動画が再生できない場合はこちら

山賊の娘ローニャ

10

0

0

0

0

2

これは一人の少女の成長をとおして描く、家族の物語。

深い森に囲まれた山の頂にある廃墟と化した城を根城にしているのがマッティス山賊。頭のマッティスと仲間たちは谷間を通りかかる商人たちを襲っては生計を立てていた。そんなマッティスに一人娘が生まれた。名前はローニャ。そして成長したローニャは、ビルクという名の少年と出会う。ビルクはマッティスが対立する山賊の頭ボルカの息子で城の反対側へ引っ越してきたのだった。はじめはビルクとぶつかり合っていたローニャだったが、森の中で助け合ううちに、いつしかお互いを「きょうだい」と呼ぶほどに仲良くなっていく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(2件)

素晴らしい

1980年代からジャンル問わず、かなりのアニメ作品を観ている(日本のテレビシリーズ、劇場用アニメのチェック率は7割は超えている)重度のアニメオタクですが、それぞれの年代に最高といえる作品があります。
2010年代も半分を過ぎましたが、どうやら10年代の最高作品はこれになりそうです。

正直なところ私は、ジブリ作品を一作も「すごく面白い」というほどの感想を抱いたことのないやや変わったアニオタですが、本作は本当に素晴らしかったです。

ひとつだけ前置きしたいこととして、本作は昨今のアニメ作品のテンポ感からするとかなりじわじわゆっくり盛り上がっていく作品ですが、(10話あたりから本格的に面白くなる)ぜひ万人におすすめしたいです。

素晴らしい

独特の世界観と子供向けならではの健全なストーリーがほんわかする。
出てくる憎めない山賊たち
出てくる妖精
出てくる恐ろしい鳥女

これこそファンタジーというものだ。

キャラクター

ローニャ

雷鳴とどろく嵐の夜に生まれた、山賊マッティスの一人娘。父親譲りの明るさと無鉄砲さをもつ少女。気が短く向こう見ずではあるが、愛情深く、素直な心の持ち主。ビルクを嫌っていたが、やがて気になる存在となる。

ビルク

ローニャと同じ日に生まれた、山賊ボルカの一人息子。ローニャと反対にちょっと神経質で思慮深いが、その分現実的でややシニカルな面もある。明るく、あけっぴろげなローニャに惹かれていく。

マッティス

ローニャの父親で12人の山賊の頭。先祖代々山賊を生業とし、誇りをもっている。直情的で思慮深さに欠けるところはあるが、根は気のいい男。ローニャを溺愛している。

ロヴィス

マッティスの妻であり、ローニャの母親。愛情深く、大らかで肝が据わっている。一人で家を切り盛りし、必要とあらばマッティスや山賊たちをも厳しく叱咤する。

スカッレ・ペール

マッティス山賊の長老。マッティスが生まれたときから彼を見守ってきた、親代わりの存在。口が悪く、周囲をからかって楽しんでばかりいて、人の話は聞かないが、いざというときは頼りになる。

フョーソク

ペールの次に年長で、マッティスの片腕的存在。いつも冷静で落ち着いていて、陰で山賊を支えているベテラン。

チェッゲ

いつもクールな二枚目キャラ。フョーソクに次ぐ中堅的な存在。

チョルム

おしゃべりでウンチク好きな中堅の山賊。気位が高いが他人からのツッコミには弱い。

ストゥルカス

せっかちで俊足なマッティス山賊の特攻隊長。ケガも多いが気のいい男。

クノータス

態度も体格もおおきい怪力系の山賊。だが実は気が小さい。雪メガネは常に外さない。

ペリェ

一番の若手だが、空気を読まずに人のいやなことを平気で言ったりするマイペースな山賊。みんなのいじられ役。植物を愛している。

リル・クリッペン

口がうまい若手のお調子者で、しきり屋。マッティス山賊の中で一番小柄でやせているが、戦いの最中でも物怖じしない弓の名手。

ボルカ

ビルクの父親で山賊の頭。マッティスの幼なじみでありライバル。性格はマッティスと似たり寄ったりだが、苦労性で見かけによらず思慮深いところもある。

ウンディス

ビルクの母親でボルカの妻。心配性でボルカたちにはいつも小うるさくしてしまうが、ビルクのことは溺愛している。

鳥女

美しい女の顔をもつ妖鳥。気が荒く、人間をみると、捕まえて引き裂こうとする。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:アストリッド・リンドグレーン「山賊のむすめローニャ」(大塚勇三 訳) / シリーズ構成・脚本:川崎ヒロユキ / 題字:鈴木敏夫 / キャラクターデザイン:近藤勝也 / 音楽:武部聡志 / 音響監督・音響効果:笠松広司 / アフレコ演出:木村絵理子 / アニメーションプロデューサー:小林 毅+高久美知子 / 制作統括:有吉伸人+柏木敦子+土橋圭介+太田豊紀 / プロデューサー:川上量生 / 監督:宮崎吾朗 / アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ / 制作協力:スタジオジブリ / 制作:NHKエンタープライズ / 制作・著作:NHK+ドワンゴ / オープニング・テーマ:「春のさけび」歌 / エンディング・テーマ:「Player」歌 /

キャスト
ローニャ:白石晴香 / ビルク:宇山玲加 / マッティス:関 貴昭 / ロヴィス:野沢由香里 / スカッレ・ペール:佐々木梅治 / フョーソク:赤星昇一郎 / チェッゲ:西 凜太朗 / チョルム:小川剛生 / ストゥルカス:杉村憲司 / クノータス:島田岳洋 / ペリェ:手塚祐介 / リル・クリッペン:姫野惠二 / ボルカ:谷 昌樹 / ウンディス:土井美加 / 鳥女:加藤沙織 / ナレーション:遠藤ふき子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}