢以外も観たかった、と」
魔王T「せっかく魅力ある世界観だったのだから、それを魅せてくれると嬉しかったのだよ」
部下S「面白かったが故の残念。なのですよ」

面白い

人間と妖怪が共存する世界が舞台の作品。
とある田舎の学校での話がメインになりますが、全編通して
のんびりした雰囲気に包まれてい癒やされます。
登場妖怪も美少女揃い、特にヌリちゃんと子ヌリちゃんが
可愛すぎる。台詞無いのにこの存在感は凄いです。
この二人にスポットを当てた話がもっと欲しかった。
二期も作れそうな感じなのですが、さすがに年数経ってます
し無理かな。

戦わないようで戦っている妖怪アニメ

たぶん人間との混血可能な妖怪を
「特定種族」と分類することにより
人間との共存を実現した世界の話


・・・私には
他人とのインターフェースが苦手な人達のがんばるお話に見えた
メジャーにならなくてもいいけど
大切にしてほしいアニメだと思いました

・・・なんてことは考えないで
ほのぼの青春+元祖妹系(?)アニメと思って
楽しんで下さいd(⌒ー⌒)!

ネタバレあり

すべてがかわいく作られている

すべて観終えて、キャラクターがかわいく、方言もかわいく、ヒロインのキャラの個性がでてて
とてもよかった。

ただ観終えてしまうと、あの夏が終わってしまうのかとさみしくもなるアニメ。

やっぱり日本人は妖怪大好き

普通の様で普通でない妖怪たちと織り成すほんわかとした日常、この癒しこそが「萌え」の真髄かと。

このアニメで新たなコスモに目覚めました

ツッコミを入れざるを得ないレベルの田舎センシズや妖怪ネタがピリリと効いたほのぼの青春アニメです
田舎センシズはかなり強力で独特のノリと勢いのある造語を生み出してます

エロ不注意のお手本みたいなアニメでもあるので、境界線上のホライゾンを見て「エロ不注意」って表現が気に入った人にもオススメです(謎)

ぺとぺとさんを観終えて・・・

ぺとぺとさんを観終えて・・・

ほのぼのした(⌒-⌒)。

全編ほんわかとした物語であり、
ドキドキや衝撃とは無縁です。

OP・EDともに、ゆったりと
流れる曲で、ねむけを誘います。

最近のアニメの勢いに疲れた人
には、一服の清涼剤になるかも。

「おすすめ♪にょみ♡」(*v.v)。

ネタバレあり

心温まる

丁寧に作られて、素晴らしかった

キャラクター

ぺと子(藤村鳩子)

妖怪ぺとぺとさん。いとしいものに触れると「ぺとっ」とくっついてしまう。明るくて天然な性格。関西弁を話す。楽しいこと、おいしいもの、仲良くすることが大好き。

シンゴ(大橋真吾)

他人を思いやることのできる、しっかりした性格。誰かが困っていたりすると、とっさに手助けしてしまう。反面、「自分のことは二の次」なので、友人には「だらだらすんな」とハッパをかけられる。料理が得意。趣味は読書。

沙原くぐる

カッパ娘。ぺと子と同時期に転校してきた。 ストレートな性格で、思ったことはなんでも言うが、「好き」な人には、つい口調や態度が乱暴になってしまう。家庭の事情が複雑らしい。

大橋智恵

シンゴの妹。世界一凶暴な小学六年生。妖怪嫌い。兄のシンゴも大嫌い(?)。

沙原ちょちょ丸

カッパ娘。沙原くぐるの妹。博多川中沙原興業の社長さん。末恐ろしいセクシー7歳児。

ぬりちゃん(真壁ぬりえ)

妖怪ぬりかべ。寡黙で固い、ぬりかべ娘。 ぺと子が触れてもぺとらない、唯一の友達。言葉は話さず、広いおでこに文字を出す。土やセメントなどを吸収し、念力で人のかたちになっている。

こぬりちゃん

妖怪ぬりかべ。ぬりちゃんの妹。身長約10cm。寡黙で小さくてやわらかい、ぬりかべ女子。おでこに字を出して話すのだが、まだ一文字しか出せない。なぜかぺと子のことを大好きで、いつもつきまとう。

友里明日香

通称トモちゃん。シンゴたち2年C組の担任。担当教科は英語。悪く言えばいーかげん、良く言えばおおらかな教育方針のもと、人間と妖怪をいっしょに学ばせるという難題をこなしている。その成果は、かつてテレビ番組として紹介もされた。

藤村まる子

ぺと子の母。妖怪ぺとぺとさん。妖怪としての年季を積んでいるので、体を薄くしたり濃くしたりが自由自在。

前田カンナ

妖怪嫌い。ポニーテールが似合い、ナイスなプロポーションを持つ。

赤沢清美

妖怪れろれろ(あかなめの子孫)。潔癖で戦闘的なクラス委員。ガンガン発言するので、煙たいしうるさいし、でも無視できない存在。生徒会の風紀委員も務めている。

小田嶋美由紀

おしゃべりでおせっかいな世話焼き女。ソフトボール部のキャッチャー。

関谷現右衛門定任

幕末生まれのサムライ・ゾンビ。向学心旺盛で、何度も学校に入り直しては学び続けている。本人は名医のつもり。

加藤竜太

関谷を師匠と呼ぶ、スケベなナイスガイ。彼女が欲しくて欲しくてしょうがない。シンゴばかりがなぜもてるのかと不満。

守口ジェレミー

妖怪ずんべらぼう。いつもプロレスの覆面を被っているアホアホな奴。クラスのお調子者。すらりと長身で、目鼻のない顔に常に被っているプロレスのマスクが、彼の「アイデンチチー」らしい。英語が達者だが、生粋の日本人妖怪。

橘 光至

ネットオタクで学究肌。いつか、仙人になりたいと本気で思っている。浮世離れした存在。

和賀八郎

妖怪ざしきわらし。授業にはまったく出てこないが、学校にはいつもいるらしい謎の美少年。彼に知られた情報はたちまち知れ渡るので油断がならない。

ユーちゃん(守口雄一)

妖怪ずんべらぼう。ジェレミーの妹。兄と違い、顔を持って暮らしている。妖怪ずんべらぼうは、他人の顔に変身できる。名前は、初めておどかした相手からいただく習わし。ユーちゃんが男の名前をもっているのは、そのせい。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:木村 航 / 監督:西森 章 / シリーズ構成:笹野 恵 / キャラクター原案:YUG / キャラクターデザイン:とみながまり / 総作画監督:とみながまり / 美術監督:飯島由樹子(スタジオMAO) / 色彩設計:長坂 恵 / 撮影監督:広瀬勝利 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:栗原正己 / 演奏:栗コーダーポップスオーケストラ / 音楽制作:Mellow Head / アニメーションプロデューサー:本橋秀之 / アニメーション制作:XEBEC M2 / プロデュース:GENCO / 製作:にょみプロジェクト /

キャスト
ぺと子(藤村鳩子):植田佳奈 / シンゴ(大橋真吾):大須賀純 / 沙原くぐる:宮川美保 / 大橋智恵:斎藤千和 / 沙原ちょちょ丸:猪口有佳 / 友里明日香:雪野五月 / 藤村まる子:金月真美 / 前田カンナ:川澄綾子 / 赤沢清美:桑谷夏子 / 小田嶋美由紀:久嶋志帆 / 関谷現右衛門定任:田坂秀樹 / 加藤竜太:原沢勝広 / 守口ジェレミー:谷山紀章 / 橘 光至:吉野裕行 / ユーちゃん(守口雄一):新谷良子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}