動画が再生できない場合はこちら

奥さまは魔法少女

22

0

1

2

1

2

キスをすると、魔法がなくなる… !?

昔の風情が残り、ゆたかな時が流れる城下町。普段はちょっと天然な女性、浅羽嬉子は、実は魔法世界「リルム」からやってきたアニエス・ベルという魔法少女で、この世界「ワンダーランド」を守る管理者だ。嬉子は人間の男性・浅羽保と正体を隠したまま結婚をする。しかし、魔法少女は男性とキスをすれば魔法の力が失われると信じ伝えられているため、嬉子は夫にキスを許していない。夫との距離が離れていく一方で、下宿人の青年・巽と急接近してしまう嬉子。そんな中、新たな管理者である魔法少女、クルージェが現れる。複雑な事情を抱えつつ、この世界を守り、魔法少女であろうとする嬉子の愛の行方は!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

泣けるお話

唯一「保先生がまったく報われない」という点においてなんというかやりきれなくて涙を禁じえません。若い男に妻を寝取られた形ですからね。

メインストーリーに言及すると主人公設定間違えたんじゃないか?嬉子さんじゃなくてさやか視点にした方がスムーズに物語が進行したんじゃないか?と思えます。
ただ「おくさまは魔法少女」というタイトルと、妙齢の魔法少女というインパクトのある設定を守らなければならないので主視点を嬉子さんにするのは仕方のないことですが・・・
とくに9話ぐらいまでの見事な物語の進まなさ。これは星を減らさざるを得ない要素です。
ぶっちゃけ9話まで飛ばして10話から見てもお話がちゃんと分かるくらいには物語が何も進展しません。
ただ、10話以降の展開はそれ以前の嬉子さんに対して視聴者がイライラすることで逆に作中で叱られる嬉子さんを見て痛快に思う心理が働くので一応見てもいいと思います。見なくても。

まぁ、なんというか

話の内容はともかく(おぃ)、萩の街は修学旅行(大昔だけど)で行ったこともあり、好きです♪

こういう魔法少女もありでしょう!!(^^)d

と、思わせる中々に良い作品でした…。ちょっと最後は畳掛ける様な終わり方だった気がするけど…。(^^;)

おもしろいんだけどさ

これってさ
嬉子がすべての話をややこしくした張本人だよな?
嬉子がちゃんとクルージュに正面から対話をしていたらそうはならなかったよね?
変身シーンは要らないな。
そうそう。どう考えてもタイトルの『魔法少女』はうそでしょw
変身すると少女になるのかな?って思ったタイトルだったけどいきなり裏切られたw

いいところ。
クルージュ。いい子。
巽がかなり真っ当。最近のアニメの主人公にない強さがある。喧嘩は弱いけどねw
自分の主張をしっかりできる。
優柔不断すぎないw
あと、アニメの作家の人は雪国の人なのかな?
雪の表現が珍しくいい感じでした。

ネタバレあり

起承転結

全話の約1/3が起、約1/3が承、約1/3が転、13話が結になります。
前半が☆、中盤が☆、後半が☆☆☆、13話が☆☆☆☆。

変身シーンは・・・。ストーリーは意外とドラマチック

変身シーンは・・・よくある・・・というか魔法少女お約束的な(汗
一変してストーリーは芯が通っている。
愛情表現が魔法を失うという辛い選択に翻弄される魔法少女。
そして想い出を大切にしたいが為に一生懸命に魔法少女。
しかし、自分の欲求なだけと気づき心を開く魔法少女。
想いは心を閉ざしているとただ自分が辛いだけということに気付く。
ラストは全てをさらけ出しまわりの人達を信頼した嬉子に幸せが。
ラブストーリーというカテゴリーを超えたストーリーはなかなかでした。

ネタバレあり
見どころ

外国TV映画『奥さまは魔女』?の題名に引っかけてはいるが、実はマジメな夫婦の悩みと世代交代を描いた物語である。見どころは、声優・井上喜久子を強く意識した嬉子のほんわかしたキャラクター。「27歳の魔法少女」へと変身するギャップが楽しい。物語と声優の語り口がもつ暖かさに惑わされるところもあるが、結婚してキスによって魔法を失うか、母の作った世界を守るか……別居中の夫と復縁するか、下宿人の大学生への気持ちを大事にするか……。そんな嬉子が内心に秘めた葛藤の深さが、実にドラマチックだ。城下町をモデルにした地方都市の美術は風情があってとても美しく、一方で新進気鋭の魔法少女・12歳のさやかの変身シーンはエロチシズムにあふれて魅惑的である。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

浅羽嬉子(アニエス・ベル)

「リルム(魔法世界)」から「ワンダーランド(我々の世界)」にやってきた、この世界の管理者。ワンダーランドを形作る「指輪」を授かっている。普段はちょっと天然ボケが入った奥さまだが、いざというときは魔法少女に変身してワンダーランドを守っている。

神楽 巽

足を痛めて陸上選手を諦め陸上部寮を出ることになり、引っ越した下宿先で年上の女性・浅羽嬉子と同じ屋根の下で暮らすことになる。不器用で口下手で取りたてて特徴の無い青年。

浅羽 保

純文学の作家で過去にいくつか賞もとったが、現在はなかなか新作を書けないでいる。嬉子と恋愛し結婚に至るが、あくまでキスを拒絶する嬉子に徐々に不信感を持つ。古いタイプの熱血漢。和菓子など甘いものが好き。

紅 さやか(クルージェギャップ)

新進気鋭の魔法少女。嬉子から指輪を引き継ぐべき後継者だが、指輪を手に入れられないことでより一人前ではないと感じている。子供ながら早く大人になりたいと、想が強く出来ないことを出来ると言ったり、背伸びをして自分に無理を強いることが多い。

美杉 紀(マーラアックス)

嬉子の親友で元魔法少女。ワンダーランドで結婚して2歳の女の子がいる。二人目もお腹にいるらしい。しっかりした性格で、嬉子を支えると共に相談に乗ることも多い。

谷嶋由貴

さやかの通う小学校の保健の先生。さやかとも接触がある。慎重派で普段は厳しい雰囲気で近寄りがたい。仲間にもきついことを言うが、基本的には優しい人。

金城うるる(ジョアナ・ゴーチェ)

イケイケの現役コンパニオン。去年結婚したが、何人かと付き合っている模様。ムードメーカー的なキャラで、明るく元気な性格だが、涙もろく少しまわりがついていけないこともある。

本平舞子(カルダン・エルゼ)

嬉子と巽が住む下宿先のおばあちゃん。嬉子とは直接血のつながりはないが実の娘として嬉子と暮らしている。嬉子のお尻をなでる事もしばしば。元気で飄々としているが、怒ると怖い。

綾瀬ゆう子

巽と同じ大学の陸上部のマネージャー。頑張っている巽を応援するとともに、色々とおせっかいを焼く。アルバイトも下宿先も彼女が紹介した。段取りが良い世話女房タイプ。

ブルガ

「リルム」からきた魔法少女。さやかと次期管理者の後継者争いに負けたが、今はブルガもさやかの作った新世界を見たく、指輪を渡さない嬉子へ苛立ちがあり、さやかをバックアップしている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:J.C.STAFF+錦織 博+池口和彦 / 監督:錦織 博 / シリーズ構成:錦織 博+松倉友二+池口和彦 / 脚本:桶谷 顕+関島眞頼 / キャラクターデザイン:長谷川眞也 / 美術監督:柴田千佳子 / 撮影監督:福世晋吾 / 編集:西山 茂 / 色彩設定:石田美由紀 / 音響監督:鶴岡陽太 / アニメーション制作:J.C.STAFF / 製作:奥さまは魔法少女製作委員会 /

キャスト
浅羽嬉子(アニエス・ベル):井上喜久子 / 神楽 巽:岸尾大輔 / 浅羽 保:小杉十郎太 / 紅 さやか(クルージェギャップ):清水 愛 / 美杉 紀(マーラアックス):平松晶子 / 谷嶋由貴:天野由梨 / 金城うるる(ジョアナ・ゴーチェ):白鳥由里 / 本平舞子(カルダン・エルゼ):峰 あつ子 / 綾瀬ゆう子:浅野真澄 / ブルガ:渡辺明乃 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}