動画が再生できない場合はこちら

SHIROBAKO

125

0

0

1

3

22

アニメーション制作の今がココにある。

武蔵野アニメーションの新人制作進行のあおいを中心として、アニメーション制作現場で起こるトラブルや、葛藤や挫折などといったアニメ業界の日常を描く群像劇。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)「SHIROBAKO」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(26件)

簡単ではない

普段お目にかかることのできないアニメ制作という過酷な現場。
いつも何気なく見ているアニメーションを視聴者としてではなく内面から見ることができるとても素晴らしいアニメでした。
やはりアニメは生半可な覚悟ややる気などではできずいろいろな苦悩や障害、トラブルなどがたくさんあって、それでもいろいろな人が最高の作品になるよう頑張っていただいているものなのだと改めて思いました。
この作品を見た後だと今後、アニメを見るたびに「制作さんたちは大変な思いをしているのだろうなー」とアニメの見方が変わってしまいそうです。

既視感

「アニメーション制作進行くろみちゃん」を観た者としては既視感大です。
でも、他人の娯楽に人生を捧げるバカな人は好きです。

野亀先生最低だな!

社会人の視聴者の胸にガツンとくるものがあると思います
プロジェクトを成功に導くには最後まで諦めない人がいるのが肝要
アニメの制作進行にスポットを当てたエポックメイキングな作品だと思います

最高の感涙シーン

第23話 22:33~23:05
あおい が しずか の収録を見守るシーン
ホントよかったね

第16話 14:50~
小笠原の後輩スタッフに対する思いやりがじんわりと心に響く

ネタバレあり

大好きだ

大好き。ただ一つだけ、太郎がウザいのを除いて。太郎がウザいキャラとして描かれているのだから仕方ないのだが、それでも耐え難い。

夢と現実の世界から、夢を描いた四重構造の名作ドラマ

まずこの作品は【単回】【各3回分】【12回(1クール)】【24回(全話)】で、
それぞれ起承転結が組まれた四重構造で構成されている。

そのため、どの回を摘まんで観ても楽しめるのだが、
各話のパーツを組み合わせて24話の意味が構成されているため、
まず観るなら【1〜3話】をお勧めする。

アニメーション制作会社を舞台にした、2つの作品制作にまつわる成長物語であり群像劇。

よくこの作品の評価で「現実的では無い」と言われる事が多いが、
この作品が描いているのは一貫して「あなたが本当にやりたい事って何?」という問いかけ。

1つの作品に100人以上もの人が携わり、その間を取り持つ制作という仕事を中心に、
色々なセクションの色々な職人たちが色々な考え方を元に、動きぶつかり悩み乗り越える様を描く。

最後に、号泣のクライマックスから最終回ラスト10秒に爆笑オチを放り込んで締めてしまう、そんな作品。

良かったね。

凄いはまった。感想色々有るけど、これにつきる。おいちゃん先輩良かったね。此方も貰い泣きでした。

平岡の気持ち

どこにでもあるに人間関係の問題

調整部門はがんばっても評価されるとは限らない。明らかに頑張ってない他人が評価されることもある。
一方交渉相手は瀬川さんんのように正論をいうひともいる。平岡は行き過ぎだけど思うけど間違っているとはおもわない。
逆に製作は他人を誘導する権利を持っていると思うべき。

そうでないと誰も調整なんて面倒な仕事しようとおもわない。
調整役は作業を自分の有利に誘導する権利がある。
「だったらテメーガややってみろ!」ぐらいで丁度よい。くらいとおもいます

ネタバレあり

泣ける

仕事に悩んでいる方にオススメです。
アニメでこんなに泣いたの初めてです。
普段アニメを見ない人でも楽しめる、素晴らしいアニメ作品です。

ジャパニメーションの魅力が詰まっている

さくら荘のペットな彼女、少女たちは荒野を目指すなど、美少女ゲームをつくるアニメというのはほかにもありましたが、SHIROBAKOのように、実際に美少女キャラクターがプロのアニメーターになるというのは斬新な設定だと思いました。水島監督に似た(?)御方が絵コンテが間に合わずにえくそだすが納期に間に合わなかったり、第三飛行少女隊がキャラデザや最終話の展開が原作者の許可が下りない場面など、普段アニメを見ている側には想像もつかないような、アニメ制作現場の実情が、リアルに、それでいてコミカルに描かれていると思います。こうして作られたアニメーションを、普段見ていると思うと、ますますアニメが好きになります。

見終わった後、すっきりとよく眠れるタイプのお話。

元気が出て、楽しい気持ちになるお話です。素直に明日も頑張ろうと思えます。伏線がきっちりしていて、落とし所をストンと落としてくれます。見終わった後、すっきりとよく眠れます。猫的ではありませんが、スパ的な癒し系。言い換えれば、あっさりしていて、媚びない魅力があります。

社会人になってから見て欲しい

なぜその職業を選んだのか?

なぜこの数万以上ある職業からそれなのか?

高校・専門学校・大学に行ったから今の職業についてますって人に見て欲しい!


あなたは今の職業にプライドや誇りはありますか?


社会人で少し衝撃を受けました!

ネタバレあり

いろんな事が詰まっています。

いろんな事が、いろんなものがギッシリ詰まっています。
アニメ制作現場に限らず、世の中ほぼ全ての場面に関わるお話だと、
俺は思います。
視聴前、作品に期待はしていましたが、まさかここまで見事とは。

歴史に残る大傑作

二十代女子いい。
2話の一緒に酒を飲みたいキャラというのがまさにこの作品のキャラ。
おっさん達の大活躍。
ギャグの間がいい。
1話の瀬川さんがドアを閉めようとするところとか。社長の掛け声に一拍遅れて反応するところとか。

アニメ業界も変わっていくから、ここで描かれたようなドタバタも十年後にはどうなるか分からないけど、十年後、二十年後も通用するアニメだと思う。

一週間が待ち遠しかった。

毎週毎週楽しみだった。あれだけ多くの登場人物をしっかりと描けるって単純にすごい。
世の中そんなに甘くない。でも、情熱と感謝と反省とその他諸々ひっくるめて否応なくやってくる明日を前向きに生きていこうと思える作品。

素晴らしい

いやーほんと「良い作品」。

視聴中、視聴後、これほど爽やかかつ前向きになれる作品は中々無い気がする。
チープに聞こえるかもしれませんが、ほんとに夢とか希望をくれました。

あ〜あ

終わっちゃったあ、、、もう次週から無いんですね。

終始胃が痛くなりそうなアニメでしたが、
同時に凄く楽しめました。面白かったです。

どんな仕事でも
時間に制約のある中で より良い物に仕上げて行くことは
大変な事だと思わざるを得ません。
しかし、何かを築いて行く高揚感があって とても良かったです。

お陰で、
他の作品の視聴中にも
”色々と何かが有った”そうな場面に出会うと
この作品を思い出す様になってしまいました。


また、”沢山”有りすぎて、全てをホローし切れませんでしたが、
登場する”色々な物”が、これまたとても良かったです。


ところで
アルピコ? おお松本電鉄か! 

めっけめっけ、ラッピングされた2両編成(?)の連結部が無、、、

でも、関ヶ原米原辺りの新幹線の描写で許してあげます。

やはり雪に絡む風景の作画、天下一品です。
そして老若男女の登場人物達も皆魅力的でした。

声が

知らない声優が多い!見よう・・・。みんな同じ声に聞こえる

みゃあーもり、ふぁいと!

1話だけだと何の話か「?」だったけど、フレッシュマン向けのプロモーションビデオに近いかも。でも、見てるうちに宮森がとても素直でまっすぐなので、思わず口にしていました。こういう子は潰さないように支援しましょう。

これは良すぎ

良いお話が続くので凄い楽しみにしてみています。第一話の最初のほうでどうしようかと思っていましたが、まさかの急転換。働くお姉さんのお話に早変わりです。アニメ業界モノですが、業界人に憧れる素人魂を煽ることなく、物作りの現場の雰囲気を良く伝えています。昨今はスキルや能力ばかりが物事を解決する様に語る”本当の様な嘘の話”が多いです。自らが日々思うところ悩むところを主張する作品は却って格好が良いと思えました。本作では業界やスタッフの役割分担を紹介しつつ、色んな生産の現場で良くあるシーンを切り取っています。リアルでは、この作品で描くような正解を掴み取れているとは限りません。しかし、「ああすれば良かった、こう言えば良かった。こう言ってくれる人がいなかった」そんな思いを感じさせたり、「どうせ苦労するなら何かを作ろうとして苦しみたい」と改めて教えてくれるわけですから、正に嘘の様な本当の話ですね。大変お勧め。

あるある・・・

なんか、こんな人職場に一人はいるよなぁ・・・うわぁ・・・と思いながら見ていますw
あおいちゃん頑張れ!

皆様お疲れ様でございます。

一難去ってまた一難…。
毎回スケジュールに追われ、それぞれの部署でプロ根性を炸裂させたり、「ま、まさか…」ってやらかしたり、専門用語連発で緊張感を煽りながら、補助・連携でなんとか乗り切るアニメ制作会社の光と陰。

初期のスケジュール遅延がどんどん後半のスケジュールを圧迫し、納期優先で総集編回や作画の崩壊・不足など、途中でやらかしてしまった場合は視聴側としてとても残念に思いますが、CG技術の向上や演出・表現の多様化など、「より繊細」に作れるようになったからこそ余計に手直し・手間が掛かるんでしょうかね…。

ぱっと見、アニメ制作会社の内情をコミカル&パワフルにえぐりまくった「くろみちゃん」の長編&おキレイさんVer.のように感じます。
手練れスタッフ陣の活躍、次代を担う若手の成長、アニメ業界の夢や希望を見たいと思いつつも、次はどんな困難が待ち受けているのやら…なんかドキドキします。

くろみちゃんのギャグ無しな感じ?

今のアニメ制作現場のドラマ重視な作品ですね。
数人いる地雷キャラのせいで、納期が遅れるのは、お約束ですかねえ。
最終回前に、穴開けそうですが・・・・
俺の地方では穴開けると総集編ではなく、方言彼女の再放送します。
これがあると、何かやらかしたな、とわかりますw

アニメ作る人、すごい

3話まで鑑賞した感想。
アニメーターの労働環境云々の事をある程度聞きかじっていて、誰それが可愛い等の単純にアニメ作品として観れてません。
もし自分だったら・・・もしここで助け舟が出なかったら・・・等、バッドエンドルートを想像しつつハラハラしながら見ています。
なんとなく消費しているアニメの工程、絵を描く以外にこれだけ手順があるのかと驚きます。
自分も社会人として毎日仕事をしてますが、当たり前のように深夜にまで仕事をしている方々の苦労と情熱に感心するばかりです。

このアニメを見たら・・・・・・・・。

テレビ局や出版社、マンガ家や作家のようなマスコミの仕事をしている方で、職場で寝る姿を、テレビでよく見ます。それくらい疲れていて、自宅に帰る気力すらないから、職場で寝るのだと思います。
このアニメを見たら、下手にアニメを見ることができなくなるような気がします。
事前に、アニメのPV(プロモーション・ビデオ)や、アニメ公式ホームページでアニメの内容を確認したり、最低でも、1話から3話くらい見てから、そのあと、継続してアニメを、見るかどうかを判断しましょう!!!

ネタバレあり

割と何処にでもあるよね

この監督の作品を初めて面白いと思えました。と思ったら、企画に名前がずらずら……。
その名前を見てたら、監督より企画が良かったからだなぁと思ったんです。

それはさておき、アニメ製作の過程を垣間見る事が出来て非常に面白いです。
作中の監督や太郎みたいなタイプの人間は、アニメの現場に限らず何処にでもいる気がします。
自分の身に置き換えると笑えないですが、他人事だと思ってみる分には面白いですね。
振り回される人は可哀そうですが(^^;

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:武蔵野アニメーション / 監督:水島 努 / シリーズ構成:横手美智子 / キャラクター原案:ぽんかん(8) (8は丸の中に8) / アニメーションキャラクターデザイン:関口可奈味 / プロデュース:インフィニット / アニメーション制作:P.A.WORKS / 製作:「SHIROBAKO」製作委員会 /

キャスト
宮森あおい:木村珠莉 / 安原絵麻:佳村はるか / 坂木しずか:千菅春香 / 藤堂美沙:高野麻美 / 今井みどり:大和田仁美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}